まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:教授

    1: まぜるな!キケン!! 2022/09/10(土) 22:46:39.92 ID:CAP_USER
    【寄稿】有名になることは美しくないこと
    ・ノーベル賞を目標にした「K文学戦略」が恥ずかしい…文学はプロモーションの対象ではない
    ・偉大な文学は制度・権力・流行の境界外で「涙を拭ってくれる手」
    ・パステルナーク曰く「ついうかうかとみんなの口にのぼるのは恥ずかしいことだ」

    韓国の夢、ノーベル文学賞の新たな受賞者が10月上旬になると発表される。子どものころ、国語の先生は徐廷柱(ソ・ジョンジュ)、黄順元(ファン・スンウォン)を候補者に挙げておられた。1970年代には詩人の金芝河(キム・ジハ)が有力で、それも日本から推薦されたと知った。その後、幾人もの文人が常連として登場し、最近では比較的若い作家たちが「K文学」ブームに乗ってアプローチしていっているらしい。

    だが、K文学(実はほとんどすべて『Kナントカ』)という言葉が、私には気に食わない。私は、文学は商品ではなく、従ってブランド概念もまた適さないという立場の、どうかすると時代錯誤的なオールドファッションだ。文学は「偉大な瞬間との出会い」であるとした批評家ハロルド・ブルームの古典的定義に依然として歓呼し、本の中に入ってくる全ての人は「言葉の国の市民」になると言った小説家・崔仁勲(チェ・インフン)の見識に大きな拍手を送りたくなる。偉大な文学は生得的で、精度や権力や流行の境界外へ向かうと信ずる。偉大な文学は国籍がないと考える。

    だから、韓国政府の関連機関が「K文学グローバル振興(Global promotion of K-books)」プロジェクトを打ち出して拡声器を取り付け、「中国や日本がノーベル賞を取ったのだから、今度は韓国の番だ」といったような機関責任者のインタビューが英字新聞に載るときは、率直に言って恥ずかしい思いを抱く。それは、文学を前にした恥ずかしさであり、ひたすら書くために生まれたかのように今も熱心に手と頭と心のペンを動かしている立派な韓国の作家たちを前にした恐れ多さだ。文学はプロモーション(セールという言葉のように聞こえる)の対象ではない。文学賞とは、熱烈な翻訳出版と広報で実現する栄誉でもない。ノーベル文学賞を取るために選択と集中で翻訳出版を志向しよう、翻訳家を量産しよう、世界に韓国語を教えよう、広報局をスウェーデンに立てようなどの猪突(ちょとつ)的戦略論に接するたび、当の韓国が最後には取ることになる賞の真の値打ちは低くなっているのではないかとも思う。

    こうした気持ち悪さを感じているのは、私一人だけではないだろう。数年前、米国の週刊誌「ニューヨーカー」に載った記事(『Can a Big Government Push Bring the Nobel Prize in Literature to South Korea?』〈巨大な政府支援は韓国にノーベル文学賞をもたらすだろうか〉)で、ある韓国文学エージェントがこのように論評した。「肝心の本は読まずに、ノーベル賞ばかり望んでいるのが残念」。ある翻訳家は「誰かが賞を取った瞬間、韓国文学翻訳院は勝利宣言とともに門を閉じてしまうのではないだろうか」と心配した。果ては「韓国がノーベル文学賞を取る日はいつかは来るだろうが、そういうことがあまり早く起きないことを望む」と回答した韓国学科教授もいる。

    ロシア文学はノーベル文学賞受賞者を計5人(ロシア語で書いたベラルーシのスべトラーナ・アレクシエービチまで含めると6人)輩出した。政府筋の作家だったショーロホフを除くと、誰も政府の後援を受けなかった。後援どころか、弾圧や批判を受けるばかりだった。パステルナークがノーベル賞辞退を余儀なくされたのも、親西欧の裏切り者、反革命主義者というソ連当局の荒っぽい世論駆り立てのせいだった。「おりに捕らわれた獣のように私は終わった/(中略)/私を追うのは狩人の叫び声のみ/(中略)/首はわなにはまったまま/それでも私は右手で/この涙を拭いたい」と、パステルナークは詩「ノーベル賞」で書いた。ここの「右手で涙を拭いたい」という表現は、つまり「書きたい」と言っているのだ。作家たちには申し訳ない言葉だが、文学とは確実に、絶望と欠乏の行き止まりで一層力強く噴き出す傾向がある。まさに、文学が「涙を拭ってくれる手」だからだ。

    金珍英(キム・ジンヨン)延世大学露語露文学科教授

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/09/08/2022090880841.html

    引用元: ・【韓国教授】 ノーベル賞を目標にした「K文学戦略」が恥ずかしい…詩人パステルナーク「有名になることは醜いことだ」[09/10] [LingLing★]

    【村上春樹の悪口言ってるみたいだなw 【韓国教授】 ノーベル賞を目標にした「K文学戦略」が恥ずかしい…詩人パステルナーク「有名になることは醜いことだ」[09/10] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/24(水) 21:19:42.42 ID:CAP_USER
    [寄稿] 繰り返される韓国の政治危機、代案はないのか
    シン・ジヌク|中央大学社会学科教授

    尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が任期序盤で直面した様々な政治的危機と国政混乱に関して、最近さまざまな診断と改善案が示されている。新政権がそのような意見に耳を傾け、過去の政権の成果を継承するとともに、限界を克服する道を模索することを切に願う。そうして現政権が成功してこそ、競い合う政党の水準も上がるだろう。

    そのような短期的課題と共に考えてほしいのは、2000年代以後、韓国で政権が変わる度に政治的不安定と激動が長期間持続する問題だ。革新と保守、民主党と保守政党のどちら側に立っても、それぞれの位置から見て歓喜と希望の時間、絶望と怒りの瞬間が数年ごとに劇的に変わる政治的な集団躁うつ症状を経験している。

    2002年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領選候補はW杯「レッドデビルズ」とノサモ(盧武鉉鉉を愛する会)の集合的な熱狂の中で大統領に当選したが、政界内の立場はもちろん世論の支持も常に不安定で、任期後半には最悪に突き進んだ。そのような状況で、保守は中央と地方の行政府と立法府をともに掌握したが、李明博(イ・ミョンバク)大統領は任期が始まるやいなや市民の大きな抵抗を招き、支持率10%台という重大な政治危機を迎えた。

    朴槿恵(パク・クネ)大統領は民主化後の最高得票率で当選し、「経済民主化と福祉」という包容的ビジョンを掲げたが、任期中に国情院、軍、警察の政治道具化と「陰の実力者」疑惑が持ち上がり、結局弾劾された。自ら「ろうそく政権」を掲げた文在寅(ムン・ジェイン)政権が高い支持率を享受し、多くの期待が寄せられたが、任期末に支持を失い、5年で政権を明け渡した。 そして今、新政権は任期が始まるやいなや苦境に立たされている。

    民主制社会で政権交代は自然なことだが、韓国で過去20年間繰り返されてきた、めまいを呼ぶジェットコースターのような政治は明らかに異常だ。したがって、今重要なのは尹錫悦政権が危機克服のために何をしなければならないのかだけではない。誰が大統領になり、どの党が政権を握っても「統治不可能」の状況に直面する問題を解決することが本質的課題だ。これと関連していくつか考えてみるべき反応がある。

    第一は世代交代論だ。既成政界の中で政権を変えることが正解ではないという認識の下、未知の存在に期待をかける政治的ロマン主義だ。政治現実に対する不満と他の政治への欲望が世代交代という形で観念化されたことは理解できる。しかし、大衆が旧世代の権力を代替すると期待できる次世代集団とリーダーが存在してからこそ、世代交代論は初めて実体を持つことができるだろう。

    第二に、多党体制論だ。むろん、韓国政治体制はすでに多党制だが、2大政党の支配が強いため、多党の競争を促進する制度に改革しようという話だ。2大政党が政権をやり取りする「反復記号の政治」には問題が多く、建設的競争が必要だという主張は納得できる。だが、今の群小政党の劣勢が制度のせいなのかは不明であり、2大政党より良い第3党が育つための条件が何なのかについては、すぐに答えが出てこない。

    第三に、議院内閣制改憲論だ。大統領一人に政治が左右されるなど、大統領制の弊害が激しいのは明らかだ。しかし、政治エリートと政治文化の基本ができていなければ、大統領制で大統領制のデメリットが発現したように、議員内閣制を導入すれば内閣制のデメリットが発現する可能性がある。政治先進国の多くは議院内閣制を採用しているが、議院内閣制が政治先進国を作るわけではない。東欧がその例だ。

    ハンギョレ新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9641470f66b38fd5959ec79e9a41f42fcb3feb0
    256

    引用元: ・【韓国】 「繰り返される政治危機、代案はないのか」 シン・ジヌク中央大学社会学科教授[08/24] [LingLing★]

    【システムの問題ではないんじゃないかな(´・ω・`) 【韓国】 「繰り返される政治危機、代案はないのか」 シン・ジヌク中央大学社会学科教授[08/24] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/16(土) 18:06:35.62 ID:CAP_USER
    (略)

    --通貨危機が懸念されるほど深刻な状況か。

    「米国が短期間(1-2年)に金利を3%以上引き上げた場合、韓国は例外なく危機を迎えた。1997年の通貨危機、2008年のグローバル金融危機の直前だ。下半期に米国が利上げをすれば、新興国全体が危機を迎える可能性が高い。さらに深刻な問題は、韓国経済の基礎体力が弱まっている点だ。最近は貿易収支が赤字に転換した。28年ぶりの衝撃だ。不動産など資産価格バブルのほか、賃金引き上げで輸出競争力も落ちている。資本の流出が起きやすい条件だ。さらに労使紛糾までが生じれば通貨危機に入る可能性が高まる」

    --最近は外貨準備高が減少している。

    「6月末基準で韓国の外貨準備高は4382億8000万ドルだ。2008年のグローバル金融危機当時の2005億ドルと比較すると倍以上も多い。しかし外国人の株式投資の比率が高く、安全保障リスクも高い国なので、外部の衝撃を防ぐのに十分な水準とは見なしがたい。特に最近は外貨準備高が減少している点が心配だ。昨年10月に比べて310億ドル減少したが、当局がウォン安を防ごうと為替市場に介入したためとみられる。下半期には米国の金利がさらに高まるとみられ、このような形で介入すればまた数百億ドルが減少することになる。これを外国は通貨危機のシグナルと見なすかもしれない。韓国経済がさらに不安定になる要因になるはずだ」

    --適正為替レートはどの程度で見るか。

    「韓国のファンダメンタルズをまともに反映すれば、今よりもウォン安ドル高になる可能性が高い。適正為替レートは貿易収支を赤字にしない水準でなければいけない。わが国のファンダメンタルズが悪化した中でウォン安ドル高を無理に防ごうとしても、それはできることではない。もし(適正為替レートではないが)1ドル=1300ウォン水準に抑えていれば韓国の輸出は減少し、貿易赤字によってウォン安ドル高がさらに進む可能性がある。当局が為替市場に過度に介入するのは望ましくない」

    --なら為替レート政策はどうすべきなのか。

    「政府が財政健全性の悪化にもかかわらず通貨危機を迎えないのは、貿易黒字と韓米通貨スワップが維持されたからだ。現時点ではこのような安全弁がない。米国の利上げの時期には、輸出増大と貿易収支の黒字転換に焦点を合わせるべきだろう。その間、物価安定に重心を置いていたパラダイムは変わらなければいけない。5月から対中貿易収支は赤字に転じた。5月に11億ドル、6月には12億1000ドルの赤字となり、今後も赤字が続く可能性が高い。過去に日本が韓国に主要産業を譲り渡して「20年の景気沈滞」に入ったように、韓国も中国に劣勢になっている。その国の見通しが暗いと見なされれば、外国資本は投資資金を一度に抜くこともある。米国との通貨スワップを通じて為替市場の安全弁も用意しなければいけない」

    --韓米通貨スワップは可能なのか。

    「2008年と新型コロナパンデミック直後もそうだったように、新興国の数カ国とグループの形で通貨スワップを再開してほしいと要請することができるはずだ。通貨スワップが締結されれば、現在1ドル=1300ウォン台の為替レートは1200ウォンを割るまでウォン高ドル安が進むと予想する。輸入物価も下がり、株価も大幅に上昇する可能性がある」

    --円安の逆襲を警告したが。

    「円・ドル為替レートは1ドル=137円を超えた(円安ドル高)。下半期に米国の金利が上がれば円安はさらに進む可能性がある。日本との競合品目は減っているけれど、円安の威力は依然として大きい。日本が攻撃的に円安ドル高にして輸出価格を低めれば、それだけ日本製品がよく売れる。下半期に1ドル=150円に近づけば、サービス貿易にも影響が及ぶだろう。日本旅行が増えてサービス収支も悪化すると予想される。円安になれば韓国もウォン安にしなければいけない。貿易赤字が拡大すれば為替市場はさらに不安定になる」

    全文はソースで
    https://japanese.joins.com/JArticle/293257?servcode=300§code=300
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1657955993/

    引用元: ・【延世大教授】「外貨準備高急減を懸念、当局介入は危機として映ることも」...韓国、通貨スワップは可能か ★2 [7/16] [昆虫図鑑★]

    【バカとバカのインタビューごっこか 【延世大教授】「外貨準備高急減を懸念、当局介入は危機として映ることも」...韓国、通貨スワップは可能か ★2 [7/16] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/28(木) 18:16:57.95 ID:CAP_USER
    「フィールズ賞」ホ・ジュニ教授が母校ソウル大で講演…後輩たちへの助言とは
    「私の力は根拠のない自信」

    韓国系で初めて「数学界のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞を受賞したホ・ジュニ韓国高等科学院碩学教授兼米プリンストン大学教授(39)が27日、母校のソウル大学で講演し、自身が初めて証明した数学の難題を実際に解いて見せた。

    ホ教授は同日午後4時ごろから講演し、「ホッジ理論」を通じて組み合わせ論の問題を解決する方法について講義。これはホ教授が2012年、組み合わせ論で45年にわたり難題とされていた「リード予想」を証明する際に用いた方法論だ。ホ教授はこれによって「組み合わせ代数幾何学」という新たな分野を開拓し、その功績が認められてフィールズ賞を受賞した。

    1時間半ほどの講演の後、質疑応答が行われた。出席者の一人が「どのようにして自身の道に集中することができたのか」と質問すると、ホ教授は「『根拠のない自信』が重要だ」として「根拠のない自信はいつ崩れるか分からないが、根拠がなくても自信を持ってぶつかっていくと力を出すことができる」と話した。さらに「大学で勉強したことが、後になって振り返ったときに温かい記憶として残るので、この時間を楽しんでほしい」とアドバイスを送った。

    カン・ウリャン記者

    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/27/2022072780197.html
    250

    引用元: ・【韓国】 「フィールズ賞」ホ・ジュニ教授が母校ソウル大で講演…後輩たちへの助言とは[07/28] [LingLing★]

    【あーあ。洗脳教育きちゃった 【韓国】 「フィールズ賞」ホ・ジュニ教授が母校ソウル大で講演…後輩たちへの助言とは[07/28] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/16(土) 10:40:24.38 ID:CAP_USER
    『植民国家と対称国家』を出版した尹海東・漢陽大学教授

    「『土着倭寇(わこう)』という単語は、かつての『アカ』よりも暴力的だ。土着倭寇と口にした瞬間、『パブロフの犬』のように、親日派がうじゃうじゃいる時空間が思い浮かぶ。多くの人が日常を営んだ植民地の現実をきちんと見られなくしてしまう」

     日帝植民地期の朝鮮を研究している尹海東(ユン・へドン)教授=63、漢陽大学比較歴史文化研究所=は、文在寅(ムン・ジェイン)政権時代に韓国で流行した「土着倭寇」という言葉をかなり気にしている。今の韓国社会に存在してもいない「敵」=親日派をつくり出し、その敵と戦うことで権力維持の道徳的正当性を掲げる「進歩勢力」に幻滅を感じたとも語った。何より、陣営を分けて合理的思考と理解を妨害する扇動で学界や知識人社会をまひさせ、知的基盤を弱体化させたのが問題だという。

    ■「韓国の学界はゲットー化…一部の人間が族長のように君臨」

     尹教授は『植民地のグレーゾーン』(2003)、『植民地公共性』(2010)などを出版し、親日と反日の二分法にとらわれた韓国現代史研究を批判してきた。イデオロギーに偏った民衆史学にも刃を向けた。尹教授は「韓国社会を覆っている民族主義のバブルを取り去らないことには、先進国の談論をつくり出していくことはできない」と語る。「韓国の学界は外部に対して壁をつくり、あまりにもゲットー化している。創批(文芸学術誌「創作と批評」の出版社)のペク先生のように、一部の人物が場所を取って、族長のように君臨している」とも指摘した。

     7月上旬に出版された新著『植民国家と対称国家』(ソミョン刊)は、.朝鮮総督府を「植民国家」として把握しつつ、その実体にアプローチした挑発的な研究書だ。尹教授は「韓国の学界は総督府の抑圧性ばかりを過度に強調するのみで、実在する権力機構をまるで存在しないかのように無視してきた」と語った。

    ■「植民地になっていなかったら先進的近代国家を樹立? 根拠のない話」

    -朝鮮総督府は韓国人が認めたくない、日帝の暴圧的支配機構ではないのか。

     「当時、総督府は韓半島で唯一の権力機構だった。立法、司法、行政の分野で植民地朝鮮の近代的経済と社会を鋳造していった主体だ。李王職と朝鮮軍、朝鮮銀行は総督の管轄外にあり、日本のための統治機構というのは明らかだが、総督府が35年間朝鮮を統治し、率いてきた権力機構であるという事実は否定できない」

    -ここ数年、日帝植民支配の暴力と抑圧を強調するため「日帝強占期」という用語まで登場した。

     「世界の学界の合意された名称は、単に『植民地時代』だ。強占とは学問的な用語ではなく、感性を刺激する扇動に近い。教科書までこうした用語を使うのは問題が多い。グーグルのデータベース調査によると、2000年代に入ってからは植民地権力機構を『植民国家』と呼ぶのが一般的だ」

    -日帝植民支配は韓国人に拭い得ない挫折と劣敗感を抱かせた。日帝の侵略がなかったら、韓国人の力で近代国家を建設し、分断も起こらなかっただろうという認識が広く存在している。

     「19世紀に地政学的利点を活用し、西欧帝国主義の植民支配を受けなかった国がある。タイやネパール、アフガニスタン、エチオピアなどだ。今、アフガニスタンとエチオピアは戦争中で、ネパールは政情不安な貧困国家だ。タイはまだいい方だが、クーデターが周期的に発生する。韓国が植民地にならなかったら順調に近代国家を樹立しただろうという仮定は、歴史的合理性が低い。ましてや、先進国になっていただろうという暗黙の前提は成立し難い」

    全文はソースで
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/16/2022071680013.html
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/16/2022071680013_2.html

    引用元: ・【韓国教授】韓国が植民地にならなかったら順調に近代国家を樹立しただろうという仮定は、歴史的合理性が低い [昆虫図鑑★]

    【植民地じゃなくて併合だよね。 【韓国教授】韓国が植民地にならなかったら順調に近代国家を樹立しただろうという仮定は、歴史的合理性が低い [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ