1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/24(月) 22:20:12.43 ID:CAP_USER
韓半島危機を口実にして日本では直ちに明日にでも戦争の砲火がさく烈するような不安感を助長する声があふれている。日本政府は北朝鮮の弾道ミサイル攻撃があった場合、避難方法を内閣官房ホームページにのせて韓半島有事の際に自国民を救出する方法を毎日議論中だ。

読売新聞は22日、米国が北朝鮮を攻撃する場合、どんな状況が展開するのかシナリオを詳細に紹介した。先に米国が全世界の打撃力を韓半島周辺に集めることで攻撃は夜明け直前になる可能性が大きく、戦闘は数日で勝負がつく短期戦がよいというふうだ。韓国に対する北朝鮮の反撃リスクが大きく、実現しにくいが「ドナルド・トランプ米国大統領なら何をするがわからない」という前提がつく。

産経新聞は23日、米国の先制攻撃前段階として北朝鮮に対する海上封鎖が予想されるが、日本自衛隊の活動を遮る各種制約が多くて「穴」が生じる可能性があると憂慮した。産経新聞には何日か前、明治維新の元老・山県有朋が1888年に主張した日本の防衛概念を紹介し韓半島有事の際の日本の対応を促すコラムが載った。

日本の自衛のために第一に「主権線(国土)」、第二に「利益線」の安全が必要だという主張だ。利益線というのは国土の防衛に密接に関係する場所、すなわち韓半島をいう。韓半島防衛なしでは日本の自衛はなされないという考えは後日、朝鮮侵略を正当化する名分に活用された。1894年、東学農民運動を鎮圧するという名分で日本軍を朝鮮に出兵させた当時の外相・陸奥宗光は回顧録で「朝鮮の混乱は隣国のこととはいえ、自衛のためにも手をこまねいてはいけなかった」とした。

産経新聞コラムはトランプ大統領が「中国が解決できなければ「私たち」がやる」と話した時「私たち」には米日同盟が含まれるとし、北朝鮮が日本を直接攻撃するのと関係なく、自衛の次元で韓半島有事に日本の対応を急がなければなければならないと主張した。

「隣人」と言うと思い出す人物がいる。日本の1万円紙幣の主人公でもある「日本近代化の創始者」福沢諭吉は一時、「いくら悪い隣人でも彼の家に火事が起これば我が家も焼けることになる」として朝鮮の近代化を支援しなければなければならないと主張した。そうするうちに1884年、自身が支援した甲申政変が「3日天下」で終わるのを見た後、「脱亜入欧」を主張して日本を帝国主義に導いた。

21世紀日本が自国国民の安全を重視し、自国の国益と防衛を最優先視することはどうということもない。問題はその程度にある。この頃、安倍晋三政権の動きを見れば自分たちが騒ぐことによって一層不安な気流に包まれ隣国は眼中にないと見られる。これに加えて韓半島安保が自国の利益と直結するという論理もどうも怪しいことこの上ない。

現代社会で植民支配が再現されるはずはない。ただし陸奥(?)や福沢の言うように、すぐ隣りだから片方の不幸がもう片方の幸運に作動することはある。1950年6・25韓国動乱(朝鮮戦争)がさく烈した時、当時の吉田茂総理は「天佑!」と喜んだ。天佑神助という言葉だ。戦後不況に苦しんだ日本は朝鮮戦争の基地の役割をしながらあっという間に成長した。

戦争を契機に米国の対日占領政策は日本を武装解除し、東洋の農業国家にしようとしたことから180度変わった。米日安保条約が締結されて再軍備が進められた。連日出てくる政権内部のスキャンダルで苦しい安倍政権がもしや当時の幸運がまたくることを夢見ているのではないように祈る。

ソ・ヨンア東京特派員
no title


ソース:東亜日報(韓国語) [特派員コラム/ソ・ヨンア]良い隣、悪い隣
http://news.donga.com/Main/3/all/20170424/84031503/1

前スレ:http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1493022955/
★1の立った時間:2017/04/24(月) 17:35:55.78

引用元: ・【日韓】 良い隣人、悪い隣人~安倍政権は朝鮮戦争特需を夢見ていないか/東亜日報特派員コラム★2[04/24] [無断転載禁止]©2ch.net

【【また認知バイアスなのか】 東亜日報 東京特派員(韓国語)「安倍政権は朝鮮戦争特需を夢見ていないか」】の続きを読む