まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:整形

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/02(日) 18:50:19.05 ID:CAP_USER
    《省略》

     そして、韓国における男女平等の問題を更に深刻にしているのが、「ヘル(Hell)朝鮮」とも言われる激烈な競争社会だ。親は早ければ2歳の子どもを英語や情操教育のための学院(塾)に通わせ始める。韓国統計庁によれば、高校生の平日の平均勉強時間は1日10時間を超える。夜中の午後10時ぐらいまで学院で勉強する子はざらにいる。韓国では条例などで、学院が午後10~11時くらいから翌朝午前5~6時くらいまで営業できないように定めている。そうでもしないと、子どもがずっと学院に行きっぱなしという状況になりかねないからだ。

     また、韓国は日本と比べると、価値観がどうしても狭い部分がある。日本のような職人文化がなく、学歴を偏重し、大企業や公務員でなければ評価されない。知人の大学教授は、自分のゼミで大企業に入社が決まった学生がいると、「他のゼミ生には言うな」と口止めするという。みなが、余計大企業ばかりに目を奪われるからだ。韓国の平均失業率が大体4%なのに対し、若年層(15歳~29歳)は10%前後もある。「ここまでがんばったのに、小さな会社なんか入りたくない」という気持ちと、「世間で評価してもらえない」という不安が、就職需給のミスマッチを招くのだ。

    女子学生に「整形して出直してこい」
     そこまで激烈な社会の中で生き抜こうとしているのに、本作が語っているように、女性は就職で差別されやすい。知人の話だったが、数年前にホテルに入社しようとした女子学生に、採用担当者が「整形して出直してこい」と暴言を吐いたという。

     こうなると純粋に試験の成績だけがモノを言う公務員などに女性が殺到する。実際、韓国外交部では2000年代から女性合格者が毎年、過半数を占めている。30代くらいまでは女性職員が多く、私の知り合いの男性課長の課では、知り合い以外は全員女性だった。この課長は「昼ごはんも気楽に誘えない。セクハラと言われるかもしれないし。会食がない時は構内食堂でひとりでご飯を食べている」と話していた。

     そして、韓国では出産による育児休暇など福利厚生も十分とは言えない。せっかく入社できても、ジヨンのように出産を機に離職に追い込まれる女性も多い。ジヨンの夫に対する「(家事や育児で)手伝う、手伝うって言わないで」という叫びは、いつも脇役に追いやられる女性たちのつらい姿そのものだ。

     では、現在の韓国社会を率いる文在寅政権は2020年代に入り、この女性差別の問題を緩和し、解消していくことができるだろうか。

     その答えは相当に悲観的だ。

     文政権は実は女性を軽視しているとも言える。康京和(カンギョンファ)外交部長官(外相)がその良い例だ。文政権は康氏の起用について「初の女性。ソウル大出身でも外交官試験出身でもなく、ガラスの天井を破った」と大いに宣伝した。だが、重要な外交情報は全て韓国大統領府が握っている。19年前半からは、大統領府の国家安保室第2次長の金鉉宗(キムヒョンジョン)氏が事実上の外交安保政策の統括責任者になっている。韓国政府関係者は「康長官は確かにワークライフバランスに気を配るし、女性職員の人気も高い。だが、外交の実権は何も持たされていないお飾りだ」と語る。

     また、19年夏には、文氏の側近、者国(チョグク)氏の法相起用を巡り、様々な疑惑が噴出した。中でも世の中の親たちを憤激させたのが、者氏の娘の高麗大入学を巡る不正疑惑だった。女性が生きづらい世の中なのに、公正な社会を目指さず、自分の身内だけを優先する。

     こうした体質が直らない限り、韓国には第2、第3のジヨンが生まれ、社会の不満はたまり続けるだろう。

    文春オンライン
    https://news.livedoor.com/article/detail/17755644/

    関連スレ
    【世界一】日本人女性が殺到、韓国・美容整形で失敗する人続出…顔や鼻が崩れる、プロテーゼ露出[2/1]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580559685/

    引用元: ・【ヘル朝鮮】韓国社会の女性差別の実態 「整形して出直せ」と暴言吐かれた就活生も 文政権は実は女性を軽視している[2/2]

    【笑えるww 【ヘル朝鮮】韓国社会の女性差別の実態 「整形して出直せ」と暴言吐かれた就活生も 文政権は実は女性を軽視している[2/2]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/27(火) 23:02:55.79 ID:CAP_USER
    韓国の第19代大統領である文在寅(ムン・ジェイン)大統領が整形だったことが発覚。
    朴槿恵の弾劾・罷免に伴う2017年5月9日の大統領選挙で当選し、5月10日から大統領となった文在寅大統領だが、過去の映像を見ると顔つきが違うのがわかる。

    画像は2012年に韓国の亀尾市に視察に来ていた頃の韓国民主党議員時代のもの。
    同様の写真はGoogle検索で日付設定で「2012年12月」までとすれば多くヒットする。
    いつどのタイミングで整形をしたのかわからないが今の文在寅大統領は目つきが穏やかになり、人相も良くなっているのがわかる。

    ▼写真
    no title

    no title

    no title


    https://gogotsu.com/archives/53542

    引用元: ・【韓国】文在寅大統領は整形だった!(ビフォー写真あり)[08/27]

    【ホントに本人なのか?w【韓国】文在寅大統領は整形だった!(ビフォー写真あり)[08/27] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/09/07(木) 15:50:42.35 ID:CAP_USER
    NO”Vライン!”韓国輪郭成形の最新トレンドは小さくて短い「童顔」を目指す「TL・KAWAII輪郭」

    【ソウル(韓国)2017年9月7日PR Newswire】

    顔の長さと横幅の調和が如何に美しくとれているのか、その差が顔面輪郭手術の核心ポイントであります。「TL・KAWAII輪郭術」は、骨の構造を科学的に分析し、下顔だけではなく中顔も一緒に小さくして本当の小顔を目指します。

    小顔でも、顔の長さが長いと面長にみえ老け顔になります。その反面、TL・KAWAII輪郭の場合は、縦横ともに小さくするため、頭も小さくみえる効果があり、可愛い童顔イメージに仕上がります。

    本当の小顔は、頬骨・エラだけではなく、顔が短くなければなりません。

    TL・KAWAII下顔輪郭術(エラ縮小術、前顎縮小術)は、下顔を単純に縮小するのではなく、デザインするものです。

    唇から顎先までのラインは曲線を維持してナチュラルに繋げます。CTおよびX-Rayの分析を通して、一人ひとりに合うように長さと横幅を同時に改善します。また、顎の骨の形に合わせて皮膚と筋肉も一緒に切除するので、リフトアップ効果を得るとともに二重顎を防ぐことも出来ます。

    TL・WAKAII中顔輪郭術である「リフティング頬骨手術」の場合、頬骨の縮小とリフトアップ効果を同時に叶えます。二十代から水分減少、弾力低下、タルミなど皮膚と筋肉に老化が始まり、輪郭がアンバランスとなって出っ張った頬骨がより目立つようになります。出っ張った横頬骨を前頬骨の方へ移動する際、骨と組織間の剥離がなく、骨にくっ付いていた筋肉と皮膚をそのまま移動するため、前頬骨にボリューム感を足すことが出来ます。台形切骨によって余白を埋めるので最大限の縮小効果が得られます。前頬骨にボリューム感を足し、横頬骨は最大限に縮小することで、頭から顎まで滑らかなラインにすることがポイントです。

    目、鼻、口が中心に集中していてお悩みの方は、TL・KAWAII輪郭術を通して中顔と下顔の余白を縮小することで小顔を目指すことが出来ます。おでこが広い方は「おでこ縮小術」で上顔縮小を、人中の長さがコンプレックスの方は「人中縮小術」で小さくて短い童顔フェイスを手に入れることが出来るでしょう。

    16年間無事故を誇るTL整形外科のチェ・セウン院長は「ドクターによって手術の仕方が異なるため、自分に適合な手術法をみつけ、徹底した手術のスケジュールを立てるなど、専門医との綿密なカウンセリングが望ましい。応急事態に迅速に対応できる体系的な安全システムが整っているかどうか、麻酔課専門医が常駐しているかどうか、などを入念にチェックしてから手術に臨むことが顔面輪郭手術を成功させる道である」と伝えました。

    ソース:毎日新聞 2017年9月7日 09時11分
    https://mainichi.jp/articles/20170907/pls/00m/020/501000c

    引用元: ・【話題】NO”Vライン!”韓国輪郭成形の最新トレンドは小さくて短い「童顔」を目指す「TL・KAWAII輪郭」[09/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【流行の度に顔を変えるのか】「KAWAII・WAKAIIが韓国整形の最新トレンド」毎日新聞】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/07/26(水) 17:45:51.12 ID:CAP_USER
    かつては欧米が最先端だった「美容整形」だが、いまやイノベーションと人気の面では、アジアがそれを凌ぐ勢いだという。
    なかでも韓国での普及は著しく、見た目重視の社会や、自己の変化と改良は良いことという価値観が影響していると見られている。

    ◆人口比では世界一。韓国では整形はカジュアル感覚

    ファッション・サイト『ビジネス・オブ・ファッション(BOF)』によれば、国際美容外科学会(ISAPS)の2016年の調査では、
    世界で最も美容整形が多く行われている国はアメリカで、以下ブラジル、日本、イタリア、メキシコの順となっている。

    しかし、人口一人あたりで見ればもっとも多いのは韓国で、1000人中約20人が美容整形を受けている計算となり、
    アメリカの13人を越え、世界一となっている(注:韓国の美容整形医の多くは、ISAPSの調査に参加していなかったため、韓国の数字は別の調査に基づくもの)。

    韓国の美容整形では、二重まぶたへの整形や、まぶたを引き上げたり脂肪を取ったりする形成術がほぼ半分を占めるということだ。
    18歳の誕生日にこうした手術を受けるというのも、非常によくあることだという。

    目を大きく見せるという処置が、東アジア人の特徴は「解決」すべき「問題」と捉えられ、
    欧米的な顔立ち偏重につながるという批判もあるが、整形をする側は今風のアイドル的な顔立ちへの安全なアップデートだと考えているという(BOF)。

    BBCによれば、韓国のある調査では、実に20代の女性の60%以上が、整形をしたことがあると答えたという。

    韓国で美容整形が人気となった理由の一つとして、競争の厳しい社会おいて、見た目が重要な武器であることが上げられる。
    ウェブ誌『クオーツ』によれば、韓国の昨年の調査では、312人中34%の人事担当者が、たとえ経歴が仕事に向かなくても、顔を基準に採用を決めたと答えている。

    また、50%が見た目の悪い応募者は落としたと回答した。このような事情から、美容整形クリニックは就職活動の一助としての整形を宣伝しており、
    希望する職種に合わせた顔立ちに整形をしてくれるクリニックなどもあるという。

    ファッションエディターのHaesoon Jung氏は、1970~1980年代に急速に産業化し、貧しい国から世界トップレベルの経済規模を持ったインパクトが韓国人にとって非常に大きいと指摘し、
    変化と改良は良いものという考えが、整形で良い仕事、良い伴侶が得られ、未来はより明るくなるという思考につながっていると見ている。

    同氏はまた、Kポップスターをはじめとするセレブ文化が普通の人々に影響していると指摘する。
    多くのKポップスターは整形をしており、それが彼らのキャリアにとって不可欠なものになっているため、一般の人も、整形により競争力が高まると考えるのだと述べている。
    http://newsphere.jp/culture/20170726-3/

    引用元: ・【話題】 韓国では整形はカジュアル感覚・・・20代女性の60%以上 「整形をしたことがある」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【顔も名前も変えホーダイ】 韓国人20代女性の60%以上 「整形をしたことがある」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/08(水) 07:58:37.39 ID:CAP_USER
    2016年6月7日、韓国・ニューシスによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が2日に参加したイベント「KCON2016フランス」で、現地の職員を採用する際に能力よりも外見を重視していたことが分かり、物議を醸している。

    フランス・パリで開かれた「KCON2016フランス」の現地エージェンシーは、通訳者・モデル・イベント司会者の採用基準に、「外見重視、きれいな人」と明記した。

    現地エージェンシーの広告文には「韓国を広く知らせる重要なイベントであるため、容姿端麗な人を選抜する」と書かれていたという。

    同イベントに通訳者として参加したキムさんは6日、自身のフェイスブックに「大統領が来るのに、なぜ私がきれいである必要があるのか」と題する文を書き込み、「外見至上主義」的な行動を批判した。

    キムさんは「フランスで暮らしているが、採用基準に『きれいな人』という浅はかで性差別的な単語が露骨に書いてあるなんて聞いたこともない」とし、「通訳者に必要なものは外見ではなく言語能力であるはずだが、いまだに女性は能力ではなく外見を求められている。

    私が見る限り、今回のイベントに『きれいで容姿端麗』が必須の仕事はなかった」と主張した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからも批判的なコメントが寄せられた。

    「理解してあげて。朴大統領は頭が空っぽだから」
    「また国の恥さらしを?」

    「今回もやっぱり…。だから朴大統領が外国に行くとのニュースを見るたび不安になる」
    「韓国国民にも理解できないのに、先進国で暮らす知識人が納得できるはずがない」

    「申し訳ないがそれが今の韓国社会の実態」
    「どうして今の時代にそんな発想が浮かぶ?」

    「ファッションにばかり気を使って、何の実績も残せない朴大統領が考えそうなこと。いまさら驚かない」
    「韓国の大統領や国会議員も容姿端麗な人に代えて」

    Record china 配信日時:2016年6月8日(翻訳・編集/堂本)
    http://www.recordchina.co.jp/a140820.html

    引用元: ・【韓国】朴大統領のフランス訪問、通訳の採用基準に書かれていた驚きの条件 「外見重視、きれいな人」[6/8] [無断転載禁止]©2ch.net

    【整形はOK?→韓国政府の職員採用基準「容姿端麗」】の続きを読む

    このページのトップヘ