まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:未来

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/09(日) 12:40:52.42 ID:CAP_USER
    米中貿易戦争の激化で世界半導体市場の不況が深まっている。 

      市場調査会社DRAMエクスチェンジは7日、「今年7-9月期のDRAM価格の下落幅は15%に達し、当初の予想より5%ポイントさらに落ちるだろう」と予想した。米国の制裁を受けるファーウェイ(華為技術)のスマートフォンとサーバー製品の出荷量減少を原因に挙げた。 

      メモリー価格の下落は韓国経済に致命的だ。1-3月期のサムスン電子半導体部門の営業利益は昨年の11兆ウォンから今年は4兆ウォン(約3660億円)に減少した。韓国の4月の経常収支も7年ぶりに赤字に転じた。 

      しかし危機は機会だ。米国の制裁で中国の「半導体崛起」が弱まった。中国DRAM企業の福建晋華は知識財産権侵害問題で存廃の岐路に追い込まれ、イノトロンやYMTCも今年下半期の量産が不透明だ。潜在的なライバルが足踏みしているのだ。 

      市場規模がメモリーの倍にのぼる非メモリー分野でも飛躍のきっかけが生じた。英ARMと米クアルコムなどが取引を停止し、子会社のハイシリコンを通じてモバイル用アプリケーションプロセッサ(AP)を独自開発しようとしていたファーウェイの計画に支障が生じた。中国企業がクアルコムの代わりにサムスンのAPを輸入する可能性が高まった。スマートフォンに続いて自動車や家電などに用途を広げているイメージセンサー、工程技術でトップ競争をするファウンドリー分野も有望だ。 

      KTB投資証券のキム・ヤンジェ研究員は「5G時代には各種センサーとロジックチップの需要が急増する見込み」とし「韓国企業が3%にすぎない非メモリー市場シェアを拡大する機会」と述べた。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254235
    [ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]2019年06月08日 11時49分

    引用元: ・【中央日報】韓国企業のシェア3%、非メモリー市場に未来がかかる理由[6/9]

    【この頭の悪さ… 【中央日報】韓国企業のシェア3%、非メモリー市場に未来がかかる理由[6/9] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/27(水) 08:21:59.85 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ カン・ジュヒョン記者(産業部)
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    今年で三・一運動が100周年を迎えた。光復は74周年を迎えた。日帝統治下の屈辱を味わい、殖民地支配の痛みを乗り越えて立ち上がった昨今、我が国は半世紀で世界列強と肩を並べる国家へと成長した。誇らしい歴史だ。にもかかわらず、我々の社会にはまだ日帝統治下の病の痕跡が残っている。忙しいという理由で重要な事を忘れて生きてないか、考えてみる必要がある一年である。

    記者は今月終始、独立運動の意義を伝えて日帝統治下の病の痕跡を見つけるために東奔西走した。 その結果、想像以上に我が国には数多い独立運動記念団体が活動している事を確認した。団体のために活動する義人の人数も少なくはなかった。日帝統治下の痕跡がある地域も多く、日帝の暴挙で被害を被った人々は勤労挺身隊のハルモニ(お婆さん)の方々だけではなかった。これらは日帝の蛮行を伝え、独立運動の意義を知らせるために力強い足取りを踏み出していた。

    抗日独立先烈宣揚団体連合は抗日独立先烈の魂を称え、親日反民族行為者の清算運動などを実施して独立運動の意味を蘇らせてきた。親日派の仁川(インチョン)・金性洙(キム・ソンス)の名前を取った、ソウル市 城北区(ソンプクグ)仁川路の道路名を変えたのはこの団体の代表的な活動である。 抗日女性独立運動記念事業会は、歴史に刻まれていない女性独立運動家を探して伝えている。半世紀前に我らの領土にいた女性独立運動家は柳寛順(ユ・グァンスン)姉さんだけではなかった。

    三・一運動100周年記念事業推進委員会は、世界で類を見ない三・一運動の精神と意味を再確認して、広く伝えるための事業を推進している。大衆化、一元化、非暴力という3種の行動綱領を基に起きた三・一運動は、世界的に唯一無二の行動の独立運動として評価されている。誇らしい我が民族の歴史である。

    問題は、これらの行動に関心を持つ国民が多くない事にある。おそらく記者も取材日程がなかった場合、これらの活動に関心を持たなかったかも知れない。取材で会った義人の多くの人々が、自分に関心が集中するのは三・一節や光復節など特定の時期だけだという悔しさを伝えた。持続的な関心を集めるために尽力して、熱心に活動するが成果は良くない。片思いは悲劇的な結果に終わるケースが大半なので。

    結局は相手の関心が必要である。我が民族の歴史を忙しいという理由で忘れる事は望ましくない。歴史は未来の鏡である。丹斎(タンチェ)・申采浩(シン・チェホ)先生は、歴史を忘れた民族に未来はないという言葉を残した。百年大計(百年の計)を準備する大韓民国に歴史は必須、という言葉で帰結される。過去の過ちを繰り返さず、より輝く未来を迎えるために歴史を振り返り、前に進む準備をしなければならない。

    日本は今日も我が国を虎視眈々と狙っている。グローバル化を迎えた今、少々旧時代的な考えかもしれないが、過去を反省しない国家の行動に注意する理由は十分にある。独島(トクド)を自国の領土だと強弁して強制徴用者に対する賠償を拒否する日本の態度は、ドイツのそれと比較して批判を受けるには十分である。

    日本の態度は反日運動の名分を作るには十分である。反日運動は簡単に戦犯企業・親日企業の不買運動などでも実施する事ができる。便利さに支配されるより、独立先烈の献身を記憶しなければならない。ロッテグループ・三養グループのような親日企業の製品を避け、我が民族の自負心が生きている事を知らせなければならない。それでこそ、日本に領土と魂を支配される痛みの繰り返しを避ける事ができる。歴史を記憶して我々の胸に刻み、未来に進む大韓国民を期待している。

    ソース:スカイデイリー(韓国語)
    http://www.skyedaily.com/news/news_view.html?ID=83177

    引用元: ・【韓国】歴史を忘れた民族に未来はない[03/27]

    【お前らだよ、お前ら 【韓国】歴史を忘れた民族に未来はない[03/27] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/12(月) 17:40:22.57 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、青瓦台で開かれた首席補佐官会議で、「日本の経済報復に対して韓国は感情的に対応してはならない。断固たる決意を持つと同時に、長い目で冷静に根本的な対策を模索する必要がある」と述べました。

    日本が今月はじめに韓国を「ホワイト国」から除外したことについて強く批判していた文大統領が、「感情的な対応より、冷静に現実を見極め、現状を突破しなければならない」と強調した点が注目されています。

    また文大統領は、「韓国国民は、日本政府の不当な経済報復に決然と反対しつつも、両国国民の友好関係が損なわれないよう、毅然として大乗的な姿を見せている。両国国民が、成熟した市民意識にもとづいて、民主・人権の価値を通して疎通し、人類愛と平和を求める心で友好を深めるならば、韓日関係の未来はさらに明るくなる」と述べました。

    文大統領は、日本の不当な措置に対しては断固たる態度で対応するとの意向を示すと同時に、今回の事態により両国国民の友好関係が損なわれてはならない点を強調したものとみられます。


    KBS
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=73000

    ★1
    【韓国】文大統領「経済報復に対して韓国は感情的に対応してはならない」「両国民が友好を深めれば、韓日関係の未来は明るい」[8/12]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565593447/

    引用元: ・【韓国】文大統領「経済報復に対して韓国は感情的に対応してはならない」「両国民が友好を深めれば韓日関係の未来は明るい」[8/12]★2

    【焚き付けておいてこれですよ 【韓国】文大統領「経済報復に対して韓国は感情的に対応してはならない」「両国民が友好を深めれば韓日関係の未来は明るい」[8/12]★2 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/06(月) 09:11:15.88 ID:CAP_USER
    日本で明仁天皇が退位し、徳仁天皇が即位した。生前退位であるため沈鬱な雰囲気はなく、お祝いムード一色だ。元号も「世の中の平和をつくる」という意味の平成から「美しい平和をつくる」という意味の令和に変わった。天皇は権力ではなく権威を体現するため、歴史を作るというよりは時代を象徴する。

    令和日本のスタートはさまざまな形で韓日関係に影響を及ぼすだろう。短期的には韓日関係がさらに悪化する可能性がある。徳仁天皇は1960年生まれ、安倍首相は1954年生まれだ。戦後初めて権威と権力がともに戦争を経験していない世代になった。

    日本はもう侵略戦争や植民地支配の負債意識から抜け出して自らの夢を進めていくだろう。半面、韓国では内政だけでなく対日外交でも積弊の清算が猛威を振るう。正反対に向かう韓国と日本が「美しい平和をつくる」のは難しい。

    したがって旧日本軍慰安婦や戦時労務動員問題など過去の問題にとらわれ、崩壊直前の韓日関係を改善することは望みにくい。わずかな希望だが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相が心機一転し、過去をめぐる葛藤の解決を模索して共同繁栄事業を推進すれば、関係改善の道は開かれるかもしれない。

    長期的には令和の日本と韓国はお互いプラスになる関係に進化するだろう。3年後には両国から犬猿の仲の政権は退き、相手国に柔軟な政権になる可能性がある。また、韓日は勢力を拡張する中国、国益を優先する米国、平和を脅かす北朝鮮を相手にするうえで協力するのが有利だと判断し、お互い活用することになるだろう。

    実際、東アジアの国際情勢が韓日に不利になっても、韓日の相互依存は消えない。年間1000万人を超える両国の訪問者も韓日関係を支える友軍だ。自由民主主義と市場経済を共有する韓日は協調・共感しやすい構造と要素を広く深く持つ。

    世界的な文明学者ジャレド・ダイアモンドUCLA教授の『銃・病原菌・鉄』は過去20年間にわたりベストセラーの地位を守っている。人類文明の興亡盛衰を大きなスケールで描写したこの本の最後の章で、彼は韓国と日本の国民を「幼児期を共に過ごした双子の兄弟のようだ」で例えた。

    ダイアモンド教授はこのようにいう。「歴史は両国国民に相互不信と憎悪の余地を提供するため、両国が歴史的にどれほど密接な関係にあったかを証明した自身の結論を喜ばない。ところがそのような対立と葛藤はお互いに破壊的であり、プラスになることは何もない。今後、東アジアの政治的な未来は韓国と日本が長い間の絆を再発見するかどうかに左右されるだろう」。

    韓日関係を国内的な視点だけで眺めればお互い戦って憎んだ歴史で綴られている。ところがダイアモンド教授のように国際的な視野で眺めれば、韓国と日本のようにお互い深い関係を結んで影響を及ぼし合いながら高い水準の文明を創出してきたケースも珍しい。今日の韓国と日本の世界における驚くべき地位が明白な証拠ではないだろうか。

    日本で令和時代が開幕したのをきっかけに韓国と日本が過去の懸案を賢く克服し、韓日関係の歴史を相互和解の観点で新たに確立することを望む。帝国と植民地の歴史の和解は西洋でも実現しなかった難しい課題だ。韓日両国の国民は世界史に偉大な業績を残すという使命感を持って歴史の和解に向けて切磋琢磨しながら前進することを期待する。

    特に両国の政策決定と世論形成に大きな影響を及ぼす首脳の決断と奮発を促す。そうしてこそ韓日は「美しい平和」を実現できる。


    2019年05月06日08時11分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/038/253038.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【中央日報】 東アジアの未来、韓日の絆の再発見にかかる [05/06]

    【あからさまにすり寄ってくんな 【中央日報】 東アジアの未来、韓日の絆の再発見にかかる [05/06] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/03(金) 00:25:52.54 ID:CAP_USER
    ナルヒト(徳仁)日王即位式が開かれた1日、日本全国の神社と神宮に人々が集まった。東京の明治神宮と三重県、伊勢神宮など主要神社では数多くの参拝客が祈って新しい年号レイワ(令和)の朱印を貰うために10時間以上列をつくったという。新しい王が即位して年号が変わったことを祝うため、日本人たちが列をなして神社を訪れたのだ。
    (中略:令和の意味等)

    神社に集まって新しい年号に歓呼することを日本人は祭りと言うが、単純に祭りと見るのは難しい側面があまりに多い。かえって今、日本人の不安心理を表わす行動パターンと見ることもできるというのが心理学者の分析だ。

    日本メディアは以前、平成時代を停滞の時代、不作為の時代と批判した。社会の成熟化がまともになされなかった「未完の成熟期」と評価するメディアもある。それと共に令和時代を新しい時代と呼ぶ。それだけ平成と令和を区別しながら希望を吹き込もうとしている。

    平成初期まで世界経済の15%を占めた日本の国内総生産(GDP)の比重は今、6%程度に終わる。経済的格差はもちろん社会的格差も激しくなった。高齢化時代に入って老人人口が急速に増え、全人口は減少している。いわゆる「失われた25年」の産物だ。賃金は大きく上がらなかった。2011年にスタートした安倍晋三政府が改革し革新しようとしたが、日本人の不安心理を完全に解消するには困難を経験している。それで日本人たちは王室の復活を夢見るのではないか…。

    本来、日本で王は象徴的な存在に位置して久しい。日本憲法は「日王は憲法が決める国事行為だけをして国政に関与する権能を持たない」と規定している。しかし、日王は決して象徴だけに留まっていなかった。日本の被災地や外国を通って慰労の言葉を伝えたし歴史に対する反省の言葉もした。それなりに政治的な活動をしているわけだ。今回の退位と即位の儀式をめぐって論議がおきる理由だ。

    本来、日王は退位を恣意的にすることができない。退位儀式で象徴的存在としての日本憲法に合わせるため安倍総理が先に退位を宣言した。それから日王の話が続いた。即位式から見える「3種の神器」も目に見えないように処理した。徹底した政教分離がなされた、と安倍政府は明らかにしたが「目を隠してニャーと鳴く」(すぐバレる嘘)のようなものだ。

    問題は1980年前後、王室に親密さを感じる日本人は40%水準だったが現在は76%に達するという点だ。未来が不安な時、日王に期待する心理だ。他の見方をすれば経済成長がもたらした日本の政治システムかもしれない。経済が好況を享受できないときに出てくる現象の一つだ。ブレグジット(英国のEU脱退)と「トランプ現象」も不安心理の表現だった。「レイワ症候群(シンドローム)」もこのような道を歩いている。

    オ・ジュンホ選任記者・工学博士
    no title


    ソース:韓国経済(韓国語) [オ・チュンホのグローバルEdge]日「レイワ症候群」の正体
    https://www.hankyung.com/opinion/article/2019050277901

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556806076/
    ★1のたった時間:2019/05/02(木) 23:07:56.40

    引用元: ・【韓国】 日本でお祭り騒ぎ、「レイワ症候群」の正体~未来が不安な時、日王に期待する心理★2[05/02]

    【また妄想で記事書いてる w 【韓国】 日本でお祭り騒ぎ、「レイワ症候群」の正体~未来が不安な時、日王に期待する心理★2[05/02] 】の続きを読む

    このページのトップヘ