まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:最初

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/15(日) 18:14:58.69 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/MHQX4XqcLuk


    ____________________________________________________________

    <アンカー>
    日本軍慰安婦を否定している日本の右翼を相手に、厳しい闘争を続けている日本人がいます。

    去る1991年、日本軍慰安婦被害者の証言を世間に初めて伝えた植村隆さんです。

    朝日新聞社記者だった植村さんは、28年経った今でも、この記事が捏造だと主張する日本の右翼と訴訟を繰り広げています。

    キム・ジスク記者です。

    <レポート>

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「 “思い出すと今も涙” 、“ 朝鮮人従軍慰安婦” のうち、1人がソウル市内に生存していることが分かり、“韓国挺身隊問題対策協議会” が聞き取り作業を始めた」

    植村さんは現在、カトリック大学校の招聘教授です。

    1991年8月、故・金学順(キム・ハクスン)さんの証言を基に、日本軍慰安婦の存在を初めて世間に伝えて以降、韓国との絆を続けています。

    「ご苦労様です。それでは記念写真を撮ります(韓国語)」

    休みを迎え、自身の故国である日本に帰りますが、そのまま法廷に向かう必要があります。

    彼が書いた記事を『捏造』と主張した日本の右翼を相手に、真実のための法廷闘争中だからです。

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「私の娘が高校生だったのですが、インターネットに顔写真が晒されて、“自 するまで追い込むしかない” とか、様々な批判の誹謗中傷の言葉が寄せられました」

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「私だけではなく、故・金学順さんの名誉も汚されたわけです。慰安婦問題が否定されてるわけですから。これは歴史の真実を伝える戦いだと思っています」

    植村さんは右翼の暴力的な脅しに屈せず、真実を報道した功労として、第7回・李泳禧(リ・ヨンヒ)賞を最近受賞しました。

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「過去をきちんと直視して、記憶して、そして一緒に東アジアの平和を作って行く、そういう関係を中国や韓国、隣国と作って行かなければならないと思います」

    <植村隆(カトリック大学校招聘教授・元朝日新聞記者)>
    「日本と韓国が仲良くなるため橋を作ろうとした人、という風に記憶されたいです。作った人ではなく、“ハリョッゴ ヘッドン サラム(しようとした人)”」

    植村さんが日本の右翼を相手に起こした民事訴訟は、東京と札幌の2か所で行われていますが、1審ではいずれも敗訴しました。

    植村さんは来る16日、東京の裁判所の控訴審法廷に向かいます。

    KBSニュース、キムジスクでした。

    ソース:KBS(韓国語)
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4343182

    (前)
    【韓国KBS】『慰安婦を最初に告発』植村隆の闘争・・・「歴史の真実を伝える戦い」[12/15]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1576374408/
    ★1投稿日:2019/12/15(日) 10:46ごろ
    ____________________________________________________________

    oikora!

    引用元: ・【韓国KBS】『慰安婦を最初に告発』植村隆の闘争・・・「歴史の真実を伝える戦い」★2[12/15]

    【最初っからウソw 【韓国KBS】『慰安婦を最初に告発』植村隆の闘争・・・「歴史の真実を伝える戦い」★2[12/15] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/21(水) 00:22:48.42 ID:CAP_USER
    ■日本最初統一国家「ヤマト」は韓民族の国

    日本最初の統一国家であるヤマト政権が言語学的に韓民族が起こした国家だという事実が証明されました。

    私たちの古語研究に生涯を捧げる一人の国語学者が私たちの古代表記法の吏読で、これを全て解き明かしました。

    チ ン・ビョンフン記者が報道します。

    4世紀前半日本最初の統一国家を築いたヤマト政権、日本の学者たちもヤマトという言葉がどこからやって来たのか答えを出せずにいましたが、この言葉が私たちの古語に由来するという事実が明らかになりました。

    生涯を私たちの古語である甲骨語の研究に捧げる国語学者のチェ・チュンテ博士は、吏読でヤマト政権が韓半島の馬韓勢力が渡って起こした国であることを言語学的に解き明かしました

    日本書紀に登場するミマナは当時の私たちの音で三韓の一つである「マハン(馬韓)」と同じでこれは「イムナ(任那)」、そして現在日本で「ヤマト」と読むテファ(大和)、ウェ(倭)、ミマデ(彌摩臺)とまさにつながっているという事実です。

    [チェ・チュンテ/国語学博士]
    「だから、つまり、『彌摩(彌摩那のミマ)』はマラガラと読まれ、その同音の先の「ラ」が消えて「マガラ」と読まれました。

    その「マラガラ」に該当する国名がマハン(馬韓しかありません。

    吏読で書きながら字は全て変ってしまったが、私たちの古語である「マラガラ」に由来したという説明です。

    日本地名から奈良県や茨城県など、私たちの言葉に由来する事例は数多くあります。

    当時の日本支配層の「言葉」と「文字」が私たちのものであるなら、韓民族が支配した地域であるという説明です。

    [チェ・チュンテ/国語学博士]
    「甲骨音を使った民族は専ら我が韓民族しかないので、甲骨音で解釈された地名は我らの祖先がそこを開拓したと見ればよいです。」

    これまでに、日本が自分たちが古代韓半島経営の証拠として挙げたイムナ(任那)も、実は韓民族が起こしたヤマト政権が懐かしんだイム(※君主、主)の国である母国、すなわち馬韓だと言えます。

    日本の古墳から多くの韓半島系遺物が出土していることも、当時支配層の言葉が韓民族の言葉であったことが証明され、韓民族が日本を経営した証拠だと言えます。

    チェ・チュンテ教授はこのような内容をまとめた論文を韓国内の学会に発表し、日本首相と関連学会にも送る予定です。

    ソース 大邱慶北ニュース(韓国語)
    http://www.tbc.co.kr/tbc_news/n14_newsview.html?p_no=20190816174953AE00399

    引用元: ・【歴史】 日本最初の統一国家「ヤマト」は韓民族の国[08/21]

    【妄想と現実がごっちゃになる奴や 【歴史】 日本最初の統一国家「ヤマト」は韓民族の国[08/21] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/15(火) 14:48:56.67 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000001-cnippou-kr
    中央日報日本語版

    日本社会に慰安婦問題を最初に提起した植村隆・元朝日新聞記者(60)がキム・ヨングン民族教育賞を受賞する。

    14日、碩隠キム・ヨングン先生記念事業会は、第24回キム・ヨングン民族教育賞受賞者に植村氏を選定したと14日、明らかにした。碩隠キム・ヨングン先生は、日帝強占期に投獄された人物で、その生涯を世界史教育に捧げた。

    植村氏は朝日新聞社会部記者として活動していた1991年、日本で初めて旧日本軍従軍慰安婦の存在を記事化した。その後、日本右翼の標的になった植村氏は、暴力や脅迫、家族の安全が脅かされながらも所信を曲げず、著書『真実 私は「捏造記者」ではない』を通じて真実を知らせた。

    記念事業会は「朝日新聞記者として活動しながら、太平洋戦争当時の日本軍従軍慰安婦問題を提起した植村隆先生の活動は、時間を超えて碩隠先生の人生と流れと共にある」として受賞者に選んだ理由を明らかにした。

    引用元: ・【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15]

    【【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15] 】の続きを読む

    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2017/07/12(水) 13:57:07.87 ID:CAP_USER
    ■扇子に描いた「韓国の趣」
    ヤン・テソクの「金剛山萬物像」、タワーアートギャラリー提供
    no title

    タワーアートギャラリー14日まで

    合竹扇(ハプチュクソン)は高麗で最初に使い、中国、日本などに伝えられたものとして知られている。

    私たちの先祖は、合竹扇に詩を書き込んで絵を描いたり、飾り結びなどをつけ、ここに趣が増してそれ自体が作品として評価された。

    タワーアートギャラリー(釜山 釜山鎮区 田浦洞)で14日まで開かれる「韓国の趣、扇子-2017扇面藝術展」では、私たちだけの独特の文化として定着した扇子に描いた作品が見られる。

    チョン・ウンジェ、コン・ヨンソク、パク・ヘンボ、ヤン・ジョンスクなど韓国画と書道、文人画の分野の34人とキム・ヨンテ、ソ・サンファン、キム・チュルゴン、ソン・ヨンソンなど洋画部門で4人など、全国から40人の作家が扇子画を披露する。

    展示作品のうち、ヤン・テソクの「金剛山萬物像」は韓国画特有の淡泊な筆致で、金剛山萬物像の形を扇面に繰り広げる。

    中略

    タワーアートギャラリーは、国内で唯一、1987年から今年で31回目となり、年々ジャンルの幅を広げて扇子絵画展を開催し続けている。

    キム・ヨンテ館長は「今回の展示は、昔のものについての意味を振り返ってみて、先人の知恵と趣を再吟味してみる良い機会になるだろう」と述べた。

    ソース 釜山日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=082&aid=0000722498

    【韓国】 摺扇は「我が国に由来し、日本と中国に伝わった大切な伝統文化」 ~扇子に込められた花の香りに惚れる[06/15]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434380090/

    引用元: ・【韓国文化】 扇子に描いた韓国の趣 ~高麗から中国、日本などに伝えられた合竹扇(※折りたたみ式扇子)[07/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【また大嘘ついているw】 釜山日報(韓国語)「合竹扇(※折りたたみ式扇子)は高麗で最初に使い、中国、日本などに伝えられたもの」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 00:42:59.30 ID:CAP_USER.net
    no title

    no title


    世界4大文明に先立ち私たちの先祖が成したと推定される古代文明の遺物と仏教文化を見ること
    ができる多くの作品が地域民たちのために展示された。

    慶南科学技術大学清潭思想研究所は今月11日から慶南科学技術大100周年記念館2階ショー
    ルームで‘ブッダイズム・紅山文化遺物展示会’を開いている。

    今回の展示は清潭文化院・清潭思想研究所とインサン学術文化財団設立事務局が協同主催で開
    かれ、展示場には新石器時代の紅山文化と仏教文化遺物などが観覧客を待っている。主催側は
    今回の行事で他の遺物展示や博物館ではあまり見られない品をたくさん展示したと明らかにした。

    仏教文化遺物の幀画40点等、仏像20点等を含み、特に紅山文化を見せる黒曜石と紅緑玉石の
    遺物や青海石でできたソクミョン像など紅山文化原石70余点が観覧客たちの耳目を集中させる。

    今回の展示のために所蔵品を公開したブッダイズム・紅山文化遺物博物館、キム・ポンジン館長は
    「よく言われるブッディズム(Buddhism)と異なり‘仏教志向的’という意味で‘ブッダイズム’と名付け
    た。」と自分が収集した仏教遺物の性格を説明した。

    引き続き、キム館長は「紅山文化に対する中国の歴史研究は作為的な点が多く、日帝強制占領期
    間に誤って記録された私たちの歴史観のため、我々の先祖である東夷族が成した紅山文化に関
    する研究を正しく立てる必要がある。」と言いながら展示会の主旨と紅山文化遺物が国史として持
    つ考古学的価値について強調した。

    紅山文化は去る1980年代、中国内モンゴル自治区と遼寧城接境で発掘された新石器文化で世
    界4大文明より1000~2000年先立って東夷族が立てたと推定され、古朝鮮など韓半島初期の歴
    史との関連性も高いことが知られている。

    ソース:ダンディニュース(韓国語) 清潭思想研究所、世界最初文明と仏教文化遺物'1カ所に'20
    日まで慶南科学技術大100周年記念館、
    http://www.dandinews.com/news/articleView.html?idxno=1638

    引用元: ・【韓国】 世界最初の文明と仏教文化の遺物を展示した「ブッダイズム・紅山文化遺物展示会」慶南科学技術大で開催中[01/18]

    【秘宝館みたい 【韓国】 世界最初の文明と仏教文化の遺物を展示した「ブッダイズム・紅山文化遺物展示会」慶南科学技術大で開催中[01/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ