まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:最速

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/18(木) 16:20:45.83 ID:CAP_USER
     韓国では2025年にも人口全体に占める65歳以上の割合が20.6%に達し、「超高齢社会」を迎える。高齢化の速度は日本を上回るスピードで、生産年齢人口(15~64歳)の急減により経済成長の土台も揺らぐ。21年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数、暫定値)は世界最低の0.81で、人口減少の抜本的な改善策はまだ見当たらない。画期的な対策を打ち出せなければ、低成長が常態化するような未来が訪れる恐れもある。

     韓国統計庁によると、65歳以上の人口数は現在の870万人から25年には1,000万人に上り、全人口の5分の1が高齢者で占められる見通しだ。朝鮮戦争後の1955~63年に生まれた「ベビーブーム世代」の約700万人が続々と引退を迎えるためだ。

     世界保健機関(WHO)などは高齢者の割合7%超を「高齢化社会」、14%超を「高齢社会」、21%超を「超高齢社会」と定義している。韓国は高齢者割合が20.6%となる25年に超高齢社会が到来するとみられ、45年には37.4%と、高齢化で先を行く日本(45年に36.7%)を超えて高齢国家として世界1位になると予想される。

     ■24年間で超高齢社会に

     韓国の特徴は高齢化の速度だ。高齢化社会から高齢社会に移行するスピードは17年と、フランス(114年)や米国(69年)に比べて大幅に短く、日本の24年よりも早い。高齢社会から超高齢社会に移る速度も韓国は24年と、日本(36年)のほか、フランス(154年)、イタリア(79年)、ドイツ(75年)に比べて突出している。

     ■生産人口は62年に半分水準

     韓国では、20年から死亡者数が出生者数を上回る人口の「自然減」が始まっている。昨年の自然減少数は5万7,280人で、前年の3万2,611人に比べて75.6%拡大した。

     生産年齢人口も急速に減っている。統計庁の分析では、今年3,667万人に達する生産年齢人口は、38年には2,963万人と初の2,000万人台まで低下する見通し。それ以降も減少の一途をたどり、62年には1,985万人と1,000万人台に落ち込み、今の54%水準に下がるとされる。

     生産年齢人口が減少し続ければ労働供給に制約が生まれ、経済も低成長の常態化につながってしまう。シンクタンクの韓国経済研究院によると、現在2.5%前後の韓国の潜在成長率は、30年には0%台に低下するという。

     ■23年の出生率0.68も

     出生率は昨年0.81と過去最低で、経済協力開発機構(OECD)平均の1.61(19年時点)や日本の1.30(21年時点)と比べても大幅に低い水準だ。住宅費用の高騰や養育費の負担などで、出産や結婚をためらう若者が増えていることが背景にある。

     統計庁は21年12月に発表した出生率の見通しで、22年の最低値(最も深刻な「低位シナリオ」)で0.73、23年の最低値は0.68と予測している。

     ■「低成長時代」の足音じわり

     少子高齢化の加速で、韓国が誇る国民皆保険・皆年金制度の維持も難しくなる。生産年齢人口100人当たりで扶養しなければならない65歳以上の高齢者は今年24.6人だが、36年には51.1人に倍増。67年には100人と、生産年齢人口1人が高齢者1人を支える構造となる。

     韓国政府はその対策として、21年に国家予算の10分の1に上る46兆ウォン(約4兆7,080億円)もの巨額予算を投じた。ただ、少子化に直接関係のなさそうな事業の予算が6割ほど入っており、国民からは「名ばかりの政策」との批判を受けている。

     5月に発足した尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権も改善に向けた取り組みを掲げるが、抜本的な解決策を見いだせていない。少子高齢化の波を止めれない限り、低成長期への突入は避けられそうにない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7448a1918eafb53b31bd9d129af19adc73ce6d6b

    引用元: ・【韓国】「超高齢社会」25年に到来 世界最速ペースで、経済の土台揺らぐ 23年の出生率0.68も [8/18] [昆虫図鑑★]

    【バイバイw 【韓国】「超高齢社会」25年に到来 世界最速ペースで、経済の土台揺らぐ 23年の出生率0.68も [8/18] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/26(木) 20:22:13.54 ID:CAP_USER
     米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、「韓国は香港と共に世界で最も速いスピードで人口崩壊が進んでいる」と警告した。

     マスク氏は25日(現地時間)、自身のツイッターに、世界銀行が発表した2020年国別合計特殊出生率ランキングを投稿し、冒頭のように書き込んだ。ランキングによると、韓国の合計特殊出生率は0.84で世界最下位(200位)だった。香港は0.87で韓国の次に低かった。ほかには日本が186位(1.34)、イタリアが191位(1.24)だった。

     マスク氏は「出生率が変わらなければ、韓国の人口は3世代以内に現在の6%未満まで減少するだろう」「その人口のほとんどは60代以上が占めることになる」と続けた。現時点で韓国の人口の6%というと約330万人だ。

     マスク氏はこのところ、世界の人口減少問題について懸念を表明し続けている。マスク氏はこの日、イタリアの人口減少についても「このままいけばイタリアには人がいなくなるだろう」と書いた。今月7日には日本の人口が11年連続で減少していることをめぐり「日本は出生率が死亡率を超えるために何かを変えない限り、いずれ存在しなくなる」とした上で「これは世界にとって大きな損失になるだろう」と書き込んだ。

     通常、人口維持に必要な合計特殊出生率は2.1と考えられている。同氏は、米国の出生率が2.1を割り込んでここ数年さらに低下していることへの懸念を示した際に、韓国の少子化問題に言及した。

     マスク氏が懸念する「韓国の人口崩壊」は現実になりつつある。韓国統計庁は26日、外国人と韓国人を合わせた韓国の総人口が2041年に5000万人を下回るとの予想を発表した。今年、韓国の人口は5162万8000人だ。統計庁は、韓国の人口が41年に4999万8000人となり、50年には4735万9000人まで減少するとの見方を示した。出生数より死亡数のほうが多い、人口の「自然減」も45年には韓国全土の市・道で起きると見通した。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f787d9cce8764f1eaf424ec81f85d79d66ee4f6c

    引用元: ・日本の状況に驚いていたイーロン・マスク氏「韓国、世界最速で人口崩壊」 [首都圏の虎★]

    【割とどうでも良さそうな - 日本の状況に驚いていたイーロン・マスク氏「韓国、世界最速で人口崩壊」 [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 11:07:05.56 ID:???.net
    2050年に世界で認知症患者が1億人を超えるという展望が出てくる中で、韓国は世界で認知症患者が最も速く増える国になるものとみられる。

    26日、香港サウスチャイナモーニングポストはアルツハイマー協会資料を引用して世界の認知症の人口が2013年の4435万人から2050年には1億3546万人へ3.1倍増えると報道した。
    同期間で韓国の認知症の人口は4.7倍に増えて2050年には271万人に達する展望だ。高齢化スピードが速い傾向にある中国も2050年の認知症人口(3000万人)が2013年(900万人)に比べて3.3倍増加することが明らかになった。
    国連人口局によればこの期間、世界全体の人口は72億人から92億人に1.3倍増える展望だ。

    韓国でとりわけ認知症の人口増加傾向が急な理由は、超高齢化現象のためだ。全体人口のうち65歳以上の高齢人口比率が20%以上なら超高齢化社会、14%以上なら高齢社会だ。

    キム・ギウン国立中央認知症センターセンター長(ソウル大学医大教授)は「高齢化社会から超高齢化社会に向かう西欧、欧州諸国は100~150年かかった一方、韓国は26年しかかからなかった」として
    「認知症は年齢(高齢)が最も重要な発病原因なので、認知症の人口増加は超高齢化と絡み合っている」と説明した。

    中国もやはり2億人を超える高齢人口で病んでいる。2050年の中国全体人口のうち3分の1は高齢者だ。その上、中国は長期間持続した「1人っ子政策」が伏兵だ。
    子供1人が両親と祖父母、母方祖父母までの6人を扶養しなければならないためだ。65歳以上の高齢者が3000万人を超えた日本も悩みが深い。

    今後、韓国で高齢者層が37%以上を占める展望であるだけに認知症は避けられない問題だ。

    認知症による社会的コストの増加も大きい。保健福祉部の認知症老人実態調査によれば認知症による社会的コストは2013年の11兆7000億ウォンから2050年には43兆2000億ウォン(GDPの1.5%)まで増えると予測されている。
    韓国で認知症患者1人を介護するのに年間約2000万ウォンかかる。今後、認知症患者が中・低所得国家で急増するという点も結局コスト問題と直結する。予防・管理が核心である認知症患者を介護する予算を確保できないために出てくる結果だ。

    「認知症社会」が越えなければならない障害物はさまざまなものだ。まず認知症治療研究開発(R&D)予算ががん治療研究予算の7分の1しかないということも問題点の1つと指摘されている。
    より一層深刻な問題は、認知症患者保護センターのような施設や人材が不足しているということだ。大都市と比較して高齢者が多いが、認知症患者を介護する施設が少ない地方都市で問題ははるかに大きく近づく。

    キムセンター長は「現在のところ認知症を完治できる薬はないので、認知症状を早期に発見して積極的に治療することが大切」と話した。実際に初期に認知症の兆候を発見して治療を受ければ、15%しか認知症にならない。
    一方、時期を逃せば認知症になる確率は75%と急激に高まる。彼は「予防のためには生活習慣に変化が必要で、習慣が良くなれば発生率を50%まで下げられる」と付け加えた。

    http://japanese.joins.com/article/815/195815.html

    引用元: ・【韓国】2050年、世界に認知症1億人…韓国は最速で増えて271万人[1/27]

    【ま、精神病なのが7割っていうくらいだからなぁ・・・ 【韓国】2050年、世界に認知症1億人…韓国は最速で増えて271万人[1/27]】の続きを読む

    このページのトップヘ