まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:最悪

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/30(月) 18:18:00.32 ID:CAP_USER
    企業がこの10年間で最も暗い4月になるという見通しを発表した。世界中を襲った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、大企業・中小企業を問わず、輸出と内需が類例なく急速に悪化しているためだ。

    30日、韓国経済研究院(韓経研)が発表した売上上位企業600社の4月の景況判断指数(BSI、Business Survey Index)展望値は59.3で、世界的金融危機当時の2009年1月(52)以来、11年3カ月間で最も低かった。BSIが基準値となる100より高ければ景気を肯定的にみる企業の数が否定的に見る企業の数より多いということを意味する。100より低い場合は、逆に売上規模が大きい大企業が4月の景気を非常に悲観的に見ているということだ。

    特に新型コロナウイルス感染症による見通しは歴代の経済危機よりも非常に急激に悪化した。一例として過去の金融危機当時のBSIは5カ月かけて46.3ポイント下落したが、今回はわずか2カ月で32.7ポイント下落した。それだけ企業が感じる危機感が大きいという解釈ができる。業種別には自動車などその他輸送機器(44.2)、出版・記録物制作(46.2)などが特に暗い見通しを出した。

    中小企業中央会が中小企業3150社を対象に調査した業況・景気展望指数(SBHI、Small Business Health Index)も同様の結果を示した。4月の展望指数は60.6で、2014年2月に産業全体を対象に統計を収集して以来、過去最低値を記録した。SBHIもBSIと同じく、100以上なら景気が好転、100未満の場合の悪化を意味する。

    製造業の見通しは71.6で、金融危機の2009年3月(70.5)以来最も低かった。実際、中小製造業の平均稼働率は69.6%で世界的な金融危機があった2009年8月(69.1%)以来の低水準まで下落している。2014年2月から調査を開始した非製造業も55と歴代最低値を記録した。業種別ではサービス業や繊維業、印刷・記録媒体複製業、建設業などの前月比下げ幅が特に大きかった。

    中小企業は3月現在の主要な隘路要因として内需不振(75%)、人件費の上昇(43.6%)、企業間の過当競争(35.8%)、資金調達困難(20.1%)などを挙げた。

    チュ・グァンホ韓経研経済政策室長は「今回の経済危機は感染症という非経済的な原因で発生したもので、いつ終わるか時期が不確実で国内の危機と世界の危機が重なった複合危機という点から今後の体感景気がどれほど下がるか予想が難しい」と述べた。続けて「企業は業績の悪化に続いて資金市場の萎縮による信用収縮を経験し、生存の岐路に立っている」とし「最悪のシナリオに備えて十分な流動性供給と被害業種への積極的な支援対策が急がれる」と述べた。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/264276?servcode=300&sectcode=300

    2020.03.30 17:10

    引用元: ・【中央日報】韓国「残忍な4月」大企業・中小企業を問わず、景気見通し最悪 生存の岐路に立っている [3/30]

    【ツケが回ってきたんだろうよ 【中央日報】韓国「残忍な4月」大企業・中小企業を問わず、景気見通し最悪 生存の岐路に立っている [3/30]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/11(水) 12:53:55.72 ID:CAP_USER
    受注不振で経営危機を経験する斗山重工業が名誉退職に引き続き休業まで検討している。

    11日斗山重工業によると、前日の金属労組斗山重工業支会に「経営上の休業実施のための労使協議の要請」公文書を送った。

    斗山重工業は固定費の削減のための緊急措置として、労働基準法46条、団体協約37条に基づき、経営上の理由による休業をするという方針を伝えた。

    休業対象選定と休業期間などの詳細部屋には、労働組合と協議することにした。

    斗山重工業は休業まで検討することにした背景に、原子力・石炭火力プロジェクトのキャンセルによる経営実績悪化を取り上げた。

    斗山重工業は7次電力需給基本計画に入っていた原子力・石炭火力プロジェクトのキャンセルで約10兆ウォン規模の受注量が蒸発して、経営危機が加速されたと説明した。

    続いて、2012年高点対比現在の売上高が50%に落ちたし、営業利益は17%水準に過ぎないのに、最近5年間純損失額が1兆ウォンを超え、営業活動だけで金融費用を買う余裕ができない信用格付けまで下落する絶体絶命の危機に直面したと伝えた。

    会社側のコスト削減、新規採用の抑制、役員・組織の縮小、一時的福祉猶予、循環休職、人材配置転換、早期退職、名誉退職などの固定費を削減し、運用効率化をしたが、限界に達しており、より実効的な危機管理措置が必要であると強調した。

    斗山重工業支会と金属労組慶南支部は12日、慶南道庁前経営陣の休業協議要請に対する立場を明らかに記者会見をする。

    キム・ヒョンジュ記者hjk @ segye.com

    ⓒ世界を見る目、世界日報
    https://m.news.naver.com/read.nhn?oid=022&aid=0003446093&sid1=101&mode=LSD

    記事入力2020.03.11。午前11:53

    no title

    斗山重工業の生産ライン。聯合ニュース

    引用元: ・【韓国】「最悪の経営危機」斗山重工業(斗山グループ[財閥])、名誉退職はもちろん休業まで検討 絶体絶命の危機に直面[3/11]

    【一気に突き進むだろうなぁ【韓国】「最悪の経営危機」斗山重工業(斗山グループ[財閥])、名誉退職はもちろん休業まで検討 絶体絶命の危機に直面[3/11]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/18(火) 10:46:48.75 ID:CAP_USER
     韓国、中国、日本、ドイツの「製造業4大国」のうち、昨年は韓国の輸出成績が最悪だったことが分かった。

     全国経済人連合会(全経連)は17日、世界貿易機関(WTO)の統計を分析した結果、昨年1-9月の韓国の輸出が前年同期比9.83%減少し、中国(0.09%減)、日本(4.5%減)、ドイツ(5.21%減)に比べ減少幅が大きかったことを明らかにした。

     韓国は2008年の世界的な金融危機以降、過去10年間にわたり、主な品目で世界シェアを伸ばしてきた。世界の20大貿易品目(原油・ガスを除く)の韓国のシェアは08年時点の4.30%から18年には6.58%へと2.28ポイント上昇した。中国のシェアは同じ期間に11.0%から20.83%へとほぼ2倍になり、ドイツは1.64ポイント伸び、日本は0.43ポイント低下した。

     全経連のオム・チソン国際協力室長は「韓国の輸出の4分の1、海外投資の3分の1を占める中国経済の成長が新型コロナウイルスによる感染症の影響で鈍化すると予想され、今年はさらに攻撃的な通商戦略が求められる」と話した。

    辛殷珍(シン・ウンジン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020021880004

    2020/02/18 08:42

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国の輸出、製造業4大国で最悪[2/18]

    【大国になったことねーだろwww雑魚がw 【朝鮮日報】韓国の輸出、製造業4大国で最悪[2/18]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/11(火) 11:30:39.48 ID:CAP_USER
     中国政府が地域金融の危機に対処し始めているように見えた矢先に発生した新型コロナウイルスの感染拡大で経済は打撃を受けており、はるかに深刻な脅威が同国銀行システムを飲み込みつつある。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中国では年次銀行ストレステスト(健全性審査)に盛り込まれた最悪の経済シナリオが現実のものとなる恐れがある。昨年のテストでは、年間経済成長率が4.15%にまで低下し、中国の大手銀行30行の不良債権比率が5倍に上昇するシナリオが想定されていた。アナリストの間では、新型コロナウイルス感染の影響により、1~3月期(第1四半期)の成長率が3.8%にまで落ち込むとの見方も浮上している。

     昨年の中国経済の成長率は30年ぶりの低い伸びにとどまったことから銀行は既に記録的な貸し倒れに苦しんでおり、銀行システムは大きな痛手を受けている。中国国家金融・発展実験室のアナリスト、ユー・チュン氏は「金融業界は大打撃を受けている。新型コロナウイルス感染拡大はすでに中国で最も活気のある中小企業にダメージを与えた。長引けば多くの企業が行き詰まり、ローンを返済できなくなる」と指摘した。

     新型ウイルスの流行に加えて、中国は米国との通商対立もまだ解決していない。多くの銀行は資本不足にあり、成長支援を求められることの多い大手銀行でさえも高まるストレスの影響を受けかねない。

     中国人民銀行(中央銀行)からの多額の資金供給でも、経済成長は今四半期に急減速しているもようで、低迷が年内続くかどうかは、当局がどれほど早くウイルス拡散に対処し、経済の原動力を再び稼働させることができるかどうかが鍵となる。

     UBSグループの予測では、中国経済成長率は昨年末時点の6%から今年1~3月期には3.8%に減速し、ウイルスが3カ月以内に封じ込められれば、2020年通期では5.4%になる見通し。ウイルス感染がさらに長期化した場合、年間成長率は5%を割り込む恐れもあるという。ゴールドマン・サックス・グループも1~3月期に4%に落ち込むと予想する一方、通期成長率はなお5.5%と見通している。

    (ブルームバーグ Jun Luo、Lucille Liu)
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200211/mcb2002110913011-n1.htm

    2020.2.11 09:13

    引用元: ・【ブルームバーグ】肺炎が導く最悪のシナリオ 中国大手行、不良債権率5倍の危機 多くの銀行は資本不足[2/11]

    【トランプより容赦ないんだな【ブルームバーグ】肺炎が導く最悪のシナリオ 中国大手行、不良債権率5倍の危機 多くの銀行は資本不足[2/11]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/05(木) 15:43:46.01 ID:CAP_USER
    2019年12月3日、米華字メディアの多維新聞は、英紙フィナンシャル・タイムズがこのほど、「米中貿易紛争に伴う輸出低迷や半導体不況などにより、韓国経済は50年で最悪の状況を迎えている」と報じていることを紹介した。

    それによると、フィナンシャル・タイムズの記事は、韓国銀行(中央銀行)が11月29日、今年の経済成長率見通しを2.0%に下方修正し、今年1月の予想値2.6%を大幅に見直したほか、20年の成長率見通しも2.5%から2.3%に下方修正したことを取り上げ、「韓国が2年連続で2.5%以下の成長率を記録すれば、1954年以降で初めてとなる」と伝えた。

    その原因については、「中国への依存度の高さ」を挙げ、「韓国は輸出が国内総生産(GDP)全体の45%を占め、中国向け輸出は輸出全体の約4分の1を占めている。中国経済が減速すれば、韓国経済は必然的にその影響を受けることになる」とした。

    また、「アナリストによると、米中が『第1段階』の合意に達したとしても、両国間の経済構造の不一致を考えると、世界経済がすぐに上昇に転じることは難しく、韓国経済の減速はしばらく続く可能性がある」とも伝えているという。
    Record China
    2019年12月5日(木) 15時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b764166-s0-c20-d0054.html

    引用元: ・【韓国経済】50年で最悪の状況を迎えている[12/05]

    【下り坂の途中なんだけどね【韓国経済】50年で最悪の状況を迎えている[12/05] 】の続きを読む

    このページのトップヘ