まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:教授

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/21(金) 01:18:49.16 ID:CAP_USER
    「コリア・パッシング(Korea Passing)」は直訳すれば「韓国を飛び越える」という意味だ。韓半島をめぐる国際情勢で韓国を疎外したまま議論を進める現象をいう。1998年、ビル・クリントン米国大統領が日本を飛び越えて中国だけ訪問して帰った状況を「ジャパン・パッシング(Japan Passing)」と呼んだところに由来する。

    しかし、コリア・パッシングはこれよりはるかに歴史が長い。7年間の壬辰倭乱の末、中国と日本の交渉過程から朝鮮は徹底的に排除された。講話に反対して日本攻撃を主張した先祖は中国の交渉責任者、宋応昌から朝鮮軍をむやみに動かすなという訓戒を聞く。

    その450年余り後、朝鮮戦争で韓国は国連司令官を兼任した米国と中国、北朝鮮が行う休戦協定から再び抜けた。コリア・パッシングだ。

    いったいコリア・パッシングというこの屈辱的現象の原因は何だろうか?当然、名分と実力の不在だ。

    まず名分を見よう。もしトランプと習近平が私たちの大統領に「率直に言って韓半島がなぜ統一しなければならないのか分からない」と言ったらどうだろうか?南と北はかなり以前から同じ民族で同じ血筋とか当然、統一しなければならないと言えば彼らの胸の内はどうだろうか?国益だけを考える周辺国にこの様な主張が果たして通じるだろうか?彼らには統一を願う理由がないなら「韓半島現状維持」が最も最善の戦略でコリア・パッシングは当然の結果だ。

    実力を見よう。2016年基準で韓国の軍事力は世界12位、GDP基準経済力は世界11位だ。しかし、問題はすべての実力は相対的だということにある。あたかもパレスチナ人は他の中東地域人より熱心に働いて明晰だが、イスラエルの前では対応できないのと似た局面だ。その上、北核危機を越えて平和と統一を成し遂げる長期的戦略不在も深刻だ。周辺国が「君たちはどのように韓半島に平和と統一を成し遂げるのか?」と問うても「韓半島の平和と統一は必ず必要だ」という原論レベルの回答と「それであなたたちは助けなければならない」という要請だけだ。コリア・パッシングは当然の結果だ。

    これよりもっと残念なのはコリア・パッシングという恥ずかしい表現を使う指導者とメディアの態度だ。指導者としてこの様な自己侮辱的な表現を公開の席上でためらいなく使う政治家たちの姿に、あるいは韓米同盟を唯一無二な対応戦略と提示する彼らを見ながら、朝鮮時代と旧韓末事大主義者などの姿を発見する。

    コリア・パッシングは赤信号だ。解放後、奇跡のような経済成長と国力増大を成し遂げたがそれで充分ではないことの証拠だ。もはや暮らす心配はなく、米国が血盟で守っているので「今のままが良い」という境遇ではない。国際社会は自らを世話する能力がない者に無限の慈悲を施さない。

    1648年、ウェストファーレン条約以後、民族国家の主権が国際社会で保障されたとしても2014年、ロシアのクリミア半島合併に見るように国際社会力の均衡はいつでも変わって結局、名分と力を持った勢力の意志が新しい国際社会の秩序となる。国際社会に堂々と提示する名分とこれを自ら成し遂げる力を育てなければならない。

    韓半島の平和と統一を通じて第二次世界大戦の人類最後の宿題を解き、統一韓半島を新しくデザインして東アジアと世界が体験している時代的痛みを解きほぐす新しい世界の青写真を提示する時、統一は国際社会で名分を持つようになる。未来に発生する状況を複数のシナリオで設定し、世界10位圏の経済力をより一層効果的に活用する戦略と戦術をたてなければならない。

    この頃はそうではないことを望むが、筆者の中高校時代は学校でげんこつをふるう兄たちがいた。そのような兄たちが支配する殺伐とした社会で身体の小さい学生が生き残る方法は勉強しかなかった。死ぬほど勉強して賢いと認められれば兄たちも刺激しなかった。コリア・パッシングをコリア・リーディングに変えるために臥薪嘗胆するこの土地の指導者らを見たい。

    チョ・ジョンフン亜洲(アジュ)大国際大学院教授兼統一研究所所長. 世界学研究所中央アジアセンター長
    no title


    ソース:イーデイリー(韓国語) [モンミョッカルロム]コリアパスでコリアリディンで
    http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=01279206615996488

    引用元: ・【韓国】 コリア・パッシングからコリア・リーディングへ~韓半島統一への名分と実力を育てよ[07/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それパッシング違うって】韓国人教授「コリア・パッシングという屈辱的現象、韓国に名分と実力ないから」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/11(火) 11:28:07.81 ID:CAP_USER
    構造生物学の権威であるキム・ソンホ教授。(写真=仁川大学) 

      「私と家族が病気から苦痛を受けず、社会と国はその費用を負担しなくても良い世の中を作ることが夢です」。 

      仁川(インチョン)大学碩座教授と融合科学技術院長として招聘された米UCバークレー大学のキム・ソンホ名誉教授(79)の話だ。 

      1937年に大邱(テグ)で生まれた彼はソウル大学化学科と同大学院を卒業した。62年に米国に渡り66年にピッツバーグ大学で物理化学博士号を取り、デューク大学医学部生化学教授を歴任した。このころに米国の市民権者になった。その後90年代初めにがん発生遺伝子であるRas蛋白質の構造を明らかにし、世界で初めて暗号化された遺伝子(ゲノム)情報を翻訳した。現在「韓国系でノーベル賞に最も近い科学者」と評価されている。 

      彼は10日のインタビューで「がんを初期に発見すればほとんど完治するが、そうでなければがん細胞が手のほどこしようもなく広がることになる。個人と家族には苦痛を、社会と国には費用負担を与える。韓国人のゲノムデータ分析を通じ現代医学の限界を克服することが目標」と話した。 

      続けて「韓国のさまざまな病院と企業が保有する情報を収集し、個人ごとの遺伝的・環境的・ライフスタイルなどで分析すれば韓国人固有の遺伝子情報を得られるだろう。これを基盤にがん予防と新薬開発だけでなく早期診療と治療が可能になるだろう」と話した。 

      彼はまた「現在世界の遺伝子情報は白人中心にされている。韓国人の遺伝子分析結果は特定人種ではない多様な人種の遺伝子情報を確保する契機にもなるだろう」と話した。

      キム教授は今回ともに招聘された遺伝子研究の権威であるイ・ミンソプ教授とともに「大容量遺伝子情報を基盤にマシンラーニングと人工知能を利用した新たな分析方法を開発する。疾病予測、新薬開発、治療など多様な分野に適用できる技術を開発する研究を優先していくだろう」と話した。彼は「仁川大学がバイオ研究中心大学を宣言した。病院と企業が連携した世界最高のバイオ研究大学に育てる」と約束した。 


    http://s.japanese.joins.com/article/111/231111.html
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年07月11日 09時54分

    引用元: ・【中央日報】「韓国人のゲノムデータ分析、医学の限界克服する」[7/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【色々不都合な事は隠せるもんなwww】韓国人教授「韓国人のゲノムデータ分析、医学の限界克服する」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/19(月) 20:34:58.60 ID:CAP_USER
    東北アジアは軍拡競争が激しい地域に変貌した。中国が東北アジアと西太平洋制海権を掌握するために中国大陸南端、海南島に米国まで核兵器を発射でき、核潜水艦3隻が停泊できる埠頭を作り、航空母艦埠頭も長さが700メートルで世界最大の長い埠頭を作った。日本の横須賀のロナルド・レーガン空母が停泊する埠頭の長さは450メートルにすぎない。

    空母・遼寧で軍事大国を指向する中国は現在、中国産空母を建造中だ。米国の空母打撃群の接近を防ぐため、東部海岸にきめこまかく配置してきた東風ミサイルは射程距離2000キロを越え、ボタンを押しさえすればいつでも発射される固体燃料ミサイルだ。

    米国が脅威を感じると同時に日本は米国と力を合わせて中国に対抗しようとする。安倍総理は米国でトランプが大統領に当選し就任式をする前に高度200キロ空間で敵ミサイルを迎撃できる1兆2000億ウォンのTHAAD砲台の導入を公言した。これで日本はこれまで2段階に留まった迎撃ミサイル体制を高度20キロ、高度200キロ、高度600キロの3段階サードシステムを整えることになるだろう。

    日本が軍事力増強に集中する分野は潜水艦戦力だ。既存の16隻体制から22隻体制に変貌する日本の主力潜水艦は、そうりゅう型潜水艦で中国潜水艦は海底400メートルを作戦水深として活動するが日本潜水艦は海底600メートルに隠れて中国艦艇が海南島を離れ南シナ海に入る要所を守っている。

    日本軍事関係者たちは現在まで、中国の潜水艦は音があまりに大きく、日本の潜水艦にみな捉えられて潜水艦でも水上の軍艦でも魚雷一発で沈没できると分析する。中国は核兵器と大陸間弾道弾、そして空母、ステルス戦闘機、原潜などどこが終わりか分からないほど軍事大国化に国力を注いでいる。

    日本は核兵器や大陸間弾道弾、そして空母打撃群などの大きな軍事力は米国に依存し、次世代そうりゅう型潜水艦とステルス戦闘機は自主的に開発しながら軍備競争に飛び込んでいる。北朝鮮は中長距離ミサイルを撃ちまくって軍備増強に熱を上げており、韓国は基礎防衛力観点から軍事力を増強しようとしても、イージス艦追加3隻、3000トン級潜水艦、ステルス戦闘機導入などそのお金が侮れない局面にぶつかっている。

    東北アジア情勢に関与している米国とロシアはすでに軍事大国なので全地球上に東北アジアほど軍備競争が激しいところもない。それで韓国はこの軍備競争の荒波をどのように乗り越えるべきか。その解答は韓国が先導的に東北アジア平和体制の議論を提案することだ。

    「相互確証破壊」核兵器戦略で終わりなき競争を演じた米国とロシア(旧ソ連)も核兵器制限協定、核兵器縮小協定などの平和対話を通じて核兵器数が半分以下に減り、その対話は数十年間続いている。軍備競争の渦中で韓国が主導的に東北アジアの軍備競争を減らそうと平和の対話体制を主に主張しても実現には相当時間がかかるだろうが、いつかは韓国の主張に関連国が耳を傾ける日がくると確信する。

    経済的繁栄と人間らしい人生の経済的福祉を味わった中国国民はいつまでも軍事力増強に金を使おうとしない時が来るだろうし、高齢化の道を走る日本も軍備競争の途方もない国家予算を容認できない時がせまっている。

    東北アジアの軍備競争は今、眼に触れるようだが、中国が経済成長を始めた30年以上前にすでに始まっており、今、韓国が声を高めて「東北アジアの平和対話協議体」と言っても時が熟した情況ではない。平和を作り出すのに様々な障害物がないことはない。しかし、円卓テーブルに座って軍備競争解消という話題を持って対話を試みれば絡まりあった軍備競争の糸の絡みを少しずつ解決していくことができるだろうと見る。

    キム・ギョンミン漢陽大政治外交学科教授
    no title


    ソース:ソウル新聞(韓国語) [開かれた世界]東北アジア平和体制を夢見て/キム・ギョンミン漢陽大政治外交学科教授
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170619026001&wlog_sub=svt_026

    引用元: ・【韓国】 東北アジア平和体制を夢見て~軍拡競争を繰り広げる中国・日本、韓国の役割は?/キム・ギョンミン漢陽大教授[06/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ぜったい来ないっすねw】韓国人教授「韓国の平和の対話体制に、いつかは関連国が耳を傾ける日がくる」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/15(木) 23:31:21.63 ID:CAP_USER
    大統領の伽耶史復元指示とト・ジョンファン文教体育省長官候補者の疑似歴史学が私たちに歴史とは何かを新たに考えさせる。「歴史とは過去と現在の絶え間ない対話(E.H.カー)」とか、「過去に学ばない者は、過ちを繰り返す(ジョージ・サンタヤーナ)」など謹厳で偽善的な警句がたくさんあるが、韓国における歴史は陣営闘争の武器に過ぎないのではないかという考えが消えない。
    (中略:歴史とは)

    現在、私たちの社会の中枢を担う386世代が1980年代初め、小部屋で読みふけった反資本主義的で親北朝鮮体制的理念が今は堂々と教科書に載って学生たちに公開的に教育されている。ただし、その時の核心概念は植民地収奪論だったが、今は親日派と従軍慰安婦問題に重心が変わっただけだ。

    親日派論争は歴史問題の中でも最も恐ろしい武器だ。しかし、一度客観的に考えてみよう。日帝時代、韓国人は身分制が破棄され、近代教育の機会が拡大し、経済的には賃金と所得が高まり、商取り引きが活発だった。商業の発達は当然、都市の発達を促し、ソウル、釜山などの大都市や群山、元山など港町が発達した。人々はさらに勤勉になったし、信用の概念も生じた。

    たとえ日本が植民地経営を効率的にするために行った政策であったとしても、英敏な韓国人たちはこれを機会とみなして近代的意識が芽生えたのだ。いわゆる「植民地近代化論」であるが、左派が反射的に反応するのがまさにこの部分だ。これは口外すると集団リンチにあう危険な話になった。

    しかし、親日を問題にする前に朝鮮末の虐政と収奪を考えなければならず、過去よりましになった生活条件の中で日帝時代を生きた韓国人たちの内面を覗き見る必要がある。さらには植民地経験を近代化の機会にしたことは韓国人の優秀性を証明するだけで、決して侮辱的な話ではないのだが。

    反日イデオロギーを合理化するため、腐敗して前近代的だった朝鮮を美化するとんでもないことも起きる。旧韓末の王と支配勢力こそ国を奪われた責任ある人々なのに、アン・ジュングン義挙を高宗(コジョン)が背後で助けたとか、アン・ジュングンの弁護士選任費用として高宗が巨額を出したとかいう話が続き、閔妃は日本によって犠牲になった「朝鮮の国母」とあがめられる。

    しかし、資料によれば当時、日本総理大臣の年俸が1万円水準だった時、朝鮮最後の王室は日本政府から年間180万円の品位維持費を受けた。180万円でも不足で王室は自分たちの所有する林野を売って、昌慶宮(チャンギョングン)を動植物園に改造し、年4万-5万円水準の入場料収益を得た。民に対する罪の意識はどこにも感じられない。

    解放されていつのまにか72年、左派陣営はまだ<親日人名辞典>をバイブルのように見て魔女狩りに熱を上げている。教学社の教科書がただ一カ所でも採択されないように彼らがどれほど粘り強く物理力を行使したのか私たちはよく知っている。反米、反国際主義、自主国防などを標ぼうする彼らの姿は限りなく退行的で閉鎖的だ。そうした点で韓国左派のルーツが旧韓末衛正斥邪守旧派にあるというカン・キュヒョン教授の言葉は全面的に正しい。

    しかし、現在の世界でどの国でも閉鎖的民族主義と社会主義の理念が勝利する場所はない。右派の開放的で自由主義的な理念が堂々と世界史的流れに乗っている。フランス国会議員選挙でも社会党はすさまじく没落した。新党を創党して労働市場柔軟化と法人税引き下げ(33%から25%に)を約束したマクロン大統領の政策がはずみをつける展望だ。私たちだけなぜ井の中の蛙になって、過去の理念で首を縛っているのだろうか?

    no title

    ▲パク・チョンジャ博士(祥明(サンミョン)大名誉教授).

    ソース:クリスチャントゥデイ(韓国語) 閉鎖的民族主義と社会主義理念が勝利する所はない
    http://www.christiantoday.co.kr/news/301348

    引用元: ・【韓国】 閉鎖的民族主義と社会主義理念が勝利する場所はない。韓国だけなぜ井の中の蛙なのか?[06/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【まーもう手遅れなんで】韓国人教授「韓国だけなぜ井の中の蛙なのか?閉鎖的民族主義と社会主義理念が勝利する場所はない」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/12(月) 20:21:43.68 ID:CAP_USER
    「北朝鮮とつながり、韓国を否定する勢力が権力」と文政権を分析…西岡力モラロジー研究所教授

     和歌山「正論」懇話会の第88回講演会が12日、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれ、モラロジー研究所教授で麗澤大客員教授の西岡力氏が「緊迫する半島情勢と日本の進路」と題して講演した。

     北朝鮮による拉致被害者救出に取り組む「救う会」会長でもある西岡氏は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が失脚し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が誕生した韓国の政治状況について「韓国では北朝鮮とつながり、韓国を否定する勢力が権力をとるという革命が起きている」と分析した。

     また、文政権の大統領秘書室長に親北派とされる任鍾●(=析の下に日)(イム・ジョンソク)氏が起用されたことに触れ、「文政権ではなく、任政権なのではないか。任氏が文氏を操ってしまうのではないか」と指摘した。

     その上で「韓国の自由主義は後退どころか、崩壊するかもしれない」と懸念を示した。

    http://www.sankei.com/west/news/170612/wst1706120044-n1.html

    no title

    「緊迫する半島情勢と日本の進路」と題して講演する西岡力氏=和歌山市のホテルアバローム紀の国

    引用元: ・【西岡力】韓国の自由主義は後退どころか、崩壊するかもしれない[6/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【最初から崩壊してるよ】「韓国の自由主義は後退どころか、崩壊するかもしれない」西岡力モラロジー研究所教授】の続きを読む

    このページのトップヘ