まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:朝鮮戦争

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/13(水) 11:31:26.68 ID:CAP_USER
    no title

    空軍操縦士として朝鮮戦争に参戦したリ・ハン

    no title

    朝鮮戦争当時に中国空軍の主力機種だったミグ-15戦闘機

    中国が朝鮮戦争当時、カミカゼ式自殺特攻隊を運用していた事実が明らかになったと香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)が11日報道した。

    11日は中国空軍創設70周年だ。この日を記念して中国軍の機関紙である解放軍報は特集を用意した。この特集で中国空軍は1950~1953年まで進行された朝鮮戦争当時、日本のカミカゼ式自殺特攻隊を運用していたと報道した。

    当時朝鮮戦争に参戦したリ・ハンの回顧録として構成された特集で中国空軍はこのような事実を認めた。

    中国が空軍を創設したのは1949年だった。このため1950年に朝鮮戦争が勃発した当時、中国空軍は創軍1年にしかならなかった。したがって飛行機も不足で、操縦士たちの飛行技術も水準以下だった。

    参戦当時27歳だったリ氏は「アメリカの戦闘機と衝突するのが全ての操縦士たちの義務だった」と当時を振り返った。

    当時アメリカ空軍は圧倒的な空軍力を保有していたのは勿論、第2次大戦を経験したので操縦士の飛行技術も良かった。

    これに比べて中国は戦闘機も最新戦闘機ではなくて、創軍1年にもならない操縦士たちの飛行能力はメチャクチャだった。このため全ての操縦士たちは有事の際に米戦闘機と衝突する訓練を受けていた。

    リ氏は「我々は米機と対抗する技術を学んでいたが力不足であり、これを打開する方法は米機に突進することだけ」だったと振り返った。

    リ氏は「当時殆どの操縦士たちは戦闘に投入される前にたった数時間程度しか実戦訓練を受けなかった」と付け加えた。

    彼は「朝鮮戦争に参戦した操縦士たちは全員死を覚悟しており、喜んでそのようにしようとした」と話した。

    このようなリ氏の懐古は中国空軍が朝鮮戦争時、自殺特攻隊を運用したということを認めたものとSCMPは評価した。

    2019.11.11 08:32
    http://www.fnnews.com/news/201911110832464304

    China’s air force turns 70 with tales of its dare-to-die Korean war pilots
    https://www.scmp.com/news/china/military/article/3037131/chinas-air-force-turns-70-tales-its-dare-die-korean-war-pilots

    引用元: ・【軍事】朝鮮戦争当時に中国空軍のパイロットだった男性の衝撃的な告白[11/11]

    【良いカミカゼと悪いカミカゼ【軍事】朝鮮戦争当時に中国空軍のパイロットだった男性の衝撃的な告白[11/11] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/05(火) 17:12:45.68 ID:CAP_USER
    韓国・米国・中国・北朝鮮が終戦宣言を実行して恒久的な韓半島(朝鮮半島)の平和体制の構築に向けた共同意志を表明することを促す韓国の国会決議案が5日、発議された。

    共に民主党のキム・ギョンヒョプ議員が代表発議した「韓半島終戦宣言要求決議案」は当事国である韓国・米国・中国・北朝鮮が終戦宣言を早急に実行すると同時に法的拘束力を持つ「平和協定」締結の議論を始めるよう促した。

    また「平和協定」のために米朝が非核化交渉で成果をあげることと非核化と南北関係の発展のために南北政府がすべての努力を注ぐことを求めた。発議には共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表を含む与党議員65人と野党議員6人など71人が参加した。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259276?servcode=200&sectcode=240
    ⓒ 中央日報日本語版2019.11.05 13:52

    引用元: ・【朝鮮戦争】韓国議員71人、終戦宣言を促す国会決議案を発議「朝鮮(韓)半島終戦宣言要求決議案」[11/5]

    【停戦に関係してないだろおまえら 【朝鮮戦争】韓国議員71人、終戦宣言を促す国会決議案を発議「朝鮮(韓)半島終戦宣言要求決議案」[11/5] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/07(金) 10:41:53.55 ID:CAP_USER
    文大統領、朝鮮戦争の英霊の前で金元鳳を称賛

    ■文大統領、顕忠日の追悼の辞で「金元鳳が参加した光復軍は韓国軍のルーツ」
    ■野党・専門家ら「韓国国民の生命を奪っていった金元鳳、無理な左派復権の試み」

     国を守るため犠牲になった人々を追悼する「顕忠日」の6日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は追悼演説で「愛国の前に保守、進歩はない」と述べ、その代表例として独立運動家だが北朝鮮の政権で閣僚を務め、6・25(朝鮮戦争)では勲章までもらった金元鳳(キム・ウォンボン)に言及した。

     文大統領は、金元鳳が光復軍に参加したことを強調し「統合された光復軍は大韓民国の国軍創設のルーツとなり、ひいては韓米同盟の土台となった」と語った。
     6・25戦没者をたたえる顕忠日の追悼の辞で、6・25南侵に関与した人物を「左右統合の象徴にして韓国軍のルーツ」と解釈したのだ。

     野党側や専門家らは「多くの国軍兵士や国民の生命を奪っていった人物を、どうして『国軍のルーツ』であるかのように語ることができるのか」「社会主義左派に対する無理な復権の試み」と批判した。
     文大統領は、追悼の辞で「臨時政府は中国の重慶で左派合作を成し遂げ、光復軍を創設した。若山・金元鳳が率いた朝鮮義勇隊が光復軍に編入され、ついに独立運動の力量を結集した」と語った。

     金元鳳は、植民地時代に義烈団、朝鮮義勇隊を組織し、武装闘争中心の独立運動を行った。
     しかし解放後は北に渡り、金日成(キム・イルソン)政権で国家検閲相、労働相など要職を務め、「祖国解放戦争」(朝鮮戦争のこと)で勲功を立てたという理由で勲章まで授与された。
     文在寅政権になって、金元鳳に対する叙勲が推進されたが、学界や政界では賛否の論争が激しく起こった。
     左派陣営は「忘れられた歴史の一面に対する復権」だと主張したが、右派からは「韓国のアイデンティティーの破壊」という批判の声が上がった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    朝鮮日報 2019/06/07 10:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/07/2019060780021.html

    引用元: ・【韓国】ムン大統領、朝鮮戦争の英霊の前で金元鳳を称賛する[06/07] 

    【完全に頭おかしいwww 【韓国】ムン大統領、朝鮮戦争の英霊の前で金元鳳を称賛する[06/07]  】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/18(土) 02:29:24.44 ID:mefCzsIJ0● BE:264168779-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    74 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2017/11/17(金) 22:51:01.66 ID:xEsJhI2Q
    日本でいう朝鮮戦争は実際のところ大韓独立戦争というのが正しい
    北とそれを支援する中国とも戦ったが主敵は韓国内の日帝残党だし
    当時の日本政府は日帝残党を秘密裏に支援してたのも明らかになってる
    日本にとっては何が何でも隠したい汚点みたいだが

    http://

    引用元: ・【悲報】朝鮮戦争、実際は韓国内の日帝残党との戦いだった

    【【妄想を具現化するアビリテ】朝鮮戦争、実際は韓国内の日帝残党との戦いだった 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/23(月) 07:14:49.45 ID:CAP_USER
    最近、国会国防委員会国政監査では、先月23日に米軍の長距離爆撃機B-1Bが東海の北方限界線(NLL)を越えて武力誇示を行ったことを政府が事前に知っていたかどうかをめぐり、舌戦が繰り広げられた。

    自由韓国党など野党議員らは「政府がB-1B爆撃機の作戦を予め知っていたのか。米軍が韓国政府にも知らせず、作戦を行ったのではないか」と問い詰めた。米軍が朝鮮半島で韓国政府を差し置いて単独で戦争する可能性を示したことに対する政府の対策は何かと追及したのだ。

    国防部と合同参謀本部は「米軍から事前通知を受けて緊密に協議した」と防御網を張ったが、議論の火種は残っているようだ。

    野党が国政監査でこの問題を取りあげた背景に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「韓国の同意なしに朝鮮半島で戦争を決定できない」と述べたことを狙った政治的意図にあるのは疑いの余地がない。だとしても、野党の問題提起を政治的に偏ったものと無視するわけにもいかない。

    米軍が朝鮮半島で韓国政府と協議もなしに独断で対北朝鮮先制攻撃など、戦争をする可能性があるかどうかは、私たちの生存と直結する敏感な問題であるからだ。もしかしたらこの地で数十万人または数百万人が犠牲になる戦争の惨劇が私たちの意向と関係なく起きる恐れもあるのだ。

    米軍が単独に朝鮮半島で戦争を決定できるかどうかについては、微妙なところがある。在韓米軍を動かして北朝鮮を攻撃するためには、韓国と米国の両国の合意がなければならない。在韓米軍司令官が兼職する韓米連合司令官は、両国の大統領と国防部長官の戦略指針を受け、作戦統制権を行使できるようになっている。

    しかし、朝鮮半島の外の米軍はこのような制約を受けないという見解が多い。北朝鮮が米国本土を脅かす場合、米国の自衛権行使は国際法的に容認されているということだ。

    バーウェル・ベル前在韓米軍司令官が先日「米国が北朝鮮から明らかな脅威にさらされ、海外にいる軍事資産を利用して北朝鮮を攻撃する際には、韓国の承認が必要ない」と述べたのもこのためだ。

    最近、朝鮮半島の戦争危機説は「北朝鮮の完全破壊」と「史上最高の超強硬対応措置」など、米朝の最高権力者の激しい舌戦とかみ合っている。これに加え、リ・ヨンホ北朝鮮外相はB-1B爆撃機の武力誇示に「撃ち落とせる権利」を主張し、米国では「対北朝鮮軍事オプションの検討」説が絶えず流れている。

    にもかかわらず、実際の軍事行動が容易ではないというのは1994年第1次北朝鮮核危機当時、ビル・クリントン政権が一時は北朝鮮への爆撃を検討したが、結局あきらめた事実からからも推測される。それでも米朝の対決構図が強化された状況が放置されて、韓国が傍観者のようになっている現実は残念だ。

    約60年前、朝鮮戦争を控えて、米国側は戦争が起これば、「昼食は平壌(ピョンヤン)で取って、夕食は新義州(シンウィジュ)で取る」と豪語したという。1950年6月から3年間続いた戦争はそのような豪語がどれだけ根拠の無い妄想だったのかを如実に示ししてくれた。

    今も事情はそれほど変わっていない。南北間の力の均衡が過去とは全く異なると言う人もいるかもしれない。しかし、朝鮮戦争が多くの人々が犠牲を強いられただけで、朝鮮半島の腰を折って横切る分断線を消すことができなかったのは、当時南北の力学関係とは無関係である。

    その時、朝鮮半島の統一を妨げた分断の地政学は今なお健在だ。不幸にも、朝鮮半島は米中の対決構図または韓日米と朝中ロの両勢力の冷戦的対決構図に依然として包摂されている。どちらも朝鮮半島で勢力基盤または緩衝地帯を失いたくと思っている。戦争は最悪のシナリオだ。

    no title

    パク・ビョンス統一外交チーム先任記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/28762.html

    引用元: ・【ハンギョレ】韓国は傍観者 戦争の惨劇が私たちの意向と関係なく起きる恐れもある[10/23]

    【【なんで他人事なんだよ 】「朝鮮戦争時の米国側の妄想、今も事情はそれほど変わっていない」ハンギョレ】の続きを読む

    このページのトップヘ