まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/02(月) 11:31:08.34 ID:uyD5o1h7
    【ソウル聯合ニュース】韓国で今年、日本ビールの輸入量が急増し、日本がビール輸入相手国1位に返り咲いたことが、2日分かった。

     関税庁が公表した貿易統計によると、今年1~8月の日本ビールの輸入量は3万6573トンで、ビール輸入量全体の21.9%を占めて最多となった。

     昨年の日本ビールの輸入量は1万8940トンで輸入量全体の8.8%にとどまり、中国(4万6504トン)、オランダ(4万5125トン)に次いで3位だった。

     一方、今年は1~8月に日本ビールの輸入量が前年同期比238.4%増加し、中国(3万2153トン)とオランダ(2万9243トン)を上回った。

     日本が2019年7月に韓国に対する輸出規制措置を強化するまで、日本はビール輸入相手国1位だった。18年の日本ビールの輸入量は8万6676トンでビール輸入量全体の24.2%を占め、最も多かった。

    以下全文はソース先で

    聯合ニュース 2023.10.02 09:42
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20231002000300882
    https://img8.yna.co.kr/photo/yna/YH/2023/09/18/PYH2023091809640001300_P4.jpg

    引用元: ・【韓国】日本ビールの輸入量前年比3倍以上に 輸入相手国1位に返り咲き [10/2] [ばーど★]

    【ビール一つ作れないとか 【韓国】日本ビールの輸入量前年比3倍以上に 輸入相手国1位に返り咲き [10/2] [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/04(水) 14:59:52.84 ID:nZRHo66H
    2003年2月、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の就任式に祝賀使節として訪韓したコリン・パウエル米国務長官は私的な席で韓国が成し遂げた業績を高く評価した。筆者は、祝われるべき人が他にいるとすれば安全保障を担ってきた在韓米軍の兵士だと伝えた。

    1953年7月の韓国戦争(朝鮮戦争)停戦協定締結から70年間、韓米同盟がなかったとすれば産業化と民主化の道ははるかに難しかったはずだ。

    これは単に安全保障の問題だけではない。常に戦争に備えなければならない国は経済的な負担だけでなく社会・文化的に軍事主義に流れやすい。韓米同盟はこうした負担を減らした。相対的に余裕がある中、韓国は政治・経済・社会・文化方面で急速な発展を追求することができた。

    筆者は当時、パウエル長官にこう話した。

    「韓国の発展は世界史的な影響を及ぼした。特に1988年のソウルオリンピック(五輪)の成功は過去の共産圏に深い衝撃を与えた。世界全域で共産政権が急激に崩れたり再編されたりした。これは過去の共産圏の公職者、影響力のある学者、一般人に会って確認したことだ。特にミハイル・ゴルバチョフの側近ブレーンの話がそうだった。『ソウル五輪後に以前から言いたかったことを話す勇気が生じた』という告白だった」。

    しかし幸せな話ばかりではない。1950年3月に韓国政府は3人の国会議員を米国に派遣した。国会議長の申翼熙(シン・イクヒ)と議員2人(羅容均、李勲求)が共に訪問し、事務総長イ・ジョンソンが随行した。当時、米国にこのような使節団を派遣するのは非常に難しいことだった。

    出発前に李承晩(イ・スンマン)大統領は彼らに強く要求した。「国の事情が非常に厳しい。北は戦争の準備を着々と進めているが、我々は兵力や装備訓練などすべてが足りない。米国が特に関心を向けて我々の軍備を支援してくれるよう最善の努力をしてほしい」。

    実際、その前年の「アチソン宣言」に基づき米軍が撤収した後、韓半島(朝鮮半島)の安保状況は極めて深刻だった。特に在韓米軍事顧問団とジョン・ムチオ大使(1900-1989)の安易で軽率な態度を見て失望と懸念が広がった。こうした状況で米国を訪問した議員らはアチソン国務長官をはじめ政界・官界の人物に会い、韓半島の実情を説明しながら軍備支援を要請したが、特に反応はなかった。

    李承晩大統領が北進統一を叫ぶのは国民の士気を考慮したものであり、現実的に中国・ソ連が背後にいう北朝鮮を攻撃する考えは全くないという説明も付け加えたが、米国側は関心がなかった。失望を抱いて帰国してから2カ月後の6月25日、韓国戦争(朝鮮戦争)が始まった。

    戦争初期、訓練や装備などの多くの面でよく準備されている共産軍に対抗しなければならなかった韓国軍と米軍は多くの犠牲を出した。これは政治家の誤った判断が現実でいかなる結果をもたらすかを見せる良い事例であり、同時に将来に対する警告になるだろう。

    その後、70年間にわたる安保の成功には否定的な面もある。「安保不感症」と呼ばれる現象は逆説的に安保成功の否定的な結果だ。特に最近国内で北朝鮮問題を中心に安保をめぐり深刻な異見がある。異見自体は純機能的かもしれないが、理念的にほとんど二極化し、合理的な討論が難しいのではという懸念をもたらすほどだ。

    繰り返される約束にもかかわらず、米国の安保公約に対する不信感と懐疑が残る。

    例えば「米国の安保公約は政権が交代すれば守られないことが多い」「米国はオーストラリアに原子力潜水艦を供給することにしたが、事情がさらに厳しい韓国には許容しない」「米国は韓国に対して核物質濃縮など核問題関連で日本と同じレベルの合意をしないはず」という不信の声が出ている。

    韓米両国政府の公式的な言質とは違い、こうした考えは多くの安保専門家と一般人が共有している。

    結局、米国が韓国を他の友邦と同じレベルで待遇するだろうかという問題に帰着する。韓米首脳会談と韓日米首脳の合意までが出た状況で緊急な問題は、韓米同盟が日米、米豪関係に劣らず重要であり、韓国はもはや自由世界の辺境でないという事実を現実で見せることだ。

    中央日報日本語版 2023.10.03 14:33
    https://japanese.joins.com/JArticle/309707

    引用元: ・【国際】 米国は韓国を日本・豪州レベルで待遇するべき 羅鍾一(ラ・ジョンイル)/東国大教授/元駐英大使 [10/04] [荒波φ★]

    【厚かましい【国際】 米国は韓国を日本・豪州レベルで待遇するべき 羅鍾一(ラ・ジョンイル)/東国大教授/元駐英大使 [10/04] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/01(日) 06:45:16.49 ID:jpXdvzDV
    【新刊】李河遠(イ・ハウォン)著『令和時代の日本探検』(博英社刊)

     韓国人の父親と日本人の母親の間に生まれた政治家が
    「韓国人と日本人は顔が似ていて、互いに相手が自分と同じ感覚を持っているだろうと信じているから争う」と語った。
    著者はこの言葉を聞いて「韓日が真に和解すれば理想的な隣人同士になれるだろう」と思ったという。

     2018年から3年間、新聞社の東京支局長を務めた著者は、記事の洪水の中で肩の痛みまで患い、
    「従軍記者になった気持ち」で暮らした。国交正常化以降では最悪の韓日関係、
    安倍首相の退任、史上初の夏のオリンピック延期、700人がコロナに感染したクルーズ船問題、
    カルロス・ゴーン元日産自動車会長の東京脱出などの事件が次々と起きた。

    その中で、福島第一原子力発電所や最南端の沖縄県、最北端の北海道を駆け回りながら
    「令和時代」初期の日本の様子を細かく記録した。
    本書は、依然としてファクスを使うアナログ社会であって古いインフラの弱点をあらわにしつつも、ノーベル賞受賞者を輩出し続け、
    観光大国へと再び跳躍している日本の多彩な姿をリアルに描く。314ページ、1万9000ウォン(約2100円)
    兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

    記事入力 : 2023/10/01 04:33
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/09/26/2023092680151.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国と日本が争うのは互いに顔が似ているから [10/1] [仮面ウニダー★]

    【同じなわけないでしょ。 【朝鮮日報】 韓国と日本が争うのは互いに顔が似ているから [10/1] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/09/26(火) 12:41:44.24 ID:jmd/nD5C
    シン・ウォンシク候補の典型的な植民地史観が物議

     12・12(1979年、全斗煥による軍事クーデター)および5・16(1961年、朴正煕による軍事クーデター)擁護に続き、「李完用(イ・ワニョン)は売国奴だったが、仕方ない面もあった」という発言で「親日植民地史観」と批判されているシン・ウォンシク国防部長官候補が、かつて「大韓帝国が存続したからといって、日帝より幸せだったと我々は確信できるのか」と述べていたことがさらに明らかになった。

     専門家たちはこの発言について「典型的な植民地史観」だと指摘している。27日に人事聴聞会を控えているシン候補の歴史観をめぐり、波紋が広がる見通しだ。

     大韓民国守護予備役将軍団が運営するユーチューブチャンネル「将軍の声」を25日に確認したところ、2019年8月14日にアップロードされた「[特別対談]韓日対立、GSOMIAはどうなる?」と題する動画で、シン候補は「文在寅(ムン・ジェイン)政権は意図的に韓日関係を悪化させた。このような時には国民が正さなければならない。反日や克日とは何か、また19世紀末の時代状況を考えるべきだ」としつつ、上のように述べた。

     同氏は、朝鮮をめぐって当時日本と覇権競争を繰り広げた清、ロシアなどの列強に言及しながら、「歴史にイフ(if)はないが、あの当時誰が勝っても準備ができていない大韓帝国にとっては災いだった。朝鮮を継承した大韓帝国には人権があったのか、個人の財産権があったのか。大韓帝国が存続したからといって、日帝より幸せだったと我々は確信できるのか」と語った。

     そしてシン候補は、「(日本が)我々を占領したことを憎むのはこれまでにし尽くしたし、謝罪を受けて金を受け取った。もう忘れて、二度と私たちがこのような目にあわないように富国強兵をしなければならないという教訓を得ることが重要だ」と主張した。

     日本政府が韓国の最高裁判所による強制動員被害者への賠償を命じる判決に反発して韓国をホワイト国(輸出審査優遇国)から排除し、両国の対立が最高潮に達する過程で、文在寅政権を批判したものだ。

     これについて高麗大学のチ ン・テホン教授(韓国史学科)は、「シン候補の発言は典型的なニューライト史観、帝国主義的植民地史観だ」とし、「解放されず、日本の植民地のままであった方が良かったという考え」だと指摘した。

     日本帝国主義が植民地支配を正当化するために作り出した植民地史観は、朝鮮は自ら崩壊し、日本の侵略は必然だったと主張する。ニューライトは、日帝の植民地支配が韓国の近代化に大きく寄与したという植民地近代化論を主張してきた。チ ン教授は「このような歴史認識の所有者が国防の責任者になれば、外国による侵略の脅威があればにすぐに降参するだろう」と批判した。

     「日本から謝罪を受けたのだから、もう忘れてしまおう」というシン候補の主張についても、チ ン教授は「日本は謝罪したことがあるが、すぐに覆し、今日に至っている。現在、日本の歴史清算はゼロ」だと指摘した。

     これに対してシン候補側は「あの発言は我々が外国勢力の侵略や支配にあわないように力を蓄えるべきという趣旨」だとし「韓国が植民地になったことを我が民族内部の過ちのせいにしたり、日本の侵略責任を無視したりしたことはない」との立場を表明した。

    以下全文はソース先で

    ハンギョレ 2023-09-26 01:27 修正:2023-09-26 09:49
    https://japan.hani.co.kr/arti/politics/47945.html
    no title

    引用元: ・【韓国】国防長官候補が暴言「大韓帝国は日本より幸せだったのか」9/26 [ばーど★]

    【ちょいちょい嘘マジェマジェしてくるよな。 【韓国】国防長官候補が暴言「大韓帝国は日本より幸せだったのか」9/26 [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/09/22(金) 16:21:24.90 ID:nX133wxL
    習近平国家主席率いる中国の狙いは何なのか―。中国海事局は21日、天然ガスなどを採掘する移動式掘削船が、沖縄周辺の東シナ海で活動するとしていた発表を撤回した。日本政府関係者によると、掘削船が活動するとしていた場所は日本のEEZ(排他的経済水域)内だった。中国は7月、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本のEEZ内にも勝手にブイを設置していた。まさか、改造直後の岸田文雄内閣を試しているのか。

    「わが国の主権や管轄権を侵害する行為を行うとすれば、断じて受け入れられない」

    松野博一官房長官は21日の記者会見で、こう反発した。外交ルートを通じて、中国側に申し入れを行ったことを明らかにした。

    中国海事局は20日、ウェブサイト上に、中国の引き船が掘削装置「勘探8号」を浙江省近海から曳航し、沖縄本島北西にある日本のEEZ内まで移動する航行情報を出していた。21日に取り消された。

    NHKは21日、日本外務省の情報として、中国側が今回の発表は「入力ミス」によるもので航行予定の事実もないとして、日本側に撤回を伝えてきたと報じた。

    中国は今年7月、尖閣周辺の日本のEEZ内に勝手にブイを設置したが、日本政府は2カ月後の19日になって抗議をしていた事実を認めた。中国を刺激したくないのか、岸田政権の「弱腰」ぶりがあらわになった。

    今回の騒動をどう見るか。

    中国事情に詳しい評論家の石平氏は「習政権の上層部からブレーキがかけられた可能性がある。習政権は、外相や国防相が相次いで動静不明になるなど混乱が続いている。米中首脳会談の実現も模索しており、対外的にもめ事は起こせない。日本の内閣改造で『親台派』とされる木原稔防衛相が誕生した。日本側が毅然(きぜん)とした対応をみせれば、中国側も無茶な行動は取れない」と述べた。

    https://www.zakzak.co.jp/article/20230922-2Y42BZLHANNUPIBCVC3KNQOWAM/

    【産経新聞】 中国「掘削船活動」を発表後に撤回 日本のEEZ内 [9/22] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1695331114/

    引用元: ・【日本のEEZ内】中国「掘削船活動」発表後に撤回のワケ 岸田改造内閣を試す?「混乱の習政権、上層部からブレーキか」 [9/22] [昆虫図鑑★]

    【日本と戦争したくてしかたないんだよ 【日本のEEZ内】中国「掘削船活動」発表後に撤回のワケ 岸田改造内閣を試す?「混乱の習政権、上層部からブレーキか」 [9/22] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ