まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:文化財

    1: まぜるな!キケン!! 2022/04/12(火) 08:28:07.36 ID:CAP_USER
    ※ ソース元に動画があります
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    <アンカー>
    日本式名称だった『文化財(ムンファヂェ)』という用語が、『国家遺産(クッカユサン)』に変わります。

    文化財保護法が作られてから60年になります。

    キム・ヂョンニン記者が取材しました。
    _______________________________________________________

    <レポート>
    国宝1号・崇礼門(スンレムン=南大門)から国宝・崇礼門に、宝物1号・興仁之門(フンインヂムン=東大門)から宝物・興仁之門に。


    昨年、日帝強占期に朝鮮総督府がつけた、文化財指定番号をなくした文化財庁。

    今回は、日本の法にそのまま従っていた『文化財』という用語を、60年ぶりに『国家遺産』に変えることにしました。

    財貨的な意味が強い『文化財』から、歴史と精神まで兼ね備えた『遺産』という名称を使うという意味も込めました。

    <ファン・ゴンスン(文化財庁政策総括課長)>
    「文化財という用語が文化に “財貨の財” がついた概念です。俗に骨董品や遺物の概念を限定させて、用語に着眼したものです」

    日本式の分類体系も改めることにしました。

    まず、『国家遺産』という大きな枠組みの下、文化遺産と自然遺産、無形遺産、このように3種に分けることにしました。

    自然遺産を切り離したのも際立っていますが、ユネスコの国際基準に合わせました。

    済州(チェヂュ)の火山島と溶岩洞窟群に続き、干潟がユネスコの世界自然遺産に登録されましたが、それに相応しい待遇をしていなかったという評価です。

    <イ・インギュ(元文化財委員会委員長)>
    「ユネスコは世界遺産を語る際、人類が作ったものだけが重要ではなく、それを作らせる母体となった自然も重要である。(ユネスコは)文化遺産と自然遺産を対等に扱うために始めたそうです」

    文化財庁は今年の下半期までに『国家遺産基本法』を制定して、年内に国会で通過するように立法を推進する計画です。

    また、法案が通過された場合、文化財庁という機関名称も『国家遺産庁』などに変更するものと見られます。

    MBCニュース、キム・ヂョンニンでした。

    ソース:MBC(韓国語)
    https://imnews.imbc.com/replay/2022/nwtoday/article/6358465_35752.html

    引用元: ・【韓国】『文化財』から『国家遺産』に・・・日本式名称を変更[04/12] [ハニィみるく(17歳)★]

    【すげーバカw 【韓国】『文化財』から『国家遺産』に・・・日本式名称を変更[04/12] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/15(水) 16:19:32.87 ID:CAP_USER
    no title


    朝鮮時代の教育機関である書院9カ所をまとめた「韓国の書院」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録されることが確実視されるという韓国メディアの報道が14日に登場すると、中国の民族主義を強調する環球時報がすぐに落ち着かない胸中を表出した。

    環球時報はこの日、「すでに(登録の)大きな方向が決定されただって? 韓国がまた世界遺産登録を申請!今度は中国と本当に大きな関係がある」というタイトルの記事を通じて「韓国の書院」世界遺産登録問題を詳細に報じた。

    14日、韓国文化財庁によると、世界文化遺産の登録を審査する世界遺産委員会諮問機構であるイコモス(ICOMOS、国際記念物遺跡会議)は韓国が世界遺産として申請した「韓国の書院」に対して登録を勧告した。

    イコモスは各国から登録申請を受けた遺産を調査して登録勧告、保留、返還、登録不可など4種類の勧告案のうち一つを選択した後、この結果を世界遺産センターと申請当事国に伝達している。

    したがってイコモスから登録勧告を受けた「韓国の書院」は、異変がない限り6月30日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれる第43回ユネスコ世界遺産委員会で登録されることが確実視されている。

    まさにこのような時点で、環球時報は韓国が2015年に書院を世界文化遺産に申請して翌年4月に自主的に撤回したことがあるとし、その理由は当時ユネスコが韓国の書院が中国および日本の書院と顕著に異なる点を十分指摘できなかったためだと報じた。

    また、韓国の書院周辺景観が文化財区域に含まれなかった点も当時問題と指摘されたと伝えた。しかし韓国がその後再び努力して、今年新たに申請をし、その成功の可能性は高まったと説明した。

    環球時報は「書院」は中国人にとって最も馴染み深いところだとし、書院が中国古代の独特の文化教育機構だったと主張した。

    歴史的に中国には岳麓書院、白鹿洞書院、嵩陽書院、応天書院など4大書院があり、岳麓書院が最も有名だったと伝えた。清朝末の曽国藩や左宗棠らはここで学び、岳麓書院は中国近代史の半分を占めるほど比重が大きかったということだ。

    環球時報は書院は唐代中葉から始まり、清末まで1000年余りの間続いて中国官吏を育成したところだと強調した。

    このような環球時報の報道は江陵(カンヌン)端午祭が2005年11月にユネスコ人類無形文化遺産になった時、中国で「韓国が中国の端午の節句を奪っていった」という反発が登場したように、中国世論を刺激するおそれもある。

    中国オンラインの一部では韓国がまた中国文化財を「略奪した(?)」という表現も登場し、10年余り前の韓中文化元祖論争が再演されるのではないか懸念されている。


    2019年05月15日15時19分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/392/253392.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【中央日報】 「韓国の書院」世界文化遺産申請に…中国の一部から「我々の文化財を略奪」 [05/15]

    【また他人のものを自分のものに【中央日報】 「韓国の書院」世界文化遺産申請に…中国の一部から「我々の文化財を略奪」 [05/15] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/24(月) 23:02:51.01 ID:CAP_USER
     今年5月、是枝裕和監督が手がけた映画『万引き家族』がカンヌ国際映画祭の最高賞「パルム・ドール」に輝き、「『うなぎ』(今村昌平監督)以来21年ぶりの快挙」と日本列島が揺れた。ところが、いつもは自国の文化芸術・スポーツが国際舞台で大きな賞をもらうたびに熱い賛辞を送っている安倍晋三首相が今回は沈黙した。是枝監督は安倍首相に批判的で、この作品は日本社会の暗い面を描いているという理由からだった。「クール・ジャパン」(cool Japan=日本文化を世界に伝えようという日本政府のプロジェクト)を唱える日本の首相が器の小さいリーダーであることを示すものだ。

     ところが今、日本の文化財の世界にも、同様の「器の小ささ」が広がっている。この1年間の大阪研修で知り合った関西の博物館関係者は「今の雰囲気は最悪だ」と言った。「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻なためだ。韓国の窃盗犯たちが対馬から高麗時代の仏像を韓国に持ち込んだが、これを忠清南道瑞山市の浮石寺に引き渡すよう命じた韓国の裁判所の判決に基づき、現在まで日本に返還されていないというのが事の発端だ。

     被害は韓国の博物館に及んでいる。特に高麗建国1100周年を迎えて今年12月に開催される予定の「大高麗展」がこの直撃を受けている。国立中央博物館は、開放的かつ独創的な文化を築いた高麗の総体的な面を見せるため、世界各国に散らばっている高麗時代の名品を集めているところだ。多くの名品が日本にあるため、日本側の協力が緊要だ。しかし、一部の寺や私立博物館は窓口すら閉ざし、国立・市立博物館も「日本の重要文化財に指定されている最上級の名品は貸せない」と難色を示している。

     日本のある学芸員は「韓国とは関係を維持しなければならないので、私たちも貸し出したい。だが、文化庁が許可を出してくれないので困っている」と言った。作品を所蔵している機関が貸し出したいと言っているのにもかかわらず、日本の文化庁が「ノー」と言っているというのだ。日本では、国が指定した国宝や重要文化財を海外に持ち出す場合、政府の許可を受けなければならない。最上級の文化財である高麗青磁や経典、螺鈿(らでん)漆器数点が日本の重要文化財に指定されている。政府が許可しなければ、高麗展に出品もできない。

     対馬から盗まれた仏像は今からでも返すのが当然だ。略奪について確証がないのにもかかわらず盗品を返さないがために、必要な交流まで足を引っ張られているのだ。しかし、所蔵者個人の意志ではなく、政府が上から貸し出しを阻んでいるのなら、これは別次元の問題だ。高麗青磁は日本の重要文化財である前に高麗の遺産であり、子孫である韓国人たちには鑑賞する権利がある。たった1つの判決を口実に正当な文化財交流まで妨害するのは、問題をさらに大きくするだけだ。表では「クール・ジャパン」を唱えながら、裏では「アンクール」(uncool)な日本政府の後姿が苦々しい。

    世論読者部=許允僖(ホ・ユンヒ)記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2018/09/21/2018092101779_thumb.jpg

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【コラム】器が小さい日本の文化庁
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101779.html

    関連スレ:【朝鮮日報】 対馬の仏像を日本に返そう=韓国文化遺産研究院長 [09/24]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537746804/

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537787183/
    ★1の立った時間:2018/09/24(月) 09:02:22.32 I

    コピペ対策4

    引用元: ・【韓国】 器が小さい日本の文化庁~「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻で文化財が貸せない★6[09/24]

    【【韓国】 器が小さい日本の文化庁~「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻で文化財が貸せない★6[09/24] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/14(火) 19:47:13.01 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年11月14日 15時00分 (2017年11月14日 19時43分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/asia_ent/20171114/Recordchina_20171114042.html

    2017年11月14日、韓国・世界日報によると、韓国の女優ソ・ユジョン(38)がイタリアの文化財によじ登って記念写真を撮影していたことが分かり、韓国内外から非難の声が上がっている。

    ソ・ユジョンは13日、自身のインスタグラムに「私は1秒後に何が起きるかも知らず、堂々とそこに座っていたら怒られた」との文章と共に写真を掲載した。写真にはイタリア・ベネチアのサン・マルコ寺院の近くと見られる場所で、ライオン像によじ登ってVサインを見せるソ・ユジョンの姿が写っている。さらに、そんなソン・ユジョンを見て目を丸くしたり、眉をひそめる現地人たちの姿も確認できる。

    サン・マルコ寺院は828年、ベネチアの商人がエジプトから持ち帰った聖マルコの遺骨を安置するために建てられた聖堂であり、世界文化遺産に登録されている。その中のライオン像は聖マルコの象徴として、ベネチア市当局が文化財を毀損する恐れのある行動をした観光客に対して厳しい罰金を課している。

    インターネット上で同写真に対する批判の声が相次ぐと、ソ・ユジョンはインスタグラムのアカウントを非公開にし、その後「軽率な行動を取ったことを心から反省している。今後はこのようなことがないよう注意する」との謝罪文を掲載した。

    この報道を見た韓国のネットユーザーからは「現地人に怒られたことを自慢するかのようにインスタに掲載?とても非常識だ。反対の立場になって考えてみて」「周囲の視線を感じないの?私が恥ずかしくなる」「SNSの活用方法が間違っている

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】現地人も真っ青!韓国人女優がイタリアの文化財によじ登ってVサイン=「韓国全体のイメージが悪くなった」―韓国ネット

    【【この手の事平気でやるよね】韓国人女優がイタリアの文化財によじ登ってVサイン、眉をひそめる現地人たち】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=8,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/13(水)07:58:46 ID:???

    2017年9月12日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の文化財密売組織により1998年に日本に違法に持ち出された15世紀の墓誌が、
    所蔵していた日本人男性の遺族により韓国・国立中央博物館にこのほど寄贈され、盗品が18年ぶりに韓国に戻った。

    韓国の国外所在文化財財団は、朝鮮王朝初期に高官を務めた李先斉(イ・ソンジェ。1390~1453)の墓から盗まれていた
    墓誌を日本人女性から受け取り、8月24日に韓国に持ち帰ったと明らかにした。

    墓誌は高さ28.7センチ、最大幅25.4センチの磁器製。
    李先斉の事績が表裏・側面に248の文字で記されており、保存状態は良好という。
    史料としてだけでなく美術品としての価値も高いとされ、今後、韓国の文化財に指定される可能性もある。

    同財団は2014年10月に日本の古美術商を通じ墓誌の所在を確認、報道によれば、その後の財団の緻密な調査と所蔵者に対する
    粘り強い説得を経て今回の「返還」が成ったとのこと。

    同財団に対し「違法に持ち出されたことは知らずに購入した」と説明していた所蔵者の日本人男性は、
    「李先斉の子孫らが返還を求めている」と説得を受けながらも昨年11月に死去、今年2月に男性の妻が財団からの勧めに応える形で、
    博物館への寄贈が決まった。

    男性の妻は「墓誌の寄贈により日韓両国間の信頼と情がより深くなることを願う」と語っているという。

    これを知った韓国のネットユーザーからは「よくやってくれた」「良心が生きているね」「立派な心を持った日本人だ」
    「寄贈してくれた日本の方には感謝しかない」と寄贈した女性への感謝の言葉が多数寄せられ、
    「韓国の勲章とかを差し上げるべきだと思う」との指摘もある。

    (以下略)

    livedoorニュース/2017年9月12日 17時20分 Record China
    http://news.livedoor.com/article/detail/13602413/

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/

    引用元: ・【韓国から盗まれた文化財】 知らずに買った日本人の遺族が“返還”=韓国ネットから感謝の声多数「立派な心を持った人」「韓国の勲章を差し上げるべき」[H29/9/13]

    【【嫌がらせや恫喝 】 「韓国から盗まれた文化財」知らずに買った日本人の遺族が”粘り強い説得を経て“返還】の続きを読む

    このページのトップヘ