まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:李在明

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/11(月) 07:46:17.35 ID:CAP_USER
    「日本を追い越し、先進国に追いつき、世界をリードする韓国をつくり上げていく」-。来年3月の韓国大統領選に向け、革新系与党「共に民主党」の公認候補に選出された李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事は10日、候補決定後の演説でこう強調し、日本への対抗意識をさっそくのぞかせた。

    李在明氏は、韓国がこれまでいくつも危機を乗り越えてきたと言及した際も、日本政府による2019年の対韓輸出管理厳格化を念頭に「日本の輸出報復に対し、短期間に完璧に勝ち抜いた」と主張した。

    李在明氏は歴史問題に関連した日本への強硬発言で知られてきた。

    李在明氏には、京畿道・城南(ソンナム)市長時代に進めた官民合同の都市開発事業をめぐる疑惑が持ち上がっている。演説では、野党側と業者との癒着だとの見方の下、「土建勢力と癒着した政治勢力の不正腐敗を必ず根絶やしにする」と力説した。

    与党の予備選で2位に終わった李洛淵(イ・ナギョン)元首相は、李在明氏の疑惑が払拭されないことから「今のような不安な状態では大統領選で勝利できない」と批判し、候補間で確執が広がっていた。

    李在明氏は、演説で李洛淵氏ら他の候補の善戦に敬意を表した上で、李洛淵らと固く包容して党内融和を演出してみせた。

    李在明氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領ら主流派と距離があることでも知られてきた。演説では、「文大統領の気持ち」を引き継ぐことに言及。来年、本選に勝利し、大統領就任式には「文大統領と固く手を握って一緒に立つ」と強調した。李在明氏の候補選出を必ずしも歓迎していない文氏支持層を意識したとみられる。

    李在明氏は党内予備選を通じて累計で50・29%の票を獲得。2位の李洛淵氏は39・14%の得票にとどまった。(ソウル 桜井紀雄)

    https://www.sankei.com/article/20211010-GQ6IONSR3VLUXJEJJ2QFFQ3LE4/

    引用元: ・【韓国大統領選】与党公認候補・李在明氏「日本を追い越し、先進国に追いつき、世界をリードする韓国をつくり上げていく」[10/11] [昆虫図鑑★]

    【大いに楽しませて貰えるわw 【韓国大統領選】与党公認候補・李在明氏「日本を追い越し、先進国に追いつき、世界をリードする韓国をつくり上げていく」[10/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/21(水) 06:28:17.01 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/20/2016122002870.html

     次期大統領選挙の有力候補の一人とされる李在明(イ・ジェミョン)城南市長が、次期大統領候補の好感度調査で初の1位になった。

     韓国リサーチが中央日報の依頼で今月16-18日に実施した好感度調査で、李市長は31.4%でトップ、次いで最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が30.6%、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が29.2%、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事が26.8%、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が26.0%、与党セヌリ党非朴系のユ・スンミン議員が20.6%、野党第二党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)議員が18.7%、呉世勲(オ・セフン)前ソウル市長が15.9%、孫鶴圭(ソン・ハッキュ)元民主党代表が14.2%、南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道知事が11.3%だった。調査はそれぞれの名前を挙げて「好感を抱いているか」と問うもので、好感を抱いていると回答した人の割合によって、0-100%の数字で表される。

     非好感度の調査でも、李在明市長が38.5%で最も低かった。次いで安熙正知事(38.6%)、南景弼知事(43.1%)、潘基文事務総長とユ・スンミン議員(49.6%)、文在寅・前民主党代表(51.5%)の順だった。

     李市長はこのところ、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件をめぐる過激な発言で支持率が上昇し、最近の世論調査では次期大統領候補の中で支持率が2-3位まで上がっている。

    引用元: ・【韓国】次期大統領候補の好感度、李在明氏が1位=過激発言で人気[12/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【支持率とは違うのか?】韓国次期大統領候補の好感度、李在明氏が1位=過激発言で人気】の続きを読む

    このページのトップヘ