まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:料理

    1: らむちゃん ★ 2017/11/19(日) 13:51:29.63 ID:CAP_USER
    2017年11月17日15時40分 中央日報/中央日報日本語版
    http://japanese.joins.com/article/569/235569.html?servcode=100

    韓国とイタリアの最大の共通点は食べ物への限りない関心だ。両国にはグルメツアーと料理情報の共有にはまっている人が多い。韓国料理は欧州で和食・中華料理に比べて認知度が低いが、2015年ミラノ国際博覧会を契機に少しずつ広報効果が出ている。

    イタリア人が接続する韓国関連ウェブサイトの韓国料理情報を見ると、変化が見られる。かつてはビビンパ・プルコギのような食べ物を集中的に広報した。最近は、食べ物よりは韓国式食堂や料理人、韓国料理の材料を栽培する農家を紹介する。方向の転換のおかげで韓国料理の裏面にある文化・環境と韓国自体をより有効的に知らせることができる。

    9月28日、「ワールド韓国料理フェスティバル」では外国人シェフの韓国料理への再解釈が非常に印象的だった。行事2日前にイタリア・サルデーニャ政府が韓国料理財団と業務協約を締結した。サルデーニャのシェフが韓国料理を習って文化交流に出ている。文化広報は現地人の協力がとても重要だ。各国のシェフが韓国料理を習って料理し、現地の料理に組み合わせれば韓国料理のイメージを高めることができる。ピザ・パスタが普遍的な世界的な食べ物になったのは各国のイタリア食堂のおかげだ。

    広報戦略にも大きな変化が見られる。韓国料理の行事で国籍不明のフュージョン料理が姿を消し、伝統的な韓国料理と日常的な料理が注目を浴びている。「外国人は辛いものが食べられず、ニンニクを嫌う」という先入観のために外国人の口に合わせるよりは本来の韓国料理を紹介するのが真正性のある広報だ。食べ物の名前を翻訳する必要もない。テンジャンチゲを「発酵された豆スープ(fermented bean soup)」に変えれば興味をそそらない。スシやディム・サムのように誰にでも聞けば分かるような韓国料理がまもなくできるだろう。広報の方法がもう一つある。サンナクチ(生きたタコ)・ホンオフェ(ガンギエイの刺身)・タッパル(鶏足の激辛炒め)のような独特な食べ物だ。

    食べ物の味と形に劣らず興味を誘発することも重要だ。

    (全文は配信先で読んでください)
    1がたった日時 2017/11/18(土) 14:02:48.15
    前スレ 【韓国】イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ★8コピペコピぺ対策です6
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511058834/

    引用元: ・【韓国】イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ★9

    【【まずは衛生観念からだよね】「イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ」中央日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/27(日) 01:23:11.11 ID:CAP_USER
    2017年8月25日、環球網は記事「韓国人の一番好きな食べ物はキムチ?本当に好きなのはこれだ」を掲載した。

    韓国の食べ物と言えばキムチが有名だが、実際には韓国人が一番好きな食べ物は別にあるようだ。

    米CNNは「韓国人が生活に必須な食品」との記事を掲載しているが、その記事によると最も好きな料理は「ヘジャンクク」だという。

    「へジャンクク」は牛骨ダシに豚肉、血豆腐、白菜、ネギなどを入れて煮込んださっぱりスープ。酔い覚ましに効果があるとされている。

    この料理が最も愛されているとは、韓国人がどれほど酒好きか分かるというものだ。

    記事では他に韓国人が愛する料理として「キムチ」「豆腐チゲ」「サムギョプサル」「テンジャンチゲ」「フライドチキン」「ラーメン」「キムチチゲ」「ブテチゲ」「ケジャン」などが紹介されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)

    http://www.recordchina.co.jp/b188628-s0-c30.html

    no title

    引用元: ・【食】韓国人が一番好きな料理はキムチじゃなかった!堂々の1位になったのは…―韓国[8/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【料理なのか?】韓国人が一番好きな料理はキムチじゃなかった!】の続きを読む

    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2016/07/20(水) 00:46:38.49 ID:CAP_USER
    コムタンは「Bear Tang」? 韓国料理のトンデモ英語表記を是正へ
    no title


    13日昼12時、ソウル市鍾路区の観光人気スポット・仁寺洞。
    通りに並べられた韓国料理店の立て看板のメニューを見ていた香港の観光客が、一緒に旅行に来た人に「ハングルを見ると同じメニューみたいだけれども、英語表記は全部違うね」と話しかけ、首をかしげた。

    仁寺洞で20メートルも離れていない韓国料理店3店の立て看板に書かれていたテンジャン(韓国みそ)チゲ(鍋料理)の英語表記はすべて異なっていた。
    ある店はテンジャンを日本のみそと同じ英語表記「Miso」を使って「Miso stew(ミソ・シチュー)」と、別の店は「テンジャン」をハングルのローマ字表記「Doenjang」を使って「Doenjang stew(テンジャン・シチュー)」と書いた。
    その隣の店は「大豆ペーストのシチュー」という意味の「Soybean paste stew(ソイビーン・ペースト・シチュー)」と書いた。これが韓国観光公社と韓国料理財団の表記方式に合っている表記だ。

    文化体育観光部(省に相当)と農林畜産食品部は、国立国語院・韓国観光公社・韓国料理財団・韓国外食業中央会などと共に、でたらめな外国語に翻訳され、外国人観光客に混乱を与える韓国料理メニューの翻訳ミスを直していくことを決めた。

    韓国を訪れた外国人観光客は今年上半期だけ810万人に達している。
    文化体育観光部が昨年1万2900人を対象に調査した「外国人観光客実態調査」の報告書によると、韓国を訪れた外国人観光客が「グルメ観光」に参加した割合(重複回答あり)は半数(47.4%)近くになる。

    しかし、国内の主な観光地にある韓国料理店のメニュー表記がまちまちなため、外国人観光客はメニューを選ぶ時にかなり不便な思いをする。

    「Beef Tartare(ビーフ・タルタル)」と表記すべきユッケを「Six Times」、「Pollack Stew(タラの鍋料理)」と表記すべきトンテ・チゲを「Dynamic Stew」などと間違って翻訳して外国人観光客に笑われている。
    前者は韓国語の6回とユッケが同じ発音になるため、後者は凍ったタラを意味するトンテを同じ発音の「動態」と間違え、それを「Dynamic(ダイナミック)」と英訳したミスだ。「Beef Bone Soup」とすべきコムタンを「Bear Tang」に翻訳したケースもあった。
    コムタンは牛骨スープだが、「コム」を韓国語のクマと間違えたのだ。

    昨年12月に順天郷大学産学協力団が韓国観光公社に提出した「韓国料理メニュー外国語表記実態調査」の報告書によると、ソウル市内の主要観光地に中国語メニューがある韓国料理店192店のうち、33.9%(65店)は1つ以上のメニューに深刻な誤訳があることが分かった。
    英語メニューはレストラン230店のうち21.3%(49店)、日本語メニューは235店のうち21.7%(51店)の店で韓国料理名を誤訳していたという。

    韓国観光公社は、同公社のホームページにある「観光用語外国語用例辞典」で食品・宿泊・ショッピング・交通など8分野のハングル名称を英語・日本語・中国語簡体字と繁体字に正しく翻訳する方法を教えてくれる。
    「韓国料理」の場合、ご飯やおかゆ・めん・スープ類・チゲなど10数種類に分かれており、2300以上のメニュー表記が分かる。
    また、韓国観光公社ではネイバーなどの大手検索サイトと協力し、検索ウィンドウに料理名を入力すると英語・中国語・日本語の3カ国語で標準的な翻訳が出るようにする方針だ。

    慶熙大学観光学科のイ・テヒ教授は「外国人の失笑を招くでたらめなメニューが韓国の観光競争力をどれだけ下げてしまうのか、観光客に直接接する飲食店主たちは真剣に考えなければならない。
    政府も支援をすることで、継続的な啓蒙活動を行う必要がある」と語った。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/18/2016071801180.html

    引用元: ・【韓国料理】 訪韓観光客向けメニュー:コムタンは「Bear Tang」、テンジャンチゲは「Miso stew」など…トンデモ英語表記を是正へ[07/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国料理】韓国観光公社「ユッケは「Beef Tartare(ビーフ・タルタル)」と表記すべき」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/06/09(木) 12:54:32.67 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】ソウル市が9日、市を代表する「食」を定め観光資源化に取り組むことを明らかにした。ソウル観光で食に対する関心が高いため。市は仁川のチャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺)や全州のビビンバ、春川のタッカルビ(鶏肉の唐辛子味噌炒め)のように、ソウルといえば誰もが思い浮かべる食べ物として定着させたい考えだ。

     ソウルを代表する食を定めるため、市は月初に諮問委員を選任した。学界や料理界、観光分野の専門家のほか、中国人観光客を取り込むために中国大使館関係者も委員に含めた。テレビ番組などで活躍するフードコラムニストのファン・ギョイク氏が委員長を務める。

     委員らはこのほどの初会議でソウルの食を選ぶ基準として、▼観光客が好む観光資源としての食べ物▼ソウルのアイデンティティーや文化、伝統が感じられる食べ物▼ソウル市民もうなずける庶民目線の食べ物――を掲げた。こうした基準に基づき、候補を提案する。

     ソウルを代表する食が決まれば、外国語でもネーミングし、主要ポータルサイトなどのオンライン、オフラインで積極的にPRする計画だ。

     観光客は食に対する関心が高い。市が昨年実施した調査によると、外国人観光客のソウル旅行の内容(複数回答)は「ショッピング」の79.7%に続き、「グルメ」が57.5%だった。別の調査でも、外国人観光客がソウルといえば思い浮かべる観光コンテンツのトップは「食」だった。

    聯合ニュース

    ソース:朝鮮日報日本語版<ソウル代表する「食」決めてPRへ 市が観光資源化>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/09/2016060901249.html

    引用元: ・【グルメ】 ソウルを代表する「食」を決めて世界へPR~市が観光資源化[06/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【グルメ】ソウル市が観光客向け料理を選定。審査員に中国大使館関係者】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 09:46:19.02 ID:CAP_USER.net
    「最近のトレンドを見ると、韓食(韓国料理)が国籍不明の料理になっていくような感じです。
    韓食のグローバル化のためには固有のスタイルをしっかりと確立して守ろうとする努力が何よりも重要です」

    全州(チョンジュ)国際韓食料理学校に通うエルデン・ジャビッツ(Erden Cavit)さん(24)は
    「『フュージョン韓食』『モダン韓食』は外国人の好みに合わせて韓国料理を組み入れる形で行われるようだ。
    新しい料理という賛辞は聞くかもしれないが、『韓国固有の料理』という評価は受けられないだろう」と話した。

    トルコ出身の料理人で昨年9月から韓国料理を学ぶために留学しているジャビッツさんは、
    2012年イタリアのフィレンツェ料理学園在学時代に映画『王の男』を通じて韓国料理に初めて接したという。

    華やかで清潔な宮中料理の膳に深い感銘を受け、インターネットや本などで韓国の食に関する資料を探して自分で作ってみた。
    翌年、現地で韓国人女性と出会って結婚し、本格的に韓国料理に没頭するようになった。「パスタより雑菜(チャプチェ)をたくさん作った」と冗談を言うほどだ。

    韓国料理に対する愛情は誰よりも強いというジャビッツさんは、
    「日本料理と中華料理は味を見なくてもそのスタイルだけでどこの国のものか知ることができる」とし
    「韓国料理も伝統にこだわる精神と固有の味を守ろうとする一貫した努力をすることがグローバル化への近道」と話した。

    ジャビッツさんは韓国外交部と全羅北道(チョルラブクト)が主催した「2014地球村韓国の味コンテスト」で優勝した経歴を持つ。
    当時、コンテンストには世界20カ国余りから予選を勝ち抜いた外国人韓食マニア200余人が参加した。

    ジャビッツさんは午前9時から始まる授業が午後2~3時になれば終わるところ、午後10~11時まで実習を繰り返すほど熱心な学生だ。

    イ・ジェオク指導教授は「外国人にとって簡単ではないクジョルパン料理はもちろん、ユッケジャン・テンジャンチゲなど
    スープ料理を韓国人の口に合うように作る腕と努力は、同じ班の学生の中でも最高水準」と伝えた。

    ジャビッツさんは「韓国料理の最大の魅力は季節料理と発酵の深い味」としながら
    「五方色料理が鍮器に盛り付けられた独特の雰囲気と美しさは西洋の皿では到底まねできない」と話した。

    だが、ジャビッツさんは「はっきりしない計量と調理法は韓国料理を作るときに大きな困難を引き起こす」と指摘した。

    ジャビッツさんが通う国際韓食料理学校は韓食スターシェフの養成を目的に2012年農林水産食品部(現・農林畜産食品部)と
    全羅北道・全州市・全州大などが提携して設立した。海外派遣韓食調理士の養成を目的とした2年コース、シェフの養成を目的とした1年コースを運営中だ。


    2016年04月27日09時25分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/030/215030.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【中央日報】「韓国料理、ますます国籍不明の料理になりつつある」[04/27]

    【伝統なんて無いからだよw【中央日報】「韓国料理、ますます国籍不明の料理になりつつある」[04/27]】の続きを読む

    このページのトップヘ