まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:検閲

    1: まるっとニュー 2019/05/28(火) 12:38:16.93 ID:CAP_USER
    問題となった旭日旗のウォッチフェイス。(写真=Galaxy Storeホームページ)
    no title


    サムスン電子のアプリストア「Galaxy Store」で、日本帝国主義の象徴である「旭日旗」が描かれたウォッチフェイス(スマートウォッチ用待受イメージ)が販売された。これに対してサムスン電子側は「管理担当者のミス」と説明し、該当のウォッチフェイスの販売を中断した。

    このウォッチフェイスは今月24日にGalaxy Storeで販売された。これを見つけた消費者は直ちに反発した。

    27日、あるユーザーは「ウォッチフェイス関連の検閲確認をお願いする」というタイトルのコメントを投稿し、「これも表現の自由なのか。こうしたものは検閲できないのか」と指摘した。

    すると他のユーザーはコメント欄に「公論化してくださり感謝する。このようなウォッチフェイスは、当然、世界の人々の目に触れるストアに露出させるべきではないと考える」と主張した。

    「サムスン電子が韓国企業なら、このようなミスはしてはならない」という指摘もあった。

    これについてサムスン電子側は「該当掲示物は担当者のミスで、削除した」と明らかにした。


    2019年05月28日10時31分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/832/253832.html?servcode=400&sectcode=410

    引用元: ・【中央日報】 ギャラクシーウォッチのコンテンツに「旭日旗」…「担当者の検閲ミス」 [05/28]

    【韓国のヘイト言論活動【中央日報】 ギャラクシーウォッチのコンテンツに「旭日旗」…「担当者の検閲ミス」 [05/28] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/11/03(金) 17:05:14.09 ID:CAP_USER
    no title


    香港(CNNMoney) 学術関連の出版大手、独シュプリンガー・ネイチャーが、中国当局にとって扱いの難しい題材に関する中国本土からの検索に対し、アクセスを遮断していたことが3日までに分かった。

    この出来事については、英紙フィナンシャル・タイムズが先に報じていた。中国当局による検閲の受け入れについては、英国のケンブリッジ大学出版局が8月、これを認めたため、非難を浴び、その後、撤回する事態となっていた。

    シュプリンガー・ネイチャーが手掛ける中国の政治学関連の雑誌についてネット上で検索を行う際、中国本土では多くの研究論文が見られないという。ブロックされるキーワードは「チベット」や「台湾」「天安門」など。ただ、香港で検索を行うとみることができるという。

    例えば、北京で天安門を検索しても結果は0件だ。同じ検索を香港で行うと92件がヒットする。一見問題がなさそうな題材についてもブロックされることがある。中国の国家主席である「習近平」は、中国本土の検索結果にはなにも出てこない。香港だと78件ヒットする。

    そのほかの検閲されている題材は「文化大革命」や「香港」、公職追放された政治家の「薄熙来」、天安門事件が起きた「6月4日」など。

    シュプリンガー・ネイチャーの広報担当はCNNMoneyの取材に対し、コンテンツにフィルターをかけていることについては、中国の法律を順守するためと説明。こうした決断については、非常に残念に思っているとしながら、そうしない場合には、全てのコンテンツが遮断されるという本当の危機があったと述べた。同社の試算によれば、影響を受けている学術関連のコンテンツは約1%だという。

    ただ、中国研究の専門家からは今回の決定を批判する声が上がっている。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院のスティーブ・ツァン教授は、「これは学術出版社としての(シュプリンガー・ネイチャーの)名声と地位を大きく傷つけるものだ」と指摘。学問の自由を脅かす決定で、学会はこれを受け入れるべきではないと述べた。

    中国では、インターネットへのアクセスは当局によって厳しく管理されている。グーグルやフェイスブック、ツイッターなどは中国では利用できない。欧米のニュースサイトの一部についても見ることができない。


    2017.11.03 Fri posted at 10:43 JST
    https://www.cnn.co.jp/tech/35109825.html

    引用元: ・【CNN】独出版大手、中国の検閲受け入れ 「天安門」などヒット0件[11/3]

    【【ナチスに屈服した過去からなーんも学んでないなw 】ドイツの出版大手、中国の検閲受け入れ 「天安門」などヒット0件【CNN】】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 22:30:56.56 ID:???.net
    ■中国政府が「クマのプーさん」を検閲・ネット上で習近平国家主席に似ているという噂が流布
    no title


    中国政府が急遽、ネット上における「Winnie-the-Pooh(クマのプーさん)」画像の検閲を強化
    していることが明らかとなった。

    3日に北京市で開催された第二次世界大戦の対日戦勝利70周年を記念した大規模な軍事
    パレードの際に行われたオープンカーによる習近平・国家主席のパレードの模様が、車に乗った
    「クマのプーさん」のおもちゃにそっくりだとする噂が中国ソーシャルネット大手のWeiboで流布する
    事態となっていることが、「クマのプーさん」が検閲の対象となる原因となっている。

    車に乗った「クマのプーさん」のおもちゃの画像は、習近平国家主席の権力は「絵に描いた餅」
    的な批判が込められたものとなっており、景気後退懸念、上海株式市場の急落、そして天津
    爆発事故などのこのところ立て続けに起きている大きな社会問題に対して中国中央政府の
    対応が後手に回っていることへの痛烈な批判が込められたものともなっている。

    2013年に習近平・国家主席がオバマ大統領と並んで歩いているものが、「クマのプーさん」の
    映画の一コマにそっくりだという噂が広まった結果、中国政府は一度、「クマのプーさん」画像の
    検閲を強化したことがあったが、それ以降は、「クマのプーさん」画像は鳴りを潜めていた。
    no title


    ソース Business Newsline
    http://www.businessnewsline.com/news/201509051152310000.html

    引用元: ・【ネット】 中国政府、「クマのプーさん」画像を検閲。習主席に似ているという噂が流布=「絵に描いた餅」的な批判が込められ[09/07]

    【上海ディズニーピンチw 【ネット】 中国政府、「クマのプーさん」画像を検閲。習主席に似ているという噂が流布=「絵に描いた餅」的な批判が込められ[09/07]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 17:39:07.10 ID:???.net
    中国でこの頃、トップ女優の范冰冰(ファン・ビンビン)の「大きな顔」が議論になった。報道を通じて伝えられた事情はこうだ。
    范冰冰が主演した『武媚娘伝記』という史劇ドラマが昨年末にテレビで放送され始めた。中国で唯一の女帝「武則天(武媚娘)」
    の一代記を扱ったシリーズだ。好評のうちに放映されたこのドラマはしかし1週間余りで突然中止になった。「技術的問題のため」
    と発表されたが、検閲のせいだという疑惑が提起された。胸の谷間が深々と見える女性出演者の衣装が破格的だったためだ。
    5日後に再開された放送はさらに議論を呼んだ。女性出演者の上半身が画面から消え、顔だけがクローズアップされ続けた。
    胸の谷間があらわれないよう画面を最初からカットしたのは歴然だった。

    その後の便りは伝えられていない。編集したのが放送局なのか検閲官なのかも明らかにならなかった。だがサイバー世間では
    すでに検閲を犯人だと目星をつけている雰囲気だ。実際、中国は検閲が日常化された社会主義国家ではないのか。政府に
    とって不利だとかデリケートな事件が起きればインターネットの検索語自体を遮断してしまう。違う場所で『表現の自由』を叫ぶ
    フェイスブックのような企業も中国では尻尾をおろす。テレビ番組の1つ触ることぐらいはご愛嬌だったはずだ。

    愉快なことではないが、それでも他国の話だ。「中国だから」と軽く流そうと思った。ところが突然、頭の中で赤信号がともる。
    これよりも、さらにあきれて笑わせるような検閲を韓国内のテレビで目撃した記憶がよみがえったからだ。この前あるケーブル
    チャンネルでBBCドキュメンタリーを観た。建築の歴史、その中でルネサンス時代を扱う場面で危うく飲んでいだコーヒーを
    噴き出すところだった。画面いっぱいに登場した傑作彫刻品の隠部が全てモザイク処理されていたためだ。ミケランジェロの
    「天地創造(The Creation of Adam)」を見せながら、主人公アダムの体の一部をカットして送った番組もあった。
    暴言が出てくるセリフを黙音処理することも最近はどんどん多くなった。時には韓国語でも聞き取るのが難しいほどだ。

    もちろん放送番組には審議基準というものはある。不快感を与えたり不健全な画面やセリフが蔓延したりすれば困る。それでも
    脈絡や常識を問い詰めなければならない。曖昧な時はできるだけ肯定的に判断しなければならない。それでこそ想像の範囲が
    拡張されて創造経済が可能になる。「過猶不及(過ぎたるは及ばざるがごとし)」という言葉もあるではないか。ダヴィデ像や
    ラオコーン像にモザイクをかける国で文化隆盛を望むことはできない。どうか画面の外ではこうしたことが起こらないよう願うだけだ。

    ナ・ヒョンチョル経済部門次長

    ソース:中央日報 2015年01月16日15時30分
    http://japanese.joins.com/article/411/195411.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【韓国】ダヴィデ像にモザイクをかける国で文化隆盛を望むことはできない…笑わせる検閲が恐ろしい[01/16]

    【韓国に報道や言論の自由なんて無いだろwww 【韓国】ダヴィデ像にモザイクをかける国で文化隆盛を望むことはできない…笑わせる検閲が恐ろしい[01/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ