まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:業界

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/21(日) 11:58:28.49 ID:CAP_USER
    日本政府が韓国向けの半導体・ディスプレー用素材の輸出制限に出て17日目を迎えた。「現時点」だけで見れば韓国企業の被害はない。これまで簡単な手続きだけ経て輸出されていたフッ化ポリイミドとフォトレジスト、高純度フッ化水素(エッチングガス)は今回の規制により平均90日ほどかかる輸出審査が進行中だ。21日にサムスン電子とSKハイニックスなど韓国を代表する半導体メーカーの関係者らは「4日の輸出規制以降(該当素材の輸出が)拒否されたものもないが、だからと承認されたものもない」と話した。業界では「今後100日が山場」という話が出ている。

    ◇輸出制限宣言後半月…企業は超非常経営

    サムスン電子とSKハイニックス、LGディスプレーなど関連企業はすでに「非常体制」に入り多角的に対策をまとめている。核心素材3品目の在庫を点検する一方、韓国企業が持つ海外法人、日本企業が持つ海外工場などを通じて追加調達できるのか把握に乗り出した。

    オーナーと最高経営責任者(CEO)も直接腕をまくり上げた。サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は7日、SKハイニックスの金東燮(キム・ドンソプ)対外協力総括社長は16日に日本出張に出て現地の業界関係者らと会った。現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長は大韓アーチェリー協会の資格で18日に東京を訪れているが、日本の規制が自動車素材部品に拡大する可能性に備えて現地のサプライチェーン点検に出たとの見方が出ている。

    フッ化ポリイミドとフォトレジストの対日輸入依存度は90%を超える。フッ化水素の依存度はそれでも44%程度だが、半導体エッチングと洗浄などに広く使われ、「水のように使う」と言われるほど多くの量が必要だ。特に日本のフッ化水素は高性能半導体を生産するサムスン電子とSKハイニックス製品に適合した世界最高品質を持っており、すぐに他の製品で代替するのに困難が予想される。一部では韓国企業が持つ素材在庫が2週間分しかなく工場が止まるという懸念が出ている。しかしサムスン電子とSKハイニックスの確認の結果、今後3~4カ月間は工場稼動に問題がないという。

    ◇代替供給元、国産化に乗り出したが品質確保がカギ

    時間が流れながら両国間の神経戦も続いている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)はすでに「韓日ともに国連の調査を受けよう」とし、日本が輸出規制の名分として掲げた「戦略物資の北朝鮮への不法搬出」の主張に正面から対応した状態だ。これに対しNHKは日本の経済産業省が軍事転用の懸念がなければ速やかに輸出許可を出す方針だと18日に報道した。日本の立場に変化があるのではないかとの観測も出ているが、韓国政府は「速やかな許可方針に対する通知を受けていない」と明らかにした。

    明確な局面転換の兆しが見られないことからサムスン電子は最近協力会社に公文書を送り、日本から輸入されサムスン電子に供給するすべての資材に対し90日分以上の在庫を備蓄するよう要請した。在庫確保時点を「今月末、遅くとも8月15日まで」で釘を刺し必要な費用と該当在庫はすべてサムスンが責任を持つという条件も提示した。日本政府の輸出規制がスマートフォンやテレビなど他の部品素材に拡大する可能性に備えた決定だ。業界関係者は「日本が実際にホワイト国から韓国を除外すれば個別に輸出許可を受けなければならない素材品目が増えることになる」と懸念する。

    最近中国と日本のメディアは中国浜化グループが韓国の半導体企業からフッ化水素を受注した、サムスン電子とSKハイニックスが日本ではない第3のフッ化水素の品質をテスト中だと報道した。

    ◇企業は「事態長期化に備えシナリオ別に対応策用意」

    しかし第3の代替材や国産品の品質が既存の日本製に代わるほどの水準なのか、品質が似ていてもこれを実際の工程に適用して同じ品質の半導体を作ることが出きるかには意見の違いがある。半導体業界関係者は「日本の素材メーカー企業は100年以上技術とノウハウを蓄積したところが多い。すぐにその水準に追いつく供給元は多くない」と話した。同関係者は「韓日間で早い時期に妥協し、互いに競争力がある部分を輸出入することが最も現実的で価格競争力の面でも有利だ。しかし国際的・外交的力学関係が絡まっている事案で企業としては多様なシナリオに備えて対策を用意している」と話した。

    2019年07月21日10時00分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/743/255743.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【中央日報】 日本の素材輸出制限長期化の兆し…業界 「今後100日が山場」=韓国 [07/21]

    【100日間ゴネ続けるってこと?【中央日報】 日本の素材輸出制限長期化の兆し…業界 「今後100日が山場」=韓国 [07/21] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/07(火) 12:10:33.72 ID:CAP_USER
    韓国石油公社が筆頭株主の韓国の石油物流企業、オイルハブコリア(OKYC)が2017-18年に韓国南部の麗水港で国内外の船舶に積み込んだ石油類の相当部分が公海上で継続的に北朝鮮の船舶に積み替えられていたことが判明した。当時は韓国政府が海運業界に対し、「国連の対北朝鮮制裁に違反しないように特に注意するように」と警告していた時期に当たる。このため、OKYCが疑わしい船舶に石油製品を船積みしていた理由に疑惑の目が向けられている。これについて、OKYCは「石油製品を購入した荷主の依頼に基づき、船積みを代行しただけだ」と説明している。

    野党・自由韓国党の金起善(キム・ギソン)国会議員が関税庁から提出を受けた資料によると、全羅南道麗水市に本社を置くOKYCは、国連安保理決議2375号が実施された17年9月から18年2月にかけ、対北朝鮮制裁違反が疑われる船舶6隻に石油類を供給していた。海洋水産部(省に相当)などが海運・石油精製業界に制裁違反に対する「警告」を発していた時期に当たる。

    OKYCはこの期間に6隻に100回余りにわたり、64万トン余りを船積みした。その中には最近北朝鮮への不法な石油製品積み替えを行った疑いで海洋警察の捜査を受けた韓国国籍の船舶「Pパイオニア号」「ルニス号」も含まれている。Pパイオニア号は昨年9月、容疑が浮上し、船長らが送検された。ルニス号は米財務省が今年3月に発表した疑わしい船舶のリストに含まれている。

    韓国野党からは北朝鮮への石油製品の供給制限と公海上での積み替えを禁止した国連安保理決議2375号(17年9月11日)に違反しているのではないかとの指摘が出ている。故意かどうかによっては、米国によるセカンダリーボイコット(ボイコットの相手方に対する不買・拒否運動などを第三者に呼びかけること)の対象にOKYCだけでなく、韓国石油公社も含まれる懸念がある。

    Pパイオニア号は17年9月の中旬と下旬、東中国海(東シナ海)の公海上で北朝鮮のタンカー「金剛山号」「ユソン号」にそれぞれ石油製品1820トン、2500トンの計4320トンを積み替えた疑いが持たれている。

    Pパイオニア号は17年9月11日、麗水のOKYCで石油製品6720トンを積み込み、ベトナムに向け出航した。金議員は「OKYCが積み込んだ石油製品が結局は北朝鮮の船舶に積み替えられた可能性が高い」と指摘した。OKYCはPパイオニア号に昨年8月まで19回にわたり、約12万5000トンの石油製品を積み込んだ。荷主はシンガポールのT社、中国のP社だった。OKYCは今年2月までルニス号にも27回にわたり、石油製品約16万5000トンを積み込んだ。17年12月から昨年3月にルニス号に積み込まれた石油製品の購入者内訳には「不明」と記載されている。OKYCも「購入者の詳細な内訳は不明であり、一部不法行為が疑われる」と説明していた。OKYCはまた、対北朝鮮制裁違反の疑いで韓国国内に抑留されている「ビリオンズ18号」「コヤ号」「コティ号」「ライトハウス・ウィンモア号」にも石油製品を積み込んでいた。

    業界では「政府責任論」が浮上している。政府は安保理決議2375号の実施直後から業界に対北朝鮮制裁に関する指導文書を数回配布した。しかし、金剛山号など対北朝鮮制裁の対象船舶リストを配布したのは昨年秋以降のことだ。Pパイオニア号などが既に捜査を受けていた時期に当たる。

    OKYCは「政府が対北朝鮮制裁船舶をあらかじめ摘示していれば、(石油製品の)積み込みを代行することはなかった。責任は政府にあり、荷主の依頼に従い、石油製品の積み込みを代行した自分たちは被害者だ」と主張している。OKYCは韓国石油公社が29%を出資する会社で、歴代社長全員を石油公社が指名している。


    2019/05/07 09:30
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/07/2019050780013.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/07/2019050780013_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国石油公社傘下企業、公海上で北船舶に石油製品を船積み 業界では「政府責任論」が浮上 [05/07]

    【政府の依頼でやったんだろ【朝鮮日報】 韓国石油公社傘下企業、公海上で北船舶に石油製品を船積み 業界では「政府責任論」が浮上 [05/07] 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/06/06(水) 13:25:13.34 ID:CAP_USER
     「当社が先に発売した。類似商品が後から登場した」(LG生活健康)
     「当社の発売時期は後だが、真似はしていない。独自開発した商品だ」(愛敬産業)
     練り歯磨き業界1-2位のLG生活健康(シェア40%)と愛敬産業(同20%)が最近、4週間の差で発売したヒマラヤ岩塩商品をめぐり、神経戦を展開している。口腔内の健康に良いとされるヒマラヤ岩塩を配合した商品コンセプトだけでなく、パッケージデザインも酷似しているからだ。両社はどちらがどちらのコンセプトを真似たのかを社内・社外的に追跡する一方、法的紛争に備え、大手法律事務所の助言も受けている。
    ■練り歯磨き業界両雄に戦雲
     LG生活健康は3月7日、「ヒマラヤピンクソルト入り練り歯磨き」を発売した。それに先立ち、1月23日には食品医薬品安全処(食薬処)から許可を取得した。4週間後の4月2日、愛敬産業が「2080ピュアマウンテンソルト」を発売したことで、対立が生じた。愛敬産業は2月8日に食薬処の許可を取得した。両製品はパッケージも似ている。ヒマラヤの山並みが描かれているだけでなく、機能によって水色とピンク色の2種類があるのも同じだ。
     これについてLG生活健康は「あまりに似た商品が発売され、コンセプト企画案やパッケージデザインが流出した経緯はないか社内で調べている」と説明した。愛敬産業は「食薬処に許可申請書を提出する以前から商品コンセプトとパッケージを開発していた」と主張した。
     ただ、価格だけは異なる。練り歯磨き100グラム当たりの価格はLG生活健康が54.5ウォン(約5円60銭)、愛敬産業は21.9ウォンだ。業界関係者は「類似製品が発売された直後に攻撃合戦に陥るのは珍しい。ヒマラヤソルト入りの練り歯磨きは既にブルガリア、米国などで市販されている」と話した。
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    2018/06/06 10:35
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/06/2018060600685.html

    引用元: ・【韓国】食品・生活用品業界でコピー横行、韓国産業全体に被害与える恐れも[06/06]

    【【韓国】食品・生活用品業界でコピー横行、韓国産業全体に被害与える恐れも[06/06] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 09:34:53.27 ID:CAP_USER
    2017年8月7日、中国メディアの環球網によると、韓国英字紙コリア・タイムズはこのほど、韓国の半導体業界は中国など海外へのエンジニアの流出により人材不足に悩まされていると伝えた。

    人材不足が深刻化すれば、長期的には韓国の半導体メーカーや機器メーカーの国際競争力が大きく損なわれる可能性がある。

    サムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)副会長は、韓国大統領府で行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領やビジネスリーダーとの会談で「韓国の半導体産業は自分たちの力で発展することが可能だが、現在深刻な人材不足に直面している」と述べ、政府に対し、マンパワー問題の解決に向けた支援を増やすよう求めた。

    権氏は3月24日のサムスン電子の株主総会で、「中国の半導体産業の推進に向けた努力は、長期的に見れば脅威だ。われわれは技術開発のスピードを上げ、技術と人材を失わないように注意を払わなければならない」と語り、中国への人材流出を防ぐことを約束した。

    金融監督院のデータによると、サムスン電子は半導体業界で約4万5000人の従業員を抱え、韓国第2の半導体メーカーであるSKハイニックスも今年第1四半期時点で約2万3000人の従業員を抱えている。平均勤続年数はサムスンが10.2年、SKハイニックスが10.9年だ。

    中国は半導体業界に巨額の資金投入を計画しており、韓国企業の対応は中国のこうした積極的な動きに対処するには不十分となっている。

    中国の半導体大手、清華紫光集団は、2020年までに世界のメモリチップメーカーの上位5社に入ることを約束している。この目標を達成するため、今年初め、南京にメモリチップ工場を建設するため約300億ドル(約3兆3211億円)を投資すると約束した。

    昨年3月には武漢にメモリチップ工場を建設するために240億ドル(約2兆6569億円)を投入する計画を発表している。同社は国際競争力を確保するためにNAND型フラッシュメモリチップに力を注いでいる。

    中国は現在、半導体製造施設を運営する労働者を確保するのに多くの時間と努力を必要としている。これが、多くの中国企業が経験豊富で才能のある韓国人労働者を雇い、高給を約束する理由だ。

    業界関係者は「中国企業は豊富な資金力の下で韓国の人材の引き抜きに積極的だ」とし「韓国人労働者の側から見れば、韓国で第二の雇用機会を見つけることが困難な状況下で、こうした魅力的な提案を断る理由はない」と話している。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.recordchina.co.jp/b186804-s0-c20.html

    引用元: ・【韓国】人材流出に苦しむ韓国半導体業界、高給で続々中国企業へ―韓国紙[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【この道はいつか来た道】韓国半導体業界、人材流出に苦しむ 高給で続々中国企業へ】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2016/07/25(月) 22:20:23.11 ID:CAP_USER
     ことし6月、中国系ゲーム会社LONGTU KOREAが発売したモバイルゲーム『剣と魔法』は今月20日に累積ダウンロード件数が
    300万を越えた。ことし発売されたモバイルゲームでは最速だ。『剣と魔法』は中国のLONGTU GAMESが開発したMMORPG
    (同時に多数のプレイヤーが参加できるオンラインRPG)で、NCSOFTの『リネージュ(Lineage)』のように、数百から数千人単位の
    ユーザーが同時にオンラインで楽しむことができるゲームだ。

     半面、韓国アプリマーケットのゲームランキングに国産MMORPGは見当たらない。中国MMORPGの『MU ORIGIN』や『天命』が
    昨年初めに発売されて人気を呼んでいるが、韓国内の主要ゲーム企業はこのジャンルで新作を出せていないためだ。韓国内のゲーム企業が
    モバイルゲームのトレンド対応で後手に回り国内市場を他国の好き放題にさせているという指摘が出ている。

     ◆中国に虚を衝かれた韓国のゲーム業界

     韓国アプリマーケットのゲーム売り上げ10位内に入ったゲームのうち、MMORPGはすべて中国会社によるものだ。『剣と魔法』は発売直後、
    Google Playストアのゲーム売上ランキングで最高3位に入った。中国のLoong Entertainmentが開発し、EFUN KOREAが
    配信している『天命』(昨年1月発売)、中国Kingnet Entertainmentが開発してWEBZENが韓国内に配信している『MU ORIGIN』
    (昨年4月発売)もまだトップ10を守っている。

     韓国企業もMMORPGを出して入るが大きな関心を引くことはできないでいる。ネットマーブルの『セブンナイツ』(2014年)など一人で
    楽しむことができるRPGが人気を博すと、ゲーム会社は興行性が確かなこのジャンルに群がった。

    >>2以降に続く)

     ■ MMORPG

     massive multiplayer online role playing game、大規模多人数同時参加型オンラインRPGゲーム。RPGの一種で、オンラインに
    接続している多数のユーザーが同じ仮想空間でそれぞれの役割を遂行していくオンラインゲーム方式。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    韓国経済新聞/中央日報日本語版 2016年07月25日09時49分
    http://japanese.joins.com/article/599/218599.html

    関連スレ
    【ゲーム】 韓国、日本に負けじと「ポケモン GO」類似品を発売=「ポロロ GO」[07/19] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468856432/

    引用元: ・【韓国経済新聞】韓国モバイル市場に食い込む中国ゲーム 中国に虚を衝かれた韓国のゲーム業界[7/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国のゲーム業界が中華アプリに完敗している模様】の続きを読む

    このページのトップヘ