まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:整形手術

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/24(月) 10:31:08.23 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    秋夕(チュソク)の意味が『民族の大名節』から『ゴールデンウィーク』に変わっている。秋夕の伝統的・家族的ムードは次第に色褪せ、個人的・余暇的イメージが大きくなったせいである。

    特に若年層を中心に名節は連休という認識が広がっている。昨年の秋夕に実施したアンケート調査によれば、10人中6人が「秋夕は連休の一つ」という考えを表している。このような現代人の認識とライフスタイルの変化が秋夕の風俗図を変えている。

    ■ ホンチュジョク(“ 一人で秋夕を過ごす族 ”の略語)の秋夕
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    一人で秋夕を過ごす『ホンチュジョク』が名節の度に増加している。受験生や就活生などの非自発的ホンチュジョクだけではなく、自発的ホンチュジョクも増える傾向にある。これらの大部分は20~30代の大学生や会社員で、名節に親戚の小言から避けて自分だけの時間を過ごす。

    最近、就職ポータルIncruit(インクルト)の調査によれば、回答者1106人のうち53%が今回の秋夕に帰郷の意思がないと答えた。その理由として、「会いに行く知り合いがいない(23%)」、「小言、ストレスが予想される(20%)」の順に数えられた。

    ホンチュジョクは長い連休期間を利用して、普段できない手術や施術を受けたりする。そのため眼科や整形外科は秋夕連休を迎えてパンチャク(きら☆きら)特需を享受する。この期間に売り上げは10%ほど増え、予約は2~3週間前に締め切られる程だ。

    会社員のイ・ジスさん(27歳)は、「秋夕連休にラセック手術をする予定」と言いながら、「手術後の回復期間が必要なので連休に予定を決めたけど、秋夕に祖母の家に行かずに済んで一石二鳥だ」と話した。

    (写真)
    no title

    ▲ 昨年の秋夕連休、仁川空港が混みあう様子

    『民族大移動』の方向は故郷から旅先に変わった。名節の度に空港は旅行客で賑わっている。去る秋夕の際は約10日間のゴールデンウィークを迎え、秋夕当日だけで102万人が海外に旅に出た。前年比3.1倍増加した水準である。

    今年も多くの人々が秋夕連休に旅行に向かう事が予想される。仁川国際空港公社は秋夕連休期間である9月21~26日に、合計118万3237人の旅行客が仁川空港を利用すると予測した。一日平均の旅行客は19万7206人で、歴代の名節期間で最も多いと予想されている。

    オンライン上では、「先祖の恩恵を受けた者は皆、海外旅行には行ってない」とし、国内に残って先祖に茶礼(祭祀)を行なう姿を自嘲する声も大きくなっている。

    ソース:NAVER/マネーS(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=417&aid=0000344777

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景[09/24]

    【【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景[09/24] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/16(金) 23:24:19.27 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b567468-s0-c10.html

    2018年2月15日、韓国・京郷新聞によると、韓国の国会で女性らの出産を推奨する方法として「胸の美容整形手術の付加価値税を免除する」案が推進され、物議を醸している。

    同紙による取材の結果、国会の予算決算特別委員会のペク・ジェヒョン委員長(与党・共に民主党)が最近、上記の内容の「租税特例制限法改正案」を作り、共同発議しようと同僚議員らに協力要請書を配ったことが確認された。この法案は、付加価値税の免除対象を定める租税特例制限法106条に「医師、韓方医または看護師が出産後3年以内の女性の乳房拡大・縮小手術に供給する診療領域も新設しよう」との内容が要点になっているという。

    ペク委員長は協力要請書で「少子化問題の原因はさまざまだが、出産や授乳による体形の変化に対する女性らの懸念も相当な影響を与えている」とし、発議の理由について「これは整形手術を通じて解決できるが、現行法上は美容整形に該当し付加価値税が課税されるため、費用負担が大きいという制約がある」と説明したとされる。さらに「出産した女性が受ける房拡大・縮小手術は、妊娠・出産の延長線上で産後の回復や管理のための医療保健サービスとしての性格を持っていることから、付加価値税を免除し出産を奨励しよう」と提案したというのだ。

    これに対し、他の与党議員からは「法案に問題がある」との指摘が出ているという。ある与党議員は「趣旨は理解できるが、不適切に見えてしまう可能性がある」と話しており、韓国女性民友会のキムミン・ムンジョン代表も「多くの女性が出産を諦める理由は社会にまん延した性差別のせいであり、かえって女性に厳格な外見の基準を突き付けて性差別をあおっている」「少子化の原因を見誤った安易で恥ずかしい法案」と批判しているそうだ。

    記事によると、ペク議員側はこの物議を受け「税理士業界が提案したさまざまな少子化対策の1つ」とし、「ひとまず発議は中断した状態。女性界・市民団体の諮問した後、再び推進していきたい」と明らかにしているとのこと。

    これに対し、韓国のネット上では女性ユーザーより男性ユーザーの方が多く意見を寄せている。「おかしい」「恥ずかしい」「あんなのが国会議員だなんて情けない。国民の税金を無駄遣いしてる」「レベルが低過ぎ。議員を辞めたら?」「少子化と整形に何の関係がある?次からあんな議員は選ばないようにして」など非難の嵐は避けがたいようだ。

    国会議員に代わって代案を寄せるユーザーも見られ、「それならバイアグラを保険適用にした方が出産の奨励につながりそう」「胸の形を気にして出産しないわけじゃない。回復に焦点を当てて医療支援をするのなら、(出産後の)失禁や骨盤臓器脱の支援をした方が現実的」などの声が上がった。(翻訳・編集/松村)

    引用元: ・【韓国】少子化対策で胸の整形手術を支援!?韓国国会で推進された法案が物議=韓国ネットから非難の嵐「恥ずかしい」[02/16]

    【【韓国】少子化対策で胸の整形手術を支援!?韓国国会で推進された法案が物議=韓国ネットから非難の嵐「恥ずかしい」[02/16] 】の続きを読む

    1: 神のみそ汁 ★@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 15:46:16.03 ID:CAP_USER.net
    来月から1年間、外国人は整形付加価値税の払い戻しが可能に=韓国
    中央日報日本語版 3月23日 11時55分配信

    4月から来年3月まで、美容整形や皮膚科の手術を受けた外国人は帰国時に付加価値税の払い戻しを受けることができる。
    韓国保健福祉部は22日、このような内容の告示を制定したと明らかにした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160323-00000020-cnippou-kr

    引用元: ・【韓国】来月から1年間、整形手術を受けた外国人に「整形付加価値税」を払い戻し

    【1年間だけの「今だけ」キャンペーン【韓国】来月から1年間、整形手術を受けた外国人に「整形付加価値税」を払い戻し】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2015/09/27(日)12:33:49 ID:???
    裁判所「整形手術の結果、とても不自然ならば賠償しなければ」
    目切開手術校正してもさらに変になって…1千100万ウォン賠償判決

    no title


    整形手術結果に飽き足りない女性に数回校正施術をしたが結果的にさらに不自然になったとすれば病院が賠償する責任があるという裁判所判決が下されてきた。

    ソウル中央地方法院民事42単独キム・ソンス部長判事は、Aさんが整形外科医師を相手に出した損害賠償請求訴訟で「被告は原告に1千100万ウォンを支給しなさい」として原告一部勝訴で判決したと29日明らかにした。

    Aさんは目に目やにがよく挟まって目の左右幅が短いと考え、これを変えようと整形外科を訪れた。
    医師は二重まぶた手術と前切開・後切開・脂肪移植手術を薦め、Aさんが同意して2012年8月に手術をした。

    手術の後Aさんは右側の目がとても腫れ、前切開は非対称であり後切開はとても弱いと不満を爆発させ、医師は3ヶ月後に再手術をしようと提案して再び手術がなされた。
    しかし再手術の後Aさんは右側の目の二重まぶたが二重になったと不満を提起した。
    医師は再びこれを校正する施術をした。

    それでもAさんは「手術の結果、期待した美容改善効果は得られなくて目の形だけ不自然になった。校正施術を繰り返して受ける過程で身体的・精神的苦痛を味わうことになった」として医療上過失にともなう損害賠償を請求した。

    キム判事は「美容的改善効果を期待する整形手術だとしても医者に患者の主観的審美感を満足させる責任まで与えられると見ることはできない」としながらも
    「医師は患者の要求を把握した後、その適正性を判断して十分な説明と協議を経て最適な手術計画をたてた後、これに伴い正しく施術する責任がある」と判示した。

    引き続き「この事件は手術前後の原告の目の形を見れば、当初の整形目的をほとんど達成できないままその形だけ非常に不自然になったということがわかる」として
    「単純に主観的審美感の不満足程度に終わるのではなく正しい施術がなされなかった結果だと見なくてはならない」と賠償責任を認めた。

    ただし、「原告が過去同じ部位に手術を受けた前歴がありこの施術自体に内在した危険などが一定程度作用したと見える」として責任を50%に制限した。

    賠償額はAさんが手術に使った費用320万ウォン余りと今後必要な治療費270万ウォン余りを合わせた金額の半分である300万ウォンに慰謝料800万ウォンを加えて1千100万ウォンと決定された。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201509/dh20150927073604137780.htm

    引用元: ・【韓国】「目の整形手術で不自然になった」~整形外科医に1100万ウォンの賠償判決[09/27]

    【たとえ整形が成功したとしても【韓国】「目の整形手術で不自然になった」~整形外科医に1100万ウォンの賠償判決[09/27]】の続きを読む

    yaru


    1: 東亜+コピペ規制中@なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 06:49:52.87 ID:???.net
    韓国では親が娘の成人のお祝いに美容整形手術をプレゼントするケースが少なくないという。27日付で騰訊国際新聞が伝えた。

    中国人は「親からもらった大事な体」という概念があるが、韓国人にとって美容整形はごく当たり前の行為。女性が美と自由を追求することは悪いことではないと考えられているようだ。

    韓国人女性が整形手術を受ける年齢は、高校卒業後が最も多い。
    特に成人を迎える誕生日に、親から精神的な励ましと資金協力という後押しを受け、初めての整形手術を受けるケースが多い。
    その後も親は娘がなりたい自分に近づけるよう、何かにつけて整形手術のチケットをプレゼントするのだという。

    次に多いのが、大学卒業後。就職活動の前に手術を受ける人も多い。
    韓国には「耳が美しい物乞いはいるが、鼻が美しい物乞いはいない」ということわざがあるように、女性の外見は人生を左右する。
    採用の際、女性社員の外見はかなり重視されるという。
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/419053/

    引用元: ・【韓国】親が娘の成人のお祝いに「整形手術」をプレゼント―中国メディア[05/28]

    【親の因果が子に報い 【韓国】親が娘の成人のお祝いに「整形手術」をプレゼント―中国メディア[05/28]】の続きを読む

    このページのトップヘ