まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本人

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/14(水) 12:28:42.18 ID:CAP_USER
    日本人名義の帰属財産を韓国政府で国有化するための所要期間が平均20カ月を超えており過度に長いという指摘が出された。

    帰属財産とは解放後の1948年9月11日に韓国政府と米国政府が結んだ「財政および財産に関する最初の協定」に基づき韓国政府に譲渡された韓国領土内すべての日本人・日本法人・日本機関所有の財産だ。いまだ国有化できていない財産に対し韓国調達庁は2012年6月から日本人名義帰属財産国有化業務を進めている。

    韓国国会企画財政委員会所属「共に民主党」のヤン・ギョンスク議員が調達庁から受けた資料によると、調達庁が今年8月までに国有化した財産のうち処理期間を確認できる財産の国有化所要平均期間は616日(20カ月)だった。

    京畿道楊平郡(キョンギド・ヤンピョングン)所在の10平方メートル規模の道路など2カ所は国有化まで1793日(60カ月)がかかり最長期間を記録した。これに対し忠清南道扶余郡(チュンチ ンナムド・プヨグン)所在の4463平方メートルの水田など8カ所の土地は1日で国有化された。

    ヤン議員は「日本人名義帰属財産国有化は日帝残滓清算と正しい歴史立て直し次元で進められる事業。1日も早く完了する案をまとめなければならない」と話した。

    ⓒ 中央日報日本語版 2020.10.14 11:33
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/271169?servcode=200&sectcode=200

    引用元: ・【韓国/ヤン・ギョンスク与党議員】日本人「帰属財産」国有化所要期間の遅さを指摘[10/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【まんまナチスで草生える。 【韓国/ヤン・ギョンスク与党議員】日本人「帰属財産」国有化所要期間の遅さを指摘[10/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/09(金) 14:37:45.33 ID:CAP_USER
    2020年10月8日、韓国・ニュース1によると、昨年夏に始まった日本製品不買運動の影響で販売不振に陥っていた日本車メーカーが復活の兆しを見せている。韓国の日本車販売数(前年同期比)は昨年7月から13カ月連続で減少していたが、今年8月に増加に転じた。9月も2カ月連続で増加となり、増加幅が拡大したという。

    記事によると、今年9月の日本車メーカー5社の自動車新規登録台数は1458台で、前年同期(1103台)比32.2%増加。前月(1413台)比でも3.2%増加した。メーカー・車種別ではレクサス(701台)、トヨタ(511台)、ホンダ(244台)が前年同期比でそれぞれ49.5%、36.6%、47%増加したという。

    記事は「昨年9月は不買運動の影響が最も大きかったためその効果も作用した」としているが、業界関係者は「今年末に韓国市場撤退を宣言した日産とインフィニティの販売数が合わせて2台だった点を考慮すると、その他のメーカーの販売は回復に転じたと言える」と話しているという。また、販売回復には不買運動が多少落ち着いたことと、危機を感じた日本車メーカーが新車発売や攻撃的なマーケティング活動を行ったことが影響を与えたと分析されている。

    これを見た韓国のネットユーザーからは「不買運動を叫んでいる人たちも陰ではあつ森やプレステをしている」「日本人の言う通り、韓国人は熱しやすく冷めやすい。恥ずかしい」「日本人は韓国車を買わないのになぜ?」「不買運動は続けなければならない。日本車購入は必ず凶器となり、韓国を攻撃してくることを忘れてはならない」など落胆する声が数多く上がっている。

    一方で「いくら不買運動中とはいえ、適当に造られた韓国車には乗りたくないよ」「日本製品不買運動は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と『共に民主党』議員の便利な政治道具にすぎない」「国民がやっと気づいたんだよ。不買運動は扇動だったということに」などの声も上がっている。
    (翻訳・編集/堂本)

    2020/10/9 14:08 (JST)©株式会社 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b841211-s0-c20-d0058.html

    引用元: ・【韓国市場】日本車が完全復活?2カ月連続で販売増加=ネット「恥ずかしい」「日本人は韓国車を買わないのになぜ?」 [10/09] [新種のホケモン★]

    【むしろなんで韓国車を買うんだよ 【韓国市場】日本車が完全復活?2カ月連続で販売増加=ネット「恥ずかしい」「日本人は韓国車を買わないのになぜ?」 [10/09] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/31(月) 08:59:00.46 ID:CAP_USER
    no title


    [アンカー]安倍総理が辞任を決めましたが、ポスト アベ候補たちでも責任回避と歴史歪曲は続くと見られる中、強制徴用問題も依然として平行線を走っています。ところで46年前、戦犯企業に向かって爆弾を投げ反省を促した日本人たちの話を扱った映画が最近封切られました。イム・ソイン記者です。

    [レポート]1974年8月30日の三菱を始まりに三井物産、間組など日本主要企業の爆破事件が相次ぎました。事件を起こしたのは日本の大学院生や会社員などが作った団体。

    「三菱重工業を爆破したのは東アジア反日武装戦線<狼>だ。」

    最悪のテロ集団と規定され日本社会から冷遇されましたが、映画は監獄に収監中の当事者と周辺の人々の行跡を追って彼らが爆弾をさく烈させた理由に注目します。

    内田雅敏/弁護士「当時の日本社会は戦争の問題についてすでにすべて終わったと認識していました。彼らはその時まで全く提起されなかった企業の戦争責任を問うて企業を爆破しました。」

    しかし、彼らが強制徴用など犯罪を犯した企業に一撃を加えようとしたこととは別に、「テロ」という極端なやり方には問題を提起します。

    キム・ミレ/監督「善意でしたことでも後から振り返ってみれば誤りということがある。重要なのはそのような誤りをどのように自覚してどのように省察するのか…」

    戦後日本社会に反省のメッセージを投げたと同時にまた別の加害者になった彼らの話、今日、加害と省察について重い質問を投げます。

    TV朝鮮イム・ソインでした。

    ソース:TV朝鮮(韓国語)日戦犯企業に爆弾さく烈させた日本人たち…"責任を問いたかった"
    http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2020/08/30/2020083090014.html

    関連スレ:【韓国映画】 戦犯企業連続爆破、反省しない日本を攻撃したのは日本人だった~映画『東アジア反日武装戦線』[08/23] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598189349/

    引用元: ・【韓国映画】 戦犯企業に爆弾投げた日本人たち『東アジア反日武装戦線』~監督「たとえ善意でしたことでも・・・」[08/30] [蚯蚓φ★]

    【無辜の民間人を大量虐殺【韓国映画】 戦犯企業に爆弾投げた日本人たち『東アジア反日武装戦線』~監督「たとえ善意でしたことでも・・・」[08/30] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/06(木) 23:42:20.40 ID:CAP_USER
    ソウル市が6日、日本人や日本企業名義となっている3000件に達する土地と建物を一斉に整理することにした。登記簿謄本や土地台帳、建築物台帳に現存しない住所が記録されていたり所有主が4文字以上の日本人の名前と疑われる場合を選んで個別に対照に出る。

    日帝残滓清算に向け調達庁は1948年以降の全国を対象に4文字以上の日本人の名前を基準として過去の土地地番を検収した。その結果出てきたのは約10万4000件。このうちソウル市に残っている痕跡が3022件で日本人名義の土地262件と建物2760件だ。

    ソウル市は建物や土地がないのに台帳にだけ存在する場合は登記を抹消することにした。反対に実際に台帳にも存在し、建物や土地も残っている場合には国有化できるよう調達庁に調査結果を渡すことにした。

    9月までに現場を確認し、航空写真判読と課税の有無などの調査も行う計画だ。ソウル市関係者は「日帝強占期時代に日本式の名前に変えた韓国国民所有の土地や建物が含まれている恐れがあり現場調査までひとつひとつする計画」と説明した。

    今回の日帝残滓清算作業は光復(解放)75周年を迎え中央政府とともに進める「不動産公的帳簿に存在する日帝痕跡抹消の一環として行われている。過去の登記にだけ日本人の名前として残っているだけで都市開発などにより消えた土地台帳など公的帳簿は抹消することにした。

    ソウル市のキム・ハクチン行政第2副市長は「これまで私たちの実生活に存在する日帝強占の痕跡を見つけ出し、その残滓を清算するために進められる事業。日帝の痕跡を消し市民の便益のために政府と協力して推進していきたい」と話した。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.08.06 17:32
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/268936?servcode=200&sectcode=200

    引用元: ・【NoJAPAN】ソウル市、日本人名義の土地と建物3000件整理…「日帝の痕跡消す」[08/06] [新種のホケモン★]

    【日韓基本条約放棄するんなら返せよ 【NoJAPAN】ソウル市、日本人名義の土地と建物3000件整理…「日帝の痕跡消す」[08/06] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/16(火) 23:53:24.56 ID:CAP_USER
    no title

    写真=ゲッティイメージズバンク

    日本政府が次期国際連合(UN)事務総長など主な国際機構の首長に日本人を座らせようとするプロジェクトを稼動する。

    自国人を事務総長に座らせれば日増しに重要になる国際標準の制定に日本標準規格を反映させる上で有利なだけでなく、国際機構でプレゼンスを増していく中国も牽制できるからだ。

    日本経済新聞は日本政府と自民党が各部署別に散っている国際機構事務総長選挙および要人関連業務を内閣官房に一元化する方針だと16日、報じた。去る4月、内閣官房傘下に発足した国家安全保障局(NSS)経済班を中心に内閣人事局と外務省が国際機構事務総長選挙日程と候補人選、他国との協力などを総合管理する方式だ。今までは所管部署が各々の立場により国際機構事務総長選挙に対応してきた。

    日本政府が「日本人事務総長作り」に出るのは貿易、通信、海洋などの様々な分野の国際標準規範を作る国際機構の重要性が経済安全保障の観点で重要になっているからだ。

    日本は現在、国連など15の主要国際機構事務総長を1人も出せていない反面、中国は国際連合食料農業機構(FAO)、国際民間航空機構(ICAO)、国際連合工業開発機構(UNIDO)、国際電気通信連合(ITU)等4つの最高位職を占めている。

    中国は加盟国投票で国際機構事務総長を選出する制度を狙い、大規模経済援助でアフリカ国家の票を貰っている。2019年、FAO事務局長選挙ではカメルーンの債務返済を猶予する代わりに、同国候補を辞退させて中国人候補を当選させた。

    中国人が事務総長を引き受けている国際機構は同様に中立性議論に苦しめられている。ICAOは2016年から台湾の総会参加を不許可にしている。公然と中国の広域経済圏構想「一帯一路」との連係強化を強調するITUは全世界通信規格と国家戦略を中国政府の好み通り作ろうとしていると批判を受けている。

    日本政府が狙う部分は同じ地域で連続で事務総長が出ることを避ける国際機構の慣例だ。主な国際機構事務総長選挙で欧米国家と相互支援する戦略を立てれば中国勢力拡散も阻止でき、日本人事務総長を多数輩出できるということだ。

    議院内閣制国家の特性上、閣僚(我が国の長官級)出身要人が多い点も日本が期待する部分だ。ポルトガル首相を歴任したグテレス国連事務総長やエチオピア保健・外交長官出身であるテドロス世界保健機構(WHO)事務総長の事例から分かるように国際機構は高位官僚出身を好む。

    日本は先にアゼベド世界貿易機構(WTO)事務総長の辞任で空席になった後、選挙で米国との連帯を始まりに主な選挙を行っていく計画だ。来年には国連事務総長とユネスコ(国際連合教育科学文化機構)事務総長、2022年にはWHO、ILOなど主な機構事務総長の任期が順に終わる。中国が最高位職を占めるICAO、UNIDO、ITUなども2021~2022年に任期が満了するので積極的に中国阻止に出る方針だ。

    東京=チ ン・ヨンヒョ特派員

    ソース:韓国経済(韓国語)'日本人を次期UN総長で'…日政府プロジェクト稼動[チ ン・ヨンヒョのインサイド ジャパン]
    https://www.hankyung.com/international/article/202006162843i

    関連記事:日本経済新聞<国際機関人事、中国主導を抑止 内閣が戦略立案 トップに閣僚経験者擁立めざす>
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60345600V10C20A6SHA000/

    引用元: ・【国連】 「日本人を次期国連事務総長に」…日本政府、プロジェクト稼動[06/16] [蚯蚓φ★]

    【世界大統領とかアホな勘違いしてるやつ【国連】 「日本人を次期国連事務総長に」…日本政府、プロジェクト稼動[06/16] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ