まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:新聞

    1: 荒波φ ★ 2018/05/09(水) 09:03:52.29 ID:CAP_USER
    “朝鮮籍の在日同胞3世” 鄭栄桓教授
    no title



    金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)国務委員長が板門店の軍事境界線を越えた先月27日、在日朝鮮人(朝鮮籍)の鄭栄桓(チョン・ヨンファン)明治学院大学教授(38・写真)が仁川空港を通じて入国した。

    4日、ハンギョレのインタビューに応じた鄭教授は「金正恩国務委員長が『私たちが失った11年』という表現を使ったが、その分の時間を失った一人として“4月27日”をソウルで迎えることができて感激した」と話した。

    ■李明博・朴槿恵政府の時は入国不許可  
    ■2009年「拒否は不当」行政訴訟も敗訴  
    ■先月27日、12年ぶりに故国再訪問  
    ■「4・27首脳会談をソウルで迎えて嬉しかった」 
    ■朝鮮籍のアイデンティティ・慰安婦問題が“専門”  
    ■「在日朝鮮人は植民地・分断史の被害者」

    鄭教授は2006年に続いて12年ぶりに韓国を訪問することができた。2009年、李明博(イ・ミョンバク)政府は彼が韓国の地を踏むのを拒否した。朴槿恵(パク・クネ)政府も同じだった。2016年6月、鄭教授は自分の著書である『誰のための和解か』(日本語題:『忘却のための「和解」―『帝国の慰安婦』と日本の責任』)出版記念講演のために帰国しようとしたが、韓国の入国が止められた。

    この本は、慰安婦被害者に対する日本政府の法的責任を否定して議論を呼んだ朴裕河(パク・ユハ)世宗大学教授の『帝国の慰安婦』を批判する内容が書かれていた。昨年文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足した後、ようやく彼の韓国入国の道が開かれた。これに先立ち、文大統領は「在日同胞は国籍を問わず故郷訪問を正常化させる」という政府の態度の変化を予告した。

    長い間韓国で会うことができなかった鄭教授の講演日程はハードだった。入国翌日から日本軍慰安婦研究会、歴史問題研究所、民主社会のための弁護士会、ソウル大学人文学研究院が主催した6回の講演を一週間で消化した。講演のテーマは彼自身の「アイデンティティ」であり、専攻でもある朝鮮籍問題、そして慰安婦問題だった。

    1980年、日本の千葉県で朝鮮籍の在日3世として生まれた鄭教授は、小・中・高校まで朝鮮学校に通った。日本は1947年に在日朝鮮人の国籍欄に「朝鮮」と書くように指示したが、その後、日本に帰化しなかったり、韓国国籍を取得しなかった在日同胞は「朝鮮籍」として残ることになった。その数は3万人を超える。

    南北交流協力法では、国籍と韓国のパスポートがない外国居住同胞が入国するためにはパスポートの代わりとなる「旅行証明書」を持たなければならない。鄭教授は、日本の大阪総領事館で旅行証明書を受け、2005年と2006年に二回韓国を訪れたが、2009年に急に発給を拒否された。

    彼は「私はその時まで『朝鮮』は朝鮮民主主義人民共和国であり、韓国に行くことは“転向”のように思われ、行ってはならない国だと思った。だが韓国に行けなくなると、もはや行かなければならない国となった」とした。


    2018-05-09 08:21
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/30532.html

    >>2に続きます。

    引用元: ・【インタビュー】 「在日朝鮮人に『南か北か』を問わないでほしい」=ハンギョレ新聞 [05/09]

    【【インタビュー】 「在日朝鮮人に『南か北か』を問わないでほしい」=ハンギョレ新聞 [05/09] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/18(日) 09:03:24.65 ID:CAP_USER
    韓国政府から見捨てられた人々の怒りが、文在寅政権を誕生させた。そして今、彼らは国の行く末についてどのような思いを抱いているのか。膠着する日韓関係をどのように見ているのか。新聞やテレビでは報じられない「棄民」たちの肉声を現地で聞いた。

    ●70代男性/無職
     文大統領が北朝鮮との距離を縮め、再び北に貢物や支援をするだけの状況に陥ることを懸念しています。若い世代は戦争の怖さを知らないから、文大統領には北に毅然と対応してほしい。韓国の政治に必要なのは、何よりも秩序と安定です。

    ●60代女性/露天商
     とにかく経済が悪すぎますよ。生活は日ごとに苦しくなるばかり。最近では中国人観光客が激減し、売り上げも確実に落ちています。そうした国内経済の問題を解決してくれるとは思えなかったので、私は文大統領に投票していません。

    ●50代男性/市場関係者
     韓国経済は本当に厳しいが、日本のように苦境を克服しなければならない。慰安婦問題で日本の対応には不信感があるが、韓国社会の意見をまとめてこなかった韓国政府の対応にも問題がある。北朝鮮問題も含め、文大統領に解決を期待したい。

    ●70代男性/無職
     独島(※竹島の韓国名)が韓国の領土であることは明白です。韓国人として日本に送るメッセージはこの一言に尽きます。日本政府、そして日本人がこのことを真摯に受け止め事実と認めてくれるのなら、それはとても嬉しいことだし心から感謝したいです。

    ●50代男性/靴磨き
     韓国と日本は地理的条件からして、互いに協力して発展していくべきだと思います。でも、両国間にはあまりに大きな懸案事項がある。日本がきちんと誠意を示せば、解決までにそう多くの時間はかからないはず。まずは日本に変化を求めたいと思います。

    ●30代女性/飲食店店主
     私は日本のアイドルグループ“嵐”の大ファンです。韓日の往来が盛んな今日、互いの国の芸能人のファンも増え、好感度も増しているはず。それなのに、両国は今でも「近くて遠い国」と言われています。それは韓日両国民にとって不幸なことです。

    ●40代男性/仏教関係者
     選挙にしても、慰安婦など日本を巡る歴史問題にしても、そして経済問題にしても、偏った考え方や主張を鵜呑みにする人が、どの年代にもいます。いまの韓国社会は人々がギスギスしていて分裂が激しい。もっと互いに配慮する社会になるべきです。

    ●30代女性/主婦
     私は文大統領には投票しませんでした。理由は……何となく信頼できないイメージがあったから。中国と友好関係を築くことは良いことですが、PM2.5など中国を巡る諸問題について、子を育てる親としてなし崩しにされることは絶対に許せません。

    ●60代男性/失業者
     私はタバコの値下げを公約した保守系の洪準杓候補に投票しました。私たち失業者は月70万ウォンの失業手当を1年限定で受け取るが、タバコすら高くて買えず、楽しみもない。文大統領はホームレスや困窮者にも目を配る政策を実行すべきです。

    ●30代男性/セウォル号事件の活動家
     国民から甘い汁を吸い取る既得権益者たちを一掃する必要があります。彼らが起こした悲劇の最たるものがセウォル号事件でした。文大統領はセウォル号事件の解決を約束しましたが、政治の舞台から既得権益者を排除することはそう簡単ではありません。

    ●20代女性/大学院準備生
     文大統領に投票した人はイメージ優先で入れたのでは? 様々な公約を掲げていますが、本当に実現できるかは怪しい。韓国企業は経験者だけを求めるため。未経験で何年も就職できず、どんどん年をとってしまう人が多い。就職難の解決が急務です。

    ●20代男性/学生
     この国には生活に困窮する若者がたくさんいます。アルバイトの最低賃金が低すぎて、苦学しながら就職難に耐えている若者も多い。そうした状況を打破するためには、青年問題を専門的に扱う新省庁の設立が必要。それが文大統領の責任です。

    ※SAPIO2017年7月号

    https://www.news-postseven.com/archives/20170618_562006.html?PAGE=1#container
    2017.06.18 07:00

    引用元: ・【棄民の肉声12】文在寅大統領を誕生させた韓国「棄民」12人の叫びを現地直撃[6/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どうにもならんし】新聞やテレビでは報じられない韓国人の声】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/07(金) 09:33:39.56 ID:CAP_USER
    東亜(トンア)日報の取材チームが、カカオトークの大統領選挙関連「オープンチャットルーム」10カ所を
    先月30日から今月6日にかけて集中的に分析した結果、7ヵ所に偽ニュースが掲載されていたことが明らかになった。
    偽ニュース(Fake News)とは、メディアに実際に報道されたかのように虚偽に流される情報をいう。
    カカオトークの参加者なら匿名でも書くことのできるオープンチャットルームが、
    ソーシャルネットワークサービス(SNS)の人脈の中で偽ニュースを全方位に拡散させる新しい流通経路として浮上したのだ。

    偽ニュースは、かつての「〜そうだ」のようなデマと違って、
    メディアに報道されたとか、有名人が語ったというように、公信力を利用することで国民への詐欺に他ならない。

    昨年、米大統領選挙では、
    「フランシスコ法王はドナルド・トランプ共和党候補を支持する」「ヒラリー・クリントンは児童性搾取組織に関わっている」などの
    偽ニュースが流布され、形勢に影響を及ぼしたという指摘が出たほどだ。
    9月に総選挙を控えているドイツで、偽ニュースの生産者を懲役刑に処し、これを掲載したり、コピペした媒体には、
    1件当たり50万ユーロ(約6億3000万ウォン)の罰金を科す法案を準備している理由でもある。

    韓国でも、韓国言論財団の先月末のオンライン調査によると、
    成人男女の76%が偽ニュースのために、本物のニュースを見ても偽物と疑うと答えた。

    最近、現代(ヒョンデ)経済研究院は、
    偽ニュースによる社会的信頼低下や国論分裂などの社会的被害費用が、年間30兆ウォンに達すると試算した。
    5月9日の大統領選挙を控えて、偽ニュースがさらに猛威を振るうことが予想されるが、
    韓国には、偽ニュースについての規定すらない。

    中央選挙管理委員会が、フェイスブックの韓国支社と
    「フェイスブックの管理者は公職選挙法に違反する偽ニュースを盛り込んだ記事を発見したら、
     迅速な削除と共に選管委に資料を提出する」という内容の協議を終えたと言われているが、いまだ提出された資料などない。

    今日は第61回新聞の日だ。
    偽ニュースの氾濫は、逆説的に新聞の役割と重要性を改めて気づかせる。
    偽ニュースを選別する最も確実な方法は、信頼できる新聞が報道したものか、記者の名前が明示されているかを確認することだ。
    私たちは、言論の中枢として、読者の知る権利のために真実を報道するジャーナリズム本来の使命と責任を果たすことを約束する。
    社会的公器である新聞は、正確な報道と深みのある分析で、偽ニュースと戦って撲滅する。

    以下ソース:東亜日報  April. 07, 2017 08:38, Updated April. 07, 2017 08:39
    http://japanese.donga.com/List/3/0501/27/891765/1

    引用元: ・【東亜日報/社説】偽ニュースが幅を利かす世の中、新聞の役割はさらに重要になった[04/07]©2ch.net

    【【元祖偽ニュースじゃねーか 】東亜日報「偽ニュースの氾濫は、新聞の役割と重要性を気づかせる」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/15(水) 20:01:43.19 ID:CAP_USER
    日本の新聞による韓国の内政に対する口出し的干渉が度を越している。
    読売新聞は12日付で、朴大統領を罷免した憲法裁判所の全員一致判決に対して「政治的決定」ではないかという疑問を提起した
    no title


    「大陸浪人」という言葉に初めて遭遇したのは、明成(ミョンソン)皇后暗殺事件に対する古典といえる角田房子の『閔妃暗殺』という本を通じてだ。

    この本で、日本陸軍少佐出身の岡本柳之助(1852~1912)という謎めいた人物は、民間人の身分で日本政府が背後で主導した明成皇后暗殺(1895年)の主導的役割を担う。

    このように明確な公的地位もなく朝鮮半島、満州、中国を往来して日本の大陸侵略のために活動した者を「大陸浪人」と呼ぶ。

    彼らが初めから明確な目的意識を持って動いたわけではない。しかし、彼らは結局日本の国益を貫徹するために朝鮮の内政に干渉し、その過程で一国の王妃を殺害し、結局朝鮮を強制併合する一助となる。

    解放以後にも日本は自国の利害により韓国の国家利益を規定した後、多様な公式・非公式的ルートを通じて多くの干渉と圧迫を加えてきた。

    日本と韓国軍事政権の間の黒幕として活動したのが児玉誉士夫、瀬島龍三のような日本の右翼人士だった。

    特に後に伊藤忠商事の会長職にまで上がることになる瀬島は、公職者ではなかったが、全斗煥(チョン・ドファン)時代に韓国軍事政権と日本政府を連結する後援者の役割を果した。

    瀬島は光州(クァンジュ)虐殺で沸き立った韓国の世論を収拾するための方策として、全斗煥元大統領にはソウルオリンピック誘致、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領には保守大連合を通した内閣制改憲などを助言したと伝えられる。

    日本の右翼が韓国の軍事政権を支援した理由は一つであった。冷戦時期に共産勢力に対抗し日本を守る強固な防波堤として韓国を活用する必要があったためだった。

    10日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免決定に対する日本マスコミの報道態度もこれと似ている。

    日本の保守を代弁する読売新聞は12日、朴前大統領の罷免を確定した憲法裁判所決定に対して「憲法裁判所が大統領罷免を要求する国民の声におもねって権力を行使したのなら行きすぎだろう」と主張した。

    それと共に、韓米日3角同盟深化、THAAD配備決定維持、12・28合意尊重を要求した。日本の口に合うように韓国の国家利益を規定した後、干渉して、入れ知恵して、罷免決定が下されると癇癪を起こすような態度だ。

    安倍晋三政権は彼らの支援を背景に韓国の新しい政権が朴槿恵政権の外交・安保政策を修正しようとすれば、多様な報復措置を次々と与えると予想される。

    日本マスコミの「大陸浪人」のような報道を見て、韓日関係の本質は100余年前と全く変わっていないことを改めて痛感する。

    韓国ハンギョレ新聞社 東京/キル・ユンヒョン特派員
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/26780.html
    韓国語原文入力:2017-03-13 20:33
    http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/786357.html 訳J.S(1207字)

    引用元: ・【ハンギョレ】日本マスコミの“度を越した”報道をどう見るべきか 韓日関係の本質は100余年前と全く変わっていない[3/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【都合の悪いことは報道すんな】ハンギョレ「日本の新聞による韓国の内政に対する口出し的干渉が度を越している」】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 11:49:24.57 ID:CAP_USER.net
    ■ 日本メディア、産経新聞元ソウル支局長の無罪判決を大見出しに
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (写真)
    no title

    ▲ 日本メディアは加藤達也産経新聞元ソウル支局長の無罪判決を大々的に報道した
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    12月17日、この日は大韓民国が『見蚊抜剣・肝脳塗地(※蚊を見て剣を抜いたら、肝臓や脳が
    泥まみれになっちゃう)』になった日である。国格を完全に失った日でもある。
    ※ 些細な事に怒って飛び掛かったが返り討ちに遭って惨殺されてしまうという意味らしいです

    ソウル中央地方裁判所刑事合意30部(部長判事=イ・ドングン)はこの日、朴槿恵(パク・クネ)
    大統領に対する名誉棄損疑惑で起訴された産経新聞の加藤達也元ソウル支局長(49歳)に対し、
    無罪判決を下した。

    加藤元ソウル支局長は2014年10月、『情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律』
    違反の疑いで非拘束起訴されて、今年10月に1年6ヶ月の懲役の求刑を受けた。しかし、この日
    裁判部は、「被告人(加藤元ソウル支局長)は虚偽の噂を基に記事を作成、朴大統領個人の名誉
    を毀損したのは事実だが共益的な目的だった事が考慮できる。また、民主主義社会で該当の
    記事はマスコミの自由保護領域に含まれるため無罪である」と宣告した。

    問題になった記事は2014年4月16日のセウォル号事故の当日、朴槿恵大統領の7時間の行動に
    対する噂をフィルターを通さずにそのまま報道した。当時噂で流れたチョン・ユンヒ氏との密会に
    関し、朝鮮日報の記事を引用して加藤元ソウル支局長が産経新聞のインターネット版に掲載した
    のである。

    ■ 「そのまま無視してもかまわない記事が拡大再生産されて」
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    加藤元支局長が2014年10月に起訴されると、産経新聞を含む日本メディアが怒りをあらわにした。
    逆に青瓦台(大統領府)がマスコミの自由を侵害していると反発した。最初はわざとスルーしていた
    朝日・毎日新聞のような大手のマスコミまで加勢して批判した。後には日本の報道機関を飛び
    越えて、世界のメディアにまで拡がった。結局、朴大統領の7時間の行動スキャンダルは、世界的
    なスキャンダルになってしまった。

    むしろ無視していれば、湯呑み茶碗の中の台風で終わったはずである。加藤記者の書いた記事
    は厳密に言えばまともな記事ではなく、イエローペーパー記事の類だった。加藤記者が直接取材
    した内容も皆無で、彼の言葉通り朝鮮日報の記事を引用したにせよ、あるいは街で流れる噂を
    組み合わせたにせよ、記者としての基本常識である『確認』さえもしない言葉通りの『水準未達』の
    記事だった。それで産経新聞の紙面に載らない状態でインターネット版に載せる事となった。事件
    初期に朝日や毎日新聞などが乗り出せず、観望ばかりしていた理由もまさにこの記事の質的
    水準にあった。

    ソース:時事ジャーナル(韓国語)
    http://www.sisapress.com/news/articleView.html?idxno=72160

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】「朴槿惠大統領は産経を世界的な新聞にした救世主」[12/25]

    【全て韓国側のオウンゴールなんだが。 【韓国】「朴槿惠大統領は産経を世界的な新聞にした救世主」[12/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ