まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:教授

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/10(水) 13:19:49.76 ID:CAP_USER
    <キム・ドクス公州(コンジュ)大学校教授>
    no title

    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    現政権の反日感情の刺激が一線を越えてからかなり久しい。挙句の果てに京畿道(キョンギド)議会が、道内の小・中・高等学校が保有する20万ウォン以上の製品に、『戦犯企業』ステッカーを貼り付けるという。 いわゆる、『日本戦犯企業製品表示に関する条例案』の制定を推進するレベルにまで至ったのである。それが通過するか否かは未知数だが、その消息は既に日本人に広く知れ渡っている。自充手(駄目詰まり)にも程がある。

    グローバル時代において100%の日本企業は存在しない。戦犯企業という日本企業も、その株主は世界の人々である。もしかすると、韓国人もその企業の株主かもしれない。もし、そのような企業に戦犯企業の汚名をつけたら、これらの企業の株主は韓国と国産製品についてどう思うのだろうか?左派の老害たちの呆れる無知に、これ以上発する言葉がない。

    日本は決して軽く見る相手ではない。彼らは戦争や競争で負けると静かに承服し、言葉を慎む。 代わりに敗北の原因をじっくりと考え、刃を掴んで必ず報復に乗り出す。それが日本の特性である。いくつかの事例を見てみよう。

    日本は甲申政変(1884年)の時に清国に侮辱を受けた。しかし彼らは10年間切歯腐心(ちょー悔しがる事)した後、日清戦争(1894年)で清を屈服させた。また日本は三国干渉(1895年)と俄館播遷(1896年)でロシアに詰められた。しかし10年後に起きた日露戦争(1905年)で彼らを完璧に撃破した。 その後、外勢を思惑通り(?)引き込んで以夷制夷(外国を利用して他国を抑える)戦術により、朝鮮の独立空間を作ろうとしていた高宗(コジョン)の外交権を余すことなく強奪した。のちの乙巳条約(第二次日韓協約)である。

    これだけではない。日本は1945年8月6日と9日にアメリカの原子爆弾2発を連続で受けて降伏した。 彼らの話に従い、アメリカにアッサリ(あっさり)と承服した。このアッサリとは、『ケグッハゲ(綺麗さっぱり)』という意味である。

    しかし彼らは克美への悲愁を胸に抱いた。アメリカに追い付くため、品質管理で名声が高かったアメリカの数理工学者であるデミング、ジュラン、ファイゲンバウム博士を迎え、彼らの教えを徹底的に受けた。こうして誕生したのがが豊田の看板方式、自動化、JIT(Just-In-Time)、業務標準化だった。日本はそれらを武器に、1980年代初めにアメリカ経済を焦土化させた。レーガン行政府が1985年のプラザ合意で円価値の人為的上昇を図らなければ、アメリカ経済は日本経済に押さえ付けられていただろう。

    祖国光復を迎えてから75年という歳月が流れた。これまで我々は、「なぜ日帝から殖民地統治を受けなければならなかったのか?」対する真剣な内部反省と省察がない。ただ日帝から受けた精神的内傷を刃(実力養成)ではなく、口(反日感情)でだけ解消している。このまま行けばモンゴルに対する反モンゴル感情も台頭しかねない。 実力で押される時は、怒りを隠して内実を固めるの事が上策である。こうする事で最小限、未来も保障されるだろう。

    今は我々自らで慰安婦と強制徴用者の痛みを抑え、克日の知恵を賢明に講じる時である。生半可な口は、緻密に準備された刃によっていつでも切られるからである。

    ソース:忠清トゥデー(韓国語)
    http://www.cctoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=1202158

    引用元: ・【韓国】「過度な反日感情の刺激は我々に毒である!」=キム・ドクス公州大学校教授[04/10]

    【用日できると思っているのか? 【韓国】「過度な反日感情の刺激は我々に毒である!」=キム・ドクス公州大学校教授[04/10] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/05(月) 15:54:33.63 ID:CAP_USER
    http://www.dailycnc.com/news/photo/201908/98131_192875_4813.jpg
    ▲コラムニスト=ユ・セジョン東義(トンイ)大兼任教授

    日本は我が国に比べて文化的には劣等だが経済的には世界1,2位の経済大国だ。そのため多様な教育と媒体を通じてこれを現実として受け入れ、他の部分では日本を無視してきたが、経済の部分では今の技術依存度で明らかなように過去100年間、遅れをとってきたこともまた事実だ。

    この様な過去の残像がまだ私たちを、そして私たちの後輩たちを日本と経済的に戦うのは無条件に大変で勝算はない、という漠然とした敗北意識に染まるようにした。しかし、私たちが知っている真実は昔昔の日本の経済が最高である時、私たちの経済が彼らに比べて微弱だった時の話だ。日本と経済戦争が始まった今は以前の状況とまるで異なる。

    日本はただ一度もNOと言えなかった米国の仲裁も拒否する程、今、彼らの状況はパニック状態だ。不安なら言葉が多くなり、強弁主張が増える。今の彼らがそうだ。次に言及する指標を見れば、日本が今、どれくらいあせっているか分かる。

    彼らは今を我が国を制御できる最後の機会と見ている。しかし、その結果は惨たんたるものになる、という不安感もまたぬぐいきれずにいる。彼らは今、全力を尽くして我が国との経済戦争に死活をかけて飛びかかっている。

    彼らは今のように未来もアジアで影響力ある国家として、世界の盟主として君臨したい。しかし、相変らず清算できない過去が彼らを困難に陥れている。その中でも我が国は彼らの最大の障害物だ。

    過去の問題だけでなく未来の問題でも私たちは正当な名分で彼らを疲れさせ、今後も疲れさす、さらに彼らの席までも見下げる唯一無二な存在であると彼らは認識している。
    (中略:日韓データ比較。昔より差が縮まった)

    今まで政治的に対立しても経済的に対立した経験はなかったし、日本に比べていつも小規模経済という自嘲的な考えから我が国は日本にいつも経済的には相手にならないと予断する姿勢を取ってきた。しかし、前述したように(中略部分)、今、日本は負けており、我が国は浮上することが分かる。

    今のまま進み統一まですれば、少なくとも10年以内に我が国は日本を凌駕することになる。これは誰にも否認できない事実であり現実なのだ。

    それなりに世界1,2位を争う経済大国・日本がこれを知らないはずがなく、恐れとあせりで我が国に経済挑発を今、せざるを得なかったのだろう。もう我が国の過去の記録ではなく、現在の記録を正確に理解し、堂々と少しは余有ある姿で不安で恐れ始めた日本の経済挑発をよく活用して内実を固めて10年の差を半分以上減らす契機にしなければならないだろう。

    歴史を見れば世の中の万物は栄枯盛衰の周期を持っている。歴史でその周期に逆らう者は大きな恥辱を味わった。もうその恥辱はひっそり経済挑発を行った日本の持分になるだろう.

    ソース:消費者経済(韓国語)<[遊説種の保険通]“臆した日本の崖っぷち経済挑発、その恥辱の未来はものさびしく日本の役割だ”>
    http://www.dailycnc.com/news/articleView.html?idxno=98131

    関連スレ:【韓国】 私たちが勝つ、そのための10の提案~慶煕大経営学科元教授[08/03] ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1564956990/

    引用元: ・【韓国】 10年以内に日本を凌駕する韓国、恐怖にかられた日本の崖っぷち経済挑発~東義大教授[08/05]

    【頭の悪さを自覚しろって! 【韓国】 10年以内に日本を凌駕する韓国、恐怖にかられた日本の崖っぷち経済挑発~東義大教授[08/05] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/13(火) 21:45:57.36 ID:CAP_USER
    ブレジンスキー教授、ワシントン・ポストに寄稿

     米国ジョージ・ワシントン大学のグレッグ・ブレジンスキー教授(歴史・国際問題)は11日、「日本が過去史についてきちんと謝罪していないことが韓日対立を大きくし、世界経済を脅かす要因になっている」と指摘した。

     ブレジンスキー教授は、米紙ワシントン・ポストに寄稿した「日本が過去の罪を償わないことがいかに世界経済を脅かしているか」というタイトルのコラムで、「第2次大戦当時、日本は歴史上最も惨たらしいレベルの残虐行為を行った」として、「過去の残虐行為を清算しないことは、東アジアをはるかに超える経済的影響をもたらすかもしれない」と記した。ブレジンスキー教授は、第2次大戦以降、共産主義の拡大阻止に力を注いできた米国は日本と韓国の過去史解決に優先順位を置かず、両国が歴史的紛争を速やかに解決するよう圧迫してきたと説明。ブレジンスキー教授は「1990年代以降、日本政府は数回にわたって過去に犯した行為を謝罪する声明を発表したが、(日本の指導者は)靖国神社を参拝するなど、真剣さに疑問を抱かせる行動を続けてきた」と主張。また「安倍首相は前任者たちより過去史について強硬な立場を取っており、現在の貿易紛争を悪化させている」と記し、さらに「韓日貿易戦争が世界経済に混乱をもたらす前に終了しても、日本が近隣諸国と過去史問題についてきちんとした和解と合意を実現しなければ、アジアはまた別の経済的・軍事的危機に直面しかねない」と警告した。

     ブレジンスキー教授は、韓国政界にも苦言を呈した。教授は「機会主義的な韓国の政治家たちは、人気の維持が難しいときには日本を攻撃するのが便利だということを知っている」「歴史的怒りを生かし、維持することが、有用な政治的武器になり得る」と記した。

    ニューヨーク=呉允熙(オ・ユンヒ)特派員

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/13/2019081380082.html

    引用元: ・【米国】ブレジンスキー教授「日本が過去に対し謝罪しないことが韓日対立を大きくし、世界経済を脅かす要因になっている」[8/13]

    【反日パヨ系 in U.S.A.【米国】ブレジンスキー教授「日本が過去に対し謝罪しないことが韓日対立を大きくし、世界経済を脅かす要因になっている」[8/13] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/13(火) 16:34:57.35 ID:CAP_USER
    no title

    ▲白井聡教授(wikipedia等によれば「専任講師」).

    無分別な経済報復措置で「韓国たたき」に出た日本安倍晋三政権の暴走を早くから予想した本がある。2013年、日本知識社会を揺るがした「永続敗戦論」だ。第二次世界大戦で無惨に敗北した日本が今も敗戦を認めないのは、戦勝国米国に安保と経済を委託して無限従属することを選んだからだった。屈服の代価として得たのは繁栄と安定、アジアでの盟主資格だった。

    しかし、バブル経済崩壊と2011年東日本大地震後に奇妙な戦後体制は崩れ、大日本帝国への回帰を夢見る右翼が急速に増えた。アベ政権が誕生した背景だ。ここから大きな矛盾が発生する。大日本帝国時代を肯定するには、米国を克服しなければならないが日本の既得権を掌握した保守勢力は米国を離れる自信もなく、そのような境遇にもない。その結果、対米関係で挫折したナショナリズムのストレスをアジアに向かって噴出させることに没頭している、というのがこの本の骨子だ。

    過去の蛮行を認めるどころか「私たちは絶対、負けなかった」ともがく日本右翼の内心を正確に分析して予測したこの本の著者は白井聡(42)京都精華大人文学部教授だ。右傾化する日本社会の素顔を辛らつに批判し、アベ政権の狙撃手として浮上した彼とEメール インタビューで会った。

    彼はアベ政権が韓国に敵対政策を吐き出す理由として「アジアの一等国から押し出されたという不安感と挫折感で集団的ヒステリーを起こしている」と診断した。

    特に日本の対米従属構造を支える一つの軸である韓半島冷戦体制がゆらぐことを極度に敬遠しているという分析だ。問題はこのような嫌韓感情が一部の右翼だけでなく、平凡な日本市民の間にも広く広まっていることだと彼は憂慮した。保守勢力が自分たちの既得権を維持するためにメディアを通じて嫌韓感情をそそのかしているという指摘だ。

    ーアベ政権がより強力に「韓国たたき」に出た背景は何か.
    「短期的目的は支持率だ。日本社会には嫌韓感情が少なからず存在する。明治維新後、日本の人々には1945年敗戦以後にも絶対こわれない命題が一つある。『アジアの一等国(先進国)は日本だけでなければならない』ということだ。この感情に照らせば、韓国は永遠に日本の弟として残らなければならない、というのが土台に敷かれている。しかし、現実に日本はこれ以上アジアの一等国ではない。中国と韓国の経済成長は日本をすでに越えたり、脅かしている。そうするうちに集団的ヒステリー状態を見せているのだ。世界2位の経済大国に浮上した中国に対しては強硬一辺倒で対立しにくいと判断してストレスの排出口を韓国に定めたのだ。」
    (中略)

    ー韓日両国市民に言いたいことがあれば。
    「未来を変えるのは両国市民にかかっている。韓国に対する日本市民の意識は非常に貧弱だ。メディアが『親日か反日か』のフレームだけで接近したからだが、相手国の歴史観に対する想像力を発揮することが必要だ。韓国市民は非常に理性的だ。それでもナショナリズムに閉じ込められる憂慮は今なお残る。だからいつも自己点検が必要だ。対立と葛藤の歴史を破るためには両国が共有できる未来のビジョンを探して協力していくことが大変重要だ。韓国と日本の国民でなく、世界市民として普遍的価値を追求するところから共感を求めて行かなければならない。」

    カン・ユンジュ記者

    ソース:韓国日報(韓国語)<“アジア一等国脅威を受ける日本、集団的ヒステリー韓国に噴出”>
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201908121119040116

    引用元: ・【韓国】 「アジア一等国の地位を脅かされた日本、集団的ヒステリーが韓国に噴出」~京都精華大学・白井聡教授[08/13]

    【馬鹿教授がここにも【韓国】 「アジア一等国の地位を脅かされた日本、集団的ヒステリーが韓国に噴出」~京都精華大学・白井聡教授[08/13] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/01(木) 10:07:13.69 ID:CAP_USER
    ・徐敬徳教授、『日本不買運動は新たな文化運動』
    ・徐敬徳教授、「強制徴用問題など日本の歴史歪曲に対する効果がある」

    (写真)
    no title

    ▲ 誠信女子大学校 徐敬徳教授
    _________________

    誠信(ソンシン)女子大学校の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が去る1か月間の日本不買運動を振り返り、「新たな文化運動へと進化する」と31日にウィキーツリーに明らかにした。

    徐敬徳教授は、「以前の不買運動はいくつかの市民団体が先に主導していたが、今回の不買運動はネチズン自らが自発的に参加している事が最も大きな相違点である」と伝えた。

    徐敬徳教授は今回の不買運動について、三つの特徴を述べた。徐敬徳教授は一つ目に、「ネチズンたちが行動で参加できる “生活の中の不買運動” をそれぞれのSNSアカウントで共有して、さらに大きな波及効果を生み出した」と述べた。

    二つ目の特徴は、「楽しみながら進める」と説明した。徐敬徳教授は、「“日本のビール1杯を100万ウォンで販売する” というなど、“日本のビールを飲まない事にしよう” というかつての表現を非常にユーモアに表現して、さらに多くの人の参加を導いている」と説明した。

    三つ目の特徴として、「海外に住む在外同胞と留学生の積極的な参加が行われている」と説明した。

    徐敬徳教授は、「国内を越えて海外に住む在外同胞たちと留学生たちが今回の不買運動に共に参加して、外国人に今回の日本の輸出規制の不当性を広く知らせている」と伝えた。

    徐敬徳教授は、「今回の不買運動で最も大きな変化の一つは、日本の歴史歪曲に対する関心がさらに大きくなった」とし、「強制徴用に対する大法院(最高裁)判決の報復的な措置という事を認知して、強制徴用の歴史的事実がオンライン上で着実に話題になっている」と伝えた。

    徐敬徳教授は日本に最も大きな打撃を与えているのは、『日本旅行不買運動』であると付け加えた。

    徐敬徳教授は日本不買運動について、「まだ暴力的で過激な行動が頻繁に起きているが、むしろこのような行為はネチズンの自発的な不買運動精神を衰退させてしまう事もあり、自制を求める」と強調した。

    (写真)
    no title


    ソース:ウィキツリー(韓国語)
    https://www.wikitree.co.kr/main/news_view.php?id=450343

    引用元: ・【韓国】徐敬徳教授、「日本不買運動は新たな文化運動」[08/01]

    【根っからの日本ヘイト精神なんだな 【韓国】徐敬徳教授、「日本不買運動は新たな文化運動」[08/01] 】の続きを読む

    このページのトップヘ