まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:暴言

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/17(金) 15:40:22.08 ID:CAP_USER
    2019年5月16日、韓国・KBSによると、韓国の議員らによる「暴言の応酬」が激化している。

    韓国では与野党が「選挙制度改革法案」のファストトラック(迅速処理案件)指定をめぐり激しく対立している。そうした中、野党「正義党」の李貞味(イ・ジョンミ)代表は15日にラジオ番組に出演し、野党「自由韓国党」の黄教案(ファン・ギョアン)代表の行動を批判する際に「これはもうサイコパスレベルだ。なぜなら他人の痛みを感じられない状態ということだから」と発言。これを聞いた「自由韓国党」議員らは「暴言だ」と一斉に反発の声を上げたという。

    さらに翌日の16日には与党「共に民主党」の表蒼園(ピョ・チャンウォン)議員が、出演したニュース番組で「サイコパスは学術用語であり、メディアでも使われる大衆的な用語だ。政治的につながりがあるという部分は認めるべきだ」と李代表を擁護。すると「自由韓国党」の金ヒョン我(キム・ヒョンア)は、「経済がよくなっている」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言に触れつつ「自身の傷の痛みを感じられず放置し、それが拡大する病気もある。それはハンセン病だ。国民の痛みを感じられないというなら、私はこうした医学的用語が使えると思う」と発言した。

    文大統領を「ハンセン病患者」に例えたこの発言に対しては、「自由韓国党」を除く与野党が強く反発。「共に民主党」報道官は会見で「ハンセン病患者をおとしめ、大統領まで侮辱した金ヒョン我議員は真摯(しんし)に自身の進路について考え、適切な意思を国民に表明してほしい」と述べたという。

    これに、韓国のネットユーザーからは「サイコパスもハンセン病も暴言じゃないというなら、2人には今からその言葉を使用してもいいということだね。意地をはったところで、間違った言葉が正しい言葉になるわけじゃない」「韓国の国会議員は毎日、次はどんな暴言を吐くかということしか考えていないのだろう」「こんな人たちが国会議員だなんて恥ずかしい」「国会をなくして遊園地を造ろう。その方が平和な国を造れそう」「頼むから仕事をしてくれ」などため息交じりの声が上がっている。

    一方、一部からは「国が滅びる一歩手前の状況だ。言葉を選んでいる場合じゃないよ」「関心を集めることも彼らの仕事の1つだから、まあいいんじゃない?」と理解を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=700287&ph=0&d=d0058
    Record China 2019/05/17 13:40

    引用元: ・【これが未来志向】「文大統領はハンセン病」「サイコパス」暴言飛び交う韓国国会にネットがため息[5/17]

    【差別の意識とかないんだろうなあ【これが未来志向】「文大統領はハンセン病」「サイコパス」暴言飛び交う韓国国会にネットがため息[5/17] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/11/10(土) 23:19:30.64 ID:CAP_USER
    裁判所、懲役8月、執行猶予2年の判決 
    「慰安婦被害者の権益保護活動をしているのに 
    反国家活動団体と表現し名誉毀損」

    https://i.imgur.com/TamBiOv.jpg
    「1354回目の日本軍性奴隷制問題解決のための定期水曜集会」が26日昼、ソウル鍾路区の日本大使館前で開かれている。この日の集会は、韓国天主教女子修道会長上連合会の主催で開かれた=キム・ミョンジン記者//ハンギョレ新聞社

    市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」などに対する虚偽事実を流布し、裁判にかけられた極右のチ・マンウォン氏が裁判所で有罪判決を受け、執行猶予を言い渡された。

     ソウル北部地裁刑事8単独のパク・ヒョンベ判事は、情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律違反(名誉棄損)の容疑で起訴された極右関係者のチ・マンウォン氏(77)に対し、懲役8月、執行猶予2年を言い渡した。同じ容疑で裁判にかけられたL氏(76)には懲役6月、執行猶予2年を言い渡した。

     裁判部は「元『慰安婦』女性たちの権益を保護するために活動する被害者らを、元『慰安婦』女性たちを利用して反国家活動をする団体と表現し被害者らの名誉を傷つけた。罪質がよくない」と明らかにした。裁判部は、チ氏が名誉毀損に関連する犯行で数回処罰されたにもかかわらず、再び犯行に及んだ点も量刑に酌量したと明らかにした。

     チ氏は挺対協と尹美香(ユン・ミヒャン)元代表(現日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯理事長)に関する虚偽の事実を流布した疑いで、昨年9月に起訴された。チ氏は2015年12月30日、あるインターネット媒体に「挺対協というアカの団体に引きずり回された情けない政府」というタイトルの文を掲載した。チ氏はこの文で「慰安婦を利用して政治的に物乞いしたのは挺対協だ。この挺対協を動かす幹部の大半が思想的に北朝鮮に傾倒している」「誇らしくない慰安婦被害者らを日本大使館の前に連れて行き儀式を行う姿も、羞恥に対する概念すらないアカの恥ずかしい芝居」と書いた。

     チ氏はまた、同じ日に別の書き込みで尹元代表について、「彼女の夫は兄妹スパイ団事件の兄だ」「尹美香は平壌(ピョンヤン)にも訪れた」と書いた。尹美香代表の配偶者キム・サムソク氏は、1993年に国家安全企画部が捏造したいわゆる「兄妹スパイ団」事件で懲役刑を言い渡されたが、2016年に再審を通じて一部無罪の判断を受けている。民事訴訟を通じて今年7月、1億8千万ウォン(1800万円)あまりのの国家賠償責任も認められた。

     裁判部は、チ氏の文章が虚偽事実を記したと判断した。尹元代表の訪朝は政府の許可を受けたもので、利敵活動とはいえない点▽挺対協の構成員が国家保安法の廃止、在韓米軍の撤収活動をしたとしても、民主主義社会でできる活動であり反国家団体とはみなせないという点などが判決で考慮された。裁判部はチ氏が「確認された事実であるかのように断定的に記したが、その文章が真実かどうかを確認するのに必要な努力をしなかった」とし、「チ氏は未必の判断でも文章の虚偽性を認識していた」と付け加えた。

     裁判部は「韓国社会で団体や個人が北朝鮮と関わっていると認識される場合、国家的・社会的に危険な存在と認識され、社会の評価が低下し、国家保安法による刑事処罰の危険性まで賦課される」と指摘した。さらに「挺対協のような市民運動団体は道徳性と公正性を存立の重要な基礎としているが、チ氏の文章で挺対協がまるで利敵団体、不法団体だと疑わせ、活動に一定の制約を加えかねない」と指摘した。

     日本軍性奴隷制の問題解決のための正義記憶連帯(正義記憶連帯)はこの日、立場を表明し、裁判所の判決を歓迎する意思を明らかにした。正義記憶連帯は「日本軍性奴隷問題を政治的に利用し、被害者と問題解決のために努力している団体を攻撃することはもはや容認できないということを、今日の判決で改めて確認した」とし、市民団体と活動家に対する根拠のない名誉毀損はやめなければならないと強調した。

    コ・ハンソル記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32072.html
    ハンギョレ新聞 2018-11-10 07:48

    引用元: ・【ハンギョレ】挺対協に「物乞い、アカ」暴言…裁判所がチ・マンウォン氏に有罪判決[11/10]

    【宗教裁判みたいなもんだな 【ハンギョレ】挺対協に「物乞い、アカ」暴言…裁判所がチ・マンウォン氏に有罪判決[11/10] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 20:33:33.08 ID:CAP_USER.net
    副操縦士、FBでパイロットの勤務実態を記述
    韓進会長が匿名でコメント、労組は名誉毀損訴訟も検討

     大韓航空の副操縦士がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、パイロットの苦悩について強調する書き込みをしたのに対し、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が強い表現で反論し、労使双方の衝突に発展している。
    発端となったのは、キム・スンギュ副操縦士が今月13日、フェイスブックで「(パイロットたちは)1カ月に100時間も働かないのに、億単位(数千万円)の年俸をもらっているため、不平等だという声がある。そこで、飛行前に何を準備しているのか見ていこう」として、
    飛行前の準備過程について紹介した。

     会社の規定では、飛行の1時間45分前までに出勤することになっているが、実際には事前に熟知しなければならない情報が多いため、自宅や滞在先のホテルで前日夜から準備し、飛行当日にも離陸の2時間30分前には出勤しなければならないという。

     大韓航空パイロット労組は最近、37%(平均約480万円)の賃金引き上げを要求し、会社側と争っている。

     これに対し、趙会長は同じ日の午後、この書き込みに対し匿名でコメントを寄せた。
    趙会長は「専門用語がびっしり羅列されているが、99%は目新しいことではない」「飛行機は車の運転よりも簡単なオートパイロット(自動操縦)で操縦し、非常時だけにパイロットが必要になる。(書き込みの内容は)誇示が多い。これじゃ犬が笑う」とつづった。

     労組側はこれに対し、名誉毀損(きそん)訴訟などを検討する方針だ。

    張祥鎮(チャン・サンジン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/15/2016031501118.html

    引用元: ・【韓国】「犬が笑う」 ナッツ姫父の暴言に大韓航空パイロット労組反発 名誉毀損訴訟も検討[3/15]

    【事故が起きるのは目に見えてる【韓国】「犬が笑う」 ナッツ姫父の暴言に大韓航空パイロット労組反発 名誉毀損訴訟も検討[3/15]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 19:03:29.08 ID:???.net
    (写真)
    no title


    2015年4月27日、韓国での整形手術に失敗する中国人が絶えないニュースが伝えられる中、中国の
    ポータルサイト「39健康網」は中国専門家の発言や見解を紹介した。

    (そのほかの写真)
    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20150427-0380641.jpg

    韓国の整形について北京延世医療美容整形機構の王桂傑(ワン・グイジエ)氏は17日に開かれた
    整形関連の会見で、「私が勤める病院で、韓国で非常に有名な整形手術専門家がオペをしたことが
    ある。術中に患者が痛さに耐え切れず叫ぶと、この専門家は、『中国の女はまるでブタのようだ!』と
    韓国語で罵った」と明かした。

    王氏によると、同韓国専門家は韓国の整形病院大手の院長で、北京で医師登録している数少ない
    韓国人医師だったが、美を追い求める者を尊重しない態度もあり、中国の病院は彼との協力関係を
    打ち切った。

    中国人が韓国で整形手術を行い失敗するニュースは絶えず伝えられているが、王氏は韓国ドラマ
    の影響もあると指摘。「韓国ドラマの登場人物のように美しくなりたい中国人が絶えないことが、
    ベッド数が1、2床しかない小規模のクリニックでも整形手術を提供する現状を招いている」と、韓国
    での整形手術の安全を危惧(きぐ)し、盲目的に韓国で整形手術を受ける中国人に苦言を呈した。

    ソース:Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a107487.html

    引用元: ・【中韓】韓国人医師「中国の女はまるでブタのようだ!」=術中の暴言で中国の病院から見放される[04/27]

    【朝貢したお前らの子孫だよ 【中韓】韓国人医師「中国の女はまるでブタのようだ!」=術中の暴言で中国の病院から見放される[04/27]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:57:29.92 ID:???.net
    セクハラ発言を繰り返したとして解任された大学教授が教員訴請審査委員会を相手取り処分の取り消しを求めた訴訟で、ソウル行政裁判所
    行政12部(イ・スンハン裁判長)は22日までに「解任処分は行き過ぎ」として取り消しを命じる判決を言い渡した。

    この教授は2012年3月から済州道の大学に勤務し、学生らにセクハラ発言や暴言を繰り返したとされる。証拠として提出された学生の陳述書
    によると、同教授は授業中、男子学生に対し「『私は胸の大きい女性が来ると興奮する』を英語で言ってみろ」と言い、学生が不快な表情を
    浮かべると「お前は鼓子(生殖器が不完全な男性)か」と尋ねたという。また、生理痛で欠席した女子学生には「授業を欠席するならカレンダー
    に生理周期を書き込むか、(それが嫌なら)薬を飲んで生理周期を変えろ」と迫ったとされる。

    このほか「米国人女性は豊満だが、韓国人女性は目玉焼きを二つ(胸に)付けている」とあざけったり、授業で女性のスタイルや下着を例に
    挙げたりしたという。大学側は13年8月に懲戒委員会を開き、この教授を解任した。教授は教員訴請審査委員会に申し立てた再審が棄却
    されると、解任の取り消しを求めて提訴した。

    パク・サンギ記者

    ソース:朝鮮日報 2015/02/23 11:21
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/23/2015022301396.html

    引用元: ・【韓国】セクハラ発言や暴言を繰り返した大学教授、解任は「行き過ぎ」として取り消しを命じる判決=ソウル行政裁[02/23]

    【明らかに解任処分は行き過ぎでしょう 【韓国】セクハラ発言や暴言を繰り返した大学教授、解任は「行き過ぎ」として取り消しを命じる判決=ソウル行政裁[02/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ