まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:文化戦争

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/21(土) 21:10:31.14 ID:CAP_USER
    韓国が定めたキムチの中国語表記、再び「文化戦争」の火種に

    (CNN) 「キムチ」の表記がまたも中国と韓国の文化的対立の種になっている。韓国文化・スポーツ・観光省が7月、一部の韓国料理の「適切な外国語」表記に関する指針を改定するとの通知を発表したのがきっかけだ。

    新たな指針には、「辛奇(シンチ)」をキムチの新たな正式中国語表記にするとの規定があり、長年広まっていた訳語である「泡菜(パオツァイ)」は廃止される方針となった。

    問題の原因は、「キムチ」の発音を表す中国語漢字がないことにある。そのため、韓国の農業当局は4000あまりの中国語漢字を検討し、「キムチ」に音が似ているとして「辛奇(シンチ)」に決定したと報じられている。

    新名称の採用により、韓国政府は韓国のキムチと中国の漬物との間に明確な線を引きたい考えだ。後者は中国で「泡菜(パオツァイ)」と呼ばれる。

    指針改定の声明では「キムチの中国語名に『辛奇』を使うことにより、韓国のキムチと中国のパオツァイが明確に区別され、韓国の伝統食であるキムチについての意識が中国国内で高まることを期待する」としている。

    新指針は韓国政府や関連組織にとっては義務となるが、韓国の民間企業や中国メディアにとっては勧告にとどまる。

    それでも、両国のメディアやネットユーザーの間では激しい議論が巻き起こった。

    ただ、この議論の内容を詳しく見る前に、キムチとパオツァイの違いを理解する必要がある。

    韓国ではキムチは100種類以上の漬物の総称だが、通常は赤唐辛子やニンニク、ショウガ、魚介塩辛などで味付けした発酵白菜を指す。

    一方、中国語においてパオツァイは文字通りには「漬けた野菜」を意味する。漬物は通常、キャベツからニンジンに至る様々な野菜を塩水に漬けて作ることが多いためだ。

    両者には一定の類似性があるため、キムチは中国ではしばしば「韓国泡菜(ハングオパオツァイ)」と呼ばれる。

    韓国が辛奇(シンチ)をキムチの中国語名にしようとするのは今回が初めてではない。

    韓国農業当局は2013年、海外や国内の市場で中国製キムチが増えたのを受け、新名称採用を働きかけた。

    しかし、13年に新名称に関する公式発表が行われると、すぐさま反発の声が噴出。辛奇(シンチ)は中国であまりに不評だったため、泡菜(パオツァイ)という従来の訳語が復活した。

    一方で韓国は同年、キムチ作りなどの伝統を意味する「キムジャン」をユネスコ無形文化遺産に登録することに成功し、キムチ作りは誇るべき「韓国の文化的シンボル」となった。

    しかし20年11月、中国は四川泡菜(パオツァイ)について国際標準化機構(ISO)の認定を取得。中国紙の環球時報に掲載された記事では、「四川泡菜は(泡菜業界の)国際標準になった」と宣言した。

    韓国のネットユーザーやメディアは感心せず、この報道をキムチと韓国文化を「盗む」試みと呼んだ。

    この問題は反中国人感情を再燃させ、「韓国内の中国文化を抹消」することを求める声が高まった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d20c50968ee4979fb0a46d968139f144ded3c29
    no title

    引用元: ・【CNN】 韓国が定めたキムチの中国語表記『辛奇(シンチ)』、再び「文化戦争」の火種に[08/21] [LingLing★]

    【朝鮮漬でええやん 【CNN】 韓国が定めたキムチの中国語表記『辛奇(シンチ)』、再び「文化戦争」の火種に[08/21] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/02(金) 11:14:38.96 ID:CAP_USER
    韓国は世界で最も激しい文化戦争に直面している国であるという調査結果が出た。

     文化戦争とは、一国内で政治的立場や社会的階層、所得や資産、年齢、性、宗教、人種、地域などが異なる集団同士の衝突を指す。

     国際世論調査企業イプソスと英国のキングス・カレッジ・ロンドン政策研究所が実施した世界28カ国の成人約2万3000人に対するアンケート調査の結果によると、12の対立項目のうち、進歩と保守の対立を含む全体の半分を超える7項目で、韓国人が感じる文化戦争の強度が世界でトップだった。

     文化戦争の中心とされる進歩と保守の対立について、韓国人は10人中ほぼ9人(87%)が「進歩と保守の対立は存在する」と答え、調査対象国の中で最も高い割合を示した。これは、昨年の大統領選挙を経て激しい政治的対立を示した米国の85%よりも高い。韓国に次いでチリ(86%)が僅差で2位となった。韓国人のこのような理念の対立は、異なる政党の支持者の間での対立(91%)にそのまま反映されていた。

     日本人と中国人は、進歩と保守の対立が存在すると答えた割合がそれぞれ39%、37%で、調査対象国の中で最も低かった。

    _______
    相対的に順位が低いのは移住民との対立、人種対立の2つだけ

     韓国は富裕層と貧困層の対立(91%)、男性と女性の対立(80%)、若い世代と既成世代の対立(80%)、大卒者と非大卒者の対立(70%)、宗教間の対立(78%)でも最も高い割合を示した。1位ではない残りの5項目のうち、社会階層間の対立(87%、2位)、都市と農村の対立(58%、3位)、大都市エリートと労働者の対立(78%、3位)の3項目も2~3位となり、やはり最上位圏だった。

     韓国の順位が相対的に低かった対立は、土着民と移住民の対立(66%、15位)、人種間の対立(67%、11位)の2つだけだった。

     人種対立では米国が83%で1位となり、土着民と移住民の対立では南アフリカが89%で1位だった。チリは大都市エリートと労働者の対立(84%)、社会階層間の対立(88%)、富裕層と貧困層の対立(91%、韓国と同率1位)で1位となった。農村と都市の対立ではペルーが66%で1位だった。

    世界全体では富裕層と貧困層の対立が最高

     ただし韓国人は、文化戦争の結果として、新聞や放送などのメディアに接したり、他人と会話を交わしたりする時に、自分の国が分裂していると感じるかという問いでは8位にとどまった。「感じる」と答えたのは全体の半数に満たない44%だった。この部分では南アフリカ(58%)、インド(57%)、米国(57%)の3カ国が、その他の国より少なくとも10ポイント以上高かった。

     調査対象国全体では、12の対立項目中、富裕層と貧困層の対立が1位となった。「富裕層と貧困層の対立はかなりある」と答えた回答者は74%を占めた。続いて支持政党による対立(69%)、社会階層間の対立(67%)、移住民と土着民の対立(66%)の順だった。

     調査を行なったキングス・カレッジ・ロンドン政策研究所のボビー・ダッフィー所長は「国際比較は自国の問題を一目で見られるようにしてくれる」とし「世界的な視点が得られれば、自国の文化戦争をめぐる脈絡を見ることができる」と述べた。

     今回の調査は、2020年12月23日から2021年1月8日にかけてイプソスのオンライン・プラットフォームを通じて行われた。イプソスは、アンケートデータは各国の人口構成を反映して加重値を用いたと明らかにした。

    クァク・ノピル先任記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/40437.html

    引用元: ・【ハンギョレ】「ダイナミックコリア」韓国、最も激烈に「文化戦争」を感じる国 [7/2] [昆虫図鑑★]

    【誰かをヘイトしないと生きていけないもんね 【ハンギョレ】「ダイナミックコリア」韓国、最も激烈に「文化戦争」を感じる国 [7/2] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ