まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:文書

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/05/14(日) 01:25:38.04 ID:CAP_USER
    no title

    ◇終わらない歴史/イ・テジン著/424ページ・3万ウォン

    20年余り、日本の韓国強制併合の不法性を研究してきた著者(ソウル大名誉教授)が植民支配清算のために知っておくべき点とすべき事に対する考察を集めた本である。

    20世紀、韓国人を桎梏に追い込んだ植民地化はでたらめ条約で行われた。1905年、乙巳保護条約は国権移管に関する条約で元帥が発行する批准書が伴わなければならないが、外部大臣職印だけ押されただけで批准書がない。

    1910年「韓国併合条約」は条約文の材質だけでなく韓国語と日本語で書いた書き方が全く同じだ。日本側が韓国が揃えるべき文書を一方的に準備したためだ。この様なケースは世界の条約の歴史上類例がない。また、純宗皇帝は併合を国民に知らせる公布勅諭に署名しないことによって批准を拒否した。しかし、日本の新聞は韓国皇帝が進んで国を渡すことにしたと歪曲報道した。

    著者は日本の近代韓国侵略の思想的起源に吉田松陰の膨張主義を挙げる。吉田松陰は明治維新の主導勢力を育てた人物で「幽囚録」で日本が西洋列強に先立ち隣国を先行獲得しなければなければならないと主張した。本は幽囚録の内容を詳しく紹介する。当代日本にも平和的海洋国家への発展を日本の未来に提示した勝海舟の様な人物がいたが、彼は膨張主義勢力に押し出される。

    著者は高宗(コジョン)が主権守護のための努力を止めなかったので毒殺されたと見る。著者は「寺内総理大臣は「李大王(高宗(コジョン))に1905年11月の保護条約を追認する文書を要求し、これを拒否すれば毒殺せよ」という密命を朝鮮総督・長谷川に下した」として「1919年1月19日、高宗はこれを断わり、二日後の21日、膨らんだ死体で発見された」と話した。

    著者は相変らず私たちの歴史認識に誤った点が少なくないと指摘した。日本は韓半島支配の名分をたてようと明成(ミョンソン)皇后を権力欲に燃える女性に、高宗を柔弱で無能な君主に歪曲した。著者は「日本は最近、帝国膨張の根源である吉田松陰の思想を美化して追尊している反面、韓国は100年前の歴史を失敗した歴史と見なして君主に亡国の責任を負わせている」と話した。

    チョ・ジョンヨプ記者

    ソース:東亜日報(韓国語) [本の香り]「韓国併合条約、日本がでたらめ文書で押し通して」
    http://news.donga.com/Main/3/all/20170513/84338537/1

    引用元: ・【書籍】 韓国併合条約は日本がでたらめな文書で押し通した~イ・テジン著「終わらない歴史」[05/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【腰抜けばかりなんだな】東亜日報(韓国語) 「韓国併合条約、日本がでたらめ文書で押し通して」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 20:30:51.95 ID:CAP_USER.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国の弁護士を中心とした市民団体、「民主社会のための弁護士の集まり」(民弁)は25日、
    旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に関する文書の公開を求め、29日に外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官を相手に訴訟を起こす計画を発表した。

     民弁は「現在日本が国連で強制連行の事実まで否認しようとしている」とした上で、「合意の実体を究明するために訴訟を起こす」と説明した。

     韓日政府は慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認したが、日本政府は合意発表後に国連女子差別撤廃委員会に提出した報告書で強制連行を否定するなど、従来の立場を繰り返している。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/02/25/0200000000AJP20160225004100882.HTML

    引用元: ・【日韓】韓国弁護士団体 慰安婦合意の文書公開求め提訴へ[2/25]

    【こうやって捏造されていくんだよな【日韓】韓国弁護士団体 慰安婦合意の文書公開求め提訴へ[2/25]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/10/02(金)02:00:12 ID:PmL
    前略:「笹川平和財団USA」のデニス・ブレア会長が安倍談話を批判する論評を財団ホームページに
    掲載した。財団は親日世論の形成に貢献し、ブレア氏は初めての米国人会長だ。

     ブレア会長はこの論評で「安倍首相は『歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならな
    い』『何の罪もない人々に計り知れない損害と苦痛を我が国が与えた』と言ったが、20年前の村山談
    話には程遠かった」「日本が過去を正面から直視し、他国に日本がそうしたことを認めるには不十分
    だ」と述べた。

     さらに、「安倍談話には失望した。安倍首相の支持者を教育し、他国を安心させる大きなチャンス
    を逃した」「私たちは日本の指導者たちに対し、日本人が自国の過去をもっとよく理解する助けとな
    るよう望む」と語った。

     ブレア会長は今年初めのセミナーで、日本の過去の行為に言及した際、「韓国もベトナム戦争時に
    無慈悲な行動を多くした」と主張して物議を醸した。このため、日本の利益を代弁する財団の最高責
    任者が日本の首相をストレートに批判した文章をホームページに掲載した背景をめぐり、ワシントン
    外交筋ではさまざまな声が上がっている。その中には、同財団側が会長を交代させようとしているた
    め、ブレア会長が先手を打ったという見方もある。

    ワシントン=ユン・ジョンホ特派員

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/01/2015100100679.html

    [オピニオン]米国の「菊クラブ」も失望した安倍談話

    前略:米国の知日派知識人のことを「菊クラブ」と呼ぶ。デニス・ブレア氏もその一員といえる。

    ◆笹川平和財団はワシントンの主要なシンクタンクで、日本関連のセミナーやカンファレンスの主催
    や後援をしている。過去、笹川財団と呼ばれた日本財団との関係から見れば、日本財団のワシントン
    事務所といったところだ。日本財団は、第2次世界大戦のA級戦犯の容疑者として3年間収監されて
    釈放された笹川良一氏が、競艇事業を始めてその収益金で設立した財団だ。慈善団体だが、思想的に
    安倍晋三首相の母方の祖父である保守政治家、岸信介の理念に追従する。

    ◆ブレア理事長が、安倍首相の戦後70年談話を「責任回避で一貫した残念な文書」と批判した「理
    事長メッセージ」を最近、笹川平和財団のホームページに掲載した。ブレア理事長は、20年前の村
    山談話は主語が明らかな能動態を使ったが、安倍談話は頻繁に主語の分からない受動表現を使ったう
    え、くどくも論理的でないため、責任の所在がはっきりしないと一喝した。そして、「安倍首相自身
    の謝罪はどこにあるのか」と問い、「安倍首相は支持者を教育し、他国を安心させる機会を逃した」
    と失望を露にした。

    ◆ブレア理事長の発言に特別なことはない。日本の侵略史を知る人なら誰でも安倍談話を聞いて感じ
    た当然の考えを言ったまでだ。韓国人や中国人だけが被害意識のためにそのような反応を見せたので
    はない。日本を理解しようと努力する人々ですら安倍談話に失望したという事実が改めて確認された。

    宋平仁(ソン・ピョンイン)論説委員 pisong@donga.com

    東亜日報:donga.com[Japanese donga]
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015100122668

    引用元: ・【日韓】安倍談話:笹川財団米国会長が批判「失望すべき文書」:米国の「菊クラブ」も失望した安倍談話[10/01]

    【良心的米国人ってヤツ?w 【日韓】安倍談話:デニス・ブレア笹川財団米国会長が批判「失望すべき文書」:米国の「菊クラブ」も失望した安倍談話[10/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ