まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日韓関係

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/12(火) 23:28:40.49 ID:CAP_USER
    韓国の格安航空会社(LCC)エアソウルが
    日本にある12の支店のうち熊本を含む6つの支店を早ければ年内に閉鎖する方針であることが分かりました。

    閉鎖の方針を固めているのは札幌、静岡など6つの支店です。
    エアソウルは韓国のアシアナ航空が2015年に完全子会社として設立。
    熊本は2017年にソウル便が就航しましたが、日韓関係の悪化によって利用者が減少し、先月下旬から運休しています。
    エアソウルはほかの地域でも来月以降の運休が決まっていて
    関係者によりますと、ソウル便の運航再開は当面難しいと判断したということです。

    RKK熊本放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000002-rkkv-l43

    引用元: ・【航空】韓国の格安航空会社(LCC)エアソウル、熊本を含む6つの支店を閉鎖へ 日韓関係悪化で利用者減少[11/12]

    【もう日本に用ないだろ? 【航空】韓国の格安航空会社(LCC)エアソウル、熊本を含む6つの支店を閉鎖へ 日韓関係悪化で利用者減少[11/12] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/17(日) 22:56:21.12 ID:CAP_USER
    no title


    安倍総理大臣の在任期間が今週、憲政史上最長となることについて、韓国外務省のキム・インチョル報道官は、今月14日の定例記者会見で、NHKの質問に対し、「未来志向的な関係を目指そうというのが、日韓両国の共通の立場だ。そのために引き続き努力していかなければならない」と述べ、原則的な立場を繰り返すにとどまりました。

    太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、去年10月に韓国の最高裁判所が日本企業に賠償を命じる判決を出したあと、ムン・ジェイン(文在寅)政権は、請求権協定で解決済みだとする安倍政権と対立し、日韓関係は悪化する一方です。

    日本政府が韓国向けの輸出管理を強化すると、韓国政府は、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの破棄を決めましたが、今月23日に効力を失うのを前に、同盟国アメリカからは破棄の見直しを迫られています。

    北朝鮮との関係の停滞に加え、国内経済の減速など課題が山積する中、5年の任期を折り返したムン大統領は厳しい政権運営が続く見通しで、来年4月の総選挙もにらみながら、日本との関係改善の糸口を慎重に探るものとみられます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191117/k10012180521000.html
    NHKニュース 2019年11月17日 15時40分

    ★1が立った日時 2019/11/17(日) 16:51:17.31
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573977077/

    引用元: ・【日韓関係】「未来志向で共に努力を」韓国外務省報道官[11/17] ★2

    【自分達は何もやらんよね? 【日韓関係】「未来志向で共に努力を」韓国外務省報道官[11/17] ★2 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/03(日) 14:17:33.22 ID:CAP_USER
    アメリカと韓国の政府高官は訪問先のタイで会談し、アメリカ側が日本を加えた3か国の協力の重要性を確認したとするとともに、韓国側はアメリカに日韓関係改善への協力を求めたと明らかにしました。

    アメリカ国務省で東アジア外交を担うスティルウェル次官補と韓国外務省のユン・スング(尹淳九)次官補は2日、ASEAN=東南アジア諸国連合と日米などが参加する一連の会議に合わせて訪問先のタイで会談しました。

    アメリカ国務省によりますと、両者は会談で北朝鮮の非核化交渉をめぐる緊密な連携と日本を加えた3か国の協力の重要性を確認したということです。

    また韓国外務省によりますとユン次官補が悪化している日韓関係について合理的な解決策を見いだすための韓国側の努力を説明したうえで、アメリカに関係改善のため可能な役割を果たすよう協力を求めたということです。

    日韓の間では軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の失効が今月23日に迫っていて、アメリカ政府は韓国に破棄の決定を見直すよう促す立場を明らかにしています。

    今回の会談でこの問題が議論されたかは明らかになっていませんが、スティルウェル次官補は5日、韓国を訪問する予定で、韓国側との会合を通じて「GSOMIA」の継続を求めるとみられます。


    2019年11月3日 8時15分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191103/k10012162601000.html

    ★1の立った時間 2019/11/03(日) 08:57:15.20

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572739035/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572744967/
    ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572749025/
    ★4
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572753717/

    引用元: ・【韓国】 米に日韓関係改善の協力求める★5 [11/03]

    【国として恥ずかしくないのか 【韓国】 米に日韓関係改善の協力求める★5 [11/03] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/07(月) 22:10:30.77 ID:CAP_USER
    no title


    「23区」や「五大陸」などのブランドを展開するアパレル大手のオンワードホールディングスは業績が悪化する中、国内外のおよそ600店を閉鎖する方針を示していますが、この一環として日韓関係の悪化で販売が低迷する韓国の市場から撤退すると発表しました。

    オンワードホールディングスは百貨店などでの販売が低迷し、来年2月期の決算では最終損益が11年ぶりの赤字となる見通しです。

    会社は国内外の店全体の2割にあたるおよそ600店を廃止する方針ですが、このうちゴルフウェアブランド「23区ゴルフ」を展開する韓国の26店を閉鎖すると発表しました。

    韓国では日韓関係の悪化の影響もあってゴルフウェアの販売が低迷していたということで、現地法人を清算し、韓国市場から撤退するということです。

    また、カジュアルブランドの「ジョゼフ」については北米やヨーロッパの事業を縮小し、「ジル・サンダー」のブランドを展開するヨーロッパの店のうち不採算の店を閉鎖するということです。

    日本国内でもショッピングセンター向けのカジュアルブランド「フィールドドリーム」を手がける15店を閉鎖し、東京 渋谷区のセレクトショップ「オープニングセレモニー」を閉鎖する方針も明らかにしました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116631000.html
    NHKニュース 2019年10月7日 21時05分

    引用元: ・【オンワード】 韓国市場から撤退へ 日韓関係悪化で販売低迷 北米や欧州の事業を縮小し、欧州の店のうち不採算の店を閉鎖[10/7]

    【No Japanだし 【オンワード】 韓国市場から撤退へ 日韓関係悪化で販売低迷 北米や欧州の事業を縮小し、欧州の店のうち不採算の店を閉鎖[10/7] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/02(月) 06:58:58.70 ID:CAP_USER
    一色正春 @nipponichi8 6:55 - 2019年8月31日
    日韓関係が修復されるには

    日本から韓国への水産物禁輸解除
    いわゆる慰安婦像撤去
    日韓基本条約等遵守
    火器管制レーダー照射、天皇侮辱発言、軍艦旗侮辱に対しての謝罪
    いわゆる慰安婦合意遵守
    竹島返還交渉の開始
    李承晩ラインに関する犠牲者への謝罪と賠償
    窃盗品返還
    近隣諸国条項撤廃

    が必要
    https://twitter.com/nipponichi8/status/1167798079388389376
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【一色正春】日韓関係が修復されるための条件を列記…慰安婦像撤去、竹島返還、軍艦旗侮辱に対しての謝罪など[09/02]

    【まず1つずつ即やれ 【一色正春】日韓関係が修復されるための条件を列記…慰安婦像撤去、竹島返還、軍艦旗侮辱に対しての謝罪など[09/02] 】の続きを読む

    このページのトップヘ