まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:本

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 08:23:58.07 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    会社員が毎月の本の購入に使う金額は、飲酒に使う金額の半分にも満たない事が分かった。

    教育企業HUNETは会社員805人を対象に読書生活に対するアンケート調査の結果、応答者の約半分
    (43.9%)は1カ月に本を1冊程度読むと答えたと9日に明らかにした。自社教育サイトHUNETの会員を
    対象にした結果だ。

    2~4冊読むという会社員が37.3%で後に続き、1冊も読まないという会社員も7.6%に達した。会社員が
    1カ月に読む本は平均2.3冊程度である。本を買う費用は平均3万ウォンだった。

    これに比べて回答者が酒代に1カ月に出費する費用は図書購入費の2倍以上、6万2000ウォンである
    事が分かった。性別で分けると読書量は男性会社員が平均2.4冊、女性会社員が2.3冊で似ていたが、
    図書購入費と飲み代の差は男性の方が大きかった。

    男性会社員の場合、1カ月の図書購入費は3万ウォンだが、飲み代の支出はこれより2.3倍多い平均
    6万8000ウォンだった。女性会社員は本代に1カ月2万2000ウォン、飲み代はこれより1.8倍多い
    3万9000ウォン程度を使う事が分かった。

    会社員が主に読む本(複数回答)は『自己啓発(61.4%)』が一番多かった。専門家は、「競争が激しく
    なった社会で仕事を取った後も、絶えず自己啓発をしなければ遅れをとるという認識のため」と分析した。

    自分啓発書籍に続いて人文・歴史・宗教・芸術関連の本を主に読むという回答が52.9%、経営・経済
    書籍を多く読むという回答が46.5%で2位と3位を占め、詩・小説・随筆(18.3%)と健康・旅行などの実用書
    (8.7%)が後に続いた。

    この会社のチョ・ヨンタク代表は、「HUNET会員の場合、比較的自己啓発に関心が高い会社員という
    点を考慮すれば、一般会社員の場合は図書購入費と飲み代の格差はさらに大きく現われるだろう」と
    話すた。

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=025&aid=0002657848

    引用元: ・【韓国】会社員、「本より酒」~図書購入費、飲み代の半分以下[11/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【 そのくせノーベル文学賞は欲しがるというw】韓国の会社員、「本より酒」~図書購入費、飲み代の半分以下】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/18(木) 09:48:47.65 ID:CAP_USER
    2016年8月13日、韓国・チャンネルAによると、例年にない暑さが続く韓国では、街中の大型書店が「都心の避暑地」としてにわかに脚光を浴びている。連日多くの客が訪れ、店は繁盛しているように見えるのだが、書店にとってはうれしいことばかりではないという。

    チャンネルAが取材したソウル市内のある大型書店。書棚の横に本を読むためのソファーが並ぶほか、図書館のように机が備えられたスペースもあり、本をじっくりと選びたい客にはありがたいつくりだ。
    しかし机に座る人の多くが、購入前の本の他にキーボードやノートなどを広げている。本を選ぶため読んでいるのではなく、内容を熱心に写し取っているのだ。中にはスマートフォンを取り出し堂々とページを撮影する人も。
    書店側は撮影などの行為の自粛を求めているが、逆に「著作権者でもないくせに」と客が反発することもあるそうだ。

    内容が盗まれること以外に、商品の破損も大きな問題だ。ある書店員は「ページが破れたり、くしゃくしゃにしわが付いたり、一度濡れて乾いたような染みが付いた物もある」と語る。
    自分の物ではないからと乱暴に扱う客が多く、売り物にならないほど破損する本も無視できない数に上るという。

    記事はこの状況に「本を大事に扱う市民意識が求められる」と伝え、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

    「そんなことをするくらいなら図書館に行け。自分勝手にも程がある」
    「国民はそのレベルに合った政府を持つものだと言うが、その通りだ」
    「ヨーロッパのように軽くて安い紙で本を作ればいい。重くて持ち歩きにくい上に、値段が高いのが問題だよ」
    「図書館と書店の区別すらできない人に対して市民意識を論じること自体が…」

    「後進国そのものだね。そんなマインドで本を読んで何になりたいんだ?」
    「これはひどい。本に対する礼儀を守ろうよ」
    「こういう人たちはこじきと呼ぶべき?それとも泥棒と呼ぶべき?」
    「これこそ韓国人」

    「経済ばかりは成長したけど、国民性は東南アジアの国にも及ばないな」
    「以前は1カ月に2、3冊読んでたけど、スマホを手にしてからまったく本を読まなくなった。スマホは人を駄目にする」
    「著作権に関する認識がないんだね」
    「こんな市民意識でノーベル文学賞を望んでるんだから笑える」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a147783.html

    引用元: ・【韓国】招かれざる客が大挙する“都心の避暑地”とは?=韓国ネット「後進国そのもの」「これでノーベル文学賞を望んでるとは笑える」©2ch.net

    【【韓国】「都心の避暑地」書店で本を写し取る輩が大増殖】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 11:54:50.56 ID:CAP_USER.net
    「『読む』ことの革命」
    韓国と他の先進諸国の読書熱
    ヘルシンキ大学図書館に通う社会人…英国では鉄道の車内にも読書する人の姿
    米国の空港では小説・雑誌を手にする人が多数……日本では年に6億4000万冊の本が売れている
    「映画作りの基礎になる想像力と創造性は、読書で得た」-スティーブン・スピルバーグ

    no title


     主要先進国と比較すると、韓国の首都ソウルは「本を読まない都市」だ。本紙取材陣は、先月24日の午前11時から2時間、ソウル地下鉄2号線の忠正路-ソウル大入り口間で列車に乗り込む人々の様子を観察した。
    本や新聞など紙媒体を手に持っている人は、数百人に上る乗客のうち、たった12人だった。
    それも、TOEICの本や専攻の書籍を開く大学生、新聞を見ていた壮年の男性などまで合わせた数字だ。車内のどこも、本を読むより猫背になってスマートフォン(多機能携帯電話端末)ざんまい、という乗客ばかりだった。

     2日後、英国ロンドンの郊外に向かう列車内。ほとんど全てのコンパートメントに、本を読む市民が少なくとも1人か2人はいるのが目に留まった。
    24歳のある大学生は「寝る前にベッドで本を読んだり、通学するバス・列車の中で読んだりするのは当然ではないのか。週に1冊くらいは本を読む」と語った。

     韓国の成人の読書率は、20年前に比べ21.5ポイントも下がった。かといって、電子書籍を読む人が大幅に増えたわけでもない。
    韓国出版研究所の「電子本読書実態調査」によると、2014年の電子書籍の読書率(過去1年間に電子書籍を1冊以上読んだ人の割合)は15.5%で、2年前に比べ0.9ポイント上がっただけだった。読書量の点では、むしろ0.2冊減っていた。

    ■読書天国フィンランド、スマホより本を手にする人が多い米国の空港

     北欧のフィンランドは「読書天国」のようだった。先月29日午後4時30分ごろ、フィンランドのヘルシンキ大学図書館にて。勤め帰りの社会人が次々と図書館へ足を運んだ。
    正装して書類かばんを持った会社員、保育園に預けていた子どもをベビーカーに乗せて来たワーキングマザーなどが、図書館3階の小説コーナーで本を手に取った。
    34歳のある会社員は「ヘルシンキ大聖堂と向かい合っている図書館で本を読んでいると、時がたつのも忘れる」と語った。この図書館は、ヘルシンキ大学の学生だけでなく、市民の誰でも自由に本を閲覧し、借りることができる。
    フィンランドの15歳以上の読書率(2013年、OECD〈経済協力開発機構〉による調査)は83.4%で、韓国(74.4%)より9ポイントも高く、OECD加盟国の中でもトップクラスに属する。

     今月2日、米国アリゾナ州フェニックスの空港ラウンジにて。飛行機に乗ってきた旅行客が、自分なりのやり方で退屈な待ち時間を過ごしていた。一人旅をしている客のほとんどが、本を手に持っているのが目に留まった。

     スマートフォンやタブレットPCを見ている人もいくらかいるが、半分以上は本を読んで過ごしていた。小説、雑誌、投資ガイドなど種類もさまざま。出張を終えて戻るところだという35歳のある光学エンジニアは、小説『ギャングスター』を読んでいた。
    このエンジニアは「会社でいつもコンピューターの画面を眺めているので、外ではスマートフォンを見るのも嫌。仕事の後、暇ができたら、主に本を読む方だ」と語った。

     読書率が81.1%の米国人は、公共の場所では依然、スマートフォンより本を読む方を好む。世論調査期間ピュー・リサーチ・センターが2014年に行った調査によると、米国の一般成人は年におよそ5冊の本を読む。
    また、電子書籍(28%)より紙の本(70%)の方を好む人が依然として多数を占めることが、調査で明らかになった。

    ■日本では年に6億4000万冊の本が売れる

     日本社会も、韓国のように「国民が本を読まない」とかなり心配している。日本の15歳以上の読書率は67.0%で、韓国よりも低い。
    しかし韓国の読書率は、高校生が入試に備えて本を読むケースなども全て含めた数字で、読書の「質」は日本の方が上と評価されている。
    加えて韓国は、55-65歳の読書率(51.0%)が16-24歳の読書率(87.4%)より格段に低く、36.4ポイントも差が出ているが、日本の場合は13.1ポイント低いだけだ。韓国よりも、全ての年齢層であまねく本を読んでいるということだ。
    2014年に日本出版者協議会が行った調査によると、1億2000万の日本人が、1年の間に書店で6億4000万冊の本を購入し、図書館で7億冊の本を借りている。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/14/2016031401216.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【朝鮮日報】本も読まずにノーベル文学賞受賞を期待する韓国人、1日平均読書時間は6分[3/14]

    【学習書を読書に入れるな(笑) 【朝鮮日報】本も読まずにノーベル文学賞受賞を期待する韓国人、1日平均読書時間は6分[3/14]】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 22:52:36.26 ID:CAP_USER.net
    ◆「嫌われる勇気」 韓国書店で今年のベストセラー1位

    韓国書店大手の教保文庫が1日発表した資料によると、アルフレッド・アドラーの
    心理学を分かりやすく解説した「嫌われる勇気」(岸見一郎、古賀史健共著)の
    韓国語版がベストセラー総合1位となった。

    同書のヒットで心理学ブームが起こったことに加え、中東呼吸器症候群(MERS)の
    流行や南北間の緊張、国際的なテロの脅威などによる社会的不安から人文学への
    関心が高まったことで、人文分野の出版が相次いだ。

    同分野の書籍の販売額は前年より13.5%増と大幅に伸びたほか、
    売り上げに占める割合も9%となり、初めて小説を上回った。

    また、2012年に発売され根強い人気をみせる東野圭吾氏の
    「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(韓国語版)が4位に入った。

    聯合ニュース 2015/12/01 15:35
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2015/12/01/0800000000AJP20151201001900882.HTML

    引用元: ・【韓国】今年のベストセラー1位の本の題名が『嫌われる勇気』[12/01]

    【これ以上嫌われてどうすんの?【韓国】今年のベストセラー1位の本の題名が『嫌われる勇気』[12/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ