まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:桜

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/19(金) 20:14:18.06 ID:CAP_USER
    [ユ・ジュヨルの東北ア談説-36] 「桜」には罪がない

    四季がはっきりとした韓中日三国で、春を知らせる伝令使は断然、春の花だ。春の花には、ケナリ、ツツジ、サンシュユ、モクレンなどがある。中国ではケナリを迎春花と歌いながら、春の伝令使として迎える。我が国と日本では、桜の花ではないかと思う。

    桜は冬を過ごした枯れた枝から、人の魂をすっと抜き取るほど薄ピンクに群れを成して咲く。桜がない春は考えにくい。昨日まではつぼみだったのに、起床したら咲き乱れている桜の花は「ポップコーンのように咲く」という言葉もある。

    桜花(※ポッ・コッ)は咲く様子からその名を得たという。語源の専門家は、「脱ぐ(※ポッヌン)花」(脱花)から意味を見つける。ムクゲが100日間、咲き続いているのに比べて、桜はたった15日以内ですべて咲いてすべて散るためだ。日本の場合も「咲く」という意味の「サク」から「サクラ」になったという。(省略…)

    魅力的で華麗に咲いた桜を見ながら感じたのは、桜の花が華やかすぎて、儒教精神の強い中国や韓国では大して歓迎されなかったのではないかという気もした。春の花の中でも梅は違う。忠孝を第一とする東洋社会で、寒風がまだ冷めない早春にも雪まで覆って咲く一房の純白の梅は礼賛された。昔の先人たちの梅についての詩は多いが、桜の詩があまり見られないのも、そのような理由ではないか。

    日本でも、韓半島の渡来文化が流行していた平安時代の貴族たちは、梅をより重宝にしていた。 5月1日即位するナルヒト日王と共に使用される新しい年号「令和」は、梅を賛美する萬葉集の歌から取った。「(梅が咲いて)良い季節の初春、空気も澄んで風も和む(初春令月氣淑風和)」という歌だ。萬葉集は百済の影響が大きい日本の古代詩詩集だ。

    9世紀半ば、悲運の貴族だった管原道眞が謀陥にかかって遠く九州に追放された。彼は、庭に咲いた梅を二度と見られないことを何よりも残念がった。道眞は流配の道を行き、「東風が吹いたら香気を送ってくれ、主人がなくても春を忘れないでほしい」と頼んだ。道眞が九州に到着すると、驚いたことに自分が愛した梅が先に飛んで来たではないか。道眞の「飛梅」伝説が九州の大宰府天満宮に残っている。

    日本が大陸との関係が断絶されると、国風という日本固有の文化を発展させて、梅よりも桜が大衆的人気を得るようになった。日本最高の桜の名所は、奈良県の中心にある吉野だ。吉野に行けば 「一目千本」という言葉がある。一目で千本の満開の桜の木を見るという意味だ。吉野には桜の木を1000昔から植えて、今では30000本の桜の木が層を作って咲いている。

    7世紀半ば天智日王が弟の天武を後継者にしたが、王位継承者を息子に変えたかった。賢い天武は自ら皇太子から退いて、吉野の寺に出家した。天智が死ぬと天武は吉野豪族の支援を受けて、壬申の乱を起こして甥を追い払う。日王になった天武は困難な時代に住んでいた吉野に桜が満開した夢を見て、桜の木を神木として植えたと伝える。

    日本で桜を楽しむ文化はエド(江戸、現在の東京)時代に絶頂を迎える。長い間、平和に浸って華やかさを追求する町人文化が流行していた江戸時代に、浮世絵と共に桜の人気は爆発した。吉野の若木の桜が江戸の園芸村だった染井の樹木園で特別交配されて、培養された新種の桜「ソメイ ヨシノ」が全国に普及した。

    東京の大使館に勤務していた時だった。春になると、日本の知人から桜を楽しむハナミ(花見)会に招待された。花見会に行ったら一抱えの桜の木の下にシートを広げて敷いて、一団となって集まって座って、弁当と一緒にビールを飲んでいた。近くの桜の木ごとに、人がびっしりで空席がなかった。知人によると、穴場スポットを押さえるために同僚が朝から位置の良い木の下にシートを敷いておいて待っていたという。

    桜は日本の軍国主義に悪用された。明治維新以降、大陸侵略の先頭に立った軍国主義者たちは、華やかに咲いて瞬く間に散る桜の属性が軍人(サムライ)の精神に合致すると考えた。桜の木は、軍国主義者たちの政訓木になって、軍人が駐留する所には桜の木を植え軍人精神を涵養させた。鎮海の桜が有名なのも、鎮海が日本連合艦隊の軍港だったからだ。(つづく)

    ソース ワールドコリアンニュース
    http://www.worldkorean.net/news/articleView.html?idxno=34049

    引用元: ・【韓国】 「桜」には罪がない…桜は済州原産で、日帝が桜のイメージを政治に悪用しただけだ。[04/19]

    【韓国にしか罪はない【韓国】 「桜」には罪がない…桜は済州原産で、日帝が桜のイメージを政治に悪用しただけだ。[04/19] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/06(土) 16:25:34.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲チョン・サムジョ詩人

    街路樹の桜の花がぱっと開き、通りごとに大騷ぎになる。見事な花祭りだ。この花祭りに数百回は参加すべきだろうと誓うかのように人々は花の下でそわそわする。美しい。豊かだ。

    数十万株にもなるという鎮海だけでなく、私たちの私的推薦も桜の花が多い。私的に推薦する桜の花の元祖格はどうしても泗川里(サチョンリ)城の桜だ。この桜の下で一日を飲酒・歌舞で楽しむ人々をすぐに思い出せるほど私たち地元の人々は泗川里城の桜が好きだ。

    今年も泗川里城一帯では桜祭りが開かれるという。この桜の花の豪華さと人々にあたえる喜びをしばらく後回しにしておいて、私たちの故郷、泗川里城に桜がどうして植えられることになったのかを考えてみれば、一方で苦々しい感じがするのを禁じ得ない。

    泗川里城に千本余りの桜を植えたのは日本人だという。その人は壬辰年倭乱後の丁酉災乱(慶長の乱)の時の1598年にこの泗川里城を防御して明国軍が主軸だった朝鮮と明国の朝明聨合軍をはね除け戦功をおさめた日人の子孫という。

    時は日帝強制占領期初期の1918年だと記録されている。1597年末頃、日人らは彼らの退路を心配してこの泗川里城一帯に城を築いて駐留することにしたという。恐らく周辺の多くの私たち国民が労役に動員され、彼らが計画した城なので当然、日本式城の倭城だった。この倭城の泗川里城を陥落するため、朝明聨合軍は倭軍の4倍ほどに当たる三万人以上だったが、不幸にも戦闘中、火砲の誤射による弾薬の爆発で混乱に陥って莫大な戦死者を残して敗退したという。

    この時死んだ朝明聨合軍の数が私たちの記録では八千人、倭人の記録では三万人という。この戦闘は壬辰倭乱の中で倭軍がおさめた代表的勝利とされる。そのせいか、過去の一時は日本の学生たちが我が国に修学旅でくる時、この泗川里城を訪れることがたびたびあった。泗川里城を復元しなければならないという理由の一つに日本観光客誘致の助けになるという人もいた。

    その日本学生や日本人観光客が何をしに泗川里城を訪れたのだろうか。彼らが勝った戦場を探して彼らの愛国心を鼓吹しようという意図ではなかったか。

    より一層理解できないことはこの泗川里城を復元すると言いながら倭城を復元したことだ。歴史の記録を調べれば、この泗川里城にはすでに高麗の時やそれ以前に築造した私たちの方法の土城があったという。その土城を基礎にして倭軍らが倭城を築いたのだ。

    その倭城により数多くの怨みの霊が飛び交うその場に、その怨みの霊を慰められなくとも莫大な税金を投じて、何故、倭城を築いた意図は何か。今も倭城の跡を消して派手でないかもしれないが、本来の土城形態を補完する方案を講じていかなければならないだろう。

    桜の花が日本人のどの様な精神を代弁するとしても、あえて遠ざける理由はない。それは日本人の事情であって、私たちはその桜の花を花以外の目的で使おうとする不純な意図にまきこまれてはならないという考えを泗川里城の悲劇と共に思い出してみる。

    記者注:泗川の戦い(しせんのたたかい)は、文禄・慶長の役における合戦の一つ。絶望的な戦力差があったにもかかわらず、劣勢な島津軍が勝利した伝説的な戦い(Wikipedia)。

    ソース:ニュース泗川(韓国語) [イニャンマルリ]桜の花を見て泗川里城を考えるということ
    http://www.news4000.com/news/articleView.html?idxno=31459

    引用元: ・【韓国】 桜の花を見て思う壬辰倭乱~勝った倭人の子孫が泗川里城に桜を植えたワケ[04/04]

    【とても正常な精神の持ち主だとは思えない【韓国】 桜の花を見て思う壬辰倭乱~勝った倭人の子孫が泗川里城に桜を植えたワケ[04/04] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/26(火) 01:31:23.96 ID:CAP_USER
    ■日本は国花は?桜ではなく◯◯

    日本の国花は?
    日本人たちが最も愛する花は何だろうか?

    「サクラ」。ほかならぬ、ポッコッ(※韓国語で「桜花」。)である。日本は、2020東京夏季オリンピックの聖火リレーで使用するトーチも「桜花」の形を模した。
    no title


    ところが、日本人がこうして愛する桜花は、不思議なことに日本のククァ(國花・ウリ花)ではない。日本には特別な国花がない。ただし、日本の皇室では「菊花」を象徴的に活用する。

    それでも、「菊花の国」よりも、「桜花の国」と呼ばれる日本。日本人の桜花愛はいつから始まったのだろうか?

    満開の桜。東亜日報資料写真
    no title


    ・美しい桜花、その目的は?

    桜花は明るい色で暖かく、美しい春を知らせる。しかし、日本が桜花を愛するようになった背景は、さほど美しくもない。

    「あなたと私は同期サクラ。離れ離れになっても/花都ヤスクニ神社。春に咲いて会おう。」

    日本の昔の軍歌、「同期のサクラ」の一部分だ。日本は軍国主義を強化するために桜花を使用した。軍国主義は、軍事が国の主人の役割を担う体制。国の最も重要な目的を軍事力として考えて、戦争準備のための政策を最も重要視する政治体制である。 20世紀初頭の日本とドイツなどが軍国主義体制を維持しながら、我が国をはじめ数々の国を侵略した。

    ・「鎮海軍港祭」こんな背景が?

    「桜花の秘密」という本を出版したリュ・スンヨル作家は、「サクラには歴史の悪縁(悪い因縁)が潜んでいる。サクラは韓国と日本の悪縁をつなぐ歴史の一本橋と同じ」と書いた。

    その悪縁が始まった場所は、桜花で有名な慶尚南道昌原市鎮海区であった。鎮海は日本が露日戦争で勝った場所であった。露日戦争は、1904~1905年に満州と韓国の支配権をめぐって、ロシアと日本が行った戦争である。日本は露日戦争で勝ったことを記念しようと、「日本海海戦記念塔」を建てて、桜の木数十万本を植えた。

    日本で軍国主義が強まるほど桜の木が増えた。一度に咲き乱れて、全て一緒に散る桜花の特性になぞらえて、「天皇のために桜花のように散れ」という言葉もまた、軍事の忠誠心を駆り立てる意味で使われた。

    子供東亜シム・ソフィ記者

    http://kids.donga.com/?ptype=article&no=20190324133957650682

    【韓国】 ムクゲの花は旭日旗を象徴する日本の花。国花にしている韓国を見て日本人が笑っている★2[03/20]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553141064/
    【韓国起源】 「日本の国花だから…」桜を楽しむのが気まずい?韓国国立山林科学院「日本王桜の原産地は漢拏山」[04/10]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1523371964/
    【韓国】 鎮海軍港祭の由来 ~1962年、王桜の原産地は日本ではなく我が国の済州島であることが明らかに[03/05]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1520177390/

    前スレ
    【韓国】 日本には特別な国花がない…日本が桜を愛するようになった背景は?[03/25]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553519178/

    引用元: ・【韓国】 日本には特別な国花がない…日本が桜を愛するようになった背景は?[03/25] ★2

    【桜の乗っ取りに失敗したとたん【韓国】 日本には特別な国花がない…日本が桜を愛するようになった背景は?[03/25] ★2 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/03/11(月) 19:15:43.45 ID:CAP_USER
    [共感新聞/教養共感] ときめく春、私たちが知らなかった「桜」の話
    桜の木と歴史、日本との関係そして「王桜」について
    http://www.gokorea.kr/news/photo/201903/116371_236854_2952.png

    (…省略)近づく春、今日の教養共感は、華やかな花びらの間に隠された「桜」について一緒に見ていきたい。とても馴染みのある植物ではあるが、知らないかもしれない話だ。

    ■桜の象徴は日本か?
    桜が色づく風景を想像すると、日本を思い浮かべる人はかなりいるはずだ。

    日本の2大交通の中心、大阪と京都は既に日本の人気観光地としてよく知られていて、毎年多くの旅行者の足が絶えない。また、桜の花を鑑賞しながら春の訪れを祝う「花見」のイベントが開催されるなど、いつの間にか日本と桜の風景は切っても切り離せない関係に見られる。

    このように、多くの人が桜は日本の象徴であって、日本を代表する花と思っていることが多いが、正式ではない。桜は日本の人々が愛する花であるだけで、国花ではない。

    日本は憲法を見ると、正式な国花がない。代わりに皇室を象徴する菊がある。つまり、法的に定められた国花はないが、日本の象徴として桜と菊がおかれている。

    ところが最近、「王桜の木」が私たちの済州島に自生地を置いているという最終的な結果が出た。100年近く、この木の原産地が日本なのか、韓国なのかと、その論争の背景を一緒に見てみよう。

    ■「王桜」の起源論争、終止符つく
    韓国と日本の桜は似ているが、「王桜の木」は別個の起源を持つ完全に他の種であることが明らかになった。王桜の起源をめぐって始まった争点は、1900年代初頭から続く。

    自生王桜が最初に発見されたのは、1908年4月15日だ。当時宣教活動をしていたフランス人のエミールタケ神父が、済州島で発見してドイツベルリン大学のケーネ博士に送ったことで、済州島が自生地であることが明らかになった。

    しかし、日本は王桜の原産地は日本にあると、日本の桜の木が済州島に移ってきたという主張を出した。

    日本の京都大学の小泉博士は、1932年に済州で王桜の自生地を発見したという記録を残したりもしたが、以降、日本の学者たちは、過去に王桜の自生地が日本国内にもあったが消えたと主張した。

    その後、松村任三東京大植物学科教授は、王桜を日本式の名前である「ソメイヨシノ」と植物学会誌に登録して、この木は日帝強占期当時の韓国に入ったのだと知らせた。

    学者たちは、ソメイヨシノが韓国産桜と接木過程を経て全国各地に植えられたものと見ていて、この過程で桜の原産地が日本と知られたと推定する。

    続いて、1962年パク・マンギュ植物学者は、実際の漢拏山で王桜の自生地を確認した。韓国の研究者としては初めてで、彼は「桜の花は私たちの花 - 漢拏山が原産地」と主張した。その後も、韓日双方の桜の原産地という論争は絶えなかった。

    長い争点の中で最終的に、最近、韓国の研究陣は「済州島の自生王桜は日本の王桜と明確な違いがある」という事実を突き止めた。昨年9月に山林庁国立樹木園は世界初の済州島自生王桜の全体遺伝体を完全に解読することに成功したのだ。

    研究者たちは、「完全遺伝体を比較した結果、済州王桜と日本王桜は明らかに区別される別の植物」と結論を付けた。

    科学的な根拠としてみると、済州島の王桜の木は済州島に自生する早生桜(※エドヒガンのこと)を母系とし、ヤマザクラやオオヤマザクラを父系として生成された第1世代(F1)自然雑種だ。やや難しく感じられる部分だ。

    つまり、遺伝体の比較分析の結果、済州島王桜は日本の東京と米国のワシントンにある日本の王桜と明確に区分されて、異なる植物であることが確認された。

    これにより、済州に自生する天然記念物の王桜の木はそのまま「王桜の木」で、我が国の公園・街路樹などに広く植わる日本産の桜は日本の表記法をとって「ソメイヨシノ桜(※ソメイヨシノ・ボッナム)」と呼ぶという声もあがっている。(省略…)

    ソース 共感新聞(韓国語)から一部
    http://www.gokorea.kr/news/articleView.html?idxno=116371
    ★1:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1552223491/
    2019/03/10(日) 22:11:31.42

    引用元: ・【ときめく春】 韓日で「王桜(ソメイヨシノ)の原産地」論争、韓国の研究陣が終止符を打つ 私たちが知らなかった「桜」の話★2[03/10]

    【嘘ついてたのを訂正して謝罪しろよ【ときめく春】 韓日で「王桜(ソメイヨシノ)の原産地」論争、韓国の研究陣が終止符を打つ 私たちが知らなかった「桜」の話★2[03/10] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/04/19(木) 19:31:01.68 ID:CAP_USER
    ■「日本文化」を象徴する3つの元祖が韓国だって?
    no title


    日本は、全世界的に自国の文化を広報するため、沢山の投資をすることで有名です。

    韓国が元祖だけど、韓国の人々すら日本だと思っているものがあります。

    1.桜
    no title

    日帝強占期に日本の学者たちは、王桜の原産地は済州島と言ったが、解放後、急に日本産と話を変え始めました。

    2.フェ(刺身)
    https://dispatch.cdnserbe.net/wp-content/uploads/2018/04/b7be5ef61fafd8112a6e223831455483.jpg
    日本のサシミは、世界的な食品標準として発展して、全世界のどこに行っても簡単に接することができます。

    フェ(※膾)という漢字自体が中国古代に生まれて、我が国でも、高麗中期の時の記録を見ると、センソンフェ(生鮮膾)を主題に詩を書いたといいます。

    壬辰倭乱以降に日本でサシミが本格的に登場したから、韓国でフェが先に始まったのです。

    3.着物
    no title


    着物は百済衣服にその根があるといいます。

    既に、様々な資料によって、日本が百済の多くの物を吸収したということは、よく知られた事実です。

    no title

    (出所:YouTube=Travel Tube) 

    <この投稿文は提携会社の「LASS」のコンテンツです。本誌編集意向とは無関係です。>

    ソース ディスパッチ(韓国語)
    https://www.dispatch.co.kr/1255385
    類似ニュース 桜・生鮮膾・着物 日本が元祖ではなかった?
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=009&aid=0004129065
    http://imgnews.naver.net/image/009/2018/04/06/0004129065_001_20180406150309029.jpg

    関連スレ
    【中国】韓国が刺身を自国の美食と紹介=中国ネット「日本人が見たら怒る」「日本のウイスキーも世界一になったじゃん」★3[11/05](c)2ch.net
    https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1415187886/
    【中国】悔しい! 刺身も相撲も桜も「世界に知られた日本文化」は中国がルーツだった=中国メディア「1/28」★5
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1517319224/
    【今日頭条】桜、和服、相撲、茶道・・・あれもこれも、日本を象徴する事物の多くが「中国起源だった」[8/25] [無断転載禁止]©2ch.net
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503645323/

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1524099336/

    引用元: ・【韓国起源】 桜・刺身・着物…「日本文化」を象徴する3つの元祖は韓国★2[04/19]

    【【韓国起源】 桜・刺身・着物…「日本文化」を象徴する3つの元祖は韓国★2[04/19] 】の続きを読む

    このページのトップヘ