まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本人

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/18(金) 10:36:28.79 ID:CAP_USER
    1959年から2009年まで、10年ごとに京郷新聞の同じ日の報道を見るコーナーです。毎日アップデートします。

    (え)
    no title

    ____________________________________________________________

    ■ 1999年10月18日、日本人たちが眺める韓国のイメージの変化

    日本の輸出規制に触発された韓日関係の悪化が長期化しています。

    最近まで活発な文化や観光交流で近づいていた韓国と日本は、支持層の結集を狙った安倍の経済挑発によって再度遠ざかることになりました。

    両国の間に冷ややかな空気が流れ続ける中、20年前の記事が目に付きます。

    1999年10月18日付の京郷新聞では、当時東京都立大学の鄭大均(チ ン・テギュン)教授が書いた『日本人は韓国をどう眺めているか』という本を通じて、日本人たちが持っている韓国に対するイメージの変化を垣間見ました。一緒に見ましょう。

    (京郷新聞1999年10月18日付22面)
    http://img.khan.co.kr/news/2019/10/18/l_2019101701002198600170191.jpg

    この本は1945年から1994年まで日本で刊行された紙誌の記事や学術論文などを基に、日本人の韓国のイメージの変化を考察した本です。

    著者の鄭大均教授は日本の岩手県で生まれた韓国人2世で、立教大学を卒業して米国のUCLAで研修した後、我が国に来て啓明(ケミョン)大学校の副教授(准教授)として7年間在職しました。

    「隣接した2国間でフランスとイギリスほど頻繁に争い、頻繁な交流をしてきた国はないだろう。両国の関係で発見できる特徴の一つは、相手に対する根深い無知だ」

    記事ではイギリスのアカデミー会員であるリチャード・ウェーバーの発言を、当時の韓日関係を表す言葉として引用しました。

    鄭教授は、「韓日関係は “断絶の時代” から “一方通行の時代” を経て、“交流の時代” に繋がった」と分析しました。

    記事を見れば、当時の日本人たちが韓国について持っているイメージが、どれほど否定的だったかに驚かされます。

    「 “断絶の時代” は1949年から1965年までで、日本人の韓国に対するイメージは蔑視に近かった。これは1960年に人類学者の我妻洋が東京住民を対象に実施した世論調査で、韓国人に対するイメージと関連して選択された語彙が、『不潔』、『狡猾』、『卑屈』などが圧倒的に出ていることからも確認できる」

    本によれば、 『一方通行の時代(1966年~1984年)』でも、日本人たちが韓国に対して持っていたイメージは、『集団的』、『閉鎖的』、『非民主的』など否定的でした。

    『交流の時代(1985年以降)』に入り、日本人たちは韓国と韓国文化に対する関心と好感を表し始めたが、相変わらず『魅力のない国』、『学ぶことのない国』という意識が支配的でした。

    記事では、「韓国に対する日本人の感情は “嫌悪と蔑視” 、“憐憫と同情” 、“好感と親密感” などが共存していて、このような否定性と肯定性は時代相和によって、どちらか片方に容易に傾く」と付け加えました。

    日本のこのような韓国に対する認識は、20年過ぎた今も変わらないのでしょうか。

    最近の対立状況の間に、日本の政財界上層部の関係者とメディアが吐き出した『嫌韓』発言が、20年前のこの記事に表現された否定的表現と非常に類似していることに、改めて驚かされます。

    東京の大型書店に『嫌韓書籍コーナー』が特別に用意されていて、今も新刊が発行されているという事実は、依然として過去に留まっている日本の現在を表しているようで残念でもあります。

    >> 関連記事<特派員コラム>『韓国叩き』の構造
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201908271556001&code=990334
    >> 関連記事<キム・ジンウの東京レポート>「日本すごくて」論の艦艇
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201904231551001&code=970203

    日本は韓国が過去史に対する真の謝罪を要求する度に、「過去から抜け出せ」と言います。

    過去から抜け出せていないのはどちらでしょうか?

    ソース:京郷新聞(韓国語)
    http://h2.khan.co.kr/201910180016001

    引用元: ・【京郷新聞】「日本人は韓国人をどう眺めているか」・・・<かなり前の『この日』10月18日>[10/18]

    【この60年弱が異常【京郷新聞】「日本人は韓国人をどう眺めているか」・・・<かなり前の『この日』10月18日>[10/18] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/06(日) 16:16:24.93 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】この4年間に訪日韓国人客数が訪韓日本人客数の2.5倍に上り、訪日韓国人客の日本での消費額は、訪韓日本人客の韓国での消費額の3倍に達することが分かった。ただ、最近の韓日関係悪化を受けて韓国で日本旅行を控える動きが広がっていることから、こうした不均衡は多少解消される見通しだ。

    韓国国会の国会企画財政委員会に所属する金斗官(キム・ドゥグァン)議員(与党「共に民主党」)が韓国観光公社から提出を受けた資料によると、2015~18年に訪日した韓国人客は延べ2377万1787人で、日本での消費額は18兆8158億ウォン(約1兆7000億円)と集計された。同期間に訪韓した日本人客は939万5649人で、6兆4453億ウォンを使った。

     相手国を訪問した人の数は韓国人が日本人の2.5倍、相手国での消費額は韓国人が日本人の2.9倍に上る。人数に比べて使用した金額の差が大きいのは、韓国人1人当たりが日本で使用した金額が79万1520ウォンだったのに対し、日本人1人当たりが韓国で使用した金額が68万5590ウォンと開きがあったため。

     また、両国をそれぞれ訪れる人は増え続けているが、訪日韓国人客の増加ペースが訪韓日本人客の増加ペースを上回っている。同期間に訪日韓国人客は88.4%増加した一方、訪韓日本人は60.4%の増加にとどまった。

     ただ、こうした不均衡は韓日関係悪化による訪日韓国人客の急減により、多少改善する見通しだ。

     日本政府観光局(JNTO)によると、8月の訪日韓国人客は30万8700人で前年同月比48.0%減少した。韓国関税庁によると、同月に韓国人客が日本で600ドル(約6万4000円)以上を決済した件数は前年同月比60.0%急減した。

     金議員は、この4年間に対日旅行収支は12兆ウォンの赤字だったが、訪日韓国人客の減少により今後は改善されるとの見通しを示した。その上で、韓流人気により外国人観光客が増えているものの、ソウルや釜山といった大都市に集中していると指摘し、政府や自治体が地方都市の観光商品開発などを支援する必要があると提言した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191006001200882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.10.06 15:16

    引用元: ・【聯合ニュース】対日旅行収支の赤字拡大 訪日韓国人が訪韓日本人の3倍消費=15~18年[10/6]

    【つまりトランジットと里帰り 【聯合ニュース】対日旅行収支の赤字拡大 訪日韓国人が訪韓日本人の3倍消費=15~18年[10/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/22(木) 18:58:17.99 ID:CAP_USER
    韓国を訪問の日本人、4か月で減少

    韓国を訪問した日本人入国者数が直近4か月で減少していることがわかった。

    韓国・国会文化体育長官委員会所属のキム・スミン明るい未来党議員は22日、韓国観光公社より提出された入国統計資料を引用し、ことし7月に韓国を訪問した日本人の入国者数は27万4830人だったと明かした。

    7月の日本人入国者数は6月(28万2476人)より2.7%(7646人)減少し、6月の入国者数は5月(28万6273人)より1.3%(3797人)、5月の入国者数は4月(29万92人)より1.3%(3819人)それぞれ減少した。

    特に、7月の入国者数は日本の輸出規制措置(ホワイト国除外)以前の3月(37万5119人)と比べて26.7%(10万289人)減少していると集計された。

    https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-379682/

    関連
    【それでも人気】韓日関係悪化も訪韓日本人客増加 7月は19.2%増[08/22]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566459135/

    引用元: ・【やっぱり減ってました】 韓国を訪問の日本人、4か月連続で減少 ホワイト国除外以前と比べると10万人減[08/22]

    【行く奴がまだいるんだな 【やっぱり減ってました】 韓国を訪問の日本人、4か月連続で減少 ホワイト国除外以前と比べると10万人減[08/22] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/22(日) 21:49:54.21 ID:CAP_USER
    ● 日韓交流の促進に全力 韓国観光公社/鄭辰洙東京支社長

    no title

    ジョン・ジンス 韓国外国語大卒、漢陽大大学院在学中。1991年韓国観光公社入社。東京支社次長、福岡支社長、観光商品室長などを経て1月から現職。54歳。韓国京畿道出身。

     韓国観光公社の鄭辰洙(ジョンジンス)東京支社長が20日、仙台市内で河北新報社の取材に応じた。日韓関係悪化が双方への旅行者数に影響を及ぼす中、「政治の問題があっても、民間の交流では日韓の距離はない。韓国旅行は安心安全に楽しんでもらえる」とPRした。

     鄭支社長は韓国国内の雰囲気について「日本政府への反発はあっても、日本人に対してはない。不安に思うことはない」と強調。日韓間の航空券の価格低下とウォン安で「『韓国に行くのは今がチャンス』という若い日本人も多い」と話す。

     8月の訪日韓国人は30万8700人(観光庁推計)で前年同月比48.0%減。一方、同月の訪韓日本人は33万4000人(韓国法務部推計)で4.8%増だった。ただ、訪韓は1~7月の伸びが8月以降は鈍化。航空便数が減った9月は減少が予想される。

     公社は19日、仙台市内で旅行会社などを対象にセミナーを開催。韓国の人気スポットや企業向け団体旅行、教育旅行への支援制度を説明した。鄭支社長は「こういう時期だからこそ、来年に向けた取り組みに力を入れる」と語る。

     東北を訪れる韓国人は、東京電力福島第1原発事故前の水準まで回復していない。鄭支社長は「話題性のある企画をつくり、PRに取り組んでほしい」と指摘。韓国版トレッキングコース「宮城オルレ」を軸に、温泉や宮城県産米、日本酒を組み合わせたツアーなどを提案する。

     来年は日韓国交正常化55周年。4月にはアシアナ航空仙台-ソウル線が就航30周年を迎える。宮城県などの協力を得た上で、節目を祝うイベントを来年4月に仙台市で開きたい考えだ。「仙台-ソウル線を座席数の多い機材に変えるくらい、双方向の交流を生むのが目標」と先を見据えた。
    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201909/20190921_72006.html

    引用元: ・【社会】韓国観光公社・ジョン東京支社長「韓国旅行は安心安全。『韓国に行くのは今がチャンス』という若い日本人も多い」[9/22]

    【青木が ヘイトクライムは日常茶飯事って言ってたろ 【社会】韓国観光公社・ジョン東京支社長「韓国旅行は安心安全。『韓国に行くのは今がチャンス』という若い日本人も多い」[9/22] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/14(水) 22:32:40.13 ID:CAP_USER
    no title

    ▲江原道江陵のチャムソリ博物館が「日本人観覧禁止」と「No Japs Allowed」と書いて掲げたが撤去した「ボイコットジャパン」の立て札。
    no title

    ▲フリーランサー記者ラファエル・ラシド(32)が去る10日、自身のツイッターアカウントに残したツイート。

    「『日本人立入禁止』と書かれていますが、韓国語でしか書かかれていないので、本来の日本人は何の意味か分かりません。この様な垂れ幕を掲げた理由は、本当に日本人を防ぐためだったのでしょうか?垂れ幕広報の対象は実際には韓国人でしょう。韓国人客に『愛国心がある私たちの食堂に来て』という愛国マーケティングです。」

    今年で韓国生活9年目のフリーランサー記者ラファエル・ラシド(32)は去る10日、自身のツイッターアカウントに「日本人立入禁止」と書かれた垂れ幕を掲げた釜山(プサン)のある食堂の写真と共に「これは国家主義ではなく人種差別主義だ」(This ain't nationalism, this is racism.)という文を残した。日本人の食堂出入りを禁止するという案内垂れ幕が「人種差別主義」に当たるという意味だ。

    英国の大学で韓国学と日本学を、韓国の大学院で韓国学を学んだというラファエルはなぜこの様な文を書いたのだろうか。彼は13日<ハンギョレ>との通話で「韓国人がなぜ日本を批判し、日本製品不買運動を行うのかみな理解している。しかし、批判の対象は日本人でなくアベ政府でなければならないのではないか。そのツイートを書いた後『韓国の歴史をちゃんと勉強しろ』という内容のメッセージをたくさん受けとった」と話した。

    「韓国人と日本人のどちらも東洋人だから学問的に言えば『人種差別』とは規定できないかもしれないが、国籍や皮膚の色などを理由に誰かを差別するのは結局、差別でしょう。韓国に住む私の日本人の友人たちも韓-日の過去の歴史をよく知っていますが、彼らがなぜ食堂の出入りを禁止されなければならないのか理解できません。」

    ラファエルがアップしたこのツイートは14日午前10時現在、1300回以上リツイートされ全世界のインターネットユーザーに広がっている。彼らは韓国食堂の垂れ幕の文章に対して「人種差別が正しい」「厳密に言えば民族差別という表現がより正確だ」等、少しずつ異なるが「差別」に当たるという意見に多数が同意する雰囲気だ。

    食堂だけではない。これに先立って7日頃、江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)のチャムソリ博物館が「日本人観覧禁止」"‘No Japs Allowed"と書き、「ボイコット ジャパン」のポスターを掲げて観覧客の抗議を受け撤去する事件が発生した。「Japs」は日本人を侮辱する意味をこめた人種差別的英語表現だ。同博物館関係者は<ハンギョレ>との通話で「今月初め、日本に抗議する意味で三日程書いたが、訪ねてこられたお客さんが人種差別だと言って下さって一週間程前にすぐにおろした。『ジャップス』という表現は(人種差別的意味を)知らずに使った」と話した。
    (中略:これに対する批判のツイッター紹介)

    反面、対馬など日本国内の一部地域で外国人の公共施設利用や出入りを制限するものを見て、「日本人立入禁止」を掲げた韓国食堂だけ批判するのは難しいというネチズンもいた。ラファエルはこういう指摘もよく知っている。彼は「外国人を差別した日本の案内文にも当然同意しない。ところで人種差別問題をめぐり『目には目を歯には歯を』という論理で戦うことは正しい解決策とは違うようだ」と自身の考えを明らかにした。

    「今回の件と関連してしたい話があるが、『日本人立入禁止』という文句は差別に対する教育とも関連があると思う。」ラファエルは最近の韓-日葛藤局面で日本製品不買運動を越えて「日本人立入禁止」ポスターまで登場した背景に韓国社会の人権教育不備と差別禁止法の不在を挙げた。「韓国の学校では『差別』が何かきちんと教えないようだ。また、ご存知の通り、包括的差別禁止法も制定されていないではないですか。そのような状況では日本人だけでなく他の差別もいつ起きてもおかしくはないでしょう?」

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)<‘日本人立入禁止’看板‘No Japs’立て札はなぜ人種差別でしょう>
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/905692.html

    引用元: ・【韓国】 「日本人立入禁止(No Japs)」のポスターはなぜ人種差別なのか?~外国人記者「韓国では差別を教えていない」[08/14]

    【その前に反日教育という大前提があるわけだが 【韓国】 「日本人立入禁止(No Japs)」のポスターはなぜ人種差別なのか?~外国人記者「韓国では差別を教えていない」[08/14] 】の続きを読む

    このページのトップヘ