まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:最悪

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/29(木) 01:34:55.49 ID:CAP_USER
    韓国が深刻な干ばつと鳥インフルエンザに見舞われています。この状況で2018年冬季五輪を無事に平昌(ピョンチャン)で開催できるのか、問題が後を絶ちません。

    何をしても最悪の結果。最近の韓国はなぜ運がなさすぎるのか?

    スーパー水不足

    現在、韓国の全国農地のうち3017ヘクタールが干ばつ状態にある。

    水不足の地域では断水や給水制限が始まっているが、農家と近隣住民との間で、水に関連したトラブルが後を絶たないようだ。

    農家が自分で貯めた水を枯れていた畑に撒いたところ、周辺の住民に見られて皮肉を言われたり、近所の人が農家に遊びに行った際に、水をどう使っているかをチェックして文句を言うなどといったものだ。こういったものから関係が悪くなると、水不足が解消された後でも改善は難しそうである。

    「運気」は最悪

    水不足による干ばつは、こういった住民トラブルの原因になるだけではない。もちろん、収穫できるはずだった米や野菜などの農作物こそ、多大な被害を被っている。干ばつ状態がいつまで続くかは、「天の神様」にすがるしかない。そして問題は、現在の韓国の運気が最悪だということだ。

    3年ほど前のセウォル号の沈没事故あたりから、韓国はとにかく運がない。2015年の韓国MERS、口蹄疫、さらに昨年の鳥インフルエンザでは3700万羽を殺処分した。それほどの大量の家畜を処分したにもかかわらず、今年もまた鳥インフルエンザが発生して100万羽を殺処分している。

    運がないといえば、サッカーの試合。今まで負けたことがなかった中国にも負けてしまうなど、国際大会でも韓国人選手の活躍はぼろぼろの状態である。

    まるで「神罰」

    これらの韓国の不運は、どこから来ているのだろうか。こうなってくるとやはり、韓国人が日本で起こした「文化財テロ」が原因ではないかと疑わざる得ない。対馬から韓国に盗まれた仏像を未だに返還しないばかりか、福島県では130体以上の御神体を破壊している。

    これらの行為を日本の八百万の神が許さず、韓国の運気を最悪にしているのではなかろうか。

    その影響が朴槿恵前政権だけではなく、新しく誕生した文在寅政権でも続いているようだ。そのため、今の韓国では、何をしても最悪な結果がもたらされることになる。鳥インフルエンザの再流行や干ばつといったものが韓国内で猛威を振るっていることの原因は、韓国人にあるような気がしてならない。

    もちろん、韓国の不運について、「神罰を根拠とするのは迷信だ」と一蹴する意見もあるだろう。非科学的な考えだと無視するのはたやすいが、日本全国では様々な神様が祀られていて、その行事が今でもずっと続いている。それらのすべてをただの迷信だと突き放すことは、簡単ではないだろう。

    しかし、それは日本人の感覚であって、韓国人には理解ができない。一般的な日本人は、人がいない神社に何らかの像が置いてあっても、それを壊そうとしない。拝むことも少ないが、そういった神像に何かをすることは「罰が当たる」というのを、子供の頃から感覚で知っているのだ。

    2018年平昌冬季五輪は開催できるのか?

    仮に干ばつがお天道様の怒りの結果だとすれば、それを放置すれば韓国はもっと大きな禍を引き起こすことになる。天気といえば、韓国の来年2月開催予定の「平昌五輪」が無事開催できるのか、つまり平昌に雪が降るのかという心配が後を絶たない。

    人工雪で間に合わすにしても、そういった行動が自然の怒りを買っている気がする。

    さらに、今週は平昌五輪で大きな動きがあった。韓国はなんと、北朝鮮との南北分散開催を言い出したのだ。しかも何を血迷ったか、IOCも乗り気だという。まぁ、さすがに南北分散開催は現実的ではないだろう。

    『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2017年6月25日号)より一部抜粋・再構成

    http://www.mag2.com/p/money/250130

    引用元: ・【韓国】呪われた韓国 超水不足と鳥インフルのWパンチで平昌五輪が大ピンチに!?[6/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【なるべくしてなってるだけ】「運気」は最悪 呪われた韓国 超水不足と鳥インフルのWパンチで平昌五輪が大ピンチに!?】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/11(火) 09:59:08.57 ID:CAP_USER
    韓国が国際社会ののけ者に転落したという「コリアパッシング論」が広がっている。
    強大国が韓半島(朝鮮半島)の主要懸案を取り上げながら当事者である韓国を排除しているという話だ。

    その根拠のひとつが米国大使の長期空席だ。
    米国がどれだけ軽んじて大使すらも適時に送らないのか。
    リッパート大使が離任したのは1月20日。
    3カ月になろうとするがだれが有力という話すらないのが現実だ。

    少女像議論で日本の長嶺安政大使が帰国してから85日ぶりに帰ってきたのは安倍政権が不便だったためだ。
    「いまのように重要な政権交代期にソウルを空けておくのが話になるか」という世論に押され復帰したのだ。

    大使派遣は駐在国の情報収集のためだ。
    だからトランプ米大統領が日本と中国の大使は選んで韓国の大使は内定さえしていないのは
    韓国への関心が低いという意味に違いない。

    外交当局はこうした見方に目を剥く。
    特に外交部首長である尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は憤慨しているようだ。
    尹長官は先月末の幹部会議で
    「いつになく韓米間の疎通は緊密だ。現実と異なるコリアパッシングの話が出ないようにせよ」と指示したという。

    すると外交部は翌日のメディア会見で
    「韓国など主要大使職が6カ月以上空いたことは多かった。これを韓国重視か否かと関連づけるのは間違い」と主張した。

    果たしてそうだろうか。
    結論から言えば「事実自体は合っているが真実ではない」が答だ。

    歴代駐韓米国大使は22人。
    任務交代時に後任者の赴任が遅れたために6カ月以上空席だったのは6回だ。
    額面上「6カ月以上空いたことがあった」という主張は事実だ。
    だが一皮剥いてみれば話が変わる。

    初めての空席事態となったのは1955年。
    ウィリアム・レイシー大使が李承晩(イ・スンマン)大統領との対立による5カ月で退くと、米国はわざと9カ月間空席にした。
    不満の表示だった。

    残りの5回は例外なく1~2カ月以内に後任者が決まった。
    赴任が遅れたのは議会の承認聴聞会が遅れたためだった。

    例えば前任者の離任から2カ月後に任命されたドナルド・グレッグ大使は
    「イラン・コントラ事件」との関与容疑で聴聞会に立つことができず8カ月遅れて赴任しなければならなかった。
    残りの大使もすべて同様の理由でソウル行きが遅れた。

    結局韓米対立がない限り今回のように後任者が決まらなかった時はなかったという話だ。
    それでも外交部は何の問題ないかのように主張する。
    真相を知らなかったとするなら無能であり、知っていてそうしたのなら欺瞞したわけだ。

    >>2以降に続く

    以下ソース:中央日報 2017年04月11日09時01分 04月11日09時02分
    http://japanese.joins.com/article/909/227909.html
    http://japanese.joins.com/article/910/227910.html

    引用元: ・【中央日報/コラム】韓国がのけ者ではないと? 最近の韓国外交は最悪だ[04/11]©2ch.net

    【【大統領がいないじゃん?】中央日報「最近の韓国外交は「これほど苦しいときがあっただろうか」と言いたいほど最悪だ」】の続きを読む

    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2017/02/06(月)21:21:02 ID:SRQ
    2017年2月6日、韓国の昨年の沿海・近海漁業の生産量が、中国漁船による違法操業の影響などにより、この44年で最低を記録した。韓国・聯合ニュースの中国語ニュースサイトが伝えた。

    韓国海洋水産開発院(KMI)が6日公表した報告書によると、韓国の昨年の沿海・近海漁業の生産量は前年比12.7%減の92万3000トンにとどまり、1972年(95万6276トン)以降で最低の水準となった。

    漁船1隻当たりの生産量を見ると、沖釣りは1972年が370.3トンだったのに対し、昨年は251.6トンに減少した。沿岸漁業も10.1トンから6.2トンに減っている。
    数十年の間に漁業技術が発展したにもかかわらず、漁船1隻当たりの生産性はむしろ低下している。KMIは、こうした状況について、水産資源が1972年の62%水準にまで減ったためだと分析している。

    サバやイカ、タチウオ、ワタリガニ、イシモチなど韓国人が好んで食べる魚種が釣れる沿海・近海の生産量の減少は「食卓物価」の上昇につながっている。
    統計庁によると、昨年の魚類と貝類の消費者物価指数の上昇率は3.1%と過去5年間で最も高く、全体の物価指数の上昇率(1.0%)を大きく上回った。

    水産資源急減の主犯とされるのは中国漁船による違法操業だ。KMIによると、中国の違法操業による水産資源の損失は10万トンから最大で65万トンに上ると推計される。
    韓国水産業協同組合中央会は昨年、中国大使館に送った抗議文で、中国の違法操業が水産業に及ぼす被害規模は年間1兆3000億ウォン(約1285億円)に達すると主張している。

    (後略)


    全文は「レコードチャイナ」の「韓国の沿近海漁業生産量、この44年で最悪に、中国の違法操業が影響―韓国メディア」で
    http://www.recordchina.co.jp/a162863.html

    引用元: ・【国際】韓国の沿近海漁業生産量、この44年で最悪に、中国の違法操業が影響―韓国メディア [H29/2/6]

    【【おまエラ、密漁やりたい放題やってるじゃねえか】韓国の沿近海漁業生産量、この44年で最悪に、中国の違法操業が影響―韓国メディア [H29/2/6]】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/10/27(木) 19:16:01.51 ID:CAP_USER
    「最善を望み、最悪にそなえよ(Hope for the best,prepare for the worst)」。

    26日に開かれた経済動向懇談会で韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は英国のことわざを引用しこうした意味深長な話をした。発言には希望も込められたが傍点は「最悪に備えよ」につけられている。

    韓国経済が尋常でない。すでに内需と輸出の不振、進まない構造調整、過度な家計負債のような悪材のために四面楚歌に追いやられた韓国経済に「崔順実(チェ・スンシル)爆弾」まで炸裂した。経済が深刻な危機局面に陥りかねないとの懸念が提起される理由だ。

    前日に発表された7-9月期の国内総生産(GDP)資料が立証するように、現在の韓国経済は不動産を除けばかなり厳しい状況だ。サムスン「ギャラクシーノート7」の生産中止と現代自動車のストの余波で製造業の成長率は7年6カ月ぶりの最低水準となるマイナス1%にとどまった。

    10-12月期はさらに厳しくなりかねないというのが専門家らの分析だ。李総裁も経済動向懇談会で「7-9月期までは政府の政策的努力などに支えられ緩やかな回復傾向を維持したが、今後も成長の流れを続けて行けるかに対しては懸念が提起されている」と話した。

    李総裁は▽企業構造調整▽金英蘭(キム・ヨンラン)法(不正請託と金品授受禁止法)施行▽ギャラクシーノート7問題▽保護貿易主義強化などを不安要因に挙げた。

    最後の砦である不動産からも不安の兆候が感知される。この日の経済動向懇談会で李総裁は建設景気鈍化の可能性を経済不安要因のひとつだと指摘した。他の出席者も「過去の不動産市場過熱がほとんど局地的現象から始まったという点から今後の動向を綿密に調べなければならない」という意見を提示した。供給過剰懸念も提起された。

    韓国銀行金融決済局のクォン・ナウン課長らはこの日発表した「最近の建設投資水準の適正性評価報告書」で、「韓国と1人当たり国民所得が同水準の国のGDP比建設投資割合は10%前後なのに対し韓国は15%。人口高齢化で住宅需要が鈍化する状況で徐々に建設投資増加幅を減らしていかなければならない」と明らかにした。

    金融研究院はこうした状況を考慮し、この日来年の経済成長見通しを2.5%と予想した。韓国政府の3.0%、韓国銀行の2.8%、韓国開発研究院(KDI)の2.7%より低い予想値だ。金融研究院は「成長の2本の軸だった民間消費と建設投資の成長率が下落しており来年の経済成長率は今年2.7%より低くなる見通し」と明らかにした。

    金融研究院は個別消費税引き下げを含めた内需活性化政策が終了した上に金英蘭法の影響まで重なり来年の民間消費増加が鈍化すると予想した。分譲減少とインフラ投資減少で経済を支えてきた建設投資の成長も弱まると予測された。金融研究院よりさらに悲観的見通しを出した所もある。

    韓国経済研究院とLG経済研究院は来年の経済成長率を2.2%で予測した。実際の経済成長率が予想値より低くなるケースが珍しくないという点を考慮すれば来年の成長率が1%台に落ち込む可能性も排除することはできない状況だ。

    踏んだり蹴ったりで「崔順実問題」まで起きた。大統領のレームダックが本格化すれば公務員の事なかれ主義は激しくなり、各種経済政策と改革作業の推進が困難になる。

    専門家らはこうした時であるほど政治問題に巻き込まれずひたすら経済復興に邁進する確固とした「経済リーダーシップ」が必要だと口をそろえた。延世(ヨンセ)大学経済学部のキム・ジョンシク教授は「大統領選挙がある年に経済危機や通貨危機が発生したケースが多かった。現在のような危機局面であるほど経済副首相をはじめとする経済官庁当局者は政治と関係なく確実なリーダーシップを見せなければならない」と話した。建国(コングク)大学金融IT学科のオ・ジョングン教授は「経済副首相は政治の風に揺れずに経済政策を粘り強く推進していかなければならない。それでこそ事なかれ主義の公務員たちが仕事をするだろう」と話した。李総裁も「こうした時であるほど政府が産業別に方向に対する下絵を持って業界との緊密な協議の下に経済論理に基づいて構造調整を一貫性を持って推進していかなければならない」と話した。 .

    中央日報/中央日報日本語版] 2016年10月27日08時52分
    http://japanese.joins.com/article/069/222069.html

    ★1 投稿日:2016/10/27(木) 16:24:54.22
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1477553094/

    引用元: ・【韓国】「経済最悪の状況に備えよ」韓国銀行総裁の警告 内需と輸出の不振、進まない構造調整、過度な家計負債[10/27]★2 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【突然デフォルトのニュースが】「経済最悪の状況に備えよ」韓国銀行総裁の警告】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 18:22:17.32 ID:CAP_USER.net
    2016年04月16日09時15分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    青年失業率(15-29歳)が先月11.8%と、3月の数値では1999年の統計開始以来最悪となった。1年前に比べ1.1ポイント上昇した。

    シム・ウォンボ統計庁雇用統計課長は「国家・地方公務員の願書受付と試験、民間企業の願書受付が2、3月にあり、青年失業率が高かった」と述べた。非経済活動人口に反映されていた「事実上の青年失業層」が願書受付と試験をきっかけに公式失業統計に含まれ、失業率が上がった。3月の全年齢帯失業率も4.3%と、昨年に比べ0.3%上昇した。

    チョン・ソンミ韓国労働研究院専門委員は「景気が良くないのが最も大きな理由」とし「学業などを理由に仕事と就職活動をしていなかった青年層が最近、労働市場に入り始めた要因もある」と説明した。

    先月の全体就業者数は2580万人と、1年前に比べて30万人増えた。2月に22万3000人に減少した就業者数の増加幅も先月は30万人を回復した。就職戦線に加わった50歳以上が増えたからだ。

    http://japanese.joins.com/article/574/214574.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【韓国】若年層の失業率11.8%、17年ぶり最悪=韓国

    【実際はこの数字の2~4倍 【韓国】若年層の失業率11.8%、17年ぶり最悪=韓国】の続きを読む

    このページのトップヘ