まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:株

    1: まぜるな!キケン!! 2023/11/07(火) 18:40:59.71 ID:+E3UG1ye
    2023年11月7日 17:00

    韓国株式相場が乱高下している。韓国当局による空売り禁止を受けて総合株価指数(KOSPI)は6日に前営業日比5.6%高となったが、7日は一転、2.3%安となった。利益確定の売りだけが理由ではない。今回の措置でグローバル投資家の韓国市場への評価が下がるとの懸念も相場を下押しした。

    「政府の一存で、海外投資家に好ましくないようなルールに勝手に変えるのは良くないね」。大手運用会...

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL00019_X01C23A1000000/

    引用元: ・【経済】韓国株が乱高下 続く「空売り禁止」ショック [動物園φ★]

    【世界中の投資家から玩具扱い【経済】韓国株が乱高下 続く「空売り禁止」ショック [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/08/18(金) 16:52:02.99 ID:aHxoC40X
    「超伝導体テーマ主」下限が続出… アリ「地獄のような週末が始まった」

    パワーロジックス(047310)とドゥクソン(004830)が並んで下限値を記録するなど、超伝導体テーマ株が一斉に急落した。『最大株主の食い逃げ』問題があった西南堂も28%近く下落し、下限値に接近した。世界的な学術誌ネイチャーが『LK-99』について「超伝導体ではない」と発表した影響が2日にわたり続いている。

    18日、パワーロジックスは前取引日に比べ6500ウォン(29.95%)下落した1万5200ウォンで、下限値で取引を終了した。

    パワーロジックスは、過去11日から16日まで3取引日連続でストップ高を記録し、2万1000ウォン台まで上昇したが、この日の急落により1万5000ウォン台に押し戻された。前日、株価急騰で取引が1日停止されていたが、この日取引が再開されると直ちに下限値を記録した。

    同様の理由で前日取引が停止されていたドゥクソンもこの日、29.98%下落して下限値で終了した。ドゥクソンも、前日14日と16日、2取引日連続でストップ高を記録し、1万3000ウォン台まで上昇したが、この日は9000ウォン台に下落した。

    前日、下限値を記録した西南(294630)も前日に比べ2040ウォン(27.83%)下落した5290ウォンで取引を終了した。

    新聖デルタテック(065350)はこの日、投資リスク銘柄として指定されたため、この日の取引が停止された。新聖デルタテックは前日の取引開始早々に25%近く上昇したが、取引中に13%下落するなど、ローラーコースター相場を展開している。

    これに対し、個人投資家たちはオンラインの銘柄討論室などで「金曜日、下限値が続出とは、まるで地獄のような週末が始まった」「週末中ずっと鬱々しそうだ」「これからテーマ株はやらない」といった反応を投げかけている。

    先述のように、ネイチャーがLK-99は超伝導体ではなく、不純物の硫化銅がまるで超伝導体のように見えるという内容を発表したため、超伝導体テーマ株が連鎖的に急落した。

    16日(現地時間)、ネイチャーは「科学界がLK-99のパズルを解いたようだ」とし、「科学的な探偵作業を通じて、この物質が超伝導体でないという証拠を見つけ、実際の特性を明らかにした」と述べた。さらに「硫化銅などが電気抵抗の急激な減少や磁石の上での部分浮上が現れる原因」とし、「これは超伝導体が示す特性と類似して見える」と説明した。

    アメリカ連邦準備制度の追加緊縮化に対する懸念や、中国発の悪材料が重なり、国内株市場全体が下落したことも悪材料として作用した。以下略

    https://v.daum.net/v/20230818162733346

    引用元: ・【韓国】超伝導体関連株が暴落 蟻「地獄の週末が始まった」 [動物園φ★]

    【蟻にしても馬鹿過ぎる 【韓国】超伝導体関連株が暴落 蟻「地獄の週末が始まった」 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/06/05(月) 16:10:44.66 ID:42woSnHo
    各国の株価が先月1か月間でどのくらい上昇したかを比較すると、KOSPI=韓国総合株価指数は、主要20か国の中で5番目の上昇率となりました。

    韓国証券取引所が4日、明らかにしたところによりますと、KOSPIは4月末の2501.53から5月末には2577.12と3.02%上昇し、上昇率は主要20か国の中で5番目に高くなっています。

    最も急に上昇したのは、アルゼンチンのメルバル指数で14.81%の高騰でした。日本の日経平均株価は7.04%上がり2番目でした。3位はトルコ、4位はブラジルでした。

    KOSPIの上昇は、半導体の業績回復への期待感から関連株を買う動きが広がったことが背景にあります。半導体関連株は、5月の1か月間で12%上昇しました。

    KBS  2023-06-05 15:36:07
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=85628

    ※関連スレ
    【KOSPI】韓国総合株価指数が反発 約1年ぶり2600突破[6/2] [すりみ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1685706414/

    引用元: ・【KOSPI】韓国株価 5月の上昇率が主要20か国中5位 半導体の業績回復への期待感 [6/5] [ばーど★]

    【必死で資金投入w 【KOSPI】韓国株価 5月の上昇率が主要20か国中5位 半導体の業績回復への期待感 [6/5] [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/06/24(土) 08:21:17.12 ID:5DiWwN7V
    韓国の国民年金基金運用委員会(基金委)は23日、昨年の国民年金基金の運用成果を発表した。収益率は8.28%減となり、1988年に国民年金が始まって以来、最も低い水準となった。国内外の株式市場の低迷が主な原因で、国内株は22.75%減、海外株は12.53%減だった。一方、代替投資は9.47%と高い収益率を示した。

     国民年金は2008年に0.18%減で初のマイナス収益率を記録した後、米・中貿易紛争やグローバル通貨の緊縮でグローバル金融市場が劣勢を見せた2018年にもマイナス(0.92%減)の収益率を記録している。

     昨年の資産群別収益率は国内株22.75%減、海外株12.53%減、国内債権5.5%減、海外債権5.04%減、代替投資9.47%だった。代替投資の成果が株や債券の損失を一部補った。

     2022年度国民年金基金運用本部の成果給支給率は51.1%(基本給対比)で、これは前年対比16.6%減少した数値だ。

     成果給は基準収益率に対する超過成果を基に支給され、最近3年間の運用成果を5:3:2の割合で反映する。

     基金委はまた、国民年金基金の収益率向上のための改善策を議論した。その中で、資産配分の専門家を招聘し、運用人材の報酬水準を見直すことや、代替投資の拡大や海外投資機会の探索のために人員を増やし、米国サンフランシスコなど金融中心地に海外事務所を新設することなどが盛り込まれた。

     チョ・ギュホン(チョ圭鴻)保健福祉相は、「基金収益率の向上は、未来世代への保険料負担軽減につながる重要な政策課題であり、年金改革と並行して収益率向上のための基盤の構築が急務だ」とし、「今日発表したインフラ改善案を着実に実施し、国民の大切な老後資金を安定的に運用できるよう努める」と強調した。

    2023/06/24 06:34配信 Copyright(C) herald wowkorea.jp 104

    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0624/10400578.html


    関連ニュース
    韓国、高齢化ペースは日本の2倍、年金受領額は半分
    https://japanese.joins.com/JArticle/284800?servcode=400§code=400

    引用元: ・韓国の国民年金、昨年は収益率8.28%マイナス…株式投資が大幅に減少 [6/24] [昆虫図鑑★]

    【さっさと廃止した方がいいんじゃね? - 韓国の国民年金、昨年は収益率8.28%マイナス…株式投資が大幅に減少 [6/24] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/04/24(月) 16:19:09.88 ID:I1FWrHrW
    24日の韓国株式市場では外国系証券会社の売りでストップ安となる銘柄が続出した。

    この日午前11時55分基準、ダオル投資証券、ハリム持株、サムチ ンリ、デソンホールディングス、ソウルガス、セバンの株価はストップ安(30%下落)となった。
    これら銘柄は業種などの共通点がないが、外国系証券会社のSG証券の窓口を通じて大量売りが出て株価が急落した。

    SG証券はダオル投資証券(42万4718株)、ハリム持株(14万5898株)、サムチ ンリ(1万2243株)、
    大成ホールディングス(9062株)、ソウルガス(4610株)、セバン(8万2324株)などを大量に売った。

    一部ではSG証券がこれら銘柄の株価下落を予想して空売りをにした可能性があるという見方が出てきた。

    韓国取引所の関係者は「外国系証券会社のSG証券の窓口を通じて大量の売りが出たのは事実」としながらも
    「異常取引の有無については確認しがたい」と話した。

    4/24(月) 15:56配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d01631f9f8a1040e73608c04c203b5aa53cf207

    引用元: ・【中央日報】 韓国株式市場、外国系証券会社の売りでストップ安続出 [4/24] [仮面ウニダー★]

    【おやおや?おやおやおや?w 【中央日報】 韓国株式市場、外国系証券会社の売りでストップ安続出 [4/24] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    このページのトップヘ