まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:書き込み

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/02/09(火) 01:41:57.34 ID:CAP_USER.net
    no title

    ソウルの繁華街、南大門市場。訪れる中国人観光客は増えるか

     今年は中国における「韓国観光の年」だという。韓国の朴槿恵大統領は1月に北京で開かれた開幕式に寄せた映像メッセージで「中国国民の皆様を韓国に招くことになりうれしく思う」と述べた。
    ただ、昨年の訪韓外国人観光客は約1323万人で、前年より6・8%減った。上客の中国人も2・3%減り、600万人を割り込んだ。韓国政府は相変わらず中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大のせいにする。
    一方でソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)には「ホテルだと思っていたが地方のモテルだった」など、中国人観光客による不満の書き込みも目立つ。

    訪日中国人観光客100%増の衝撃

     韓国にとって何よりも悔しいのは、昨年の外国人観光客の数で7年ぶりに日本に負けたことだろう。
    朝鮮日報(電子版)など韓国メディアによると、2015年の訪韓外国人観光客は1323万1600人で前年(1420万1500人)に比べ6・8%減った(韓国観光公社まとめ)。外国人客が減少したのは03年以来、12年ぶりという。

     一方、日本は昨年、外国人客の誘致で過去最高を記録した。政府観光局によると、訪日客数は1973万7000人で、過去最高だった前年(1341万3000人)に比べ47・1%増加。13年に初めて1000万人を突破し、わずか2年で倍増したのである。

     さらに日本にとっても、韓国にとっても上客である中国人観光客が驚きの動きを見せた。訪韓客が598万4170人で前年に比べ2・3%減ったのに対し、訪日客は499万3800人と数でこそ下回ったが、前年比では107・3%増を記録。
    実に前年の2倍以上の中国人が日本を訪れたことになる。

     すでに各方面で言い尽くされてはいるが、日本が好調だった背景には、円安で買い物の魅力が増したことに加え、日本政府がビザ発給要件や免税対象を緩和するなど訪日客誘致に積極的に動いたことなどがある。

     その一方で、韓国政府は訪韓客不調の主因をMERS感染の拡大で片付けようとする。
    韓国経済新聞(電子版)は「中国人観光客、日本だけに行って」と題したコラムで、「MERS事態で旅行先に行き詰まった中国人観光客は『隣国』である日本に集まっていった!」と自虐的に書いた。

    奈落の底に転落しかねない韓国の観光産業

     朴大統領と中国の習近平国家主席は14年に開催された首脳会談で15年を「中国観光の年」、16年を「韓国観光の年」とすることで合意していた。
    聯合ニュース(電子版)によれば、朴氏は1月20日、北京市内のホテルで開かれた「2016年韓国観光の年」開幕式に映像メッセージを寄せた。

     それによれば朴氏は「今年、われわれの友情を確かめ、心を交わすため、中国国民の皆様を韓国に招くことになりうれしく思う」とした上で、
    「数千年にわたり文化交流し、歴史を共有してきた両国の国民が『韓国観光の年』を機により親しい隣人になり、近い将来に2000万人交流時代が来ることを期待する」と述べた。

     さらに韓国経済新聞によれば、韓国政府はこの開幕式の場で、「800万人中国人観光客の訪韓」という目標が掲げたという。昨年の訪韓客が600万人を割り込んだばかりなのになお強気である。

     ただ、こうした政府の“楽観的”な目算に対し、韓国メディアの慎重姿勢は際立つ。
    元韓国観光学会長のキム・ギョンスク江陵原州大教授(観光経営学)は朝鮮日報の取材に対し、「従来のような安値の観光ツアーやショッピング主体のツアーではなく、外国人客が魅力を感じる観光商品を開発し、長期戦略を立てるべきだ」と指摘。
    「そうしなければ、韓国観光が奈落の底に転落しかねない」と警鐘さえ鳴らしている。

    http://www.sankei.com/west/news/160208/wst1602080001-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/160208/wst1602080001-n2.html
    http://www.sankei.com/west/news/160208/wst1602080001-n3.html
    http://www.sankei.com/west/news/160208/wst1602080001-n4.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【経済】「韓国には行きたくない!」中国人観光客の書き込みやまず… 奈落の底に転落しかねない韓国の観光産業[2/09]

    【罰ゲームだもんな【経済】「韓国には行きたくない!」中国人観光客の書き込みやまず… 奈落の底に転落しかねない韓国の観光産業[2/09]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 20:37:54.48 ID:???.net
    水原地裁の部長判事がインターネット上に、政治的に偏っていたり特定の人物を露骨に中傷したりする書き込みを匿名で掲載していたことが明らかになった。書き込みは数千件に達するという。

     この部長判事は、国家情報院の証拠操作が問題になったソウル市公務員スパイ容疑事件について「アカ(共産主義者)なんか捕まえて、偽造ごときで問題になるのか」と書き込んだ。
    この部長判事は最近まで刑事事件の裁判を担当していた。違法を断罪するべき判事が、違法を擁護する書き込みをしたというわけだ。この部長判事は李明博(イ・ミョンバク)政権時のいわゆる「BBK事件」を批判する人々に向かって
    「こうしたことを見ていると、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領や全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領時代に水による拷問、電気による拷問をした時の方がやはり良かったようだ」と書いた。法を扱う裁判官がなぜこんな低レベルの話をするのか、理解に苦しむ。

     この部長判事は2008年の牛海綿状脳症(BSE、通称:狂牛病)騒動による米国産牛肉輸入反対集会(ろうそくデモ)参加者を「暴徒」と呼び、「あのとき全員殴り殺すべきだったのに…おので×××を切り裂く時間も惜しい」と書き込んだ。
    この部長判事の精神状態がまともなのかどうかすら疑わしいほどだ。また、裁判官の同僚が担当した裁判について、その裁判官の出身地に言及して地域感情をあおる書き込みもしている。
    さらに、自身が担当した裁判の被告人をののしり、有罪の心証をあらわにしていた。

     判事は他人の行為の善悪に審判を下す立場にある。このため、判事は裁判の過程はもちろん、私生活でも厳しく自分を律しなければならない。この部長判事は「1人のネットユーザー個人として書き込みをした」と釈明した。
    しかし、大法院(最高裁判所に相当)の倫理規定では「判事はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のような私的空間でも具体的な事件について論評したり、意見を表明したりしてはならない」としている。
    私的な発言でも取りざたされた瞬間、裁判の公正性を疑われる可能性があるからだ。

     刑法では、インターネット上で常習的に他人を中傷したり、名誉を毀損(きそん)したりした場合、内容が事実かどうかに関係なく処罰できるようになっている。
    大法院はこの部長判事の倫理綱領違反だけを問う方向でうやむやにするのではなく、正式に捜査を依頼するかどうかも検討すべきだ。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/13/2015021301063.html

    関連スレ
    【韓国】司法崩壊… 最高裁判事候補、拷問死隠蔽の過去 朴槿恵政権泣きっ面に蜂[2/06](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423219148/
    【韓国】「そんな“うっかり”ありえるの!?」窃盗容疑の競泳・冨田選手“通訳なし裁判” 韓国裁判所に聞いてみた[2/06](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423221609/
    【韓国】これぞOINK 異常な韓国司法 日本人に“暗黒”裁判を連発 まさに「奇無恥(キムチ)裁判」[2/12](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423748620/
    【韓国】"ナッツ姫"に下された「懲役1年」の意味…「司法は金持ちに甘い」、韓国に渦巻く「有銭無罪」への微妙な感情[02/12] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423735557/

    引用元: ・【韓国】陰湿書き込みの常習犯だった判事 「水や電気による拷問をした時代の方が良かった」[2/13]

    【日弁連にもいそう【韓国】陰湿書き込みの常習犯だった判事 「水や電気による拷問をした時代の方が良かった」[2/13]】の続きを読む

    このページのトップヘ