まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:教訓

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/12(金) 16:00:08.94 ID:CAP_USER
    韓国の家計負債の増加傾向が尋常でない。

    11日、韓国銀行の発表によると、銀行から家計への貸出残高が去る2月末基準で1003兆ウォン(約95兆円)と集計された。昨年3月に900兆ウォン(約85兆円)を超えたのに続いて、わずか11か月で1000兆ウォンの大台に乗ってしまった。

    月間の増加額も6兆7000億ウォンで、2月基準で史上二番目に多かった。家計負債がこのように早く膨れ上がったのは「ヨンクル」と「ビットゥ」が大きな所為だ。

    すなわち「魂までかき集めて(ヨンクル)」マンションを買い、「借金をして株や仮想通貨に投資(ビットゥ)」した結果だ。

    銀行以外からの貸出と信用販売まで合算した家計負債の場合、1726兆ウォン(約164兆円、2020年末基準)に膨れ上がった。これは一年前より7.9ポイントが増加した数値。昨年の経済がマイナス成長(-1.1%)を勘案すると更に大変な水準だと言わざるを得ない。

    海外諸国と比較すると、一目瞭然だ。国々の経済規模が違うので、家計負債はGDPの何%なのかで深刻さを比較する。

    韓国の場合、100%を超えていて、不名誉にも世界1位だ。イギリスなど、90%台の国もあるが、韓国と同じく住宅購入による負債が多い日本と比べた方が分かりやすい。

    日本の家計負債とGDPの割合が現在60%台だ。この20年間を見ても50%台から70%台で推移している。

    韓国の金融当局は現在の家計への貸出の延滞率が安定的に管理されていると見ている。実際に去る1月の家計への貸出の延滞率(0.21%)は過去3~4年間と比べれば、殆ど最低水準を維持している。

    しかし、「錯視効果」を警戒しなければならない。延滞率統計に捕捉されない潜在的な不良債権が問題だ。金融当局は、新型コロナ禍の中で苦難に陥った自営業者などを支援するために貸出満期を延長し、利子償還も猶予している。

    本来なら時限的な措置であったが、継続延長されると同時に、潜在的な不良債権額が130兆ウォン(約12兆円)まで膨れ上がった。潜在する不良債権が長期間積もれば、金融安定の阻害が大きく憂慮される。

    家計負債の急増は様々な経路で経済に負担を与える。

    まず経済の回復時期が遅れることになる。債務が増えれば利子負担も増え、家計の消費余力が枯渇すると同時に、民間消費を抑制するからだ。これに加え、今後、金利まで上がれば、消費への圧迫は一層深刻になるのが明らかだ。

    もっと危険な側面は家計負債が経済の安定を脅かす要因だという点だ。金利が上がって破産する家計が増えれば、金融機関の不良債権につながり、最悪の場合、金融システムの麻痺を呼び起こす可能性もある。

    風船にずっと息を送り続ければ、いつかは破裂する。最近市場金利が上がり始めた。韓国銀行は基準金利の引き上げを期限もなく遅らせることは出来ないだろう。

    家計負債の急増は金利を引き上げる前に解決しないといけない。日本のバブル崩壊の教訓を忘れてはいけない。


    2021/03/12 15:45配信 Copyrights(C)wowkorea.jp
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0312/10291334.html

    引用元: ・【wowkorea】 尋常でない韓国の家計負債の急増=日本のバブル崩壊の教訓を忘れてはいけない [03/12] [荒波φ★]

    【日本に三回も救われてるバカやん 【wowkorea】 尋常でない韓国の家計負債の急増=日本のバブル崩壊の教訓を忘れてはいけない [03/12] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/07(土) 13:39:11.43 ID:CAP_USER
    歴史問題をめぐり、韓国各紙がドイツとの対比で日本批判を改めて繰り広げている。「日本は相変らず過去と正直に向き合うドイツから何の教訓も得られていないようで遺憾」などと指摘。「ドイツ指導者の態度は加害者と被害者に心を開いて和解する効果を生んでいる」と主張した。

    中央日報は1日にポーランド中部のヴィエルニで開かれた第2次世界大戦勃発80周年行事を紹介。「1939年9月1日明け方、ドイツ空軍がヴィエルニを奇襲爆撃した。小都市のヴィエルニは都心の75%程度が破壊されて1200人余りが犠牲になった」「ポーランドは第2次大戦で約600万人が命を失うなど大きな被害を受けた」などと説明した。

    ロイター通信などによると、ドイツのシュタインマイアー大統領はこの日、ドイツ語とポーランド語で「私は今日、生存者と犠牲者の子孫、そしてヴィエルニ市民の前に立っている」として「ヴィエルニ攻撃の犠牲者とドイツの圧制に犠牲になったポーランド人に頭を下げて許しを請う」と謝罪した。同大統領は「われわれは絶対に忘れないだろう。われわれは(過去を)記憶することを望み、記憶するだろう」とも話した。

    中央日報は「メルケル首相をはじめ、ドイツ指導者は機会があるたびに過去の戦争犯罪を謝罪してきた」が、「日本の安倍政権は過去史を否定することで韓国との関係はすでに整理されたという認識を見せている」と論評。ポーランドのドゥダ大統領はシュタインマイアー大統領のヴィエルニ訪問を「道徳的賠償」と表現したとして、過去史を直視して謝罪する態度が両国間の友情を築く力になると強調した。

    ハンギョレ新聞は1日に東京で開かれた関東大震災朝鮮人虐殺犠牲者96年追悼式典を取り上げた。この中では「小池百合子東京都知事は2017年から3年続けて追悼文を送らなかった。1923年9月1日の関東大震災時に日本の自警団と軍警が『朝鮮人が井戸に毒を放った』などと流言をまき散らして数千名を虐殺した事件を無視したのだ」と非難する一方、「シュタインマイアー独大統領は同じ日、ドイツの圧制で犠牲になったポーランド人に謝罪した」と称賛した。

    同紙は「文在寅大統領が最近『ドイツが過去を率直に反省して信頼を受ける国になったことを日本は深く胸に刻まなければならない』と述べた」とも言及。「単に小池知事だけの問題ではない。安倍首相は日帝強制徴用被害者の苦痛は見ずに、韓国の最高裁(大法院)の賠償判決に貿易報復で対応している」と論難し、「シュタインマイアー大統領は過去を忘れることができない理由について『過ちを繰り返さないために』と述べた。日本が覚醒することを改めて促したい」と訴えた。
    Record china
    2019年9月7日(土) 12時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b742130-s0-c10-d0059.html

    引用元: ・【韓国各紙】歴史問題、ドイツとの対比で改めて日本批判=「何の教訓も得られていない」[09/07]

    【だって韓国のは国策詐欺だもん【韓国各紙】歴史問題、ドイツとの対比で改めて日本批判=「何の教訓も得られていない」[09/07] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/16(火) 12:46:51.50 ID:CAP_USER
    韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が16日、世界貿易機関(WTO)の韓日水産物紛争で韓国が勝訴したことに対して「今回の紛争の全過程を記録として残し、後日の教訓としてほしい」と話した。 

      李首相はこの日午前、政府世宗(セジョン)庁舎で開かれた国務会議の冒頭発言でWTO勝訴について言及し、「WTOが我々の日本産食品輸入に関する紛争の上訴審で、韓国側の意見をほとんど受け入れた」とし「我々は日本産食品輸入規制を維持することになった」と話した。 

      李首相は続いて「紛争対応チームの4年間にわたる労苦の結果」とし「今回の逆転勝訴は、我々が最善を尽くせば難しく見える問題も十分に克服していけるということを立証した」と強調した。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=252399&servcode=a00&sectcode=a10
    [ⓒ 中央日報日本語版]2019年04月16日 11時48分

    no title

    韓国の李洛淵首相

    引用元: ・【韓国首相】「WTO韓日紛争での勝訴、記録を残して教訓に」「紛争対応チームの4年間にわたる労苦の結果」[4/16]

    【こいつらの嫌がらせに傾けるエネルギーって【韓国首相】「WTO韓日紛争での勝訴、記録を残して教訓に」「紛争対応チームの4年間にわたる労苦の結果」[4/16] 】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/06/14(火)12:37:06 ID:YR5

    一部を抜粋

    日本の民間銀行は、なぜ国債購入の隊列から離脱しようとしているのだろうか。今年2月、日銀がマイ
    ナス金利政策を導入したことで民間銀行の収益性は大幅に低下した。この先、国債を抱える余力はな
    くなる。

    不安感は株式市場の動きにも現れている。外国人投資家が日本の株式市場から資金を一斉に引き揚げ
    ているのだ。

    最大の理由は、アベノミクスに対する失望だと分析した。

    アベノミクスの危機には、この20年における政策失敗の歴史がそのまま反映されている。バブル崩壊
    直後の1990年代、日本では「デフレが深刻なのに政府は何をやっているのか」と政界などからの圧力
    が強まり、政府は100兆円という巨額の財政出動を行った。にもかかわらず、98年には日本の経済成長
    率は戦後最悪のマイナス2%まで下落した。

    財政政策で効果が出ないとなるや、非難の矛先は日銀に向かった。「政府がこれほどがんばったのに
    日銀は何をやっているのか」と政界から批判が相次ぎ、ついに日銀は2001年、民間銀行の保有国債を
    買い入れる形で市場にどんどん資金を供給し始めた。アベノミクスも、ただその延長線上にあるだけ
    だ。政府と中央銀行が乗り出して必死にあれこれしたものの、結局残ったのは日本国債という「時限
    爆弾」だ。

    日本のケースは、韓国にも教訓となるところが少なくない。政府が税金をつぎ込んだり、政界が独立
    機関である中央銀行に圧力をかけて資金を供給したりしても対症療法にすぎず、産業構造を変えて効
    率と競争力を高めなければ結局はどんな薬も効果はない。この20年間の日本の失敗は、全ての韓国国
    民が痛みに耐える覚悟を持って構造調整に臨まねばならないということを教えてくれる。

    崔元碩(チェ・ウォンソク)国際部次長

    省略部の詳細はソースで
    Chosun online 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/13/2016061301165.html

    引用元: ・【朝鮮日報コラム】日本国債暴落危機が韓国に与える教訓[6/13]

    【【朝鮮日報コラム】日本国債暴落危機が韓国に与える教訓[6/13]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/04/28(木)15:18:57 ID:bms

    昨年、世間を驚かせたことの一つは「人糞教授事件」だった。
    ある私立大学の教授が自身の主導する学会に就職させた弟子に常習的に暴行するのみならず、奴隷の
    ような生活をさせ、あろうことか人糞を強制的に食べさせるなど各種の類い希な暴力を日常的に行っ
    たということがその骨子だった。

    「下位者」の生殺与奪権を行使できる絶対君主のような「教授先生」という怪物を産んだのは、結局
    権威主義的国家と新自由主義との韓国特有の結合だ。

    政権が主導して作り出した大学内の極度に不均衡な権力関係は、結局多くの専任を権力中毒者にした
    のだ。

    新自由主義が到来してから彼らが競争本位の新しい学界構図で大学院生や講師など(準)奴隷人材を動
    員できる主要論文生産主体に浮上して、「下位者」の無報酬労働を絞り取り各種大型プロジェクトの
    受注に成功できる風土が作られた。

    このようにして韓国の大学社会は、「人糞教授」の誕生が可能な封建農場と搾取工場の結合物になっ
    たのだ。

    朴露子(パクノジャ、Vladimir Tikhonov) オスロ国立大教授・韓国学

    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/23920.html

    引用元: ・【韓国】[寄稿]「人糞教授事件」の教訓[4/20]

    【両班スタイルw【韓国】[寄稿]「人糞教授事件」の教訓[4/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ