まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/27(月) 16:11:34.91 ID:CAP_USER
    韓国タイヤメーカー大手のネクセンタイヤ(NEXEN TIRE)は日本ブリヂストン中央研究所長などを歴任した森田浩一氏を未来技術ビジネスグループ(BG)長(副社長)として迎え入れたと27日、明らかにした。ブリヂストンは売上と生産量で世界トップのタイヤメーカーだ。

    森田氏は1986年にブリヂストンに入社してタイヤ材料開発部エラストマー開発ユニットリーダーや研究第1部長などを経て中央研究所長・最高技術責任者(CTO)・イノベーション本部長を歴任し、30年間、同社で勤務した。論文「変性ポリマーを用いた材料 ナノ構造制御技術とタイヤの開発」および特許で「文部科学大臣表彰 科学技術賞」を受賞している。

    ネクセンタイヤは昨年もポルシェタイヤ開発総括責任者出身のMichael Haupt氏をプレミアムOE(新車用タイヤ)ビジネスセクター(BS)長として迎え入れた。

    ネクセンタイヤ関係者は「森田氏の迎え入れを契機に、未来基礎固有技術の確保を通じて電気自動車・水素車などエコカーが重視されるグローバル市場で未来技術を先導していきたい」と話した。ネクセンタイヤは欧州および米国研究開発(R&D)センターの新築拡張をはじめ、ソウル麻谷(マゴク)地区に技術開発研究所「The NEXEN univerCITY」をオープンするなど、研究開発組織への投資を持続的に行っている。

    中央日報日本語版 7/27(月) 15:52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c7ecb0a12cb927c1b613531acf88456338eeeb3

    ネクセンタイヤ新任未来技術研究所長に就任した森田浩一氏。[写真 ネクセンタイヤ]
    no title

    引用元: ・【技術の確保】韓国ネクセンタイヤ、日本ブリヂストン研究所長を迎え入れ…「未来技術確保」[07/27] [新種のホケモン★]

    【脱日本とちゃうかったんかい【技術の確保】韓国ネクセンタイヤ、日本ブリヂストン研究所長を迎え入れ…「未来技術確保」[07/27] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/25(土) 23:56:18.74 ID:CAP_USER
    安倍晋三総理が任期末である来年9月までに憲法を改正したいと繰り返し明らかにしたが、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)が拡散して安倍政権の未熟な対応に対する批判世論も強まりながら改憲議論は停滞しているように見える。

    しかし、それは外面だけだ。安倍政権が改憲に向けた火を燃やし続けるのは静かで執拗だ。下村博文、自民党選挙対策委員長が会長をしている「新たな国家ビジョンを考える議員連盟」は遠からず改憲案を出す予定だ。憲法に緊急事態条項を追加し、それに深刻な伝染病が流行する場合も含む改憲案だ。コロナ19事態まで改憲の動力にしようとしているのだ。

    no title

    ▲進化論の誤用をもとに憲法改正の必要性を訴えるマンガ=自民党広報のツイッターから(別ソース:朝日新聞)

    先月23日、執権自民党の広報用ツイッターに「進化論」というタイトルで改憲の必要性を取り上げた4コマ漫画がアップされた。漫画では「もやウィン」という人物が登場する。彼は「ダーウィンの進化論にこのような話がある」として「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるわけでもない」と話す。引き続き「唯一生き残ることができるのは変化する者」として「今後、日本をさらに発展させるには今、改憲が必要だ」と力説する。

    進化論の権威によりかかって改憲してこそ日本がさらに発展できるという主張だ。しかし、19世紀英国の生物学者チャールズ・ダーウィンはそういう話はしたことがない。遺伝的変移(変化)が進化に重要なのは正しい。しかし、変化する者だけが生き残るというのは誤った主張だ。自民党の根拠がない論理は優生学に悪用された進化論を思い出させる。

    佐倉統(さくら おさむ)東京大学教授(進化論・科学技術社会論)も「社会問題を進化から論じるのは慎重の上にも慎重を期さなければならない」と叱責した。

    弱肉強食と優勝劣敗で生命体の進化を説明するのが進化論だ。これを社会に適用すれば「社会進化論」になる。英国社会学者ハーバート・スペンサーの思想だ。それに沿えば生命体でも国家でも優秀な種族が劣等な側を滅ぼして世の中を支配する。これは自然に帝国主義を後押しする理論になった。過去、日本が朝鮮を強制占領・支配する時の論理でもあった。
    (中略:進化論まで持ち出して「戦争可能国家」に再び立ち戻ろうとする安倍政権の野心)

    2015年7月、日本は端島(別名:軍艦島)炭鉱など明治時代の産業遺産施設23ヶ所を世界文化遺産に登録しながら強制徴用のような歴史も共に知ることが出来るよう措置すると国際社会に約束した。しかし、約束は履行されなかった。

    過去、韓半島とアジアで虐殺、強姦、強制徴用を日常的に行った日本が依然として過去の歴史を反省せず軍国主義復活ばかり夢見ている。
    私たちが歴史を習う目的は「オンゴイジシン(温故而知新)」だ。社会が誤った方向に進む場合、過去の知識を通じて正すためだ。

    歴史から学ばない日本は「戦犯国」というレッテルを永遠にはがすことができない。

    イ・ジンス選任記者
    no title


    ソース:アジア経済(韓国語)[デスクコラム]依然として歴史から習わない日本
    https://www.asiae.co.kr/article/2020072410362230987

    関連記事:朝日新聞<進化論の誤用、憲法改正に引用 自民のツイートに批判>
    https://www.asahi.com/articles/ASN6N7DSCN6NULBJ00J.html

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1595681257/
    ★1のたった時間:2020/07/25(土) 21:47:37.18

    引用元: ・【韓国】 依然として歴史から学ばない日本~「戦犯国」というレッテルは永遠にはがれない★2[07/24] [蚯蚓φ★]

    【 本当の歴史を知らない朝鮮人は可哀想だなぁ 【韓国】 依然として歴史から学ばない日本~「戦犯国」というレッテルは永遠にはがれない★2[07/24] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/23(木) 10:56:19.92 ID:CAP_USER
    日帝強占期勤労挺身隊被害者に関連した慰謝料請求訴訟を冷遇してきた日帝強制徴用企業が、訴訟の開始から15カ月経ってようやく弁護人を選任し、その背景に関心が集まっている。訴訟を起こした強制徴用被害者は「戦犯企業は敗訴危機に陥ってから弁護人を選任した」という反応だ。

    ◆三菱・住石、弁護人選任

    22日、「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)と共にする市民の会」(市民の会)によると、強制徴用慰謝料請求訴訟に対応してこなかった三菱重工業と住石ホールディングス(炭鉱)がそれぞれ訴訟代理人委任状を担当裁判所に提出した。

    これに先立ち、光州(クァンジュ)・全羅南道(チョルラナムド)地域の強制徴用被害者遺族ら20人は、昨年4月29日に三菱重工業と住石ホールディングスなど日帝強制徴用企業を相手取り慰謝料請求民事訴訟を起こした。このうち三菱重工業被害者は12人、住石ホールディングスは8人だ。

    光州地方裁判所では、昨年11月と12月、今年4月と5月の4回にわたって裁判が開かれたが、三菱重工業と住石ホールディングス側は出席しなかった。裁判所は、弁護人も選任されていなかった状態で、各企業に発送した訴訟書類がきちんと受け取られたかどうかさえ確認することができなかった。

    ◆「敗訴危機に陥ると弁護人選任」

    これに先立ち、光州地方裁判所民事14部は今年5月に開かれた裁判で「被告人の三菱重工業と住石ホールディングスが裁判に応じなくても、原告である強制徴用被害者が提出した資料に基づいて裁判を進める」という趣旨の意向を明らかにした。

    裁判所が被告側に書類が伝えられたと見なす「公示送達」を決めて、被告人の防御権を保障しない「欠席裁判」として続行する意思を明らかにした。防御権を行使できなければ、裁判結果は三菱重工業と住石ホールディングスの敗訴は明らかな状況だった。

    これに対して市民の会のイ・グクオン代表は「2社は敗訴危機に陥ったため弁護人を選任したとみられる」とし「敗訴すれば(勤労挺身隊問題のような外交的論争の他にも)実質的な損害賠償手続きにも続くため対応したものと考える」と話した。三菱重工業の場合、2018年大法院(最高裁)における強制徴用集団訴訟の敗訴以降、国内資産が押収され、昨年7月には被害者が資産売却も申請した状況だ。

    ◆「日帝企業の裁判遅延戦略に怒り」

    強制徴用被害者は「三菱重工業などが欠席裁判の直前に弁護人を選任したことは、強制徴用慰謝料請求訴訟進行状況を知りながらも意図的に裁判を遅延させていた」とみている。三菱重工業が裁判に消極的な姿勢をみせている間、慰謝料請求訴訟を提起した12人の原告のうちの1人であるイ・ヨンスクさん(当時89歳)が昨年7月に亡くなった。

    ちゃんとした裁判を見ることができなかった強制徴用被害者は他にもある。昨年4月、三菱重工業と住石ホールディングスに強制徴用集団訴訟を提起した当時、34人の強制徴用被害者が別の日帝企業7社を相手取って訴訟を起こした。

    これまで64人の強制徴用被害者が訴訟を提起したすべての企業は、裁判に出席しなかったり弁護人を選任しなかったりした。三菱重工業側弁護人が参加する初めての裁判は23日、光州地方裁判所203号法廷で行われる。住石ホールディングスの裁判は9月中に開かれる。


    中央日報/中央日報日本語版 2020.07.23 07:29
    https://japanese.joins.com/JArticle/268379

    引用元: ・【中央日報】 日本徴用企業が突然弁護人選任、なぜ…「敗訴危機に陥ると裁判遅延作戦」 [07/23] [荒波φ★]

    【日本が弁護士出すのも禁止なの? 【中央日報】 日本徴用企業が突然弁護人選任、なぜ…「敗訴危機に陥ると裁判遅延作戦」 [07/23] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/23(木) 01:01:36.77 ID:CAP_USER
    no title

    [写真=corbac40/gettyimagesbank]

    国内医療用内視鏡は日本企業への依存度が高い。内視鏡国産化が必要な状況だ。直ちに日本の高い壁を跳び越えるのは難しいが、持続的な公論化を通じて国内内視鏡開発の礎石を用意しようという討論の場が開かれた。

    「鉄箸を使う韓国人は木製箸を使う中国人や日本人より内視鏡スキルが優れています。」

    大韓消化器内視鏡研究財団チョ・ジュヨン理事長(チャ医科大学教授)は21日、イン・ジェクン共に民主党議員が主催した「医療機器国産化開発活性化」のための政策討論会でこのように話した。半ばジョークだが、実際、国内医療関係者の内視鏡手技は上手だ。様々なアジア国家に国内医療スタッフが内視鏡手技を伝えており、大韓消化器内視鏡学会は国際学術誌発表実績が全世界で5位以内に入るほど会員たちの活動が活発だ。

    それにもかかわらず、国内で使う内視鏡は全面的に日本企業に依存している。消化器内視鏡は国内に最も大く普及している医療機器の一つで、内視鏡検査需要が持続的に増加しているが、国内消化器内視鏡は全量オリンパス、フジノン、ペンタックスなど日本社製品だ。日本は全世界医療用内視鏡市場の90%を占有しているほど絶対的な優位を占めている。

    イン・ジェクン議員は「国内は胃癌、大腸癌発病率が高く内視鏡需要が高いにもかかわらず、日本企業に期待する状況」としながら「過度な海外依存はもう一つの危機」と指摘した。内視鏡を国産化すれば国内医療機器産業をグローバル化する前哨になり、医療費用も節減できる。

    チョ・ジュヨン理事長は「国家癌検診事業を行う我が国では胃癌検診にも内視鏡検査が施行されていて内視鏡を国産化すれば、国家的に医療費用を節減でき、耐久性が弱い内視鏡の高い修繕充当費用も減らすことができる。学会、企業、政府が共に協力して国産消化器内視鏡の開発を支援し、市場競争力を確保できるようしなければならない」と話した。

    だが、内視鏡国産化には相当な難関がある。高麗大学医科大学イ・ボムジェ教授によれば国産医療機器の診断能力は優秀だという仮定の下でも消費者である『医師』あるいは『病院』を満足させるのは難しい。イ教授は「消費者である医師や病院は安全性が検証されたブランド製品を好み、このような製品にすでになじんで他の製品に変えるのは難しい」点などで日本製品に対する依存度が高くならざるをえない、と説明した。
    (中略)

    日本内視鏡と直ちに競争に乗り出すには力不足だが、国内医療機器産業は内視鏡核心部品および完成品を作る生産能力がなくはない点で全く競争力がないこともない。汎省庁全周期医療機器研究開発事業団キム・ボプミン事業団長は「コロナ以後、K-防疫などで私たちにもできるという雰囲気が形成された。中小企業、中堅企業、大企業などが各自の役割をバランスよく遂行すれば医療機器国内市場が元気に成長できるはずだ。大企業などが医療機器に関心を持って中小企業などと好循環構造を作れば一緒に協業して医療機器国産化のための体系を備えていく」と話した。

    すでに市場を先行獲得した日本企業の障壁は高い。だが、医療機器の許認可過程、消費者である病院の高いハードル、革新的医療機器育成などを一つずつ解決していく過程が進入障壁を少しずつ崩す現実的な方法だ。

    慶煕大学医科大学チャン・ジェヨン教授は「オリンパスなど日本企業の技術力に今直ちに追いつくことは難しい。日本企業を打倒する姿勢ではだめだ。まだ弱々しいが今日の様な討論会等を通じて今から内視鏡事業基盤やノウハウなどを蓄積していけば、サムスンがアップルに追いついた様に内視鏡市場でも後発走者である国産内視鏡が日本企業を追う構図を形成できるだろう」と伝えた。

    ムン・セヨン記者

    ソース:コメディ・ドットコム(韓国語)日本がぎゅっとつかんだ内視鏡市場、国産化で克服することができるだろうか?
    http://kormedi.com/1320878/

    引用元: ・【韓国】 日本に過度に依存している内視鏡市場は危険、国産化で克服できるだろうか?[07/21] [蚯蚓φ★]

    【まずオリンパス製品を捨てるんだ。 【韓国】 日本に過度に依存している内視鏡市場は危険、国産化で克服できるだろうか?[07/21] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/27(月) 14:13:06.67 ID:CAP_USER
     謝罪には心が込められていなければならない。最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表は2015年の韓日慰安婦合意について11日「日本から公式の謝罪も受けていない」などと批判したが、これは「これまでの謝罪には心が込められていなかった」という意味だ。文氏は「そのような合意は無効」と断言した。

     心が込められた謝罪がそうでない謝罪よりも良いのは当然だ。個人の関係でも形だけの謝罪ならやらない方がよいこともある。しかし国と国の謝罪にも心を込めねばならないのだろうか。歴史的にみても国家間の謝罪は「正しいかそうでなかったか」という次元で行われるものではない。丙子胡乱(へいしこらん。1636-37年の清の朝鮮侵略)で敗れた朝鮮国王の仁祖は、南漢山城から出て三田渡(現在のソウル市松坡区)に行き、清の太宗(ホンタイジ)の前で3回拝み、9回ぬかずいた。いわゆる「三田渡の屈辱」だ。これは単に小国が大国の言うことを聞かなかったことが理由だったにすぎない。清の太宗も武力を前面に出して謝罪を求め、これを貫徹しただけであって、仁祖の謝罪に心が込められていたかなどに関心はなかった。

     日本がわれわれと慰安婦合意を行い「謝罪と反省」を表明したのもそうだ。日本による慰安婦関連のこれまでのさまざまな妄言と比べて、今回も心が込められていたかどうかは疑わしい。要するに韓国、米国、日本の協力体制強化を望む米国が間に入り、対立を解消しようとしたため、形を整えたにすぎないのだ。この「韓日関係正常化」という戦略的な意図で謝罪が行われ合意に至ったものに対し、これに「心が込められていない」などと文句を付けるのは、外交と倫理を混同したものと言わざるを得ない。

    世論読者部=金泰勲(キム・テフン)部長

    ※続きは元ソースでご覧ください

    ソース
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2017/01/22 06:10
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/20/2017012001627.html

    引用元: ・【朝鮮日報】ナミビア人に笑われる「謝罪するドイツに日本は見習え」論[07/27] [Ikh★]

    【ドイツに見習ってG7反対か 【朝鮮日報】ナミビア人に笑われる「謝罪するドイツに日本は見習え」論[07/27] [Ikh★]】の続きを読む

    このページのトップヘ