まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:映画

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 22:49:23.72 ID:CAP_USER
    26日、日本政府報道官、菅義偉官房長官が日本の公式立場と明らかにした内容だ。

    「軍艦島は事実を記録したものではなく創作映画だ。」

    そして強制動員された徴用被害者に対する賠償問題を含む韓日間の財産請求権問題は1965年韓日請求権協定によって完全に最終的に解決され、韓日慰安婦合意は2015年両国政府が締結した内容のとおり履行されれば良いのではないかという自分たちだけの考えをもう一度完全に合意された内容のように説明した。一言で不満ということだ。軍艦島の徴用被害者が公論化されることが。

    便利な記憶力を持った国に違いない。記憶したいことだけ記憶する。犯した罪状なんぞは記憶の中から消えたのがすでにかなり前のことだ。もちろん国と国が戦争すれば互いにぬぐえない傷を負うはずだ。しかし、数十年間、政治的抑圧、経済的収奪、慰安婦、徴兵、徴用、生体実験、これらすべてをみな一度に犯すことができる程、残忍な民族性を持ちながら戦争が終わった後は私が何の誤りをしたので私をこんなに困らせますか、まったく分からないと態度を変える真の表裏不同(心が陰湿で凶悪で表と裏が違うこと)の姿勢は何かを悟らせてくれるうえに、光復後、私が犯した罪を代を引き継ぎながら、ただ一度も正しい謝罪をしたこともなく、してみるつもりさえない戦犯国家は戦争史の中で日本が唯一だ。

    映画一編、封切られるやいなや日本政府の公式立場で合意と履行を持ち上げてきた。その大好きな合意を継続推進してみて。教科書をいつまで間違った操作が出来るか分からないが。熱心にねつ造して、忘れられるように願う。本来、忘れまいと努力する側がさらに切実なものだ。

    私たちは終わらない話を作り出すだろう。私たちみんな、日本が過去に犯した事を忘れないだろう。私たちの時代が終われば、私たちの子供が、息子と娘の子供が、その子孫が、私たちは代を引き継いで第2の軍艦島を、鬼郷2を作り、第2の雪道も、朴烈を作り、チェ・パリョン(2.8独立運動の主役)も作るだろう。

    同じジャンルで日本は「硫黄島から来た手紙」を作って自らを美化し、米国は「父親たちの旗」で救援神話をまた作った。そのどこにも韓国人強制徴用者は見られない。太平洋戦争当時、強制徴集された103万人ほどの韓国人はサイパン、沖縄、硫黄島、ガダルカナルの戦闘で犠牲になったにもかかわらず、彼らは死んでまで自由を得られなかった。

    硫黄島にあったのは手紙でもなく旗でもなかった。くやしく引っ張られて行った犠牲者たちの涙だった。私たちは、「硫黄島の涙」を私たちの話で作るだろう。私たちは絶えず作ってまた作り出すだろう。このような過程を通じて、すでに知っている事実を復習し、新しい過去を発掘して残酷だった過去の犠牲を慰めるだろう。

    私たちは過去を血管に刻むだろう。

    イ・スジン
    no title


    ソース:オーマイニュース(韓国語) 私たちは過去を血管に刻むだろう
    http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/ss_pg.aspx?CNTN_CD=A0002346256

    関連スレ:【国際】韓国政府、日本側の「軍艦島は創作映画」主張に反論「事実にインスピレーション受け制作された」
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1501143789/

    引用元: ・【韓国】 私たちは絶えず新しい過去を発掘して話を作り続ける~私たちは過去を血管に刻むだろう[07/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【クリント・イーストウッドは日本人だったのか 】オーマイニュース(韓国語) 「日本は映画「硫黄島から来た手紙」を作って自らを美化した」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/04(金) 10:38:36.34 ID:CAP_USER
     韓国映画「軍艦島」が、日本人配役に日本の俳優ではない、韓国人俳優を起用したキャスティングのビハインドストーリーが公開された。

     リュ・スンワン監督によると「軍艦島」には、日本人俳優が一人も出演していない。日本が歪曲している軍艦島の隠された真実を基にした映画であるだけに、日本の俳優をキャスティングするのが難しかったのだという。

     日本のエージェンシーを通してキャスティングを試みたものの、日本人俳優のキャスティングは叶わなかった。これは、自国内の活動を続けていかなければならない日本人俳優が、「軍艦島」に出演することに対して”負担”を感じたものとみられる。

     長くかかったキャスティング作業の末、俳優キム・ジュンヒが日本人”ヤマダ役”に、また、映画「パク・ヨル」や「ドンジュ」で印象的な日本人の演技を見せ注目された在日3世の俳優キム・インウが鉱業所所長”シマザキダイスケ”役に抜てきされた

     このキャスティングについてリュ・スンワン監督は「日本人役をキャスティングする過程は、本当に大変だった。数か月間、努力したが日本人俳優をキャスティングすることはできなかった。キム・ジュンヒとキム・インウが日本人役にキャスティングされたわけだが、観客へ強くアピールすることができる俳優だと思った」と説明。

     実際に、映画の没入度を高めているキム・ジュンヒとキム・インウは、観客に強い印象を残している。

    http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0804/10195169.html

    no title

    引用元: ・【韓国】映画「軍艦島」に日本人俳優が出演していない理由とは…明かされたビハインドストーリー[8/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【本当に日本人に嫌がらせしたいだけ】軍艦島の隠された真実を基にした映画「軍艦島」に日本人俳優が出演していない】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 15:05:05.37 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=177819

    2017年7月29日、実話を基に韓国の従軍慰安婦を描いたとされる映画「鬼郷」に関し、「ここまで慰安婦の話を歪曲(わいきょく)した映画も珍しい」と発言した韓国の歴史家シム・ヨンファン氏が、バッシングを受けて謝罪した。韓国・マネートゥデイなどが伝えた。

    シム氏は28日、自身のフェイスブックに掲載した韓国映画「軍艦島」の評論で、「数年前に数百万人の人が見た映画『鬼郷』ほど、駄作で慰安婦の話を歪曲した映画も珍しい」と「鬼郷」を批判した。また、「強制動員の現実は『軍艦島』の方がはるかに正確」とし、「軍人が村に来て家族関係がいい家の娘を連れて行った?そんな証言録を見たことがありますか?」と、「鬼郷」で描かれた内容に疑問を提起、「私はこれまで数年間慰安婦の関連資料を見てきたが、『鬼郷』の半分以上は慰安婦問題を歪曲することだらけだった」とつづった。

    これに対し、元慰安婦が共同生活を行う施設「ナヌムの家」は、「映画『鬼郷』は日本軍性奴隷被害者のおばあさんたちの証言と実証資料を通じて制作されたものだ」と反論、「(シム氏の発言は)歴史を否定する悪意ある発言で、反歴史的、反人権的な詭弁(きべん)」「被害者の名誉を毀損(きそん)するもの」とする報道資料を出し、シム氏に対して公開謝罪を要求した。

    また、シム氏の発言は韓国のネット上でも話題を呼び、「歴史家じゃなくて歴史作家でしょ?」「『軍艦島』広報からいくらもらったんだ?」「こんな人が歴史講師をしてるなんて、彼の講義で学ぶ学生がかわいそう」など非難の声が相次ぎ、結局シム氏は29日、フェイスブックで「慰安婦のおばあさんに謝罪申し上げます。理由のいかんを問わず、おばあさんたちが傷付いたのだとしたらすべて私の過ちです。誠に申し訳ない」と謝罪を表明した。

    謝罪後もネットユーザーの間ではさまざまな議論が起こっており、「鬼郷」について、「確かに評論家や観客から駄作と言われたけど、慰安婦という素材を表に引き出したこと自体に意味がある。それに、どんなに資料を見ても実際の経験談より正確さで勝るものはない」との指摘も。

    さらに、「僕らは植民地時代を生きていないから、人が作ったものを見たり聞いたりするしかない。実際に目にして経験したわけじゃないなら、『正しい』とか『間違い』とか主張するのはやめよう」「謝罪してももう遅い」「結局傷つくのは被害者だ」など、元慰安婦らを気遣う声も上がった。

    引用元: ・【韓国】韓国の歴史家「慰安婦描いた映画は歪曲だらけ」発言で猛批判受け謝罪韓国ネット「被害者の経験談より正確さで勝るものはない」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【南朝鮮反日原理主義人民共和国 】韓国の歴史家「慰安婦描いた映画は歪曲だらけ」発言で猛批判受け謝罪】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/27(木) 11:03:39.27 ID:CAP_USER
    no title


    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の女優、キム・ヘスが映画「国家破綻の日」(原題)にキャスティングされたと、所属事務所が27日伝えた。

    キム・ヘスは、金融危機を題材としたこの映画にヒロインとして出演する予定だ。
     
    「国家破綻の日」は1997年のアジア通貨危機当時に国際通貨基金(IMF)との交渉を巡って起こった物語を描く作品。
     
    昨年公開された映画「グッバイ・シングル」(原題)でコミカルな演技を披露したキム・ヘスは、映画「大切な女性」(同)の封切りを控えている。


    2017/07/27 10:14
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2017/07/27/1000000000AJP20170727001200882.HTML

    引用元: ・【芸能】キム・ヘス 1997年のアジア通貨危機描く映画「国家破綻の日」で主演[07/27]©2ch.net

    【【 続編もすぐできそうですね 】映画「国家破綻の日」は1997年のアジア通貨危機当時に国際通貨基金(IMF)との交渉を巡って起こった物語を描く作品】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 06:16:34.36 ID:CAP_USER
     韓国映画界で今年最大の期待作『軍艦島』が26日に公開されたが、公開初日から観客の評価は真っ二つに分かれた。

     『軍艦島』は日本による植民地支配下にあった1945年、日本に行けば金を稼げるとだまされて軍艦島(長崎県の端島)に向かった人々の、島からの決死の脱出劇を描いた映画だ。

     『軍艦島』は26日午後4時50分現在、「ネイバー映画」コーナーのユーザー評価で5.39点(10点満点)にとどまった。ソン・ジュンギをはじめファン・ジョンミン、ソ・ジソブら人気スターが多数出演している上、公開前日のチケット予約率が70%に達し、大きな期待を集めていただけに、この評価は期待に反するものだ。

     ユーザー評価では4時50分現在で6466人が『軍艦島』を評価し、最低点の「1点」が45%で最も多く、次が「10点」(40%)だった。

     評価が大きく二分されたのは、映画に出てくる「ろうそく」のシーンが原因のようだ。映画の中で、朝鮮人たちが脱出直前にろうそくを手に持つシーンがあるが、一部のネットユーザーはこのシーンが「ろうそく集会」を連想させるとして不快感を示している。

     こうした感想に対し、別のユーザーらは「映画をなぜ現実に介入させるのか」「それなら映画を見なければいいのに」などの反応を示した。

    デジタル・イシュー・チーム
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/26/2017072603440.html

    引用元: ・【話題】映画「軍艦島」、低評価殺到 ユーザーの45%が「1点」の最低評価 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【だだ滑り】映画「軍艦島」45%が低評価、その理由が斜め上】の続きを読む

    このページのトップヘ