まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:朝鮮日報

    1: 荒波φ ★ 2017/10/20(金) 10:38:23.61 ID:CAP_USER
    米国のトランプ大統領は来月5日に韓国にやって来るが、その前に日本で安倍首相とのゴルフ会談を含む2泊3日のスケジュールが組まれている。トランプ大統領と安倍首相は2月に安倍首相が訪米した際にも二人でゴルフを行い個人的な関係を深めた。この時は二人で27ホールを回り、さらに朝食、昼食、夕食全てを共にしたが、これは首脳会談の歴史では非常に珍しいことだ。

    今回トランプ大統領は11月6日に安倍首相と首脳会談を行い、直後に米国大統領として初めて日本の国家安全保障会議(NSC)にも出席する。安全保障問題で日米両国が完全に一体化していることを内外に示すためだ。北朝鮮によって拉致され死亡したと伝えられる横田めぐみさんの両親との面会も組まれた。日米両国はトランプ大統領の訪日を契機にさらに結束を強め、北朝鮮に対し完全に一致した態度で臨もうとしているようだ。

    これに対してトランプ大統領の韓国における2日間の日程を見ると、国会での演説以外に特に注目すべき内容はない。トランプ大統領が非武装地帯(DMZ)を訪問し、北朝鮮に警告のメッセージを送ることも検討されたが、結局は実現しなかった。韓国大統領府は否定しているが、米国と日本のメディアは「韓国政府がDMZ訪問に反対した」と報じている。

    これまで韓国を訪れた歴代の米国大統領は、外交上の重要な時期には必ずDMZに立ち寄り、韓米両国の結束を強調してきた。クリントン元大統領は「帰らざる橋」を自ら直接歩いている。

    また韓国における北朝鮮拉致被害者は日本よりもはるかに多いが、トランプ大統領は彼らと面会する予定はない。韓国に3万人以上定住している脱北者の代表に会い、北朝鮮の実情を直接聞くことも大きな意味がありそうだが、これもスケジュールには組まれなかった。

    韓国大統領府はトランプ大統領の来韓が25年ぶりの国賓訪問であることと、国会演説が行われるのも24年ぶりである点を強調している。もちろんいずれも大きな意味はあるが、日本と比較すればスケジュール全体にどうしても物足りなさを感じる。米国大統領が韓国と日本を同時に訪問するにもかかわらず、そのスケジュールにここまで差がある理由は間違いなく外交力と切実さの違いであって、単に国力の差から来るものではない。

    潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は米国、中国、日本、ロシアに派遣された韓国大使が意外な人物だったことについて「外交官は誰でもよいと考えているようだ」と評していた事実が最近報じられた。外交官たちの経験をことごとく無視し、単に自分たちと考え方が一致する人物ばかり重用する現政権の人事に対する批判だ。現在この4カ国大使の中で相手国の政策に少しでも何らかの影響力を行使できるような人物は見当たらない。

    外交によって国際社会を渡っていかねばならない韓国が、主要国の大使をこのように決めているようでは国益を守ることはできない。


    2017/10/20 10:07
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/20/2017102001003.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/20/2017102001003_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】韓日の外交力格差を示すトランプ大統領のアジア歴訪日程 単に国力の差から来るものではない[10/20]

    【【寄ってもらえるだけありがたいと思えよ】「トランプ大統領の来韓、日本と比較すれば物足りなさを感じる」朝鮮日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 04:21:49.82 ID:CAP_USER
    「日本人にはよく会うが、韓国人には会えない」

    3年前、アフリカ・ザンビア出身の女性記者に会った。米ニューヨークで十数カ国の記者たちが集まった場だった。彼女は韓国の経済成長についてよく知っていると言った。話していると、韓国人記者に言いたいことがあるという。

    「夫が中古車輸入業をしているが、トヨタやホンダなど日本車が中心だ。韓国車もいいと聞いたが、韓国人に会えないので輸入できずにいる」。

    その会話を思い出したのは、韓国の中古車輸出が半減したという話を先日の酒の席で聞いたからだ。順調だと思っていたが、「すべて昔話だ」と言われた。

    2012年には年間37万台以上を販売し、輸出額は2兆ウォン(現在のレートで2000億円)に達していたが、昨年は23万台にとどまり、輸出額は半減した。日本は昨年、韓国の5倍に当たる118万台を輸出している。

    中古車輸出業界の関係者によると、「韓国人に会うのは難しい」というザンビアに昨年輸出された中古車は乗用車14台とミニバン4台だけだった。「南アフリカ共和国を通じた迂回(うかい)輸出もあるが、それを入れても微々たるものだ」という。ザンビアの中古車市場も日本が席巻している。

    アフリカで働くのはいろいろな面でつらく、不便だ。黄熱病などの風土病も心配だ。8年前にアンゴラに出張したところ、国内線旅客機の搭乗は先着順だった。2階建ての空港庁舎にレストランはなく、売店が1つあっただけだった。

    午前10時ごろ搭乗しようと並んだが、10分ほどしてバラバラになった。「先着順だ。この便は満席になったので、次の便を待たなければならない」と言われた。次の便は午後3時30分だった。

    アフリカはこのように「あきれてものが言えなくなる」ことがある所だ。だが、そうだとしても「アフリカで韓国人に会うのは難しい」と言わせてはならない。韓国は輸出で稼ぐ国だからだ。

    スマートフォンの普及で世界は手のひらの上に収まっているかのように思える時もあるが、会って握手して食事を共にし、酒を飲みながら作る人脈は依然として重要だ。そうして作られたネットワークが、これまでにはなかった市場を作り出し、見えなかった輸出の道を切り開く。

    若者の働き口がないなら、毎回増える対策の中に輸出市場開拓人材育成や海外就職に重点を置くべきだと思うが、政府は静観している。雇用政策を第1号政策に掲げながら、青年(15-29歳)失業が最悪の状況に陥っているのにもかかわらずだ。先月の青年失業率は9.4%を記録した。

    8月基準では、18年前のアジア通貨危機(1999年)以来、最も高い。こうした状況は9月も続きそうだ。つまり韓国国内では雇用を創出できないということだ。

    事態がここまで来れば、海外就職支援対策などを強化すべきだと思うのだが、逆にタブー視されている。「韓国が青年のせいでガラガラになるほど(中東で就職を)一度してみてください」と言った前大統領、「青年10万人奥地就職」と口にした元農林部(省に相当)長官の国会議員に対して「お前が行け」とバッシングが相次いでからのことだ。

    さらに、公務員を増やすという政府の雇用政策が青年の足を引っ張っている。ソウル・鷺梁津の「公試村」(公務員試験の準備をする人々が集まる自習室兼宿泊施設)が今後2倍に増えるという声も聞かれる。政府も青年も海外就職を考えなければならない時期なのに、「公試族」(公務員試験の準備をする人々)ばかり増えている。

    海外就職するということは、異国で見知らぬ人と交流して職に就いたり、店を開いて切り盛りしたりしながら頑張って生活するということだ。つらく苦しい生活だろう。それでも、6月に行われたある就職サイトの調査では、対象回答者の78.5%が「海外就職を希望する」と答えた。

    ただし、ワシントン・ニューヨーク・ロンドン・東京で国際機関や金融街で働くことばかりを考えているとすれば、その希望は「絵に描いたもち」になる可能性が高い。アフリカ・南米・東南アジア・中東でも汗して働く覚悟をしなければならない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400264.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【朝鮮日報】「日本人にはよく会うが、韓国人には会えない」 昨年アフリカで就職した韓国の若者はたった11人[10/07]

    【【エチオピアで性犯罪やらかしてただろ】朝鮮日報「韓国人はアフリカで汗して働く覚悟をしなければならない」 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/09(月) 02:14:56.01 ID:CAP_USER
    韓国企業の脱中国の動きに対し、中国の専門家は「外国企業を徹底して中国企業の成長に利用するという中国政府の考え方がつくり出した結果だ」と指摘した。

    中国経済金融研究所の全炳瑞(チョン・ビョンソ)所長は「改革開放の当時から、中国政府の政策は一貫して、肉(市場)を差し出し、骨(技術)をしゃぶるというものだった」と指摘する。

    市場を開放する代わりに、外国企業に中国に合弁会社を設立させ、中国企業は合弁を通じて技術とノウハウを学ぶ狙いだ。それが済めば、外国企業を追い出し、自国企業が市場を掌握するもくろみだ。

    対外経済政策研究院のヤン・ピョンソプ北京事務所長は「中国政府はIT、電気自動車など一部の重要産業分野で、自国企業を育成するため、数年前から外資系企業の活動を規制し始めた」とした上で、「そこに終末高高度防衛ミサイル(THAAD)絡みの報復まで重なり、韓国企業の相当数が持ちこたえられなくなった」と指摘した。

    韓国経済研究院のソン・ウォングン副院長は「中国政府は中国市場に進出しようとする企業が増えると、1カ国や2カ国の企業が中国から消えても構わないという態度に変わった」と話した。

    こうした状況で中国に進出し、被害を受けた企業は「政府の無策が事態を深刻化させた」と指摘する。最近には世界貿易機関(WTO)に中国を提訴するカードをちらつかせたものの、北朝鮮の核問題で中国との協力を維持するという理由でカードを取り下げた。

    中小ベンチャー企業部(省に相当)もTHAAD報復で被害を受けた企業を支援するためのタスクフォースを3月に設置したが、7月に解体した。流通業界関係者は「中国のTHAAD報復が長期化し、被害がますます拡大しているにもかかわらず、政府は傍観してばかりだ」と不満を漏らした。

    キム・ギョンピル記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400458.html

    引用元: ・【朝鮮日報】骨までしゃぶって追い出す中国の外国企業政策[10/09]

    【【そっこう夜逃げするくせに何言ってんだw 】「骨までしゃぶって追い出す中国の外国企業政策。 政府は傍観してばかり」朝鮮日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 05:04:24.39 ID:CAP_USER
    先月、中国の北京を訪れた。滞在中、「グラウンドゼロ」という言葉が脳裏に浮かんだ。 グラウンドゼロは核兵器が爆発した地点または被爆の中心地を指す軍事用語だ。この単語が一般に広く知られるようになったのは、2001年の米同時多発テロでニューヨークの世界貿易センタービルが崩壊した跡地をそう呼んでからだ。

    北京は韓中関係のグラウンドゼロだ。両国の外交が正常に機能せず、企業経営者の間で「中国脱出」がささやかれている。そこで出会った韓国側関係者は一様に「先が見えない」と語った。

    わずか2年前の今ごろ、韓中関係は「これ以上ないほど良好」とされていた。2015年9月3日、当時の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が習近平国家主席と並び、天安門の城楼に登ったことが契機だった。

    中国が軍事的に大国となったことアピールするために開いた「抗日戦争勝利・世界反ファシスト戦争勝利70周年記念行事」だった。米国、日本、欧州などの首脳は中国の招待を受け入れなかった。朴前大統領は西側の民主主義陣営から唯一出席した首脳だった。

    朴前大統領は当時、日本とはほぼ絶縁状態に見えた。そんな朴前大統領が中国の「大国崛起(くっき)記念ショー」に出席する様子を米国や日本がどう考えていたかは説明せずとも分かるだろう。韓国の立場では一種の外交的な賭けだった。北朝鮮核問題の解決、韓半島(朝鮮半島)の統一、米日の合計よりも大きい韓中貿易などを考慮しての決定だった。

    しかし、結果的に賭けは失敗に終わった。中国は10カ月後、韓国政府による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定を問題として、全面的な報復に乗り出した。軍事技術的な面で見れば、THAADのミサイルやレーダーは中国にいかなる影響も与えない。北朝鮮のミサイル攻撃から在韓米軍の戦略資産を守るための最小限の防衛手段にすぎない。

    中国もそうした事実を知らないはずはない。それでも韓国がまるで大逆罪でも犯したかのように責め立てている。

    今回北京で聞いた話は、中国が韓国に裏切られたという感覚を抱いたことが、強硬な報復を行う重要な理由だという点だ。THAAD配備決定直前に北京入りした韓国の首相がTHAAD配備の可能性について明確に答えず、その直後に配備がなされたことに対し、中国の指導部が怒ったというのが定説のように固まっている。

    それは真の理由ならば、中国はささいな感情で揺らぐ「狭量な大国」としか言いようがない。中国が感じたという不満は同盟国である米国の不快感をあらわにした視線を押し切ってまで天安門の城楼に登った韓国外交の苦悩とは比較にならない。

    そうした中国側の不満は文在寅(ムン・ジェイン)政権にまで続いている。今年初め時点で中国は韓国のTHAAD配備を「どうしようもないこと」として受け入れる雰囲気に傾いていた。しかし、今年5月に文大統領の特使が北京を訪れて以降、再び強硬路線に転じたという。親中派を自称する韓国の政治家が中国に向かい、無駄な期待を抱かせた格好だ。

    しかし、THAAD配備に慎重だった文在寅政権の選択の余地をなくしたのは北朝鮮による相次ぐ核・ミサイルの挑発だった。中国がそうした基本的な事実関係や情勢判断すらできない国ではないと信じている。

    結局中国が現在韓国を相手に行う報復は、米国を狙った巨大な地政学的ゲームだというのが北京の外交関係者の結論だ。東アジアで覇権的地位をめぐり、そのゲームの素材として、韓国のTHAAD配備を問題視したとの見方だ。THAADが問題の全てではないため、出口はなかなか見つからない。

    北京で会った学者は「韓中関係がTHAAD報復を超え、さらに険悪な時期に差し掛かっている」と述べた。韓国を見本として選択を強要する中国にとって、現時点でその計画を見直す理由はないからだ。

    記者は25年前に北京の釣魚台で開かれた韓中国交正常化協定の調印式を取材した。当時の韓国外交は中国語を駆使する外交官すらなかなかいないほどだった。それから25年もたてば、中国に韓国を代え難き隣国と認識させるには十分な時間があった。

    実際に韓国外交部には「チャイナスクール」ができ、韓国にも「知中派」が少なくない。しかし、それでも打つ手がない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400266.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【朝鮮日報】中国は韓国が大逆罪でも犯したかのように責め立てている 中国はささいな感情で揺らぐ「狭量な大国」としか言いようがない

    【【まだまだ躾がなってないな】「「狭量な大国」中国が、韓国が大逆罪でも犯したかのように責め立てている」朝鮮日報】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/10/04(水) 17:32:36.34 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長のうち、どちらがより戦略的に行動しているだろうか。9月14日と15日に韓半島(朝鮮半島)で繰り広げられた出来事が、この問いをもたらした。文大統領は9月14日、米国のテレビ局のインタビューにて「北朝鮮の核に対応するための独自核開発や戦術核持ち込みには同意しない」と語った。また文大統領は「核に核で立ち向かったら南北の平和は維持し難く、北東アジアの核競争を触発する」「北朝鮮の核兵器開発は体制の保障を受けるためのもの」とも発言した。韓国政府は同日「国際機関の要請に基づき、800万ドル(約8億9300万円)の北朝鮮向け支援を検討したい」と発表した。

     北朝鮮は15日午前6時57分、東海(日本海)に向けてミサイルを発射した。今年に入って16回目だ。自制と対話を求める文大統領の会見が行われてから17時間後、国連安全保障理事会が北朝鮮制裁決議を採択してからわずか三日だ。中距離弾道ミサイル(IRBM)と推定されるこのミサイルは北海道上空を通過し、3700キロ飛行した。ミサイルが通過するとき、日本政府は警報を出して住民に退避を呼び掛けた。朝鮮労働党の機関紙『労働新聞』は同日「米国は敗れ続け、心境は複雑だろうが、大国の安全とメンツを維持したければ朝鮮半島から手を引け」と主張した。北朝鮮がミサイルを撃つと、韓国軍は玄武2ミサイルを発射した。玄武2ミサイルの射程は500キロほどだ。

    南と北、どちらの方がより戦略的に動いただろうか。同盟国や友邦国の目にはどのように映っただろうか。関係国はどのようなメッセージを読み取っただろうか。文大統領のメッセージは、まず受取人があいまいだった。米国に送っているのか、北朝鮮に送っているのか、はっきりしなかった。核を持って飛び跳ねる北朝鮮を、独自の核兵器開発も戦術核の持ち込みもせずに、どういう手で抑止できるだろうか。大統領は少し前、「韓半島で二度と戦争が起きてはならない」と言った。全くもってその通りだ。米国は「北朝鮮の核を軍事的方法で解決することに韓国は反対する」という意味だと受け取った。逆に北朝鮮は、核実験やミサイル発射を続けても軍事的制裁を受けることはないと判断しただろう。

     圧迫は、対話の局面で有利な立場を占めるための手段だ。北朝鮮の核・ミサイル挑発を適切に圧迫できない状態で対話の局面に移ったら、北朝鮮は途方もない要求を持ち出すだろう。対話の入口で核・ミサイル実験の凍結と韓米合同演習の縮小・中止を交換し、出口では核を手にしたまま米朝間の平和協定締結、在韓米軍撤収、米朝国交正常化を要求するのが北朝鮮の戦略だ。

     圧迫の段階で米国が風を入れ、韓国が風を抜くという事態が繰り返されればされるほど、交渉の段階で「コリア・パッシング」の危険が高まる。北朝鮮がグアムを射程に収めるミサイルを発射し、日本が国民の一部に退避を呼び掛ける警報を出したその日、韓米日の間で800万ドルの北朝鮮支援資金をめぐる論争が続いた。

     核兵器は通常兵器とは比較し得ない絶対兵器だ。戦略的思考も異なる。敵の信用が同盟国間の信頼なみに重要だ。先制攻撃を受けたら必ず、そして確実に報復攻撃に出るという事実を敵が信じるようにしなければならない。この信用が揺らいだら、安全保障が揺らぐ。

    姜天錫(カン・チョンソク)論説顧問

    続きます。
    2017/10/04 08:07 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400088_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報/コラム】韓国と北朝鮮、どちらがより戦略的か[10/4]

    【【どっちも馬鹿なのは当然として】「韓国と北朝鮮、どちらがより戦略的か」朝鮮日報】の続きを読む

    このページのトップヘ