まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日帝

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/19(金) 20:14:18.06 ID:CAP_USER
    [ユ・ジュヨルの東北ア談説-36] 「桜」には罪がない

    四季がはっきりとした韓中日三国で、春を知らせる伝令使は断然、春の花だ。春の花には、ケナリ、ツツジ、サンシュユ、モクレンなどがある。中国ではケナリを迎春花と歌いながら、春の伝令使として迎える。我が国と日本では、桜の花ではないかと思う。

    桜は冬を過ごした枯れた枝から、人の魂をすっと抜き取るほど薄ピンクに群れを成して咲く。桜がない春は考えにくい。昨日まではつぼみだったのに、起床したら咲き乱れている桜の花は「ポップコーンのように咲く」という言葉もある。

    桜花(※ポッ・コッ)は咲く様子からその名を得たという。語源の専門家は、「脱ぐ(※ポッヌン)花」(脱花)から意味を見つける。ムクゲが100日間、咲き続いているのに比べて、桜はたった15日以内ですべて咲いてすべて散るためだ。日本の場合も「咲く」という意味の「サク」から「サクラ」になったという。(省略…)

    魅力的で華麗に咲いた桜を見ながら感じたのは、桜の花が華やかすぎて、儒教精神の強い中国や韓国では大して歓迎されなかったのではないかという気もした。春の花の中でも梅は違う。忠孝を第一とする東洋社会で、寒風がまだ冷めない早春にも雪まで覆って咲く一房の純白の梅は礼賛された。昔の先人たちの梅についての詩は多いが、桜の詩があまり見られないのも、そのような理由ではないか。

    日本でも、韓半島の渡来文化が流行していた平安時代の貴族たちは、梅をより重宝にしていた。 5月1日即位するナルヒト日王と共に使用される新しい年号「令和」は、梅を賛美する萬葉集の歌から取った。「(梅が咲いて)良い季節の初春、空気も澄んで風も和む(初春令月氣淑風和)」という歌だ。萬葉集は百済の影響が大きい日本の古代詩詩集だ。

    9世紀半ば、悲運の貴族だった管原道眞が謀陥にかかって遠く九州に追放された。彼は、庭に咲いた梅を二度と見られないことを何よりも残念がった。道眞は流配の道を行き、「東風が吹いたら香気を送ってくれ、主人がなくても春を忘れないでほしい」と頼んだ。道眞が九州に到着すると、驚いたことに自分が愛した梅が先に飛んで来たではないか。道眞の「飛梅」伝説が九州の大宰府天満宮に残っている。

    日本が大陸との関係が断絶されると、国風という日本固有の文化を発展させて、梅よりも桜が大衆的人気を得るようになった。日本最高の桜の名所は、奈良県の中心にある吉野だ。吉野に行けば 「一目千本」という言葉がある。一目で千本の満開の桜の木を見るという意味だ。吉野には桜の木を1000昔から植えて、今では30000本の桜の木が層を作って咲いている。

    7世紀半ば天智日王が弟の天武を後継者にしたが、王位継承者を息子に変えたかった。賢い天武は自ら皇太子から退いて、吉野の寺に出家した。天智が死ぬと天武は吉野豪族の支援を受けて、壬申の乱を起こして甥を追い払う。日王になった天武は困難な時代に住んでいた吉野に桜が満開した夢を見て、桜の木を神木として植えたと伝える。

    日本で桜を楽しむ文化はエド(江戸、現在の東京)時代に絶頂を迎える。長い間、平和に浸って華やかさを追求する町人文化が流行していた江戸時代に、浮世絵と共に桜の人気は爆発した。吉野の若木の桜が江戸の園芸村だった染井の樹木園で特別交配されて、培養された新種の桜「ソメイ ヨシノ」が全国に普及した。

    東京の大使館に勤務していた時だった。春になると、日本の知人から桜を楽しむハナミ(花見)会に招待された。花見会に行ったら一抱えの桜の木の下にシートを広げて敷いて、一団となって集まって座って、弁当と一緒にビールを飲んでいた。近くの桜の木ごとに、人がびっしりで空席がなかった。知人によると、穴場スポットを押さえるために同僚が朝から位置の良い木の下にシートを敷いておいて待っていたという。

    桜は日本の軍国主義に悪用された。明治維新以降、大陸侵略の先頭に立った軍国主義者たちは、華やかに咲いて瞬く間に散る桜の属性が軍人(サムライ)の精神に合致すると考えた。桜の木は、軍国主義者たちの政訓木になって、軍人が駐留する所には桜の木を植え軍人精神を涵養させた。鎮海の桜が有名なのも、鎮海が日本連合艦隊の軍港だったからだ。(つづく)

    ソース ワールドコリアンニュース
    http://www.worldkorean.net/news/articleView.html?idxno=34049

    引用元: ・【韓国】 「桜」には罪がない…桜は済州原産で、日帝が桜のイメージを政治に悪用しただけだ。[04/19]

    【韓国にしか罪はない【韓国】 「桜」には罪がない…桜は済州原産で、日帝が桜のイメージを政治に悪用しただけだ。[04/19] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/29(火) 13:26:34.35 ID:CAP_USER
    慰安婦被害者死去 文大統領「歴史をしっかり正す」


    韓国人の慰安婦被害者、金福童(キム・ボクドン)さんが28日夜に死去したことについて、
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、自身のフェイスブックで「本当におつかれさまでした」と追悼し、
    「歴史をしっかり正すということを忘れない。生存している慰安婦被害者23人のため、道理を尽くす」と書き込んだ。

    また、「1993年、おばあさん(金さん)の慰安婦被害の公開証言により、知られていなかった歴史がわれわれの元に来た」として、
    「真実に向き合うための勇気を持つことができた」と投稿。

    「被害者(の立場)にとどまらず、日帝(日本帝国主義)の蛮行に対する謝罪や法的賠償を要求し、歴史を正すことの先頭に立った」と振り返るとともに、
    「(日本にある)朝鮮学校に奨学金を寄付し、他国の性暴力被害女性たちと連帯した」として、「人間の尊厳を取り戻すことに余生をささげた」と評した。

    その上で、「昨年、病室で会った際、依然として意志が弱っていない姿をはっきりと覚えている」として、
    「安らかにお休みください」と書き込んだ。
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190129001800882

    【あと23人】 慰安婦被害者キム・ボクトン、ハルモニ死去…残る生存者23人[01/28]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1548687670/

    引用元: ・【慰安婦被害者死去】 韓国・文大統領 「歴史をしっかり正す。 被害者は日帝の蛮行の歴史を正すことの先頭に立った」

    【歴史修正主義者らしい発想だな【慰安婦被害者死去】 韓国・文大統領 「歴史をしっかり正す。 被害者は日帝の蛮行の歴史を正すことの先頭に立った」 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/16(水) 13:43:25.63 ID:CAP_USER
    日帝強制占領期間の終わりから今に至るまで、我が国にはこれという鉄道発展有功者がいない。今、私たちが享受している鉄道サービスは日本の朝鮮侵奪がもたらした大きな贈り物であり、育つ子供たちにもこの様な事実を積極的に知らせなければならない。

    これは最近、記者が感じた韓国鉄道公社(コレイル)のあきれた歴史認識だ。

    コレイルは子供用インターネットホームページを作って、そこで我が国の鉄道発展に寄与した人物を紹介してきた。大部分が日帝強制占領期間に活動した人々で満たされ、ここにはさらに親日派の名前も上げた。独立後に活躍した本物の私たちの鉄道発展の主役はきれいに排除された。

    このホームページだけ見れば、我が国の鉄道発展は全て日帝強制占領期間の親日派と外国人事業家の手でなされたように見える。大韓民国を代表する鉄道公企業が作ったとは信じられない内容だ。

    問題はこのホームページの主な利用者層が我が国の鉄道の未来を導く学生たちということだ。コレイルは「日帝と親日派がプレゼントした鉄道に感謝の気持ちを持ちなさい」というやり方で鉄道の未来の卵を教えていた。あきれを越えて恐ろしいことだ。

    今月15日、これと関連した本紙の記事が出るとコレイルは静かに子供用ホームページの人物紹介メニューを削除した。記者が何回も要求した公式立場や釈明はついに出さなかった。

    今年は光復74周年になる年だ。しかし日帝残滓はものすごい生命力で相変らず私たちの人生のあちこちに残っている。それは物質的である場合があり、文化的や精神的なものもある。また、それは私たちを恥ずかしかった過去に限定されるのを越え、未来の子孫の精神と人生にまで影響を及ぼす。それはあたかもいくら止めようとしても防げない超微細粉塵のようだ。

    コレイルの事例は日帝残滓がどんな方法で残っていて、どのように生命力を維持して行るのかを如実に見せた。ゆがんだ鉄道の上で列車がまともに走れないように、歪曲された歴史認識の上では鉄道産業は正常な未来に向かって走ることができない。

    鉄道公企業コレイルは国家的自負心に育てなければならない韓国鉄道に、どういう姿勢で対しなければならないのか、から悩むように願う。

    [新亜日報]チョン・ドンファン記者
    no title


    ソース:新亜日報(韓国語) [記者手帳]コレイルに訪れる…「韓国鉄道は日帝の贈り物か?「
    http://www.shinailbo.co.kr/news/articleView.html?idxno=1134487

    引用元: ・【日帝残滓】 韓国鉄道公社(コレイル)に問う…「韓国鉄道は日帝の贈り物か?」[01/16]

    【じゃあ、鉄道なんて廃止しなさいよ【日帝残滓】 韓国鉄道公社(コレイル)に問う…「韓国鉄道は日帝の贈り物か?」[01/16] 】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2018/08/29(水) 10:39:17.96 ID:CAP_USER
    週末を利用して家族と山清東医宝鑑村を行った。王が上がったという王山(ワンサン)幹に多様な造形物が造成されていたが、その中で熊と虎の造形物が目に映った。「ニンニクとヨモギという薬草を最初に摂取した動物として韓医薬が私たち民族の誕生と共にしてきた歴史性を代弁することで、これもまた世界最大の雄壮な造形物だ」と説明されていた。

    特に三部からなる壁画には洞窟の中に熊と虎が暮らし、熊はニンニクを食べ虎は我慢できずに逃げる絵のそばに熊が人(熊女)に変わる姿があり、そのそばに神檀樹の下で子供を抱いて祈る熊女の絵を大きく描いていた。

    私たちの先祖は熊がニンニクを食べて人間になったというあまりにも非科学的な形で大韓民国のアイデンティティを抹殺する呆れ返った檀君神話の歪曲場面だ。

    三国遺事の「時有一熊一虎同穴而居常祈于神雄願化為人」という文章を植民史家らが「おりしも熊一匹と虎一匹がいて同じ穴で暮らしながら神雄(シンウン)に人に変えてくれと常に祈った」と間違って解釈したものを今もそのように信じている。

    「一熊一虎」は一匹の熊と一匹の虎を示すものではなく、熊部族と虎部族がいたという意味だ。そして「同穴而居」は熊と虎が同じ洞窟で暮らしていたのではなく、雄を崇める部族と虎を崇める二つの部族が一緒に暮らしていたという意味だ。

    今でもロシア、日本、世界のいろいろな所に熊を崇める部族が残っている。現在の私たちの生活の中にも動物を形象化して象徴するこの様な風俗は受け継がれており、プロ野球10チームの象徴は全部動物だ。慶南(キョンナム)を本拠とするNCダイノースは恐竜だ。ベトナム戦に参戦した猛虎、青龍、鳩部隊を虎、龍、鳩が参戦したと主張することと何が違うのか?国際奉仕団体ライオンズ・クラブは獅子(ライオン)ではなく人々が集まった団体だ。

    開国以来、朝鮮末に至るまで檀君は私たちの国祖であり、私たちは檀君の子孫だった。ところが日帝強制占領期間35年をたどりながら日帝は韓民族の悠久な歴史を日本の歴史より短くしようと植民史学者らを利用して偉大な檀君の歴史を神話に変えたのを70年過ぎた今もそのまま信じている大人たちが残念だ。

    代表的な植民史学者イ・ビョンドは死ぬときに檀君は神話ではなく実在の人物だと懺悔した。最後の朝鮮総督、阿部信之は次の通り予言した。「私たちは敗れたが、朝鮮が勝利したのではない。大言壮語したところで、朝鮮民が正気に戻って絢爛として偉大だった過去の朝鮮の栄光を取り戻そうとするなら100年という歳月がかかるだろう。私たち日本は朝鮮民に銃と大砲より恐ろしい植民教育を植えておいた。結局は互いに仲違いして奴隷生活を送るだろう。見よ!実に朝鮮は偉大だったし絢爛としていたが、現在の朝鮮は結局、植民教育の奴隷に転落するだろう。そして私・阿部信之は再び戻ってくる。」

    今、学生たちが習う歴史の本には熊と虎を崇める部族となっている。山清郡(サンチョングン)は植民史観から目覚めて大陸を支配した偉大な古朝鮮の歴史を土台に東医宝鑑村を訪れる内外の観光客に韓民族の偉大だった精気神先導文化や弘益(ホンイク)人間、梨花(イファ)世界の地球人精神を知らせる造形物を建設し精神指導国・大韓民国の広報を望む。

    キム・スゴン/密陽東明高等学校教師
    http://ph.idomin.com/news/photo/201808/574521_439022_5316.jpg

    ソース:慶南(キョンナム)道民日報(韓国語) [発言台]檀君「神話」は日帝が「歴史」歪曲したこと
    http://www.idomin.com/?mod=news&act=articleView&idxno=574521

    関連スレ:【韓国】 「教科書の韓国史は中国史か日本史だ」~檀君を神話とし歴史空間を韓半島に限定するなど植民史観に基づく[09/05] [転載禁止](c)2ch.net
    https://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1441459157/
    ※前スレ
    【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」~檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲[08/28]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535461745/
    【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」~檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲★2[08/29]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535467200/
    【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」~檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲★3[08/30]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535473765/
    【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」~檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲★4[08/31]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535479435/

    引用元: ・【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」~檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲★5

    【神話の意味がわからんのかねえ【韓国】 「熊が人間になるなんてあまりに非科学的」~檀君「神話」は日帝の「歴史」歪曲★5 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/08/27(月) 16:29:14.66 ID:CAP_USER
    韓国国防部が軍隊内で警察職務を遂行する兵科の「憲兵」という名称を「軍事警察」に変更する方向で検討に入った。

    27日、国防部によると、同部は一部の兵科名称に問題があるという指摘を受け、兵科の名称変更に対する各軍の意見を集めている。政府消息筋は「3軍の憲兵兵科では憲兵を軍事警察に変えようという意見が最も多く提示され、名称変更がほぼ確定的」と伝えた。

    国防部は各軍の意見を取りまとめた後、今月中に軍人事法施行令を改正する方針だ。軍人事法施行令第2条第2項には各軍兵科の名称が羅列されている。

    これに先立ち、陸軍憲兵室は今年3月の兵科創設70周年を迎えて「兵科の発展および改革推進大討論会」を開いて兵科の名称・標識・徽章などの改善案について協議した。このときに「憲兵」は日帝強占期時代の「憲兵隊」を連想させるという意見が出た。これに伴い、陸軍憲兵室は憲兵の兵科名称を軍警・軍警察・警務のうちから変更する案を検討した。

    憲兵は、軍隊の中で秩序の維持と軍規確立、法律や命令施行、犯罪予防と捜査活動、刑務所の運用、交通統制、捕虜の管理、軍事施設と政府財産保護などの任務を担当している。

    米軍の憲兵は軍事警察を意味する「Military Police」を使用している。非武装地帯(DMZ)と共同警備区域(JSA)の警備兵力はすべて憲兵・MPの腕章をつけている。国連軍司令部の規定により、DMZとJSAは軍ではなく民政警察だけが出入りできるようになっているためだ。北朝鮮はDMZ警備部隊を民政大隊、JSA警備部隊を警部隊と呼んでいる。

    日帝憲兵隊は、日本帝国主義の強占統治を受けていた朝鮮や台湾だけでなく、日本でも強い権力をふるった。日帝憲兵隊が軍事警察任務以外に民間警察任務を引き受けながら、政治・思想警察も兼ねていたためだ。1919年三・一運動(独立運動)を無慈悲に鎮圧したその先鋒に立っていたのがこの日帝憲兵隊だ。

    日本陸軍は1881年フランスの憲兵制度を基礎として憲兵条例を作りながら憲兵を創設した。フランス国家憲兵隊(Gendarmerie Nationale)は地方小都市と高速道路で警察の役割を果たし、国家機関・施設を警備する。

    軍内部では、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官と憲兵との悪縁をささやく人々もいる。宋長官は2006年に海軍参謀総長に就任した後、海軍憲兵の不条理と不正を改革するよう指示した。長官就任後、憲兵兵科を対象とした公式席上で「我が軍の憲兵は日帝憲兵隊の伝統と脈が通じている。これを変えなければならない」という趣旨の発言をしたことがある。


    2018年08月27日16時03分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/457/244457.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】 憲兵という名称が「日帝を連想」 韓国国防部、「軍事警察」への変更を検討 [08/27]

    【陸軍とか海軍も日程残滓 ww 【韓国】 憲兵という名称が「日帝を連想」 韓国国防部、「軍事警察」への変更を検討 [08/27] 】の続きを読む

    このページのトップヘ