まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:文在寅

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/02(月) 14:36:48.08 ID:CAP_USER
    韓国の世論調査機関リアルメターが8月19日に発表した韓国人へのアンケート結果によると、
    今年の訪日について「いかない」と答えた人が81%に上った。

    しかし、私の実感ではこれは決して個々の韓国人の「反日感情」の結果ではないように感じる。
    むしろ、韓国国内の「反日同調圧力」の影響を受けた結果という印象だ。

    というのも、「いま日本に行くと社会からどういう目で見られるかわからない」
    「下手に日本に行くと、思わぬ不利益をこうむりかねない」という意見の韓国人がかなりの数、いるからである。
    彼らは「日本に行きたいが、行けない」というのが実態なのである。

    何よりも民主主義の重要性を主張してきた文在寅大統領の治世でこのようなことが起こること自体、矛盾に満ちた話だが、
    残念ながら韓国では「反日同調圧力」がいまピークに達している。

    なぜそんなことになったのか。それは文在寅政権と韓国メディアが一体となって「反日」を煽ってきた結果というほかない。
    特に現在の韓国メディアの特徴に「反日同調圧力」は顕著だ。韓国のマスコミは「反日」について横一線、同じ主張を繰り返している。

    日本のマスコミであれば、リベラル系といわれる「朝日」「毎日」の各紙があり、保守系とされる「産経」がある。
    韓国、中国に好意的である記事があるのに対して、厳しい視線を注ぐ記事もある。
    じつはこのような新聞や記事の存在が、互いをけん制しあって、一方的な世論が形成されるのを抑制している。

    もちろん韓国にも左派系の「ハンギョレ」があり、右派系の「朝鮮日報」がある。
    前者は親北朝鮮・親中・反米の性格を持ち、後者は反北朝鮮・反中・親米の性格を持っている。
    だから北朝鮮、中国、アメリカの報道については、互いにけん制しあっている。

    ところが対日本に対しては、「ハンギョレ」も「朝鮮日報」も「反日」一色なのだ。
    このため日本に対しての世論は「オール反日」の世論が形成されやすく、「反日」を疑問視する情報や論考はまったくと言っていいほど、流通しないのである。

    これこそが「反日」同調圧力を最大化させる大きな原因だと筆者は考えている。

    こうした状況は、日本に対する過去の「事実関係」についての検証を弱体化させている要因ともなっている。
    つまり「フェイクニュース」が横行する一つの原因でもあるわけだ。

    その実態は『韓国「反日フェイク」の病理学』に詳しく書いたが、とくに顕著な例が戦時中の長崎県端島炭鉱を描いた映画
    『軍艦島』(17年公開)に関する韓国メディアの数々のフェイクニュースだった。

    当初からこの映画については韓日双方で「事実だ」「歪曲だ」との論争が起きていた。
    日本側の反発を受けて、韓国メディアは一斉に日本を批判する報道を垂れ流した。

    その際にほぼすべてのマスコミで紹介されたのが、上半身裸の労働者が狭い坑内で石炭を掘る写真や、
    上半身裸でガリガリに痩せた労働者が無力な表情で並んだ写真だった。

    写真に写る労働者は朝鮮人であり、強制労働の証拠として日本の「歪曲」との主張を「日本がまた歴史を捻じ曲げた」と報じたのである。

    ところがこれらの写真についての報道はすべてが「フェイク」だったのだ。
    写真に写る労働者たちは朝鮮人ではなくいずれも日本人であり、しかも撮影された時代も強制労働が行われていた時期とずれていた。

    また朝鮮人労働者が「お母さんに会いたい」「おなかが減った」と炭鉱の壁面につづったとする写真も報じられたが、
    これにいたっては、過去に映画撮影のために創作された虚偽の落書きだった。

    事実確認を怠り、フェイクニュースをなかば確信犯的に垂れ流す。
    メディアの自殺にも等しいが、これを大手新聞やテレビ局のほとんどが疑いもなく配信したのである。
    https://news.livedoor.com/article/detail/17017039/

    引用元: ・【日韓】 文在寅と韓国メディアがまき散らす 「反日フェイク」のおぞましい実態 ・・・ピークに達する 「反日同調圧力」

    【韓国のナチズムの証明【日韓】 文在寅と韓国メディアがまき散らす 「反日フェイク」のおぞましい実態 ・・・ピークに達する 「反日同調圧力」 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/27(火) 03:56:27.09 ID:CAP_USER
    no title


    G7サミットで、アメリカのトランプ大統領が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を「信用できない」などと、2日にわたって痛烈に批判していたことが、FNNの取材でわかった。

    トランプ氏が文大統領を批判したのは、フランスで開かれているG7(主要7カ国)首脳会議の初日の夜で、首脳らが外交安全保障に関する議論をしている最中に、「文在寅という人は信用できない」などと切り出したという。

    政府関係者によると、トランプ氏はさらに、「金正恩(キム・ジョンウン)は、『文大統領はウソをつく人だ』と俺に言ったんだ」と重ねて批判したという。

    そして、トランプ氏は、2日目の夜に行われた夕食会でも、文大統領について、「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」と疑問を投げかけ、同席した首脳らが、驚いた表情をする場面もあったという。

    一連の発言に対して、安倍首相が反応することはなかった。

    政府内には、トランプ氏の発言の背景には、韓国が日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄したことなどが念頭にあるとの見方がある。

    (フジテレビ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190826-00423006-fnn-pol
    8/26(月) 20:30配信 記事元 FNN

    ★★★★★規制回避★★★★★
    ★1が立った日時 2019/08/26(月) 21:09:40.82
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566835895/

    関連系
    【トランプ大統領】文大統領を批判 米国の再三の要請無視GSOMIA破棄した事等「韓国の態度は酷い賢くない」G7サミットで言及[8/26] ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566804208/

    引用元: ・【トランプ大統領】首脳らが外交安全保障に関する議論の最中「文在寅という人は信用できない ウソをつく人だ」G7の席で[8/26] ★7

    【 一国の大統領だぞwww 【トランプ大統領】首脳らが外交安全保障に関する議論の最中「文在寅という人は信用できない ウソをつく人だ」G7の席で[8/26] ★7 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/27(月) 15:03:54.23 ID:CAP_USER
    「炎上」を招いた大統領との80分の対談

     大統領とテレビ記者が、テレビの生放送番組で80分間にわたり対談――。この意欲的な企画にチャレンジしたのが、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領だ。対談形式での放送は大統領官邸側の意向とされ、質問内容の事前チェックやNG項目の指示などもナシ。大統領自ら、文字通りぶっつけ本番の対談に臨んだわけだ。

     だがその放送直後から沸き起こったのは、熱烈な文在寅支持者らによる猛烈なバッシングだった。ターゲットは、対談相手を務めた女性記者のソン・ヒョンジョンだ。ネットでの「炎上」は家族にまで及んだ上、本人を中傷するフェイクニュースまで拡散される事態に。東亜日報系のニュース専門放送「チャンネルA」は、「一部支持者の非難が暴走している状況」と伝えた。その支持者たちの主な言い分は、「野党の文政権批判キャンペーンを代弁している」「大統領に対して態度が失礼」などだ。

     問題になった番組は、「文在寅政府2年・特集対談『大統領に聞く』」。韓国の公営放送KBSで、政権発足(2017年5月10日)から2年目を迎える5月9日の午後8時30分から約90分にわたって放送された。視聴率は9・55%と、まずまずの数字を残している。

     KBSが対談相手に選んだソン・ヒョンジョンは、入社23年の政治記者。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代(2003~2008年)に大統領官邸に出入りし、大統領秘書室民情首席秘書官だった文在寅と親交を得たという。

     だが対談は、終始険しい表情のソン記者が政権の問題に次々とストレートな質問をぶつける形で展開。ソン記者はその冒頭、不安定化する南北問題に20分近くを割いた。これはちょうど番組開始の4時間前に、北朝鮮がミサイルを発射したことを受けた形だ。南北の関係改善をアピールする文政権にとっては非常に頭の痛いハプニングであり、野党には格好の攻撃材料でもある。ミサイル発射について自由韓国党のある議員は同日、SNSで「文政権2周年を祝う打ち上げ花火」と揶揄していた。自由韓国党は、朴槿恵(パク・クネ)政権時代の与党・セヌリ党が改称した保守系の最大野党だ。

    支持者を怒らせた記者の発言と態度

     とりわけ支持者を刺激したのが、ソン記者の「独裁者」発言だ。ようやく対談の話題が内政問題に移ってから間もなく、ソン記者は自由韓国党の主張を紹介する流れで次のように質問した。「野党の意見を反映せずに国会を運営しているため、文大統領が独裁者と呼ばれている」「独裁者という言葉を聞いてどう感じたか」。文大統領は即座に自由韓国党の一貫しない態度を指摘して切り返したものの、「(そうした印象操作を批判に利用することについて)全く……何と申し上げればよいか分かりません」と当惑の表情を隠さなかった。

     文政権を「左派の独裁」と呼ぶのは、かねてから自由韓国党が繰り広げている与党批判のスローガンの1つ。熱烈な文大統領支持者にとっては、ソン記者がそれを代弁して印象操作に加担するかのように見えたのだろう。

     対談ではまた、政権の人事や渦中の雇用問題などについても厳しい質問が飛んだ。だがそれと同時に支持者らを不快にさせたのが、ソン記者の態度だ。ソン記者はしばしば文大統領が話している途中で言葉を遮り、発言に割り込んだ。ネットユーザが数えたところによると、そうした「割り込み」は28回に及んだという。また常に眉をしかめて難詰するかのようなソン記者の表情も、多くの視聴者の不評を招いた。
    (中略:過熱したネットの個人攻撃)

     大統領とのオープンで率直な対話になるはずが、「炎上」ばかりが取り沙汰される結果になった特集対談。韓国社会が抱える根深い対立の構図が、騒動の背景に見え隠れしている。

    高月靖/ノンフィクション・ライター
    週刊新潮WEB取材班編集

    ソース:デイリー新潮<文在寅に「独裁者」質問の記者が大炎上 酷過ぎる個人攻撃で浮かび上がる韓国社会の闇>
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05270802/?all=1

    引用元: ・【韓国】 文在寅に「独裁者」質問の記者が大炎上~酷過ぎる個人攻撃で浮かび上がる韓国社会の闇[05/27]

    【選挙で選んだことも忘れてるw 【韓国】 文在寅に「独裁者」質問の記者が大炎上~酷過ぎる個人攻撃で浮かび上がる韓国社会の闇[05/27] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/20(月) 18:47:38.40 ID:CAP_USER
    <「無礼」な記者の処罰を求める署名ページが大統領府運営のサイトに作られる異様さ>

    韓国の言論と報道の自由が後退している。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任から丸2年を迎える前日の5月9日、韓国の公共放送KBSが文とのインタビューを放送した。大統領の座に就いてからの道のりと将来への展望を文自身の口から聞くことのできる貴重な機会となるだけに、有権者にも歓迎されると思われた。

    ところが、番組は思わぬ波紋を呼んだ。インタビューしたKBSのソン・ヒョンジョン記者に対して、大統領に「無礼」だという批判が殺到したのだ。

    「無礼」というのは、ソンがインタビュー中に文の話を聞きながら眉をひそめ、話を遮ったとすることへの批判だった。質問内容が「不適切」という意見もあった。政府高官の物議を醸す人事をめぐり、文に「独裁者」というイメージを持つ有権者もいるが、とソンが切り込んだことも非難の的となった。

    一部のネットユーザーは大統領府が運営する公式の署名サイトで、ソンとKBSへの処罰を要求する運動を展開。この記事を書いている時点で、KBSの解体を求める呼び掛けには1万4000筆、記者に正式謝罪を要求する呼び掛けには約1万筆の署名が集まり、同サイトには同様の趣旨の署名運動が少なくとも58件立ち上げられている。

    「異様な事態だ」と、野党・自由韓国党の広報担当者は記者会見で語った。「記者の質問が検閲され、質問内容で自分のクビが飛ばないかどうか心配しなければならないとしたら、私たちの社会の後退を意味する」

    ネット上の攻撃も擁護?

    記憶に新しいのは、韓国の与党「共に民主党」が、ソウルを拠点とするブルームバーグの記者を攻撃する論評を発表した出来事だ。

    きっかけは今年3月、自由韓国党の保守派議員である羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)がブルームバーグの記事を引用して、文の外交政策を批判したことだった。問題の記事は、国連総会で演説した文が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「首席報道官」のようだったとする内容だった。

    「共に民主党」は、ブルームバーグと記者を名指しし、同社で働いている韓国人らを侮蔑的な言葉で非難した。これに対してソウル外国特派員協会は、同党の行為を「大いに憂慮する」という声明を発表。アジア系アメリカ人ジャーナリスト協会も、同記者が韓国系であることに同党が言及したことを非難する声明を発表した。

    こうした反発を受けて「共に民主党」は論評を撤回。文陣営も報道の自由を擁護することを約束し、どんな場合でも記者の身の安全が脅かされるようなことがあってはならないという立場を明確にした。しかし、文陣営がこの声明を発表したのは、ブルームバーグ記者がメールやSNSで文の支持者たちから執拗な攻撃を受けてからのことだった。

    韓国では、政府や大統領を批判的に報じたジャーナリストが攻撃される事例がますます増えている。

    文は昨年の年明けに行った記者会見で、自身に批判的な意見を述べた人々を支持者がネットで攻撃する事態について、これも1つの意見表明の形と捉えていると主張。その上で、この質問をした記者に、ひどい書き込みやネットでの嫌がらせにいちいち神経をとがらせず、冷静に対応すべきだと語った。

    一見、思慮深い助言のようではある。しかし文の頭からは、ジャーナリストの存在意義が何であるかがすっぽり抜け落ちているようだ。

    テジョン・カン

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/post-12151.php
    Newsweek 2019年5月20日(月)11時50分

    引用元: ・【文在寅】リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領[5/20]

    【リベラルって他の考え認めない連中だからね 【文在寅】リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領[5/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/11(木) 07:52:08.83 ID:CAP_USER
    日本の「経済報復」措置は韓国の政権交替を狙った戦略であるかもしれないという主張が提起された。世宗(セジョン)大学の保坂祐二教授は10日、交通放送ラジオの番組とのインタビューで、「『安倍政権は韓国を壊す考えだ』と申し上げたが、韓国ではなく現政権を標的としたという内容が捉えられた」と話した。 

      保坂教授は「エッチングガスが北朝鮮に行ったと話す人が3人。萩生田という安倍首相の側近、世耕という経済産業省長官、小野寺という自民党安全保障調査会長」と紹介した。保坂教授が言及した3人は萩生田光一自民党幹事長代行、世耕弘成経済産業相、小野寺五典前防衛相だ。 

      保坂教授は、小野寺前防衛相はとても重要な人物で、6月10日の自民党講演会で韓国の政権交替を望むという趣旨の話をしたと伝えた。 

      「その人(小野寺氏)がその場でこんな話をした。『今回の政権とは絶対に関係が良くならないだろう。なので政権交替の次を考えなければならない』と話した」ということだ。保坂教授は続けて「その次にした話が『なのでこれからは文在寅政権に対しては丁寧に無視する政策が最高だ』だった。例えばG20首脳会談とか、最近文在寅大統領が協議を要請したのではないですか。すべて断ったが、これは丁寧な無視というが完全な無視に入っている」と指摘した。 

      また、日本が韓国経済を壊して政権交替を試みる戦略を作ったとも話した。保坂教授は「いま日本の与党では『韓国経済は悪い』と分析しており、『韓国経済を壊せば政権交替になるだろう』このような形で戦略が作られた」と主張した。 

      保坂教授はその上で「その人(小野寺氏)が日本のメディアに出続けながらする話が反対世論を鎮めている。『われわれがやっていることは正当だ。安保問題のため』ということ。企業家の相当な反発があったがいまは日本の中で静かになったという」と伝えた。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255409&servcode=a00&sectcode=a10
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年07月11日 07時43分

    https://i.imgur.com/FMOibwZ.jpg
    世宗大学の保坂祐二教授(写真=世宗大学)

    引用元: ・【世宗大学・保坂教授】「日本、韓国経済壊れれば文在寅政権交替させられると考え」[7/11]

    【変えても一緒やぞ 【世宗大学・保坂教授】「日本、韓国経済壊れれば文在寅政権交替させられると考え」[7/11] 】の続きを読む

    このページのトップヘ