まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:条例

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/12(火) 18:27:23.15 ID:CAP_USER
    no title

    ▲戦犯企業

    ソウル市とソウル市教育庁の傘下機関が日本戦犯企業の物品を使えないようにするソウル市議会条例案が所管常任委員会の門の敷居を越えられず挫折した。

    12日、ソウル市議会によればホン・ソンニョン共に民主党ソウル市議員が去る1月に発議した「ソウル市、日本戦犯企業との随意契約締結制限に関する条例案」と「ソウル市教育庁、日本戦犯企業との随意契約締結制限に関する条例案」は各々、所管常任委の行政自治委員会と教育委員会で審査案件として上程できなかった。教育委員会では案件上程賛否と関連した討論さえ省略された。本会議の表決に送る前に経る「予備審査」で不適格判定を受けたのだ。

    ソウル市議会行政自治委員会委員長のムン・ヨンミン議員は「ソウル市が今まで日本戦犯企業と随意契約をした事例はたった1件に過ぎない状況で、このような条例案を制定するのは実効性がないだけでなく、上位法に関連した法的根拠もない」として「行政委委員らの意見を集めた結果、ひとまず上程を保留することにした」と説明した。彼は「ホン議員には条例案制定でなく建議書形式で提出してはどうかと説得した」と言う。

    今回の条例案をめぐりソウル市議会では「趣旨は理解するが、法令まで作るのは不適切だ」という意見が支配的だったことが分かった。

    当初、ホン議員が条例案を発議した時はソウル市議員定員の27%である30人が賛成した。行政委のある共に民主党所属議員は「ホン議員には様々なルートを通じて憂慮のメッセージを伝えた」として「時期も内容も不適切だから初めから常任委への上程自体が話にならなかった」とした。

    教育委所属の自由韓国党市会議員は「個人の信念は尊重するが、ソウル市民を代表するソウル市議会で時代錯誤的で問題の余地が多い案を条例に制定することはできなかった」と話した。この他に執行部のソウル市だけでなく外交部など政府部署まで今回の条例案について憂慮の声を伝達したことが分かった。

    ホン議員は「条例案を発議した時、様々な高い方から電話がたくさんかかってきた」と吐露した。パク・ウォンスン、ソウル市長も小池百合子東京都知事、長嶺安政駐韓日本大使から憂慮の電話を何回も受けた事実をホン議員に伝達したと伝えられた。

    ホン議員は「戦いをさせた日本は抜けてしまい、外交部、ソウル市、ソウル市教育庁、ソウル市議会、私たちに傷だけ残った。私たちは再び日本にやられた」として「次の会期の時に補完して通過するよう細心の準備をするつもり」とした。

    条例の中に登場する日本戦犯企業とは2012年国務総理室所属「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」が発表した企業299の中で現存する284社をさす。パナソニック、東芝、日立、川崎重工業、三菱、住友、キリンなど日本の大企業相当数が含まれる。

    これに先立ってホン議員は昨年8月、ソウル市と各区庁など傘下機関、ソウル市教育庁、公立学校などに日本製品の使用現況伝授調査を要請した。

    イム・ナックン記者

    ソース:韓国経済(韓国語) 日企業製品購買制限条例ソウル市議会上程不発
    http://news.hankyung.com/article/201903126227i

    関連スレ:【韓国】日本戦犯企業からの製品購入 条例化で制限へ=ソウル市議会 [01/29]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1548773335/

    引用元: ・【韓国】 日本企業製品購買制限条例、ソウル市議会上程不発~発議した市議会議員「あきらめない」[03/12]

    【一人で暴れて一人で転んでる【韓国】 日本企業製品購買制限条例、ソウル市議会上程不発~発議した市議会議員「あきらめない」[03/12] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/28(月) 09:19:15.18 ID:CAP_USER
    2017年8月25日、少子化が深刻な勢いで進行している韓国で、高額な出産奨励金により子どもの数を増やそうという条例案がある自治体で提案され波紋を呼んでいる。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

    ソウル近郊に位置する城南(ソンナム)市議会は、28~30日に開く臨時会議で自由韓国党の議員が代表発議した「出産奨励金支援等に関する改正条例案」を含む26の条例案を審議・議決する計画だ。

    この出産奨励金に関する条例案は、第3子の出産に対する奨励金を、現行の100万ウォン(約10万円)から1億ウォン(約970万円)に、一気に100倍に引き上げるというもの。

    支給は、出産時にまず1000万ウォン(約100万円)、3・5・7歳になった時にそれぞれ2000万ウォン(約190万円)ずつ、10歳になった時に残りの3000万ウォン(約290万円)と、分割して行う。なお、支給対象は第3子が出生から10歳になるまで継続して同市に居住した世帯に限られる。

    また、第2子の出産奨励金を50万ウォン(約5万円)、第4子で1000万ウォン、第5子以上で2000万ウォンにそれぞれ引き上げるほか、第3子以降の高校・大学の授業料全額支援、市の傘下機関への就職時の優遇といった内容も盛り込まれている。

    韓国統計庁の集計によると、今年1~6月の韓国の子どもの出生数は18万8500人で前年同期から12.3%と大きく減少、今年は1960年代以降で初めて年間の出生数が30万人を下回ることが確実視されている状況だ。

    政府は少子化対策に積極的に乗り出す方針を明らかにし、この条例案もそうした流れの中で出たものだが、当の市は、莫大(ばくだい)な予算が必要になる上、他の自治体とのバランスも考慮すべきとして案に反対の立場を取っているという。

    韓国のネットユーザーからはこの話題に5000を超える多数のコメントが寄せられているが、

    「これはない」
    「やり過ぎだよ」
    「“副作用”が心配」
    「まさにショッキングな案だ」
    「いくら人口が減るといってもほどほどにすべき」
    「あきれた。だいたいその1億ウォンはどこから出すんだ?」

    など、現実味のない案とする意見が多くの賛成票を得ている。

    また、

    「それより1人目も産まない人に産んでもらうことを考えなきゃ」
    「3人、4人産む家庭はお金をあげなくても産むものだよ」
    「そもそも3人以上産む家はお金持ちだ」

    といった指摘も。

    「子どもがまるで宝くじみたい」
    「犬や豚を飼育するのとはわけが違うだろ」との厳しい意見や、
    「職に困ってる人は、子どもを産んで生きていけるようになるのか」
    「国がおかしくなってきている」

    との声もあった。


    2017年8月28日(月) 9時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b188589-s0-c30.html

    引用元: ・【韓国】少子化が止まらない韓国で「3人産めば1000万円」の条例案が波紋[08/28]©2ch.net

    【【また子供の奴隷売買が 】「3人産めば1000万円」韓国の出産奨励金条例案】の続きを読む

    このページのトップヘ