まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/11/16(月) 21:39:46.91 ID:???.net
    配信日時:2015年11月16日(月) 21時10分

    2015年11月16日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「韓国と日本の差がいまだに大きいと感じる点は…」とのスレッドが立った。

    スレッド主は、「洗練されたファッションやデザインは、テレビなどで見るに、韓国は日本に負けてないし、
    むしろ韓国の方が優れている思う部分も多い」としながらも、「まだ日本との差が大きい」と感じるのは、
    「人々の仕事に対する取り組み方と、業務マニュアルやシステム」だという。

    一例として挙がったのが、コンビニのアルバイト店員の業務姿勢。韓国のコンビニでは、朝や夜の時間帯に客が来ても店員はあいさつをしないし、
    制服も着ずに私服でスマホゲームをしたり動画を見たり。時には歯磨き中の店員もいるという。
    レジではほぼ無言で、最後に「いくらです」と値段を言うだけ。ひどい場合は、友人を呼んでレジカウンターでおしゃべりをしている店員も。

    一方日本の店員は、深夜でも客が来れば必ずあいさつするし、きちんと制服を着てレジ前に立っている。
    会計時には「100円が1点、200円が2点…合計いくらです」と計算し、「いくらお預かりします」「いくらのお返しです」まできっちり。

    スレッド主は「韓国のコンビニにだって業務マニュアルがあるだろうに、どうしてこうも違うんだろう?」と疑問を呈した上で、
    自身が担当する自動車部品の輸出に関しても「違い」を感じるとつづった。

    スレッド主が輸出を担当する部品の一つに、1箱9万個入りの製品があるという。一つ一つ数えるわけにもいかず個数を設定して自動包装するが、
    万が一少なく包装されては困るため、最後に手で100~200個を加えているそうだ。これで欧米や東南アジアの国とは何の問題もなく取引をしてきたが、
    このほど日本のメーカー2社から「1箱に9万個以上入っている」と苦情が来た。
    そこでスレッド主が事情を説明すると、「誤差をプラスマイナス3個以内にしてほしい」と「あきれるようなことを言ってきた」という。

    「この正確性は、誠実な日本人の長所なのか、マニュアルに執着し過ぎる短所なのか…」とつづるスレッド主に、他のユーザーらは次のようなコメントを寄せた。

    「日本人が仕事をきっちりやる点は見習うべき」
    「同感。小さな会社ほどその差が出るよ。韓国の零細企業はマニュアルやシステムが整ってない場合が多いからね」

    「原発問題の処理を見てると、日本人の性質が『副作用』として働いてるように思う」
    「むしろ日本のような形式的なサービスはちょっと窮屈な感じがするんじゃないかな。大げさだし、変に親しげにされても…」

    「韓国のコンビニは大企業文化をそのまま反映している。韓国は社員を奴隷のようにこき使うから、労働の質がこんな状態なんだ」
    「韓国はまず労働者の待遇から改善するべき」
    「一つ言えるのは、日本の市民意識は韓国より成熟しているということ。韓国も時間がたてば日本に近づけると思う」

    「自己反省とプライドが日本人の姿勢に表れていると思う。自分の仕事に徹底して取り組み、
    自分の存在感を確認しようとする気持ちだ。日本の各分野に職人が多いのも同じ理由だよ」
    「親切の程度とかは、単に文化の違いにすぎない」(翻訳・編集/和氣)

    http://www.recordchina.co.jp/a123081.html

    引用元: ・【話題】韓国人が「いまだに日本との差が大きいと感じる点」とは? [11/16]

    【中国と比較したらどうですか? 【話題】韓国人が「いまだに日本との差が大きいと感じる点」とは? [11/16]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 12:38:58.85 ID:???.net
     任期の半分をちょうど終えたところの朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は今、韓国の未来を決める二
    つの重大な事案に直面している。一つは、未来の韓国を守る安全保障の枠組みに関するもので、
    もう一つは、韓国の正統性・正当性を確固たるものにするイデオロギーの枠組み、すなわち歴史教
    科書改訂に関するものだ。この二つは、大統領の問題ではなく、韓国の問題だ。

     朴大統領は一昨日、韓中日首脳会談を終えたことで、韓国の安全保障の鍵を握る米・中・日3カ
    国との間にある諸問題をひとまずまとめた。得たものは特にないようだ。しかし、分かったことがある。
    米国は、昨日の同盟国・米国ではなく、中国は、見掛けほど友好的ではなく、日本は、論理的に
    少々訴えても応ずる国ではない、ということだ。

     その一例として、米国のオバマ大統領が朴大統領との共同記者会見で、中国の国際規範違反
    事項について「韓国も声を上げるだろう」と公に要求したことを挙げることができる。これは明らかに、
    意図的な外交的逸脱だ。昔なら、仮に会談の中でそうした話が出たとしても公にはせず、するとし
    ても「懸念」を表明するレベルにとどめるのが通例だった。米国は、韓国が現在中国と経済的にど
    のような形勢に立たされているか、北朝鮮問題で中国の影響力がどれほどか、よく知っている。そ
    れでも、中国が固く決心している南沙諸島(スプラトリー諸島)の問題で韓国に「反対の声を上げて
    ほしい」と公に注文するというのは、難詰に近い。

     これは明らかに、米国の変化だ。共和党の大統領候補、トランプ氏は、韓国の「安全保障ただ乗
    り」論を連日投げ掛けている。また米国メディアは、THAAD(終末段階・高高度防空システム)配備
    問題、中国の戦勝節行事に朴大統領が出席した問題などを取り上げて、韓国の親中国的な動きを
    批判する記事を書き立てている。こうしたムードにオバマ大統領までが乗り、韓国をそれとなく追い
    詰めている格好だ。

     一方中国も、米国が明け渡した分を埋めてくれるわけではない。中国がそうするはずはなく、また
    そうされても困る。中国は韓国に「近い隣国として、友好交流の千年史を続けよう」と言うが、韓国は
    侵略と宗主の歴史を記憶しているだけで、「人の間の深い縁」は記憶にない。今回の会談でも、中
    国の報道によると、中国側はEEZ(排他的経済水域)再調整を通して離於島(中国名:蘇岩礁)を
    横取りしようとしたという。これも、中国の人口や領土なみにEEZもさらに拡大したいというもので、
    「千年の癖」が繰り返されているという感がある。

     日本は、韓国にとって、常に裏切り役だ。変わることはない。慰安婦問題の「早期妥結を目標に」
    とは、そのまま放置しておきたいということを、外交的に別の形で表現したにすぎない。日本は、常
    にそうだったが、官民がタイミングを合わせて相反する声を適切に上げ、どちらが本気なのか分か
    らなくさせることにたけた国だ。政府は依然として靖国神社に参拝し、慰安婦問題の責任はないと
    言い、独島(日本名:竹島)は日本領だと言うが、民間人は「謝罪する」「日本政府による改憲に反
    対する」と言うなど、足並みの乱れを見せている。また、韓国が何より悲しく感じるのは、日本がまる
    で米国の非公式スポークスマンであるかのように振る舞い、米国がそうした役割を日本にけしかけ
    ているように見える点だ。

     外交・安全保障の枠組みが動揺し、変化している中で、朴政権は歴史教科書国定化という難問
    に手を出した。これは、朴政権の命運を懸けた戦いになっている。朴大統領の「左派との戦い」に
    は、一貫性がある。李石基(イ・ソッキ)議員の断罪、統合進歩党の解散、そして歴史教科書の改訂
    が、朴大統領のイデオロギー的なトレードマークになっているのは事実だ。この「歴史教科書戦争」
    に負けたら、朴氏の大統領の椅子も消えることになり、ここで勝利すれば、歴史に残る朴大統領の
    業績として記録されることから、朴大統領は総力を挙げるしかないだろう。幾人もの政治指導者が、
    また多くの保守系の人物が、左派の攻撃を恐れて見ないふりをしているのは、まさに韓国の正統性
    を損なう行為であって、その中でも顕著なのが歴史教科書だった。朴大統領は、ここに挑戦したの
    だ。当然ながら左派は立ち上がり、まだ姿を見せてもいない「新教科書」を親日とののしっているが、
    そのどこにも、論理的・学術的対応は見られない。
    >>2-5のあたりに続く

    金大中(キム・デジュン)顧問

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/05/2015110501233.html

    引用元: ・【韓国】 国内外で戦争状態にある朴槿恵政権~変化した米国、見掛けほど友好的でない中国、相変わらず裏切り続ける日本[11/04]

    【要約すると「お前らが悪い!【韓国】 国内外で戦争状態にある朴槿恵政権~変化した米国、見掛けほど友好的でない中国、相変わらず裏切り続ける日本[11/04]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 01:03:13.55 ID:???.net
     10月に日本から吹く風は、ありがたい風だ。歴史を捻じ曲げる日本の小・中・高校の教科書検定
    結果を伝える「3月の風」とは違い、独島(日本名:竹島)が日本の領土だと言い張る防衛白書の
    強引な主張を伝える「7月の風」とも違う。「10月の風」は、韓国の科学の現状と将来を考える機会
    を与えてくれる。今年も日本からの「10月の風」は吹いてきた。5日には大村智・北里大学特別栄
    誉教授にノーベル生理学・医学賞が、翌6日には梶田隆章・東京大学教授に同物理学賞が授与
    されることが発表された。7日に発表された同化学賞の受賞者リストに、日本人の名がなかったの
    はやや意外だった。ノーベル賞の受賞を待っている人が最も多い分野が化学分野だとされている
    ためだ。

     そのせいだろうか。「韓国の科学の現状と将来を考える1週間」はあっけなく過ぎ去った。ホットな
    話題になったのはわずか2日間だった。歴史教科書の国定化をめぐる論議や、与野党内部の候
    補者公認の権限について是非を問う声が、再び話題を独占している。日本の研究者がノーベル
    化学賞も受賞し「スリーラン・ホームラン」状態になっていれば、事情は違っていたかもしれない。
    一つの社会において、為政者や研究者、一般国民の科学に対する認識や姿勢はそう簡単に変わ
    るものではない。
    (中略:日本のノーベル賞は最近、地方大学卒業生が受賞するようになった)

     韓国の国内総生産(GDP)に占める研究開発(R&D)への投資比率は世界1位だ。総額ベースで
    はまだ日本の3分の1だが、経済規模や人口の差を考慮すれば、並大抵ではない。「ノーベル賞
    の風」が吹くたびに半自動的に跳ね上がった研究費をめぐる闘争がやや落ち着いてきたのもその
    ためではないだろうか。だが、お金を入れればコーヒーが出てくる自動販売機のように、研究費を
    大量につぎ込んだところで、ノーベル賞はそう簡単にもらえるものではない。

     ノーベル賞はゆっくりと成長する木であり、湿度や温度と太陽の光が調和して初めて芽を出す気
    難しい種でもある。研究目標の設定や研究費の配分に当たって、将来を見通す視点が必要だ。ノ
    ーベル賞の受賞者はその大部分が、20-30年前の研究実績によって決まる。逆に言えば、20-
    30年後にも斬新(ざんしん)かつ重要な研究と思われるテーマを見つけなければならない。

     大統領の鶴の一声で、研究目標や研究費が一気に変わってしまう後進的なスタイルは毒薬にし
    かなり得ない。教育部(省に相当)の長官・次官の経験者が総長を務める大学に研究費を支給す
    る不公平なシステムからも早く卒業すべきだ。教育部の事務官や係長、課長が下手な指揮をする
    ことにより、現場の研究者たちを挫折させるような状況も、これからはなくしていかねばならない。

     根本的なことは、研究者の姿勢や倫理意識の変化だ。自然科学部門のノーベル賞を受賞した
    日本人21人のうち、大学の総長を夢見て、あちこちでのぞき見をしているといううわさが流れるよ
    うな人は一人もいない。研究費の管理をめぐる不正で外部の干渉を招くこともない。あるときは競
    争、またある時は協力しながら、共に日本をノーベル賞への道に導いた湯川秀樹氏(1949年受賞)
    と朝永振一郎氏(65年受賞)は、研究実績だけでなく、研究者の品格と権威によって人々から尊
    敬された。今年もまた日本からの「10月の風」に当たりながら、いろいろな考えが脳裏をよぎった。

    姜天錫(カン・チョンソク)論説顧問
    no title


    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【コラム】日本人ノーベル賞受賞は韓国人にありがたい
    知らせ>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/10/2015101000785.html

    引用元: ・【ノーベル賞】 10月に日本から吹く風・日本人ノーベル賞受賞は韓国人にありがたい知らせ/朝鮮日報コラム[10/10]

    【お前等当分無理だわ 【ノーベル賞】 10月に日本から吹く風・日本人ノーベル賞受賞は韓国人にありがたい知らせ/朝鮮日報コラム[10/10]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/10/07(水)14:10:40 ID:rBs
     今年のノーベル医学・生理学賞受賞者3人のうち1人は日本人、1人は中国人だった。また物理学賞受
    賞者2人のうち1人がまたも日本人だった。その結果、日本は自然科学分野のノーベル賞受賞者が21人
    となり、中国も今回ついに最初の受賞者を出した。今回、医学・生理学賞を受賞した日本人と中国人
    の受賞者は、いわゆるエリートコースを歩んできた科学者ではない。中国中医科学院の屠ユウユウ首
    席研究員(ユウは口へんに幼)=84=は博士学位もなく、また海外に留学した経験もない。さらに中
    国で理工系の権威者に贈られる院士の称号も与えられていないことから「三無」の科学者と呼ばれて
    いた。彼女は1600年前に書かれた中国の医学書を詳しく調べ、190に上る薬草の効能について実験を
    重ねた末に、191回目に実験を行ったヨモギの一種「クソニンジン」からマラリアによる発熱に大き
    な効能を持つ成分の抽出に成功した。

    中略:大村名誉教授は地方国立大の出身で、夜間高校の教師の時に生徒たちの熱心な姿を見て一念発
    起した。現在、名誉教授をしている北里大学は北里柴三郎が101年前に設立。先代の科学者が未来
    を見据えてまいた種が実を結んだ。

     屠ユウユウ氏がマラリア治療剤の研究を始めたのは1969年で、当時の毛沢東主席の指示によるもの
    だった。中国は1994年、巨額の報酬を与えて世界中から優秀な科学者100人を招くいわゆる「百人計
    画」を進め、それが後に「千人計画」となり、今の習近平・国家主席の就任後は「万人計画」となっ
    た。中国がこのように国家の次元で科学の発展を目指しているとすれば、日本は一つの分野を究極ま
    で突き詰める科学者たちの「匠(たくみ)の精神」により、2000年以降はほぼ毎年のようにノーベル
    賞受賞者を輩出している。

     韓国はつい昨年まで18兆ウォン(約1兆9000億円)に上る政府予算を研究開発に投入したことから
    も分かるように、国と民間による研究開発投資の割合は世界一だ。ところがその結果はあまりにも見
    るに堪えず、これらの資金は誰かの懐に漏れ出しているとのうわさばかりが聞こえてくる。韓国が近
    代的な科学に取り組んだ歴史はまだ短いが、その上研究者たちに執念も魂もなければ、国が今後いく
    ら資金を投入しても結果は出ないだろう。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/07/2015100701149.html

    引用元: ・【朝鮮日報社説】科学分野ノーベル賞日本21人・中国1人、韓国人受賞はいつ?[10/07]

    【世界最高民族【朝鮮日報社説】科学分野ノーベル賞日本21人・中国1人、韓国人受賞はいつ?[10/07]】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 10:37:34.45 ID:???.net
    日本国民の過半数が反対している「安全保障関連法案」が、17日午後4時40分、自民党が多数を占める参議院特別委員会で可決された。
    連立政権を組む自民党と公明党のほか、右派政党「次世代の党」など小規模な野党3党が賛成した。

    連立与党はこの日のうちに残っている手続きを終えるため、夜になって参議院本会議を招集した。
    本会議で可決されれば、日本は「他国から攻撃されなくても、他国を攻撃できる国」になる。

    民主党など主要な野党は、安倍内閣に対する不信任決議案と中谷元・防衛相に対する問責決議案を、18日に衆議院に提出する方針を固めた。

    第2次大戦後、日本は「平和憲法」に従い、「他国から攻撃された場合にのみ反撃できる」という立場を堅持してきた。

    だが、安倍晋三首相は就任以来、緻密(ちみつ)な戦略の下でこのような構図を変えた。
    安倍首相は昨年7月、集団的自衛権の行使を容認する方向で憲法解釈を変更した。

    憲法自体はそのままで、同盟国や周辺国が攻撃された場合、日本の存立の危機と判断されれば、
    日本が攻撃されたものと見なして先制攻撃を行うことができるという内容だ。

    今年7月には安倍首相率いる「1強」の自民党が、連立政権を組む公明党と力を合わせ、
    集団的自衛権の容認が反映された安全保障関連法案を下院に当たる衆議院で可決させた。

    そして上院に当たる参議院で今、手続きが最終段階に差し掛かっている。

    専門家たちは「韓国にとっては『両刃の剣』となる」と指摘した。

    日本が米国との同盟関係を強化し、中国をけん制しながら、韓国に対し、歴史問題を差し置いて
    『中国に付くのか、日米に付くのか』と迫る可能性がある。

    だが一方で、北朝鮮の脅威に立ち向かう上でプラスにもなり得るというわけだ。


    2015/09/18 08:28
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/18/2015091800773.html

    引用元: ・【朝鮮日報】戦争できる国・日本、韓国にとっては「両刃の剣」[09/18]

    【出来ないって。 【朝鮮日報】戦争できる国・日本、韓国にとっては「両刃の剣」[09/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ