まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本市場

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/07(火) 00:36:11.34 ID:CAP_USER
    コロナ19による外出自制の動きにより日本列島には「内食(外食の反対語で家で食べるご飯の意味)」熱風が吹いていることが明らかになった。

    no title

    ▲日本のバター品切現象を韓国企業が活用すれば、新しい進出機会になるという診断が出てきた。(写真=コリアポストハングル版資料写真)

    5日、KOTRAキム・ジヘ日本名古屋貿易官は「日本総務省の家計支出調査によれば2020年3月に日本全世帯の外食関連支出は前年同月比32.6%縮小された。全国的に緊急事態が発令されて多くの飲食店が臨時休業あるいは短縮営業をする他なかった4月にはその幅がより大きくなって65.7%の減少を記録した。」としながら
    「ライフスケープマーケティング社の調査によれば、日本の消費者が家で食事をする比重はコロナ19に対する警戒心が広がり始めた2月中旬から上昇した。緊急事態が解除される直前である5月7~13日にはその割合が昼に65.9%(前年同期比39.5%上昇)、夕方には88.4%(前年同期比14.6%上昇)だったと言う。夕食の内食比が80%を越えるのは2011年東日本大地震直後を除けば史上初の事態だ」と指摘した。

    このような傾向が続くなか、日本飲食品製造業者の経営戦略にも大きな変化が現れている、ということがキム貿易官の分析だ。キム貿易官は「本来のキャッシュ・カウ製品(ドル箱商品)である業者用製品の実績が悪化した反面、家庭用(一般消費者用)製品は飛ぶように売れ始めたからだ。『アサヒビール』の場合、3月に発売した新製品『アサヒ ザ・リッチ』がヒットして発売後2月で年間販売目標の50%を達成した。『家酒』する人々が増えたことも主な理由の一つだ。一方、同社の定番と言える業者用『スーパードライ』の4月売上げは前年同月比80%も落ちた。」と説明した。

    これに対し競争の主舞台がオフラインではなく、オンラインになれば韓国企業が日本市場に参加できる機会も大きくなるというのがキム貿易官の意見だ。

    例えばユーチューブ、インスタグラムなどのプラットホームを利用してオンライン クッキング クラスを開いた後に該当料理の推奨キットを視聴者たちの家に送るなどのビジネス モデルも考えることができる。

    特に韓国のトレンディーなカフェや飲食店などに関心が高い今、直ちに韓国旅行できない日本のZ世代のニーズを把握することが先決課題になる様に見えると、キム貿易館は伝えた。

    (記者注:元記事本文には最後までバターの話はありませんでした)

    ソース:コリアポスト(韓国語)'日本のバター品切現象'...韓国企業進出機会できて
    http://www.koreapost.co.kr/news/articleView.html?idxno=48940

    関連スレ:【NOJAPAN】日本企業、NOジャパン余波で続々と韓国から撤退=ネットの反応は? [5/31] [新種のホケモン★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590902238/

    引用元: ・【韓国】 「日本のバター品切現象」...韓国企業進出の機会~旅行できなくてもオンラインで日本市場に参加可能[07/05] [蚯蚓φ★]

    【気持ち悪い 【韓国】 「日本のバター品切現象」...韓国企業進出の機会~旅行できなくてもオンラインで日本市場に参加可能[07/05] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/21(木) 15:58:02.30 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 博覧会で全南いちごの広報へ
    ____________________________________________________________

    農協全南地域本部は21日、東京国際展示場で行われている『2019野菜・果物ワールド』で、日本市場での全南農産物の輸出拡大に向けたマーケティング活動を展開した。

    農協はメリクィンやクムシルなどの新品種のイチゴと、ゴールドキウイを現地のバイヤーを対象に輸出商談会を開催した。

    全南農協は去る3月にも、東京国際食品博覧会で全南の新品種いちごを広報した。

    ソース:務安=聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191121128700054

    引用元: ・【韓国】全南農協、新品種のイチゴで日本市場の開拓へ[11/21]

    【パクッたものは買わん 【韓国】全南農協、新品種のイチゴで日本市場の開拓へ[11/21] 】の続きを読む

    1: ◆iTA97S/ZPo 2017/08/02(水)22:57:27 ID:RiR
    住宅の空き部屋などを貸し出す「民泊」のニーズが高まるなか、
    中国最大級の民泊サイトの運営会社が都内で会見し、
    「2025年までに、訪日中国人の民泊市場の50%のシェア獲得を
    目指す」と述べて、日本市場に本格的に参入する考えを示しました。

    住宅の空き部屋などを有料で貸し出す「民泊」をめぐっては、
    ことし6月事業を届け出制とすることなどを盛り込んだ新しい法律が
    成立したことをきっかけに、参入を表明する企業が相次いでいます。

    こうした中、世界70か国で50万件以上の物件を取り扱う
    中国最大級の民泊サイトの運営会社「途家」(トゥージア)が2日、
    都内で会見しました。

    この中で楊昌楽COO=最高執行責任者は「日本は、新しい法律の
    成立に加え、東京オリンピックを控えており、民泊市場は大きく
    発展する」と述べて、日本での民泊市場の規模拡大に期待感を示しました。

    (略)

    続きはリンク先で
    NHK NEWS WEB 8月2日 18時17分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170802/k10011084771000.html

    引用元: ・【経済】中国最大級の民泊サイト 日本市場に参入へ [H29/8/2]

    【【ドイツではこの5月に民泊は法律で禁止された】中国最大級の民泊サイト 日本市場に参入へ】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/05/31(水) 03:52:10.93 ID:CAP_USER
    大象(デサン)ジャパン(株)は、同社が取り扱うキムチ由来の植物性乳酸「LACTOPY®」を化粧品用としても本格展開する。

    これまでに食品用途として実績を積み重ねてきたが、有用なエビデンスもあることから内外からの美容系素材として訴求していく。 同素材は、韓国の伝統食品・キムチ由来の植物性乳酸菌。アトピー性皮膚炎(AD)に対する臨床試験で有用な結果が得られるなど、エビデンスのある素材として認知されており、米中韓で特許も取得している。

    摂取によるADに対する有効性が確認されている同素材は、軟化剤に配合することでもその効果が確認されている。

    分蒸散量(TEWL)、皮膚容量、皮膚所見改善度(Investigator Global Assessment:IGA)、ビジュアルアナログスケール(Visual Analogue Scale:VAS)の値を0、1、2、4週目に測定した。

    その結果、乳酸菌配合軟化剤処理した腕のTEWL、VAS値は有意に低い値を示し、皮膚容量値は有意に増加した。このことから、乳酸菌配合軟化剤の局所適用は、AD患者の皮膚透過性を改善すると考えられる。

    同社では今後、こうしたエビデンスとともに、これまでの食品用途に加え、化粧品用途での展開を併せて行い、日本市場での拡販を目指す。

    http://news.e-expo.net/news/2017/05/post-102.html

    引用元: ・【話題】キムチ由来の化粧品、日本市場で本格展開へ [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ナメクジとかあるらしいし】キムチ由来の化粧品「LACTOPY®」、日本市場で本格展開へ】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/06(月) 16:49:37.20 ID:CAP_USER
    最近、日本食品業界では健康トレンドを活用した新商品の発売とマーケティングが目立つ。
    誰もが口にする言葉が「健康と味」「健康寿命」「生涯現役」などだ。

    発酵伝統食品と薬用材料、特にキムチや高麗人参は世界が認める健康食品であり、
    このような原材料を持つ韓国は最大輸出市場である日本食品市場の健康トレンドをつかむのに良い機会だ。

    しかし何であれこのように訪れるチャンスをつかむためには徹底的な準備が欠かせない。

    ところがある広告で流行したセリフのように「本当に良いが説明する方法がない」というのが、
    我々の立派な食品が先進国市場に進出するうえで最も難しい障害物だ。

    なぜ良いのか、何に良いのかをその国の研究機関が研究した資料、その国の人の口で広報するべきだが、それが容易ではない。

    日本現地専門家の意見を聞くと、食品の機能性を強調する市場で成功するには食品成分データと効果を体系的に分析し、
    その結果を消費者に十分に伝え、その後にブランド化を通じて段階的に市場に定着しなければいけない。

    特に輸入食品の韓国産は現地人が活用しやすい料理レシピ(調理法)の伝達が欠かせない重要なポイントだという。

    このため韓国農水産食品流通公社(aT)は輸出会社とともに体系的な市場進出を推進する計画だ。

    一つ目、「日本有名国立大との共同研究」を通じて特別な機能性を持つ新鮮農食品の成分分析と、その結果を活用したマーケティングポイントを導き出す予定だ。

    二つ目、主要輸出商品(キムチ、高麗人参、ナツメ、マクワウリなど)の機能性をテーマに現地バイヤーおよびオピニオンリーダーを対象に
    「韓国産機能性食品広報および相談セミナー」を開く。

    三つ目、現地料理専門家を活用した料理レシピ普及拡大(例えばサポニン成分の吸収を助けるという概念で高麗人参+エゴマ油の組み合わせ)を推進する。

    このような支援対策がかみ合えば、中長期的に機能性を持つ韓国食品を集め、
    仮称「メディケアK-Food(薬食同源)」というブランド化まで推進する考えだ。

    輸出業界と支援機関が日本現地市場と消費トレンドを綿密に分析して体系的に接近していけば、
    「健康トレンド」に乗って韓国の農食品が世界に広がっていくだろう。


    2017年03月06日14時51分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/514/226514.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【中央日報】「健康重視」の日本食品市場をつかむには=韓国農水産食品流通公社輸出理事「本当に良いが説明する方法がない」[03/06]©2ch.net

    【【韓国製と書いておけ】韓国農水産食品流通公社「日本市場で韓国の健康食品を推進」】の続きを読む

    このページのトップヘ