まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:未来

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/07(木) 14:29:11.10 ID:CAP_USER
    no title


     国際政治学において「ソフトパワー(魅力を通じて得る力)」の概念を初めて提唱したハーバード大のジョセフ・ナイ名誉教授が「韓国は莫大(ばくだい)なソフトパワーを有している」として「正しい投資と努力をすれば、今後いっそう多くのパワーを持つことができるだろう」と述べた。

     ナイ教授は5日(現地時間)、米国の主要シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」が国際交流財団と共にワシントンで開催した会合「安全保障を越えて:韓国のソフトパワーとコロナ以降の世界での韓米同盟の未来」にリモートで出席。ナイ教授は基調演説で「韓国にスポットを当てたこのような会合を開催してくださってうれしい」として「なぜなら韓国は莫大なソフトパワーを持ち、正しい投資と努力を通じて今後いっそうパワーを持てると私は信じているからだ」と述べた。

     ナイ教授は「韓国は、世界の最も偉大な成功ストーリーを持つ国の一つだ。しかしソフトパワーの面で、韓国の力量と成功は十分な注目を浴びていなかったようだ」と指摘した。ナイ教授は「私はソフトパワーについて、圧力や取引ではなく魅力を通じて欲しいものを得る能力だと定義した」として「1989年にベルリンの壁が崩壊したとき、砲火を浴びて崩れたのではなく、鉄のカーテンを越えた西欧文化とテレビが人々に影響を与え、変化した人々の心がハンマーとブルドーザー動かしたことで崩れたのだ」と話した。

     ナイ教授はまた「ソフトパワーには、その国の『文化』『国内的価値』『国際政策』という三つの資源があると考える。韓国は文化面のソフトパワーに恵まれていると思う」と述べた。ナイ教授は「K‐POPと韓国の大衆文化が世界を魅了した例はすでに知られているのでこれ以上言及しない」として「国内的価値とその適用という面でも、韓国はかなり成功している」と述べた。「(韓国には)まず偉大な経済的成功があり、それが偉大な政治的成功へとつながり、多少むらがあるものの活気に満ちた民主主義をつくることに成功した」というわけだ。

     ナイ教授は「ソフトパワーの三つ目の資源は、その国の国際政策」だとして「特に、他国への支援や他国の学生を受け入れる政策を通じて効果を生むことができる。これが、韓国がもっと力を入れられるシナリオだ」と指摘した。「韓国が国際政策を通じ、より優れた形で『成功』とは何なのかを示すことができる」というわけだ。

     ナイ教授は、韓国と中国のソフトパワーの比較についても述べた。ナイ教授は「2007年に胡錦濤国家主席(当時)が中国共産党の第17回全国代表大会で、中国はソフトパワーにもっと投資すべきと述べた」として「中国は毎年100億ドルを投じても望む結果を得られていない。ピュー研究所の世論調査によると、中国はソフトパワーの超大国ではない」と述べた。

    ワシントン= キム・ジンミョン特派員

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/10/06 22:10
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/06/2021100680208.html

    引用元: ・【韓米同盟の未来 ジョセフ・ナイ氏】「韓国はソフトパワーに恵まれている…中国は年100億ドル投じてもできないし」[10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【この程度のヨイショが嬉しいんだw 【韓米同盟の未来 ジョセフ・ナイ氏】「韓国はソフトパワーに恵まれている…中国は年100億ドル投じてもできないし」[10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/08(月) 17:50:55.54 ID:CAP_USER
    no title

    垂直離着陸型戦闘機が空母から出撃している。[海軍映像 キャプチャー]

    韓国海軍は8日、コンピュータグラフィックス(CG)で作成した軽空母戦闘の映像を初めて公開した。想像だけで描いていた空母の活躍をリアルに感じられる。国防部はこれを契機に軽空母事業の本格推進を知らせる計画だ。
    =====
    #【写真】韓国軽空母の予想図
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/271670
    =====
    先月に終わらせた国防部の研究で軽空母導入が必要だという結論が出された。軍は2033年まで2兆6497億ウォン(約2541億円)を投じて韓国国内で軽空母を設計・建造する。国会で政府が編成した空母設計予算72億ウォンを承認すれば来年から本格的な設計に着手する。

    韓国が建造する軽空母は米海軍のワスプ級軽空母と大きさが似ているものと評価される。軽空母導入により編成される空母戦闘団は海上交通路を保護し北朝鮮の戦略標的を打撃する任務を担う見通しだ。

    この日公開された映像には、軽空母を中心に編成された空母戦闘団が登場する。軽空母出港から垂直離着陸型戦闘機の出撃、戦闘機の浸透と標的攻撃など、戦闘全般を短編映画のように描いた。

    空母が出港すると作戦区域の水中で隠密に活動していた潜水艦が姿を表わす。空中ではP8ポセイドン海上哨戒機とE737ピースアイ空中早期警報統制機が周辺の脅威を確認しながら情報を共有する。

    緊張感が高まる中で空母から出撃した戦闘機は敵のレーダー探知を避けながら隠密に浸透した後に標的を破壊する。

    戦闘機は垂直離着陸ができるステルス戦闘機のF-35Bが有力だ。軍当局は現在導入中のF-35A40機とは別にF-35B20機を購入する事業を検討している。

    映像には現在海軍で運用中しているイージス駆逐艦(DDG)、新型軍需支援船(AOE-2)、中型潜水艦(SS-3)をはじめ、導入予定の次期駆逐艦(KDDX)が登場する。また、空軍で運用するE737とF35Bなど空母を構成する合同戦力も全部活躍する。

    海軍は11日から14日まで海軍創設を記念する第3回海軍創設記念週間の行事を鎮海(チンへ)軍港で開催する。

    行事期間中には艦艇新技術説明会と製品展示会をはじめ、第2回海軍参謀総長杯海洋スポーツ大祭典、ネイビークックキング選抜大会も開く。

    9日夜には前夜祭に当たる海軍創設記念護国音楽会がソウルオリンピックホールで一般国民を対象に開かれる。パク・ボゴム兵長の司会で韓米軍楽隊共演、海軍儀仗隊・広報隊の演奏とパフォーマンス、海軍出身招請歌手公演、創作ミュージカル「カンタータ」などを披露する。


    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2021.11.08 16:31
    https://japanese.joins.com/JArticle/284605

    引用元: ・【想像】空母から出撃した戦闘機が隠密浸透して標的を破壊…未来の韓国海軍描いたCG映像初公開 [11/8] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【これなんてゲーム?(´・ω・`) 【想像】空母から出撃した戦闘機が隠密浸透して標的を破壊…未来の韓国海軍描いたCG映像初公開 [11/8] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/14(日) 08:28:51.65 ID:CAP_USER
    【コラム】大韓民国の未来の成長エンジンが見えない

    2/12(金) 7:01配信 朝鮮日報日本語版

     「大韓民国の未来が心配です。半導体を除き(成長エンジンが)ないのに、それさえもいつまで優位を保てるか分かりません」

    ■韓国のデジタル競争力は8位、米国1位、日本は?

     最近会った大企業の元最高経営責任者(CEO)は国家の未来の食い扶持を心配した。米中貿易紛争で韓国企業は一時的に恩恵を受けているが、半導体、ディスプレー、携帯電話などの分野でいつ中国の追撃を許すか分からないからだ。

     米メモリー大手、マイクロンは昨年11月、世界で初めて176段3D NAND型フラッシュメモリーを量産すると発表し、韓国企業を脅かしている。台湾のファウンドリー、台湾積体電路製造(TSMC)はライン増設でサムスン電子の追撃をかわし、50%以上のシェアを守っている。

     韓国経済研究院が同月発表した報告書によると、韓国の製造業の核心であるコンピューター、電子および光学機器製造業、電気設備製造業などの昨年の設備投資は2桁台の減少を示した。企業政策が革新成長とは逆行する方向で推進され、韓国経済に前向きな変化を起こすことができず、反対の結果を招いているという分析が聞かれる。

     昨年11月の輸出動向(前年同月比)を見ると、半導体が16.4%増、ディスプレーが21.4%増、家電が20.3%増、無線通信が20.2%増などけん引役を果たした。コロナ流行にもかかわらず輸出実績は改善しているが、未来に備えた投資が行われていないことへの懸念が先に立つ。

     韓国政府が「韓国版ニューディール」政策を推進しているが、過去の政権が推進してきたグリーン成長や創造経済などと同じ轍(てつ)を踏みかねないとする懸念も大きい。政府・与党が力を合わせ、起業しやすい国をつくるのではなく、公正経済3法で革新に対する投資を阻害しているとの指摘もある。

     ポストコロナの時代を先導する国へと飛躍する成長エンジンが見えないまま、革新動力は徐々に弱まり、規制だけが強化されている。韓国経済研究院は「政府の反市場的、反企業的政策基調の修正と共に、規制改革で足りない点が補完されなければ、産業政策の効果を期待することはできない」と指摘した。

     莫大な財政支出を投入し、経済を再生するという「韓国版ニューディール」はどんな方向へと流れるのか即断できない。しかし、政府が未来産業に対する関心と育成の意志を持つべき時期に短期的な成果にばかり執着しているという批判は心に刻む必要がある。

     世界各国は未来の収入源を確保するため、国運を懸け、企業育成とライバル国のけん制に取り組んでいる。しかし、反企業ムードが色濃い大韓民国で未来の食い扶持の発掘に孤軍奮闘しているのは企業だけだ。政府も大規模予算を投入する場当たり式政策を乱発するのではなく、未来に子孫たちが何で食べていくのかを考えるべきだ。「半導体を作って、豊かに暮せばいい」という安易な認識では決して明るい未来は保障できないからだ。

    ソル・ソンイン記者
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7191f940b2189e91d74219c8a87d33dce7007377
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613234223/

    引用元: ・【コラム】韓国の未来の成長エンジンが見えない ★2 [2/14] [昆虫図鑑★]

    【つチキン屋 【コラム】韓国の未来の成長エンジンが見えない ★2 [2/14] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/10(水) 09:25:33.20 ID:CAP_USER
    ■パク・テギュン ? ソウル大学国際大学院長

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は三一節記念式典での演説で、韓日関係改善の必要性を強調した。特に歴史問題が未来に向けた両国の協力を妨げてはならないとして、歴史問題と懸案を切り離すことを呼び掛けた。

    韓日関係の未来に向けて最も重要な原則を明らかにしたのだ。ならば、歴史問題は重要ではないということだろうか?

    未来のためにも、歴史問題を解決するのはあまりにも重要だ。問題はいかに解決するかにある。これまで韓日関係において浮上した歴史問題の解決策は、その解決を先送りにしたために問題になったのではない。

    むしろ懸案と歴史問題を結びつけ、無理に解決しようとして問題になったのだ。

    1965年の韓日協定(日韓基本条約と請求権協定)と2015年の慰安婦合意は、その代表的な例と言える。

    1960年代半ば韓国政府は経済成長政策を急速に推進するため、そして米国は安保問題の解決と韓国に対する援助の負担を日本に負わせるために、韓日関係の正常化が必要だった。このため、韓国と日本は韓日協定を推進した。

    しかし、両国は不幸な過去について認識の合意には至らなかった。

    特に重要な問題は、1945年以前の協定をどのように規定するかであった。

    1905年の乙巳条約(第二次日韓協約)と1910年の強制併合条約(韓国併合条約)が条約当時から無効だという韓国と、1945年の敗戦以降になって無効という日本の立場が互いに対立し、苦肉の策として、両国の代表はそれぞれ国で、自分たちの立場どおりに発表を行った。

    日本政府は協定を通じて個人賠償まで完了したと言うが、韓国に対する植民地支配の合法性を主張しながら賠償を行うというのは、それ自体として矛盾だと言える。だからこそ、「賠償金」ではなく、「請求権資金」という聞きなれない用語が使われたのではないか。

    当時の苦肉の策は、これまで両国間の歴史問題解決の足を引っ張ってきた。

    2015年の慰安婦の合意も同じ前轍を踏んだ。中国の浮上と北朝鮮核問題によって米国政府は韓日間の緊密な協力を求めており、このため、両国政府は「慰安婦」被害者に賠償をするための合意文を発表した。

    しかし、両国政府は慰安婦問題に対する立場で意見の一致を見ることができなかった。合意以前はもちろん、その後も日本政府は慰安婦問題に日本政府や軍隊の直接介入はなかったとして、個人的な問題だと主張し、責任を認めようとしない。

    2021-03-10 07:51
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/39365.html

    引用元: ・【ハンギョレ新聞】 韓国と日本、未来にかかわる歴史問題  核心は加害者の反省と被害者の許し、和解にある [03/10] [荒波φ★]

    【同じことを何百回繰り返すんだ 【ハンギョレ新聞】 韓国と日本、未来にかかわる歴史問題  核心は加害者の反省と被害者の許し、和解にある [03/10] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/21(日) 23:11:12.38 ID:CAP_USER
    「日本の海洋国家化」というテーマについて多少困惑するかもしれない。島国である日本の海洋国家化は自然で当然で今さら何と思うかも知れない。国家のアイデンティティは多様な方法で表されるが、一般的にそして地政学的にも国家の地理的環境に基づいて大陸国家、海洋国家の二種類で表す時、海洋国家は概して国土全体または大部分が海で囲まれた国家と定義される。

    しかし、国家の地理的アイデンティティに対する認識は地理的条件だけでなく、歴史的経験と時代的世界観などによっても影響・制限を受ける。例えば日本で「白村江の戦い」の話が歴史的に伝えられ、壬辰倭乱の様な侵略戦争や韓国に対する植民支配を推進した背景の一つには日本が自ら東北アジアおよび東アジア大陸を世界の全てか中心と考えて島国なのに大陸の一員という認識があったからだ。

    日本の大陸国家的認識は敗戦と戦後の通商国家化、そして脱冷戦期の国際平和維持活動参加や開かれた地域主義の追求などで少しずつ変化を見せたが、最近提示される「インド太平洋戦略構想」は日本がもう少し本格的に海洋国家的に変貌する可能性を見せたものといえる。

    その背景として次の三種類が提示できる。(以下、項目のみで内容略)
    最初の背景は何よりも中国の攻勢的浮上だ。
    二番目は米国の相対的衰退とそれにともなう不安感だ。
    三番目には韓日関係の悪化を挙げることができる。

    ここで注意を要するのは相互不信を深める関係悪化は日本が韓国の安保状況を憂慮する大陸国家の利害当事者ではなく、自身の安保のために防御的海洋国家化の道に誘導する構造的連係がある点だ。

    このように韓日関係の悪化は日本の海洋国家化または従来の表現を借りれば軍事大国化をもたらすかもしれないというジレンマを韓国にもたらす。

    より一層重要なことは米中対立がますます深刻化する状況から自由で開かれた民主主義を守るという共同目標のため、米国の衰退に対応する中国の攻勢的浮上を緩和させ、韓日両国が協力する余地が無尽蔵にあるのに互いに耳をふさいでいる事だ。

    明るい未来に向かって開かれた思考で現状を深刻に見て積極的に行動することを両国政府に促す。大衆に迎合ばかりしないで不安定な状況の中で国家が進むべき方向を正しく提示するのはリーダーの役割だ。

    /世論読者部

    イ・ミョンウ世宗(セジョン)研究所副所長
    no title


    出処:ソウル経済(韓国語)[韓半島24時] ‘海洋国家’日本と韓日関係未来
    https://www.sedaily.com/NewsVIew/22JW8KFI2O

    引用元: ・【韓国】 日本の海洋国家化と韓日関係の未来~日本は島国なのにかつて大陸の一員という認識があった[03/21] [蚯蚓φ★]

    【結局間違ってる【韓国】 日本の海洋国家化と韓日関係の未来~日本は島国なのにかつて大陸の一員という認識があった[03/21] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ