まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本式

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/10/10(水) 00:03:56.67 ID:CAP_USER
    http://thumb.mt.co.kr/06/2018/10/2018100210414120504_1.jpg
    ▲日本産製品全数調査に関連して質問している共に民主党ホン・ソンニョン議員。/写真提供=ソウル市議会ホン・ソンニョン議員ページ

    先日、現職ソウル市議員が公共機関と学校の「日本製物品」使用現況全数調査を要求した。真の光復のためには日本産文具類、備品などを無分別に使う慣行を変えなければならないという理由だった。しかし、SNSではホン議員の日本に対する態度が終始一貫していないとして論議がおきている。

    共に民主党所属ホン・ソンニョン、ソウル市議員(53)は今年8月9日、書面の質問でソウル公共機関および公立学校などの日本製物品使用現況を全数調査せよと各機関に要求した。当時、ホン議員は質問で「公共機関で日本製物品を購入するのは独立運動のために命を捧げた烈士に恥ずかしいこと」とし、「真の光復を成し遂げるために公共機関が率先垂範しなければならない」とした。
    (中略:議員の紹介)

    2016年、ホン議員は「日本の看板がついたレストランの前に並んでいるのを見ると腹が立つ」という掲示物を上げた。ところが、この様な文を載せたホン議員もやはり日本レストランを何回も訪問したことがあることが確認された。

    ホン議員の個人SNSには「チョン・ドンギルでトンカツをおいしく食べた」という掲示物が上がったこともある。該当飲食店はソウル市中区貞洞の某日本式トンカツ専門店であることが確認された。しかも看板に日本の文字が書かれていた。ホン議員がアップした内容に反する。この他にもホン議員はスシ専門店を訪れたという掲示物を上げたこともある。これにネチズンらは「偽善者」、「あきれる」、「ヒレカツは韓国料理だったのか」等の反応を見せている。

    より詳しい話を聞くために去る1日、マネートゥデーはホン・ソンニョン議員と電話インタビューを行った。まず、ホン議員に「日本産製品全数調査」をどんな理由で要請したのか訊ねたところ、彼は「資本主義国家で個人が日本製品を使うことは統制できないが、公共購買は悩んでみなければならない」として趣旨を明らかにした。

    続けて「私たちの税金で日本産製品を購入すれば、日本にお金が移ることになる。そうなれば、その金で武器を作っていつかは侵攻してくるだろう」と付け加えた。

    全数調査するのに購買担当者らが苦労したのではないかという問いには「ある程度認める部分」と答えた。購買内訳があっても製品原産地を知るのは難しく、これに担当者らの哀訴が続いたという。ホン議員やはりこれを参酌して「条例の規定上10日以内に資料を出すことになっているが、10月末までかかっても良いからゆっくり調べるようお願いした」と説明した。一方では教師たちから「苦しいけれど意味あること」と応援もやはりたくさん受けたと話した。

    SNSで論議になった日本式トンカツ専門店訪問については多少残念という反応を見せた。ホン議員は日本食を食べざるをえない立場といった。団体で行ったし、個人的に行くのは避けたつもりだと言う。スシを食べたことには「スシと考えてはならず、チョバッ(訳注:「酢(チョ)」に「ご飯(パプ)」を合わせた言葉で実体は寿司)と考えて食べた」とし、「そんな形ならウドンも日本語だから食べてはいけないことになる」と話した。

    彼は質問がSNSで多少曲解されるようだと言う。民間部門まで統制する訳には行かないが、公共部門では可能なら国産を使おうというのが意図だったという。

    最後にホン議員は「日本は敗北していない。朝鮮はこれから100年間、絶対に立ち上げれないほど、私たちが植民地教育を植えつけておいた。(朝鮮は)輝かしかった栄光を100年以上は見つけることができないだろう」という朝鮮総督府総督、阿部信行の予言を再確認しなければならないと話した。

    光復73周年だけに私たちを振り返ってみようとの趣旨だったという。ただし阿部信行は該当発言をしたことがないことが分かっている。出典さえ分からない言葉だ。

    デジタルニュース部インターン記者キム・ゴンフィ

    ソース:マネートゥデー(韓国語) 「日本、いつかは侵攻」VS「ヒレカスは食べながら」
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2018100210414120504

    関連スレ:【韓国】 「真の光復を達成するため、ソウル市は日本製の文具や備品などの購買を禁止せよ」とソウル市議員★3[08/09]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1533915919/

    引用元: ・【韓国】 「日本に渡した金で武器を作り、やがて韓国に侵攻してくるだろう」~ソウル市議、日本式トンカツを食べながら[10/08]

    【日本憎しって結論ありき【韓国】 ソウル市議「日本に渡した金で武器を作り、やがて韓国に侵攻してくるだろう」日本式トンカツを食べながら】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/03/20(火) 22:36:13.82 ID:CAP_USER
    ■韓国江原道、日帝強占期の日本式地名を整備

    韓国江原道(カンウォンド)が日本による強制占領期に作られた日本式地名を韓国の地名に復元することにした。江原道は当時に韓国の歴史・伝統を蔑視して抹殺する目的で歪曲された日本式表記地名を発掘し、2019年末までに韓国の地名に復元することにしたと20日、明らかにした。

    今回整備される地名は「2017年度江原圏地名整備研究」で整備対象に分類された日本式表記地名235件と国土開発などで地名付与対象が消えて廃止が必要な地名204件。「王」の字を「旺」に変える場合と、歴史を考慮せず植民統治の便宜のために数字や方位の地名を使った一竹、二竹、三竹面などが対象となる。

    江原道の関係者は「道民が正しい地名情報を自由に、多様な形で活用できるよう、地名だけでなく、告示地名と位置、由来など属性情報の誤謬を修正し、正確で標準化された地名の管理を持続的に実施していく計画」と説明した。

    ソース 中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000022-cnippou-kr

    引用元: ・【韓国】 江原道(カンウォンド)、日帝強占期の日本式地名を整備[03/20]

    【【韓国】 江原道(カンウォンド)、日帝強占期の日本式地名を整備[03/20] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/03/01(木) 10:05:12.42 ID:CAP_USER
    2月27日に韓国国会で開かれた「教育文化体育観光部委員会」(以下、教文委)の全体会議で、自由韓国党のイ・ウンジェ議員が日本語を口走って物議を醸している。

    イ議員は、自分と論争していたユ・ソンヨプ教文委員長に対し、「なぜ“ゲンセイ”するのか?」との発言をした。

    「ゲンセイ」とは、日本語の「牽制」を直読みした言葉(韓国の日本語表記法では、最初の発音を必ず濁らせる)である。

    すると、ユ教文委員長はイ議員に、「“ゲンセイ”という言葉を聞いたのは、僕が昔、ビリヤード場に行っていた頃以来はじめてだ。委員長(自分)に対して“ゲンセイ”などと言うのはどうかと思う。しかも日本語ではないか。三一節(1919年3月1日の独立運動を記念する韓国の祝日)を控えた今、公の場において適切ではない発言だ」と責めたのだった。

    ■国立国語院からは「日本の残滓」認定

    ユ教文委員長の言葉通り、韓国ではビリヤード用語として「ゲンセイ」という言葉が使われたらしい。

    かし最近は、代わりに“守備”という表現を使うよう、韓国ビリヤード連盟が勧めているため、あまり使われていない。

    『JTBCニュース』によると、韓国国会で「ゲンセイ」という言葉が出たのも、2009年以来という。

    ただ、ネットの世界では、オンラインゲームの相手プレーヤーを牽制するときに「ゲンセイする」と言ったりするのだが、これは、韓国の若者によく見られる「わざと日本語を使う」行為の一種と捉えたほうがいいだろう。

    そもそも、「ゲンセイ」をはじめ、韓国でよく使われる「サシミ(刺身)」、「モンペ(もんぺ)」などの日本式単語に対し、韓国国立国語院は「日本の残滓」とし、「正しい表現ではない」と規定している。

    (参考記事:「スシ」「ワサビ」も使わないように…? “日本式単語”の撤廃騒動http://s-korea.jp/archives/4004

    「MS女」として非難された過去も

    そんな中、正しい言動を求められる国会議員が日本式単語を発してしまったことが、非難の的になっている模様だ。

    渦中のイ議員は、実は過去にも炎上したことがある。

    2016年ソウル市教育庁国政監査の際、ソウル市教育庁が学校用ソフトウェアの「MS Office」を競争入札せず、「Microsoft」社から一括購入したことについて「公正取引法違反だ」と主張した人物なのだ。

    そもそも「MS Office」は「Microsoft」社でしか購入できないソフトウェアだ、とチョ・ヒヨンソウル市教育監が説明するも、「資質不足だ。辞退しなさい!」と逆ギレ。

    この馬鹿げたやり取りがきっかけで、イ議員はネット民から「MS女」と呼ばれ、バッシングされたのである。

    いずれにせよ、今回の「ゲンセイ」騒動によって韓国における“日本式単語”問題が再浮上しそうだが、はたして。


    2018年03月01日
    http://s-korea.jp/archives/30173
    http://s-korea.jp/archives/30173/2
    http://s-korea.jp/archives/30173/3

    引用元: ・【韓国】 日本語を口走った韓国の国会議員が非難の的に。日本式単語の撤廃騒動が再び始めるかも!? [03/01]

    【【韓国】 日本語を口走った韓国の国会議員が非難の的に。日本式単語の撤廃騒動が再び始めるかも!? [03/01] 】の続きを読む

    このページのトップヘ