まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:李在明

    1: まぜるな!キケン!! 2021/12/05(日) 17:46:45.78 ID:CAP_USER
    韓国革新系の執権与党「共に民主党」イ・ジェミョン(李在明)大統領候補は5日、「東学党の乱」(東学革命)が失敗に終わった理由に「国力」を挙げ、「世界的な主導国家となり先祖が経験したことを繰り返さない」と約束した。

    李候補はこの日、チ ンブク(全北)チ ンウプ(井邑)セムゴウル市場を訪れ、「井邑は東学革命の発祥の地であり、横暴な権力者を抑え、弱き者を助け、皆が共に生きる大同の世を作ろうと民衆が命を懸けて立ち上がった原点となる場所」と説明した。

    彼は「東学革命軍が竹槍を手に、より良い生活のために命を捧げた。しかし残念なことに、ウグムチ(牛禁峙)峠で3万人に近い革命軍がたった2,700人の日本軍により全滅した。武器が不足していたらからだ」と話した。

    そして「これからの大転換の時期に国力を科学技術に投資し、先端技術を支援し、経済を生かして世界の先を行く先進国となり、再び牛禁峙峠の出来事を繰り返さない」とし「常に皆さんと手をつなぎ、より良い未来に向けて偉大なる大韓民国を共に作り上げていく」と約束した。

    李候補は来年の大統領選挙については「過去に戻るのか、より良い未来に進むのか」とし、「私たちは軍事政権を憎む。軍事政権は軍人の利益のために国家権力を利用した。全員が陸軍士官学校出身だ」とし「しかし今、検事出身で構成された勢力が、来年選挙で勝ち、検察国家を作ろうと挑戦している。これを容認できるのか」と反論した。

    また検察出身のユン・ソンニョル(尹錫悦)「国民の力」大統領候補を指して「誰かの私的な復讐のため、誰かの審判のため、誰かの利益のために政治が存在してはならない」とし「皆さんは復讐する大統領を望みますか、それとも経済を救う大統領が望みますか」と主張した。

    そして「軍事政権が許されないように、検察政権も決して許されない」とし「権力は誰か個人のためではなく、私たち国民のためのものでなければならない」と述べた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cfecaaa8d7cb025fb0e1dc40adf1798c5e2f838

    引用元: ・【韓国報道】李在明大統領候補「東学軍が日本軍に全滅…主導国家となり同じことは繰り返さない」 [12/5] [昆虫図鑑★]

    【また、歴史を捏造しているなあ【韓国報道】李在明大統領候補「東学軍が日本軍に全滅…主導国家となり同じことは繰り返さない」 [12/5] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/25(木) 21:42:47.04 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国で来年3月に実施される大統領選の革新系与党「共に民主党」候補の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は25日、ソウル外信記者クラブ主催の討論会に出席し、日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた判決について、「加害企業と被害を受けた民間人の間で行われた判決を執行しないよう求めることは事実上不可能」として、「これを認める前提の上で問題解決(方法)を見つけなければならない」との認識を示した。

    また、「客観的な状況が異なることを認め、真摯(しんし)に謝罪すれば、最後に残る賠償問題は十分現実的な方策をいくらでも見つけられる」と述べた。

    両国の関係改善策としては、「歴史、領土問題と社会、経済、交流問題は分離し、できることはやっていく『ツートラック』でアプローチすることが良いと思う」とし、「こうした立場を貫くことができれば、双方が十分に合意、同意できる道を見つけられる」との考えを明らかにした。

    李氏の強硬な対日姿勢を指摘する声については、「一つの側面だけを見た誤解」として、「個人的には日本の国民を愛し、彼らの質素倹約、誠実さ、礼儀正しさを深く尊重している」と述べた。

    ただ、「日本にもさまざまな政治勢力がある」とし、「その一部は普通国家を目指して平和憲法の改正を進め、軍国主義を追求する傾向もないとは言えない」と指摘した。

    李氏は「過ちは認め、それに見合う補償をすることが今後、より良い関係のため望ましい」とし、「戦後、ドイツが欧州諸国に取った態度を日本は少し見習う必要がある」と述べた。


    2021.11.25 16:56
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211125003400882

    関連スレ
    【李在明大統領候補】 「韓日関係、遠ざかる現実が残念…未来志向に変化を」 [11/25]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1637821070/

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1637828332/

    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1637833897/

    引用元: ・【李在明】 徴用賠償判決 「執行しないよう求めるのは不可能」  両国の関係改善策としては『ツートラック』でアプローチ★3 [11/25] [新種のホケモン★]

    【こいつは筋金入りのバカだな 【李在明】 徴用賠償判決 「執行しないよう求めるのは不可能」  両国の関係改善策としては『ツートラック』でアプローチ★3 [11/25] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/29(月) 10:30:43.40 ID:CAP_USER
    「全斗煥(チ ン・ドゥファン)氏が光州(クァンジュ)に対して一言の謝罪もなく死亡した」(28日、光州)

    「尹錫悦(ユン・ソクヨル)国民の力候補は3無(無知・無能・無党)候補だ」(27日、全羅南道長興)

    「湖南がなければ共に民主党もない」(26日、全羅南道木浦)

    25日から4泊5日の日程で湖南(ホナム、全羅道)を巡回中の李在明(イ・ジェミョン)民主党大統領選候補の湖南攻略は、この3つのメッセージに要約される。28日にも李候補は光州の金大中(キム・デジュン)コンベンションセンターで「湖南なしに李在明もない」と求愛する一方、尹候補を狙って「光州虐殺主犯の全斗煥を称賛して国民を尊重しない人が大韓民国をまともに導くことはできない」と非難した。

    毎週末の2泊3日間の地域巡回日程も湖南では2日間追加した。李候補が湖南攻略に熱を上げるのは、まだ自身が湖南の民心を完全につかめていないという判断のためだ。李候補側の議員は「湖南の支持率がまだ60%台にとどまっている」とし「今回のツアーをきっかけに湖南の戦略的投票の雰囲気ができるはずで、これは支持率反転のキーポイントになるだろう」と期待した。

    李候補のこの日の最初の日程も、5.18民主化運動当時に救護活動拠点の役割をした光州市南区「楊林(ヤンリム)教会」での礼拝だった。ここで李候補は「5・18民主化運動をはじめ、歴史的事件に対して歪曲・捏造・否認する行為を処罰する、歴史歪曲に対する断罪法を必ず作る」と述べた。午後には20代、30代の票集めにも注力した。金大中コンベンションセンターで発足式を開いた光州選挙対策委の共同委員長に今年満18歳の光州高校学生議会議長ナム・ジンヒさん(高3)を任命するなど、計10人の共同委員長のうち9人を青年で構成する破格の人選をした。

    李候補の湖南での支持率は尹候補を圧倒しているが、歴代大統領選挙の民主党候補と比べると低い方だ。李候補の周辺では「湖南に注力しているだけに、湖南の支持率が過去の大統領選のように90%台まで上がれば十分に勝算はある」という声が出ている。そのためには李洛淵(イ・ナギョン)前共に民主党代表側の協力も必要だという雰囲気がある。光州・全南は李前代表の故郷であり、党内選挙で李候補が1位を明け渡したところだ。今回の巡回では李前代表の同行の可能性が提起されたが、実現しなかった。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    2021.11.29 10:21
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/285205?servcode=200§code=200

    引用元: ・【李在明】「歴史歪曲断罪法を必ず作る」 [11/29] [新種のホケモン★]

    【政府の捏る歴史以外は認めない【李在明】「歴史歪曲断罪法を必ず作る」 [11/29] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/21(日) 11:08:46.31 ID:CAP_USER
    ※東亞日報の(社説)元記事(韓国語)
    [社説]イ・ジェミョン「ルールを破って主張を知らせることもできる」大統領候補の声
    https://www.donga.com/news/Opinion/article/all/20211117/110302464/1

    ※文化日報の(社説)元記事(韓国語)
    李「ルール破りながらする主張応援…」私も前菓子」法治崩す
    http://m.munhwa.com/mnews/view.html?no=2021111701073511000005

    韓国与党「共に民主党」の大統領選候補、イ・ジェミョン(李在明)前京畿道知事が青年気候活動家たちと会った席で、違法による闘争活動に、一部共感する趣旨の発言をして物議をかもしている。

    13日、李氏は青年気候活動家たちとの懇談会で、「共同体のルールを多少破ってでも、主張を世の中に伝えられると思う」と述べた。

    出席者らが「石炭発電所建設に反対するため緑のスプレーをかけ、罰金刑を言い渡された」「大統領が通るとき、道路に飛び込んだ」という経験談を紹介した後だった。

    李氏は「そうした生き方も応援する」とし、彼らを激励した。

    李氏のこうした発言が物議をかもし、相次いで批判の声が上がっている。韓国メディアの東亜日報は18日の社説で、懇談会での李氏の発言をこう批判した。

    目的さえ良ければ不法や脱法も問題にならないという認識は、韓国社会の慢性的な弊害である「無理強い」文化を助長するものだ。一般人の発言でも適切でないのに、有力な大統領候補が語ったのだから、いろいろな面で心配だ。当時、懇談会に同席した与党議員が「慎むようにと言わなければ」と言ったのもこうした理由からだろう。

    文化日報も17日の社説で、李氏の発言を同じように批判した。

    李氏の発言は哲学者や市民運動家の立場ならそうかもしれない。しかし、韓国政府の最高責任者になろうという人としては、非常に不適切な発言だ。

    大統領の最も重要な責務が憲法守護、すなわち「国家アイデンティティおよび国土の保全と法の支配」の実現であるが、これに反するからだ。根本的には、互いに違った考えを持つ多くの人が「決められたルール」の中で主張を展開し、共感を作っていくことが民主主義国家の原初的な根拠だが、こうした大前提も崩してしまう。

    同席したヤン・イウォンヨン議員が「慎むようにと言わなければ」と助言した。しかし、李氏は「私も前科者だ」と主張を曲げなかった。李氏が選挙管理委員会に届け出た前科の内訳は、誣告(ぶこく)および公務員(検事)詐称、道路交通法違反(飲酒運転)、特殊公務執行妨害共用物件損傷、選挙法違反の4件だ。

    李氏が発言した目的は、環境運動を行う青少年や青年活動家たちを激励するものだ。それだけに、より一般の人々が受け入れられる合法的な方法で「闘争」を行うべきだ。そうせずに、自分の信念だという理由で強引に行動するように煽(あお)れば、法治国家は崩壊し、万人に対する「万人闘争」を呼ぶだけだ。

    李氏の発言について、与野党の意見は分かれた。

    17日、メイル新聞によると、野党「国民の力」のシン・インギュ常勤副報道官が、論評を通じて「法治主義国家である韓国の大統領になるという候補として、到底考えられない、非常に危険な発言」とし、「李氏が大統領になったら、『ごり押し政府』になるとすぐ見当がつく」と指摘した。

    シン副報道官は「目的の正当性のためなら、違法な手段まで正当化できるということ」とし、「自分の目的のために、法を犯してきた李氏の誤った行動が、依然として頭の中に残っているという証拠」と非難した。

    与党「共に民主党」のある関係者は「李氏の過去の人生が、現在の若者と大きく変わらないという点を通じて共感を示しただけ」と肩を持った。


    2021/11/21 10:08配信 Copyrights(C)wowkorea.jp
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/1121/10323889.html

    引用元: ・【李在明】 「ルールを多少破ってでも...」、大統領選候補の不適切な発言が物議に [11/21] [荒波φ★]

    【韓国の大統領になる資格十分だね 【李在明】 「ルールを多少破ってでも...」、大統領選候補の不適切な発言が物議に [11/21] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/12(金) 21:42:21.41 ID:CAP_USER
    与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)氏が10日、寛勲クラブの招請による討論会で、日本について「常に信じられる完全な友邦国家なのだろうか」と発言したことに関連し、日本の各メディアは、李氏が日本に対する不信と警戒心をあらわにしたと報じた。

     共同通信は11日「李氏は(日本に対する)警戒心を隠さなかった」として「李氏は過去にも『日本の大陸進出の夢が武力的に噴出するときに備えなくてはいけない』と述べており、改めて日本への不信感が浮き彫りになった」と報じた。

     読売新聞は、「李氏が日本に対して強い不信感を示した」と書いた。毎日新聞も「李氏はこれまでも、慰安婦問題や強制徴用問題で冷え込んだ日本との関係をめぐって強硬発言が目立つ」と報じた。

     NHKは、李氏が「(日本が)領土問題や帝国主義侵奪についてあいまいな態度を取るのを見ると、韓米日の軍事同盟は非常に危険だ」と述べたことに注目し「日本について厳しい姿勢を示した」と報じた。

     野党「国民の力」の大統領選公認候補、尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏の対日関連の発言に注目したメディアもあった。東京新聞は「北朝鮮の核ミサイル開発と米中対立が深刻化する中、米国のバイデン政権は韓米日の協力を重視している。最大野党候補の尹錫悦前検察総長は公約で、日本との協力が重要だとの認識を示した」と報じた。

     李氏は10日の討論会で、韓米日3か国の軍事同盟について「当然、反対だ」として「米国と軍事同盟を結んでいるが、ここに日本を入れるのは極めて慎重に考えなければならない」と述べた。

     さらに「日本は常に信じられる完全な友邦国家なのだろうか」「独島は歴史的に韓国の領土なのが明らかなのに、日本が絶えず問題を提起するのは、いつか(独島を)トリップワイヤ(地面に隠した鉄線)で管理しようと考えているからではないかと疑念が沸く」と述べた。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/11/2021111180242.html?ent_rank_news

    引用元: ・【韓国】「日本は友邦国家なのか疑わしい」 李在明候補の発言に…日本メディア警戒[11/12] [マカダミア★]

    【え?韓国が日本を敵国だと宣言したでしょ。 【韓国】「日本は友邦国家なのか疑わしい」 李在明候補の発言に…日本メディア警戒[11/12] [マカダミア★]】の続きを読む

    このページのトップヘ