まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本向け

    1: Ttongsulian ★ 2019/02/07(木) 21:04:59.54 ID:CAP_USER
     イチゴを中心にした韓国南部・慶尚南道晋州市の農産物輸出が好調だ。

     晋州市は7日、昨年の農産物の輸出額が4958万ドル(約54億5500万円)となり、過去最高を記録したと伝えた。内訳は生鮮野菜が4293万ドル、加工農産物が536万ドルなどだった。

     品目別ではイチゴが3123万ドルで全体の63%を占めた。パプリカ818万ドル、エリンギ149万ドル、ナシ73万ドル、カキ49万ドル、シシトウ46万ドルと続いた。このうちナシの輸出量は前年比150%増加した。

     加工農産物はユズの加工品が270万ドルで最も多く、クリの加工品132万ドル、キキョウの加工品60万ドル、ウメの加工品38万ドル、冷凍イチゴ31万ドルと続いた。

     輸出先別では日本が1237万ドルで最も多く、香港1189万ドル、シンガポール918万ドル、タイ405万ドル、マレーシア361万ドル、ベトナム290万ドル、オランダ109万ドルと続いた。

     このうちベトナムは前年比約150%輸出が増加し、新たな市場として注目されている。

     晋州市は、1995年にピーマンとシシトウを日本に初めて輸出してから、2013年には農産物の輸出額が4500万ドルを記録し、毎年2%成長していると説明した。

    2019.02.07 18:29
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190207005300882

    引用元: ・【フルーツ🍓】イチゴなど農産物の輸出好調 日本向け最多=韓国・晋州[02/07]

    【本当に恥を知らないね 【フルーツ🍓】イチゴなど農産物の輸出好調 日本向け最多=韓国・晋州[02/07] 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/04/08(日) 13:22:08.96 ID:CAP_USER
    【晋州聯合ニュース】韓国南部・慶尚南道産のパプリカ輸出量と輸出額が1997年の40トン・28万ドル(現在のレートで約3006万円)から、2017年には1万7447トン・4402万ドルに増加した。20年で輸出量は436倍、輸出額は157倍に増えたことになる。そのうち約98%が日本市場に輸出される。慶尚南道農業技術院が8日発表した。 

     農業技術院は日本への輸出が大部分を占める理由について、日本の消費者に好評であることに加え、輸出単価も高く、距離が近いため輸送費が少なくてすむためと分析している。

     今年の慶尚南道産パプリカの日本への輸出単価は1キロあたり3200ウォン(約320円)程度で、台湾よりも800ウォン程度高い。パプリカの輸出単価は毎年一定ではないが、日本への輸出単価はほかの国・地域に比べ800ウォンから2000ウォン程度高いという。

     日本のパプリカ消費量は年間約3万トン程度だが増加しており、農業技術院は慶尚南道のパプリカ輸出量がさらに増えると見込んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000016-yonh-kr

    引用元: ・【韓国】98%が日本向けの慶尚南道産パプリカ 20年で輸出量436倍[04/08]

    【【韓国】98%が日本向けの慶尚南道産パプリカ 20年で輸出量436倍[04/08] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/26(水) 22:43:07.19 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部が26日発表した統計によると、食品(農産物や加工食品)の輸出額は1~6月に前年同期比6.5%増の33億ドル(約3700億円)となり、過去最高を記録した。

    国・地域別では、最大の海外市場である日本への輸出額が13.3%増の6億3400万ドルとなった。トマトやコーヒー加工品の輸出増が目立った。

    東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国への輸出額も、12.3%増の6億100万ドルを記録した。特に、タイとインドネシアへのインスタントラーメンの輸出がそれぞれ473%、399%急増した。

    台湾向けはハクサイやイチゴ、メロンなどが伸び、輸出額は19.4%増の1億6000万ドルとなった。

    一方、中国が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対し、韓国に報復措置を取っていることが影響し、対中輸出額は11.4%減の4億3500万ドルにとどまった。ただ、インスタントラーメン(71.8%増)やビール(94.6%増)などの輸出は急増した。

    品目別では、高病原性鳥インフルエンザの影響などで家禽(かきん)肉や果物の輸出が振るわず、生鮮食品全体の輸出額は前年同期比4.5%減の4億8000万ドルとなった。

    キムチは日本向け輸出が伸び悩んだ一方、英国やオランダなど欧州諸国向けは18.2%増加した。

    加工食品はインスタントラーメンの好調を追い風に8.6%増の28億2000万ドルを記録した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/07/26/0500000000AJP20170726001600882.HTML

    引用元: ・【韓国】1~6月の食品輸出が過去最高 日本向けは13%増[7/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【さぁ本腰入れて気をつけましょう】1~6月の韓国産食品輸出が過去最高 日本向けは13%増】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 23:45:54.02 ID:CAP_USER.net
     【世宗聯合ニュース】

     世界景気の減速や円安などの影響で昨年は韓国の水産物輸出が不振だったが、ノリとカキの輸出は好調だったことが22日分かった。

     韓国海洋水産部の水産情報ポータルによると、昨年の韓国の水産物輸出額は19億2524万ドル(約2165億7000万円)で
    前年比6.9%減少した。

     輸出額は2012年が23億6205万ドル、13年が21億5195万ドル、14年が20億6726万ドルと減少し続けている。

     水産物の輸出低迷にもかかわらず、ノリとカキの輸出は好調を維持している。昨年のノリの輸出額は前年比11.3%増の
    3億545万ドルで、初めて3億ドルを突破した。カキの輸出額は9586万ドルで同44.0%増加した。

     同部は、業界がスナックやスープなどノリを使った新製品の開発に力を注ぎ、政府が加工設備の現代化などを支援した結果、ノリの
    輸出増加につながったとの見方を示している。

     輸出先別では、ノリをおかずとして食べない米国への輸出が7209万ドルで最も多かった。次いで、中国(6643万ドル)、
    日本(5118万ドル)などの順だった。

     カキについては、最大の輸出先である日本向けが円安をはねのけ同80.1%増の5605万ドルを記録した。日本のカキの
    水揚げ量が大幅に減少し、韓国産カキの需要が高まったためとみられる。

     米食品医薬品局(FDA)が昨年3月に韓国産貝類の安全性を認めてから米国向け輸出も回復し、輸出額は1815万ドルで
    同33.6%増加した。

     中国向けは244万ドルにとどまったが、昨年11月に韓国企業が中国企業と年間200トン規模の輸出契約を結び、
    フランス産が大半を占める中国カキ市場でのシェア拡大につながると期待されている。

    聯合ニュース

    朝鮮日報 2016/02/22 13:25
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/22/2016022201773.html

    関連スレ
    【台湾】韓国産生ガキからノロウイルス 離島で102人が集団食中毒[07/18] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1437194161/

    引用元: ・【韓国】韓国産のノリとカキ 円安でも輸出好調 日本向けカキは5605万ドルを記録[2/22]

    【どこがそんなに買ってんだよ 【韓国】韓国産のノリとカキ 円安でも輸出好調 日本向けカキは5605万ドルを記録[2/22]】の続きを読む

    このページのトップヘ