まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:文化

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/05(月) 17:48:00.71 ID:CAP_USER
    【サンパウロ時事】韓国政府は4日、南米最大都市のブラジル・サンパウロの目抜き通りに現代文化を紹介する「韓国文化センター」を開設した。同じ並びには、日本政府が2017年に整備した文化発信拠点「ジャパン・ハウス」。両国関係が悪化する中でも、「ご近所」で互いの文化発信に切磋琢磨(せっさたくま)する。ブラジルでは若者の間で「Kポップ」がブームになっている。
     文化センターは13年に市内の別の場所にオープンしたが、ブラジルとの外交樹立60周年を記念して休日は歩行者天国となる「パウリスタ通り」に移転した。
     文化センターの数百メートル先には休日に5000人もの市民を集めるジャパン・ハウスがある。さらに韓国総領事館はジャパン・ハウスの真向かい。意識し合う間柄だが、韓国の金学裕総領事は「若者が集まる場所だから決めた。3年前から移転を計画していた」と説明。「敵対して建てたわけではない。東洋文化はあまり知られておらず、互いに人を集めることで助け合える」と強調した。
     日本の野口泰総領事も「周辺には文化施設が集積しており、共同イベントなどで建設的に協力することがあるかもしれない。相乗効果を期待したい」とエールを送った。ジャパン・ハウスは17年4月末に開館。来館者は164万人を数える。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080500592&g=int
    時事ドットコム 2019年08月05日14時28分

    https://i.imgur.com/m9bKpt6.jpg
    4日、ブラジルの最大都市サンパウロで行われた、韓国文化センター前に設置された像の除幕式

    引用元: ・【韓国政府】「文化発信」で切磋琢磨へ=韓国文化センター、日本施設そばに開館-ブラジル[8/5]

    【いつもの姑息な手段 【韓国政府】「文化発信」で切磋琢磨へ=韓国文化センター、日本施設そばに開館-ブラジル[8/5] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/05(水) 18:47:33.38 ID:CAP_USER
    >>0�動画)韓国の宝1 - 韓国の古代国家古朝鮮と高句麗の宝物
    https://www.youtube.com/watch?v=9famXOf45uk



    【ソウル聯合ニュース】

    インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKは5日、韓国の悠久の歴史と輝かしい文化を紹介するPR映像をシリーズで制作し、交流サイト(SNS)を通じて世界に広めていくと明らかにした。

    VANKは「韓国の宝」シリーズの第1弾として、「古代国家・古朝鮮と高句麗の宝」編を4日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載した。

    近く英語字幕付きの映像も掲載し、フェイスブックなどのSNSで拡散させる。韓国語の映像は各国のハングル学校や韓国語専攻を開設する大学、外国のK―POPファンなどを広報の対象とする。

    第1弾の映像では、韓国に多い支石墓や、今年2月の平昌冬季五輪開会式に登場した人面鳥などを扱った。高句麗時代の壁画に描かれた人面鳥は、百済、新羅、朝鮮の文化財にも登場すると紹介している。


    2018/09/05 17:03
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/09/05/0800000000AJP20180905003300882.HTML

    引用元: ・【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作 [09/05]

    【やればやるほど逆効果【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作 [09/05] 】の続きを読む

    1: 【B:82 W:105 H:96 (D cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/16(土) 09:57:24.69 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ (左) ニュース1,(右)KBS'壬辰倭乱1592'

    「朝鮮の技術者を皆殺しにしろ」

    朝鮮(チョソン)宣祖(ソンジョ)25年(西暦1592年)、豊臣秀吉の命である。

    壬辰倭乱(文禄の役)を起こした豊臣秀吉は日本軍に『工芸部』という特殊部隊を設置して、このように命じた。

    工芸部は朝鮮の陶工を生け捕りにしたり、陶磁器を略奪する主要任務を務める部隊だった。

    (写真)
    no title

    ▲ Wikipedia

    朝鮮人が使っていた茶碗や小便壺、沙鉢、さらには犬のエサ入れまで。目につく物は全て回収して行った。

    豊臣秀吉はなぜそのように陶磁器に執着したのだろうか。

    実は、日本は壬辰倭乱の前から朝鮮の『陶磁器文化』を欲していた。

    17世紀の初頭まで、白磁を作る技術は全世界で中国と韓国だけが持っていた。当時の日本は磁器を作る独自の技術を持っていなかった。

    (写真)
    no title

    ▲ news1

    このような状況で日本は中国の華やかな陶磁器よりも、朝鮮の優雅ながらも堅苦しくない陶磁器に注目した。

    結局、日本は壬辰倭乱が起きるとすぐに朝鮮の陶磁器文化を略奪する計略を立てた。

    陶工を拉致して日本に連行した後、日本で陶磁器を作らせたのである。

    この時から日本では陶磁器文化が花を咲かせ始めた。

    (写真)
    no title

    ▲ O tvN「我知らず大人」

    その後朝鮮の陶工が作った陶磁器とその製作技術をヨーロッパに輸出して、ヨーロッパの各国は日本が販売する陶磁器の美しさと技術力を見て感嘆した。

    実はその陶磁器は朝鮮の陶工が作った物なのニダ。

    このような背景から、ヨーロッパでは壬辰倭乱を『陶磁器戦争(Ceramics war)』と呼んでいる。陶磁器によって勃発した戦争という意味だ。

    日本が我が国の文化財を略奪した物が一つや二つだけではないとしても、陶磁器文化まで略奪して世界で『日本の技術力』として認められたという事実も必ず知っていなければいけない。

    (写真)
    no title

    ▲ O tvN「我知らず大人」

    キム・ヨンジン記者

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/160827

    引用元: ・【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本[06/16]

    【【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本[06/16] 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/07/10(火) 18:00:08.54 ID:CAP_USER
    2018年7月9日、韓国・聯合ニュースによると、インターネットを通して韓国の対外広報を行うNGO団体「VANK(バンク)」が、韓国の文化遺産を英語でPRするハガキを製作し、全世界に配布する計画を発表した。

    「世界最高レベルの韓国の文化遺産、世界の歴史の中で気付かれず、知られていなかった韓国の文化遺産」と題するハガキには、国宝第141号に登録されている多紐細紋鏡や百済金銅大香炉、新羅金冠、宝物第635号の慶州宝剣、ハングル、国宝第217号の鄭ゼンの金剛全図、日本植民地時代の3・1独立運動、竹島などの写真と説明文が掲載されているという。

    同団体代表は「中国の東北工程と日本の歴史歪曲(わいきょく)により、世界の教科書で韓国の歴史と文化が『中国から長年の支配、影響を受けたため独自の主体的な文化発展や創造がない』と紹介されたり、韓国について『中国と日本の協力なしには自らの歴史や文化をつくることができないレベルの低い国民』との見方が強い」とし、「これを払しょくし、正すためにハガキを製作した」と説明した。

    同団体は同ハガキを世界の主要な教科書出版社に優先的に配布する。また、今月16~21日に米シカゴで開かれる在米韓国学校協議会主催の学術大会に参加するハングル学校の教師約800人にも配る予定という。

    同団体の活動に、韓国のネットユーザーからは「立派だ」「こういう団体に国民の税金を使ってほしい」「国会議員よりはるかに優秀」「これこそが愛国だ」など称賛の声が寄せられている。

    一方、PRハガキの内容については「趣旨はいいけど、世界最高とPRするのはやめてほしい。世界のどの文化にも固有の価値があるのだから、順位を付けることなどできない。最高と表現したら外国人から良い評価を受けることはできないし、器が小さく劣等感が強い印象を与えかねない」「中国や日本など多くのアジアの国に遺産や伝統文化があり、保存や継承もうまくやっている。韓国にもこんなのがありますよと紹介する程度でいい」「自信は持ってもいいけど、傲慢になってはいけない」などと懸念を示す声が多く上がっている。
    Record china
    2018年7月10日(火) 6時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b623654-s0-c30-d0058.html
    ★1 2018/07/10(火) 15:39:50.40
    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1531204790/1-?v=pc

    引用元: ・【日本や中国のせいで韓国文化を勘違い】韓国団体が世界にPRも、ネットから懸念の声★2[07/10]

    【韓国人の不毛な願望【日本や中国のせいで韓国文化を勘違い】韓国団体が世界にPRも、ネットから懸念の声★2[07/10] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/08/28(月) 13:04:39.11 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    ▲エココリア主催例年キャンプに参加した在米同胞青少年ら。[エココリア提供]

    (ソウル=聯合ニュース)ワン・キロァン記者=在米同胞青少年たちが教科書を執筆する米国出版社6社に「誇らしい韓国の歴史と文化をのせてください」という内容の手紙を送った。

    在米同胞小・中・高校生50人余りは「私たちが習う教科書に三国時代、仏国寺(プルグクサ)、石窟庵(ソックラム)、金属活字と直指心体要節、訓民正音、日帝強制占領期間と独立活動家の活躍、独島(ドクト、日本名:竹島)、慰安婦そして朝鮮戦争と経済発展まで多様な内容をのせて米国の友人らと一緒に習いたい」という内容で手紙を書き、去る25日、カリフォルニア州教育部一般社会課教育過程により世界史教科書を執筆するマグロウ・ヒル、ホートンミフリンなどの出版社に郵送した。

    彼らはカリフォルニア州教育部にも同じ内容の請願の手紙を送る計画だ。州教育部は8学年まで教科書を定めている。在米同胞学生たちが教科書出版社や州教育部にこの様な趣旨の手紙を送ったのは初めだ。

    これに先立って2008年には韓人父兄らがカリフォルニア州教育部に歴史歪曲論議がおきかねないとして「ヨーコの話」を教材から抜いて欲しいと嘆願書を出し、教育部はこれを受け入れた。「ヨーコの話」は日系米国人ヨーコ・カワシマ・ワトキンズの自伝的小説で、日本人少女と家族らが第二次大戦直後、韓半島を離れる過程を描きながら朝鮮人が日本婦女子らに強姦と暴力を日常的に行ったなどの内容が入っている。

    今回手紙を送った青少年らはボランティア教師たちで構成された団体「エココリア」が去る7月31日から4日間行った例年キャンプに参加した。彼らは「活動で習う米国学校での韓国歴史文化」という主題のキャンプで改正されたカリフォルニア州一般社会課教育過程で、以前に正規学校で韓国歴史文化をさらに多く習う様になることを知って、また、どんな内容を習うことになるのかをあらかじめ学習する機会を持った。この時、学生たちはキャンプで習った内容を土台に米国世界史教科書に韓国の誇らしい歴史と文化をのせて欲しいという内容の手紙を出版社に送るため手紙を作成した。

    「エココリア」は韓国の歴史文化を広く知らしめるためにボランティア教師たちが去る2012年創立した。この団体は「青年コリアン・アメリカン・アカデミー」(YKAA)という例年キャンプを開いている。キャンプの名前には1913年、サンフランシスコで組織された安昌浩(アン・チャンホ)先生の興士団(フンサダン、YKA)精神を受け継いで学生たちに韓人の文化アイデンティティと自負心を植え付けるという意味が含まれている。

    チェ・ミヨン、エココリア代表は28日、聯合ニュースとの電話通話で「今年、キャンプで学生たちが出版社に手紙を送ることは、小さな一歩に過ぎないが、その意味は大きい」として「米国の学校授業で韓国に関し、さらに多く習うことは私たちの学生たちの正しいアイデンティティと自負心を高めるのに必ず必要なことで、今後も持続して学生と父兄が率先して共に成し遂げるべきこと」と話した。

    在米韓国学校、北加州協議会(会長ハン・ヒヨン)は以前、韓人学生たちが米国学校で習う韓国の歴史・文化内容を点検して、州教育部に関連内容を含ませて欲しいという手紙を送る計画だ。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 「教科書に韓国歴史・文化のせてくれ「米同胞青少年らの手紙
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/08/28/0200000000AKR20170828060400371.HTML

    引用元: ・【米国】 「米国の教科書に誇らしい韓国の歴史と文化をのせてください」~米同胞青少年ら、出版社に手紙[08/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【教科書は観光パンフじゃねーっつの 】 「米国の教科書に誇らしい韓国の歴史と文化をのせてください」~米同胞青少年ら、出版社に手紙】の続きを読む

    このページのトップヘ