まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:暴行死事件

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 10:38:06.65 ID:???.net
     2014年8月13日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、韓国国防部の主要指揮官会議の席上で、
    今年、韓国軍内で発生した一連の事件・事故について「深く失望した」と述べた。中国新聞網が伝えた。

     朴大統領は、兵士による銃乱射事件や暴行死事件について、「兵士たちの意識に重大な問題があることを表している。地位の高低に
    関わらず、関係者の責任を徹底的に追及すべきだ」と述べた。

     また、「一連の事件が明るみになり、息子を送り出す両親の軍への不信感が高まっている。この点をよく理解し、全力を挙げて早急に
    軍の文化を改革し、両親を安心させなければならない」と述べ、「兵士の人権、人格を尊重してこそ、自尊心と自主性が生まれ、団結
    することができる」と強調した。

    ソース(Yahoo・Record China) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00000014-rcdc-cn
    写真=韓国の軍人
    no title

    【あんたその国の大統領だろうが 【韓国】朴槿恵大統領「深く失望した」銃乱射事件や暴行死事件…韓国軍で相次ぐ事件に、[08/16]】の続きを読む

    chosenjin


    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 16:20:09.70 ID:???.net
    「関心兵士」2人が自殺 暴行受けていた可能性も=韓国


    【ソウル聯合ニュース】1等兵暴行死事件のあった韓国陸軍第28師団に所属する兵士2人が、休暇中に
    首をつって一緒に自殺したことが12日、分かった。1人は先輩兵士に対し「殺してやりたい」と書いた
    メモを、もう1人は「つらい」というメモを残しており、部隊で暴行やいじめを受けていた可能性も浮
    上している。

     2人は軍当局の適性検査で部隊生活への適応が難しい「関心兵士」と診断され、実際に部隊に適応
    できず精神科の治療を受けていた。自殺の可能性があると分かっており、1人は部隊で自殺未遂を
    起こしたこともあったが、軍は結局2人の自殺を防げなかった。

     軍と警察、消防によると、11日午後10時24分ごろ、ソウル・銅雀区内にあるマンションの21階の
    ベランダで、休暇中だった第28師団所属の23歳の上等兵が同じ中隊の21歳の上等兵とともに、
    天井から下がる物干しに首をつって死んでいるのが見つかった。ここは23歳の上等兵が姉と
    暮らしていた自宅で、姉が2人を発見し警察に通報した。発見当時、2人とも私服を着ていた。

     23歳の上等兵は3日から休暇に入り、復帰予定日の11日になっても軍に戻らず、憲兵隊が捜しに
    出ていたとされる。光州市に自宅がある21歳の上等兵は6日から休暇に入り、14日に復帰予定だった。

     軍当局によると、23歳の上等兵は5月の適正検査で自殺の可能性が予見され、軍服務不適応との
    結果が出ており、関心兵士B級と判定されていた。

     21歳の上等兵は昨年の検査で自殺衝動がみられ、服務不適応と診断された。関心兵士A級だった。
    同年10月に部隊内で自殺を図り、11月には部隊を脱走し8時間後に連れ戻された。軍関係者は「現役
    服務不適合審議の対象にしようとしたが、両親に頼まれ、できなかった」と話している。

     特に、21歳の上等兵は6月に後輩兵士に対し、8月の休暇中に23歳の上等兵と一緒に自殺するつもり
    だと打ち明け、後輩兵士がこれを分隊長に報告していたが、このことが幹部にはきちんと報告されて
    いなかったという。こうしたことから、自殺の危険性が高い兵士のケアが不十分だったとの批判が出ている。

    (つづく)

    聯合ニュース 8月12日(火) 2014/08/12 09:00
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2014/08/12/0800000000AJP20140812000200882.HTML

    引用元: ・【韓国】暴行死事件あった陸軍第28師団所属の「関心兵士」新たに2人自殺 暴行受けていた可能性も[08/12]

    【2人一緒に自殺【韓国】暴行死事件あった陸軍第28師団所属の「関心兵士」新たに自殺[08/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ