まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:検察

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/09/12(土)16:33:20 ID:El6
    2015年9月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして在宅起訴された
    産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の第10回公判が21日から10月19日に延期された。

    延期は検察側の要請によるもの。第10回公判では、被告人質問や検察の求刑などが行われる予定だった。
    これに対し、日本国内からは
    「10月末ごろに予定されている日中韓首脳会談を機に開かれる可能性がある日韓首脳会談に及ぼす影響を、韓国側が考慮したのではないか」との分析も出ている。

    これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

    「韓国検察が自ら、今回の公訴提起は間違いだったと認めているようなもの。首脳会談のために延期したのなら、自ら、政治裁判だと認めたことになる。
    法治国家で法に従った裁判を行っているのなら、誰かの目を気にせずに堂々としていられるはず」

    「なぜ?なぜ?日中韓首脳会談が開催されるから、見せしめのために判決を言い渡すべきではないの?朴大統領のうわさは事実だったということ?」

    「判決が気になる。世界中が注目するだろう。きっと韓国が世界中の笑いものになる」
    「検察まで日本の機嫌を伺うのか…。だから日本人らが韓国を見下す」

    「一国の大統領を侮辱することは、その国の国民を侮辱すること。絶対に加藤を許すな!」
    「世界で唯一、日本をばかにする韓国が、なぜいまさら日本の目を気にする?なんかおかしい…」(翻訳・編集/堂本)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00000061-rcdc-cn

    引用元: ・【韓国】韓国検察が産経前支局長公判を延期、日韓首脳会談を考慮か=韓国ネット「裁判は間違いだったと認めたようなもの」「韓国が世界中の笑いものに…」[9/11]

    【グちゃくちゃじゃん【韓国】韓国検察が産経前支局長公判を延期、日韓首脳会談を考慮か=韓国ネット「裁判は間違いだったと認めたようなもの」「韓国が世界中の笑いものに…」[9/11]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 20:10:25.81 ID:???.net
    (画像)
    no title


     数々のトラブルが発生してきた第2ロッテワールドおよび第2ロッテタワーを建設しているロッテ建設が検察に
    起訴されたことが明らかになった。検察は産業安全保健法違反の疑いで、10日にロッテ建設の会社常務
    金氏を起訴。

     建設現場での安全柵未設置、落下物防止網未設置など産業安全保健法違反109件を摘発。これに対して
    ロッテ建設側は検察が主張する109件のうち、50件を認めていない。

     第2ロッテワールドでは過去に労働者が死亡と負傷しており事故が起きている。場合によっては工事の全面中止や
    補強工事、更には取り壊しの可能性も出てくる。

    ※タレコミによる情報です。

    ゴゴ通信 2015/08/11 06:07:05
    http://gogotsu.com/archives/10269

    引用元: ・【ゴゴ通信】韓国の第2ロッテワールドが109件の違反容疑で検察に起訴される 工事中止や補強工事 最悪取り壊しも[8/11]

    【日本から巻き上げた金で作りました。 【ゴゴ通信】韓国の第2ロッテワールドが109件の違反容疑で検察に起訴される 工事中止や補強工事 最悪取り壊しも[8/11]】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 11:19:43.85 ID:???.net
    兵役免除のトランスジェンダー、兵役法違反は無罪に
    WoW!Korea 7月11日 11時12分配信

    トランスジェンダーの巫女に対して検察が「兵役義務を避けるために豊胸手術を受け、女性ホルモン剤の注射をした」と主張して起訴したが、
    裁判所は性同一性障害を認め、兵役法違反容疑について無罪を言い渡した。


     ソウル中央地裁は、兵役法違反容疑で起訴された巫堂の巫女A氏に対して無罪を言い渡したと、11日に明らかにした。

     A氏は2002年に初めて兵務庁で身体検査を受け、2級判定を受けた。

     2年後にA氏は、性同一性障害を理由に兵役処分変更願を提出し、翌年3級判定を受けた。

     A氏が最終的に兵役免除の判定を受けるまで、相当長い時間がかかった。

     A氏は3級判定を受けた翌年に入隊したが、訓練所から帰宅処分を受けた。また性同一性障害を理由に精神化治療を受けながら、
    女性ホルモン剤が処方され、豊胸手術まで受けたが、兵務庁は4級判定を下し、A氏は再び入隊した。

     しかし訓練所はA氏を再検査対象として再び帰宅処分にし、A氏は2012年になってやっと兵役免除の判定を受けた。

     ところが検察は、昨年A氏を兵役法違反容疑で起訴した。

     最初の身体検査時に精神化領域で正常の判定を受けたが、A氏が兵役義務を忌避するためにさまざまな治療を受けたというのだ。検察側はA氏が作成した「男性性を暗示するコメント」などを証拠として提示した。

     しかし判事は、A氏の性同一性障害を事実だと認め、無罪を言い渡した。

     判事は「A氏はトランスジェンダーのバーなどで働きながら、女性的な名前で社会生活を送ってきており、周囲はA氏が女性だと思っているし、女性として接していた」とし、
    「女性としてきれいになるために整形外科の施術を継続的に受けてきており、男性性を否定することも言っていた」と指摘した。

     また「最初の検査で正常判定を受けたことについてA氏は、『性同一性障害が周りに知られるのがとても怖くて明かすことができなかった』と主張しているが、納得できる面が十分にある主張だ」とし、
    「経済的問題、家族との葛藤のため、女性ホルモン剤の注射を受けられなかった点などに鑑みて、A氏は(女性ホルモン剤の注射を受ける前から)性同一性障害を抱えていた」と説明した。

     続けて「徴兵検査など検査規則は『性同一性障害による6か月間の治療経歴』を兵役免除の要件として規定しているだけで、『女性ホルモン剤の注射』や『性転換手術』を兵役免除の要件に規定しているのではない」とした。

     裁判所はことし1月に手術をしていないトランスジェンダーに対しても兵役を免除しなければならないという判決を出していた。

     当時の行政裁判所は「兵役義務を免除されるために女性らしい服装や化粧をすることから進んで、
    整形手術をして女性ホルモン剤の注射をするなど身体の変化まで企むことは、経験則にも合わない」として兵役免除の判決を言い渡した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000003-wow-kr

    引用元: ・【韓国】兵役免除のトランスジェンダー、兵役法違反は無罪に…検察「兵役義務を避けるために豊胸手術やホルモン注射をしている」

    【どっちでもよくね? 【韓国】兵役免除のトランスジェンダー、兵役法違反は無罪に…検察「兵役義務を避けるために豊胸手術やホルモン注射をしている」】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/12/16(火) 17:42:34.65 ID:???.net
    歴代政権で大統領の親族は各種不祥事に関わって検察と悪縁を結んだ。

    金泳三(キム・ヨンサム)政権では「小統領」と言われた次男、賢哲(ヒョンチョル)氏が関わった不正が明るみになった。
    賢哲氏は大統領府内部をはじめ与党と政府の要職に側近を配置し、国政運営の全般に深く関与したという批判を受けた。
    結局、賢哲氏は韓宝(ハンボ)不正事件に関わり、1998年に懲役2年を言い渡された。

    1997年の大統領選で初の政権交代を実現した金大中(キム・デジュン)政権も、3人の息子(弘一氏、弘業氏、弘傑氏)が
    関わった不正事件で政権に汚点を残した。長男の洪一氏はナラ総合金融から1億5000万ウォンのロビー資金を受け取った
    罪で在宅起訴(2003年6月)され、次男の洪業氏は「李溶湖(イ・ヨンホ)ゲート」関連で利権絡みの請託の見返りなどとして
    47億ウォンを受け取った罪で拘束起訴(2002年6月)された。その1ヵ月前の2002年5月には三男の弘傑氏も「崔圭先
    (チェ・ギュソン)ゲート」捜査でスポーツくじ事業者選定に関連して36億ウォンあまりを受け取った罪で拘束起訴された。

    盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権も例外ではなかった。盧元大統領の実兄、建平(コンピョン)氏が「烽下(ボンハ)大君」と呼ばれながら
    各種不祥事に醜名を流した。結局、2005~2006年のセジョン証券売却過程に関与し、29億ウォンあまりを受け取った罪で
    2008年12月に拘束起訴され、服役した。

    李明博(イ・ミョンバク)政権では、憲政史上初めて現職大統領の実兄が拘束される事態が起きた。貯蓄銀行の不正に関わり
    7億ウォンあまりを受け取った罪で2012年に拘束された李相得(イ・サンドク)元国会副議長が悲運の主人公だった。
    「万事は兄に通じる」と言われるほど、李大統領の在任中、強力な影響力を行使したが、「迎浦(ヨンポ=迎日・浦項)大君」の
    末路は哀れだった。

    15日、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の実弟でEG会長の志晩(チマン)氏は参考人として検察に出頭した。朴政権は、苛酷と
    言われるほど、志晩氏をはじめ親族を管理してきたと主張してきた。だが、朴大統領の長年の側近だったチョン・ユンフェ氏
    との権力暗闘説が表面化し、志晩氏も検察の痔事情聴取を受ける立場となった。

    ソース:東亜日報 DECEMBER 16, 2014 09:27
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014121646358

    引用元: ・【韓国】歴代大統領の親族と検察の悪縁、金泳三政権から朴槿恵政権まで[12/16]

    【韓国の権力者が不正を働くのは普通の事 【韓国】歴代大統領の親族と検察の悪縁、金泳三政権から朴槿恵政権まで[12/16]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/07(金) 01:27:01.29 ID:???.net
    セウォル号特別法通過で始まる本格調査で政権批判を封じ込める狙い

    no title

    セウォル号犠牲者の遺族たちが9日午前、ソウル鍾路区青雲孝子洞住民センター前で朴槿恵大統領との面談を要求して座り込みを行っている。 2014.05.09.【ソウル=ニューシス】

     セウォル号集会参加者が相次いで起訴されている。 検察内外では政府を批判する声に対する本格的な処罰の試みではないかと思われている。
    ソウル中央地検公共刑事捜査部(部長キム・ドンジュ)は、詩人のソン・ギョンドン氏(47)とセウォル号沈黙デモを初めて提案したヨン・ヘイン氏(24)を集会および示威に関する法律違反容疑などで不拘束起訴したと3日明らかにした。
     検察はソン詩人が5月8日に政府ソウル庁舎正門付近で、セウォル号事故真相究明を要求する「大統領府万民共同会」集会を開き、
    午後11時50分頃に約40人と大統領府付近へ行進し「朴槿恵(パク・クネ)退け」などのスローガンを叫び、警察の解散命令に応じなかった容疑を受けていると明らかにした。
    ソン詩人は5月24日、ソウル鍾閣(チョンガク)駅付近でも約50分間にわたり車道を塞いで「大統領府に行こう」等のスローガンを叫んだ容疑を受けている。

     4月に大統領府ホームページなどでセウォル号事故に対する政府の対応を批判し「じっとしていろ」という名の沈黙示威を提案したヨン氏は、
    6月10日ソウル鍾路(チョンノ)区の国務総理公館付近で開かれた集会で「朴槿恵退け」などのスローガンを叫んだ容疑などを受けている。国務総理公館から100メートル以内では集会が禁止されている。
    警察はヨン氏を連行した後、携帯電話のMACアドレスとカカオトークの対話内容などを押収捜索した。MACアドレスは個人携帯電話を識別するために付与された固有の番号で、
    これを通じて使用者の移動経路などを詳しく知ることができ、以後“サイバー査察”論議につながることもあった。

     ソン詩人は「検察が乗り出して、ヨン氏など大統領にセウォル号事故の責任を問う人々を中心に起訴している。
    セウォル号特別法が通過して本格的な真相調査が行われる前に朴大統領に責任が降りかかることを憂慮して、前もってくつわをはめようとしているのではないか憂慮する」と話した。

     検察は、昨年7月に警察が双龍(サンヨン)自動車解雇者集会を不法に妨害しているとして警察幹部と小競り合いをした容疑(逮捕致傷など)で、民主社会のための弁護士会所属弁護士4人を先月30日に不拘束起訴した。

    チョン・ファンボン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/18692.html

    関連スレ
    【韓国】司法当局、ネット通信記録押収へ圧力 政権批判に対する取り締まりを強化[11/04](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1415286089/

    引用元: ・【韓国】検察がセウォル号デモを呼び掛けた詩人らを相次ぎ起訴[11/04]

    【恐怖政治きてますねw 【韓国】検察がセウォル号デモを呼び掛けた詩人らを相次ぎ起訴[11/04]】の続きを読む

    このページのトップヘ