まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本

    1: 荒波φ ★ 2018/02/22(木) 11:43:28.75 ID:CAP_USER
    韓国とは違い、日本公営放送NHKの娯楽番組には芸能人のつまらない話題よりも、重みのある外交・経済イシューが頻繁に登場する。最近、よく見かける場面は、1980年代米国デトロイト自動車工場の労働者がハンマーで日本産自動車を破壊して、地面に埋める「日本車葬式」の様子だ。

    30年前の日本に対する敵がい心に燃えている米国人を見た司会者やパネラーは皆「ああ…」と短く溜息をつくだけだ。米国に対する批判も、自国企業に対する憐憫や弁明もなく、ただ厳かな雰囲気だけが漂う。警戒心は高めるものの、政府の対応策を堅く信じているためだろうか。

    1980年代プラザ合意以降、経済が失墜した経験がある日本は、米国との長きにわたる通商摩擦の経験を活かし、事前準備を徹底させている。ドナルド・トランプ米国大統領が日本に攻撃的な一言を放つたびに安倍晋三首相は卑屈に映るほど米国とのスキンシップを強化する。

    そのためかトランプ大統領就任以降、米国が世界を相手にかけている通商攻勢の中、日本は相対的「安全地帯」に分類されている。米国が先月発動した洗濯機セーフガード(緊急輸入制限措置)はもちろん、最近の鉄鋼・アルミニウムに対する「関税爆弾(または、輸入量割当)」攻勢もかわした。

    同じ同盟関係だが、対米貿易黒字規模が日本の3分の1にしか及ばない韓国がメッタ斬りにされている姿とは対照的だ。

    日本の通商関連主務部署である経済産業省は「(同盟国にも非同盟国と同じように一括的に関税を課すのは)つじつまが合わない」とし、もしかしたらありえるかもしれない追加攻勢にも備えている。

    「低姿勢的」でありながら実利をつかむ自国政府の30年余りの対米通商ノウハウについて、ケチをつける日本人はあまりいない。

    韓国政府は今月19日、米国に対して「世界貿易機関(WTO)提訴を検討するなど、決然と対応する」と決起を表わした。米国製品への報復関税賦課もありえるという構えだ。

    中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)報復には“決然と”対応したという記憶を残すことができなかった韓国政府。対米強硬モードが「無鉄砲だ」と言われないよう願うばかりだ。


    2018年02月22日11時03分
    http://japanese.joins.com/article/905/238905.html?servcode=100&sectcode=100

    引用元: ・【中央日報】 「日本鉄砲」と「韓国無鉄砲」の違い  [02/22]

    【【中央日報】 「日本鉄砲」と「韓国無鉄砲」の違い  [02/22] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/22(木) 21:06:21.94 ID:CAP_USER
     韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。

     2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を挙げたのは半数以上の54.3%にのぼり、2位の「北朝鮮」(21.4%)を大きく上回った。日本人にとっては衝撃の結果だ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.news-postseven.com/archives/20180222_653251.html

    ■ 前スレ (★1が立った日 2018/02/22(木) 15:02:19.23 ID:CAP_USER)
    【韓国】韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%[02/22] ★2
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1519292884/

    by びんたん次スレ一発作成

    引用元: ・【韓国】韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%[02/22] ★3

    【【韓国】韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4%[02/22] ★3 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/20(火) 10:45:25.11 ID:CAP_USER
    韓国銀行(韓銀)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が20日にスイス・チューリッヒで行われる韓国-スイス通貨スワップ契約署名式に出席する。

    韓銀は今月9日、スイス中央銀行と11兆2000億ウォン(約1兆1200億円、100億スイスフラン)規模の3年満期通貨スワップ協定を結ぶことで合意した。米ドルに換算すれば約106億ドル。

    米国・ユーロ・英国・カナダ・スイス・日本の6大基軸通貨国は常設通貨スワップネットワークを形成しているが、韓国が昨年11月のカナダに続いてスイスとも通貨スワップ協定を締結することで、間接的にネットワーク効果を得られることになった。

    韓国は昨年初め、豪州と通貨スワップ契約を延長して規模を2倍に拡大し、10月には中国と満期を延長した。カナダとは無限度・無期限常設契約を結んだ。

    しかし日本とは通貨スワップ交渉再開に関する協議がない状況だ。韓国と日本は2001年に初めて通貨スワップ契約を締結し、2011年には700億ドルまで規模が拡大したが、2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問したことで韓日関係が悪化し、2015年2月に完全に終了した。

    2016年末に韓日間で協議があったが、2017年1月に釜山(プサン)日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受け、日本側が一方的に交渉を中断した。


    2018年02月20日10時36分
    http://japanese.joins.com/article/815/238815.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【中央日報】 韓国、スイスと通貨スワップ…日本など6大基軸通貨国と間接ネットワーク [02/20]

    【【中央日報】 韓国、スイスと通貨スワップ…日本など6大基軸通貨国と間接ネットワーク [02/20] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/20(火) 00:58:24.42 ID:CAP_USER
    第二次世界大戦で敗戦した日本は聨合軍の要求により平和憲法を受け入れる。この憲法第9条は「戦争および武力による脅威または、武力の行使を永久にあきらめる」という規定と共に「陸海空軍およびその他戦力を保有せず、国家の交戦権を認めない」という内容を含んでいる。

    このような平和憲法の誕生過程を見れば聨合軍を構成した世界各国は日本の好戦性や侵略の歴史を看破したと見られ、日本をどれほど危険な存在と見なして戦争や武力をあきらめる規定を最初から法令に入れて釘を刺したのだろうか?

    今、日本の安倍晋三首相はどうにか平和憲法を変えようとありったけの力をふりしぼっている。しかし、大多数の日本人たちはこれに反対している。これを見ればたとえ過去の歴史に対する真剣な反省や被害国に対する真心に充ちた謝罪なしでも戦勝国の強要により作られた憲法が、戦争の惨禍を体験した日本国民のかたい支持を受けているわけだ。

    ところが安倍の政治姿勢を見ると過去の日本の侵略史を思い出さざるをえない。
    (中略:善良な国民を殺戮と略奪の現場に追い出した豊臣秀吉の亡霊は20世紀に再び日本に蘇った。)

    このような歴史を再確認してみれば、日本の平和憲法改正はアジアはもちろん世界平和にとって深刻な危険だ。それでも私たちは事態の深刻性に全く注目をしない理由が分からない。

    16世紀始め、申叔舟(シン・スクチュ)先生は海東諸国紀で次のように話した。「彼ら(日本人)は強くて荒っぽく、武術と船に乗ることにたけていたが、…道理を問いてよくなだめれば礼儀をわきまえて朝聘し、そうでなければ略奪を日常的に行う。…夷狄を治めるということは外征(外国征伐)ではなく内政(国内政治)にあり、辺禦(辺境を守ること)ではなく朝廷(政治を論じて行う所)にあり、戦争ではなく士気高揚にある」この教えに従えば、日本の軍国化は他でもない私たちの手にかかっているも同然だ。

    歴史を見れば、私たちが強い時、日本は礼儀をわきまえて朝聘し、軍国主義は存在価値を失った。歴史的に日本の国力が私たちを追い越したきっかけは豊臣一族を滅ぼした徳川幕府が門を開いた明治維新(1867年)だった。この時期、日本は鎖国と統制を解いて国家体制を変革するが、朝鮮は鎖国と統制に固執して変革の機会をのがした。

    日本の国力が私たちより進んだ時期は五千年の歴史でわずか150年余りに過ぎない。今、私たちはまぶしい速度で鎖国と統制を脱している。そしておりしも民主主義の花をパッと咲かせている。それなら歴史の可能性で見る時、私たちが日本を逆に追い越すのは時間の問題だ。

    ところが油断はできない。それは日本の軍国主義があまりに強固で根深いからだ。日本に軍国主義の風が吹くほど、私たちは気をしっかり持って民主主義の定着と政治の不安定解消のための制度改革を行わなければならない。

    それでも平和を愛する大多数の日本人に誇らしい隣人になれば、日本軍国主義の亡霊は立つ場所を失う。「夷狄を治めるのは外征ではなく内政にある」という先賢の教訓を胸に深く刻もう!

    /ムン・ソングン法務法人キル代表弁護士
    http://newsimg.sedaily.com/2018/02/19/1RVRK9J3TZ_1.jpg

    ソース:ソウル経済(韓国語) [コラム]日本の軍国化を警戒しよう
    http://www.sedaily.com/NewsView/1RVRK9J3TZ

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1519045013/
    ★1の立った時間:2018/02/19(月) 21:56:53.30

    引用元: ・【韓国】 日本の軍国化を警戒しよう~韓国が再び日本を追い越すのは時間の問題だ★2[02/19]

    【【韓国】 日本の軍国化を警戒しよう~韓国が再び日本を追い越すのは時間の問題だ★2[02/19] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/24(火) 04:16:05.25 ID:CAP_USER
    韓国の科学者が中生代白亜紀の北東アジアの火山運動と地質構造を説明する新しいモデルを出した。矛盾が多かった過去の分析モデルの限界を克服し韓半島(朝鮮半島)周辺地域の火山と地殻運動をさらに論理的に説明する道が開かれたという評価を受けている。

    全南(チョンナム)大学のイ・チャンヨル教授と慶北(キョンブク)大学のユ・インチャン教授の共同研究チームは中生代白亜紀の韓半島の地殻下部から上がってきた熱源(マントルプルーム)が日本の南西地域に流入し、この地域で見つかる火山岩「アダカイト」が生成されたという新たな分析モデルを開発したと22日に発表した。

    1億3500万~6500万年前である中生代白亜紀には中国南部と韓半島南部、日本南西地域で広範囲な火山活動が起きた。中国北部と韓半島北部、モンゴル南部地方には先カンブリア紀に生成された古くなり安定した岩石地帯が広がっている。

    だが既存の岩石学と地球化学研究ではこれと関連したさまざまな研究結果に矛盾が多かった。例えば日本南西地域の中生代白亜紀地層で発見されるアダカイトを説明する方法がなかった。アダカイトはマントルの中に引き込まれる地殻プレートが溶けてできたマグマで生成されるが、白亜紀の海洋プレートでは溶融が起きないためだ。

    研究陣はスーパーコンピュータを活用して3次元コンピュータ数値モデルを開発した。これを基にアダカイトを作った熱源が韓半島を合わせた巨大な岩石圏(北中国地塊)東側下部から日本南西下部マントルに流入したという結果を得た。

    イ・チャンヨル教授は「新しい分析モデルは白亜紀の北東アジア地域の多様な地質現象に対する統合的な解釈の枠組みになるだろう」と話した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/663/234663.html

    引用元: ・【科学】韓国人科学者、1億年前の白亜紀北東アジア火山活動の新モデル提示[10/24]

    【【又妄想】韓国人科学者「1億年前に、韓半島のマントルが日本を作った」】の続きを読む

    このページのトップヘ