まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:政権

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/09(金) 16:17:01.47 ID:CAP_USER
    no title


     投資家に1兆ウォン以上の損失を与えた「ライムファンド事件」を起こしたキム・ボンヒョン元スターモビリティー会長が関連裁判に出廷し、「姜琪正(カン・ギジョン)元青瓦台政務首席補佐官に渡すようにと会社役員に5000万ウォン入りのショッピングバッグを手渡した」と証言した。金融監督院による調査をもみ消す目的で昨年7月、会社役員のイ氏にロビー資金を渡したものだ。キム氏は当時、イ氏が青瓦台で姜首席秘書官に会った後、「しっかりあいさつしてきた」と言ったので、カネが渡ったと理解したとも語った。これについて、イ氏は当時姜首席秘書官と会ったことはあるが、カネは渡していないと言い、姜首席秘書官も「虚偽の主張だ」と反論した。しかし、キム氏が裁判で直接発言したものだ。誰の言い分が正しいのか究明しなければならない。ライム事件を巡ってはこれまで民主党の地域委員長だったイ・サンホ氏がライムから8000万ウォンを受け取ったとして起訴され、奇東旻(キ・ドンミン)議員ら民主党の現職・元議員3人が最近、検察に出頭を求められた。政権の実力者がファンドの詐欺師の後ろ盾になった格好だ。

     そうかと思えば、5000億ウォンを超える預託金を集めておいて、ファンドの買い取り中断という事態を招いたオプティマスファンドの詐欺師が今年5月、金融監督院による調査に先立ち作成した内部文書も明らかになった。文書を見ると、「訴訟などを解決する過程で民主党および政府関係者と会社が直接・間接的に結びついた」とし、「(金融監督院の調査を阻止しなければ)権力型ゲートの事件化が懸念される」と書かれている。文書にはまた、「政府および与党関係者が(ファンド)プロジェクトの収益者として一部参加」「ファンドの設定および運用過程に関与」という記述も登場する。政権の中枢人物がファンド詐欺師の後ろ盾となり、利益を得ていたことになる。衝撃的な内容と言わざるを得ない。

    検察が確保した別の文書にはオプティマスファンドと関連がある政官界の人物20人余りの実名が書かれているが、青瓦台(5人)、国会議員(5人)、民主党(3人)と企画財政部、国土交通部、国税庁の幹部らだという。彼らがファンド関係者が言う「プロジェクト収益者」である可能性が高い。権力型ゲートである証拠となり得る。ファンド代表は周辺に「文書が発覚すればみんな死ぬ」「捜査機関や金融監督院もどうすることもできない」と話していたという。検察や金融監督院もこの問題から逃れられないという意味だ。ファンド詐欺に関連した会社が民主党代表の選対の複合機賃貸料を代わりに支払っていた疑惑も指摘された。事件の波紋がどこまで広がるのか予測できない。

     しかし、オプティマス事件を担当したソウル中央地検は今回の事件を権力型不正事件の担当である反腐敗部ではなく、一般の告発事件を担当する調査部に割り当てた。大統領の手足である李盛潤(イ・ソンユン)地検長の指示だ。権力型不正には手を触れるなという意味だ。実際にソウル中央地検はファンド代表が金融監督院幹部に数千万ウォンの賄賂を贈ったという供述を確保しながら、3カ月近く握りつぶし、検察総長に報告していなかった。ライムファンドを捜査しているソウル南部地検も民主党議員が関与したという供述を得ながら、数カ月にわたり出頭要求を先延ばしした。検察がいつまでもこの調子ならば、特別検事による捜査が避けられない。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/10/09 15:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/09/2020100980021.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】「青瓦台首席に5000万ウォン」「発覚すればみんな死ぬ」…文在寅政権の「ファンドゲート」は拡大するか[10/9] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【登場人物、皆、悪人 【朝鮮日報/社説】「青瓦台首席に5000万ウォン」「発覚すればみんな死ぬ」…文在寅政権の「ファンドゲート」は拡大するか[10/9] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/04(金) 18:26:58.19 ID:CAP_USER
    no title

    ▲スガ・ヨシヒデ日本官房長官が2日、東京で記者会見を行っている。スガ長官の右に安倍首相の姿を合成したもの。写真= EPA聯合ニュース/グラフィック=ペク・ヒョンソン

    次期日本総理を決める自民党総裁選挙(14日)を控えてスガ・ヨシヒデ(菅義偉)官房長官大勢論が広がっている。自民党7派閥のうち5派閥がスガを支持することに決定、事実上彼が次期総理に決定したという観測が有力だ。

    安倍晋三総理が所属する細田派をはじめとする5派閥は「アベ政策継承」のためにスガを支持すると明らかにした。これに伴い、スガが総理になればアベが退いた後も影響力を行使する「アベス(安倍+菅)政権」になるだろうという展望が出ている。

    1982年、中曽根康弘が田中角栄元総理の助けで総理になった後、田中派の人々を大挙起用し「タナカソネ(田中+中曽根)」内閣と呼ばれた前轍を踏みかねない、ということだ。

    アベス政権の可能性が議論される最大の理由はスガが自力で自民党総裁にはなれないからだ。派閥もなく、一族の後光もない彼が自民党総裁および総理になるのは非常に異例だ。スガはアベ、麻生太郎副総理、二階俊博幹事長など自民党の最大株主によって実権が制約された「代表理事」に擁立される、という観測がある。

    スガ大勢論を作るのに決定的役割を果たした細田派の細田博之元幹事長の発言はこのような雰囲気をよく見せる。彼は「安倍総理の政治を継承するにはスガ長官が後任になることが望ましい」と言った。細田派には100人に近い議員が加入している。

    自民党の第二人者、二階幹事長も自民党の執権とアベ政策をずっと続けるにはスガがなった方が良いという立場だ。アベは2012年12月から7年8ヶ月間、日本の最長連続在任総理として仕事をしながらアベ1強体制を構築してきた。

    そのようなアベが辞任後も水面下で「上王」のように人事や政策を左右できるようにスガを選択した、と見ることができる。

    東京の有力消息筋は「アベは2012年、自民党総裁になった後、六回実施された衆・参議院選挙で全て勝利した。アベのおかげで当選した議員も多く、スガ内閣が発足しても彼の影響力は相当期間持続する可能性がある」と言った。アベが健康問題で辞任記者会見をした後、それに対する同情世論が起きていることもアベがずっと影響力を行使する背景になるかもしれない。

    彼は今年に入ってコロナ事態に対する失策などで支持率が30%台まで落ちた。しかし、先月28日、涙を見せながら辞任記者会見した後、支持率が上がる珍現象が起きている。日本経済新聞が会見直後に実施した世論調査では支持率が55%に急騰した。スガ自らもアベと一心同体を強調して政策継承を確約、アベス政権の可能性を高めている。
    (後略:スガ政権ではアベを否定したり抜け出すのは事実上不可能)

    イ・ハウォン

    ソース:朝鮮日報(韓国語)アベが上王… ‘アベス政権’浮かび上がる
    https://www.chosun.com/international/2020/09/03/5R2LVOI53BGTJCQRIOVM7GTTIQ/

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1599140943/
    ★1のたった時間:2020/09/03(木) 22:49:03.94

    引用元: ・【韓国】 スガ首相でアベが上王に即位…「アベス(安倍+菅)政権」浮上★2[09/03] [蚯蚓φ★]

    【安倍は、王様かよw 【韓国】 スガ首相でアベが上王に即位…「アベス(安倍+菅)政権」浮上★2[09/03] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/08(火) 23:42:22.84 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    ▲6年ぶりにリニューアルされた韓国の高校歴史(韓国史)教科書=鈴木拓也撮影

     韓国で高校の歴史教科書が今春、6年ぶりに改訂された。近現代史の割合が7割に増え、朴槿恵(パククネ)前政権を退陣に追い込んだ2016年の大規模デモや18年の南北首脳会談など直近の出来事まで網羅する。保守か進歩(革新)かで史実の評価も大きく分かれる韓国現代史。歴史教育と政治をめぐって論争も起きている。(ソウル=鈴木拓也)

    南北首脳会談をどう書いた

     火がともったロウソクを手にする少女の絵が描かれた表紙の教科書。ページをめくると「ロウソク集会」の写真が2ページにわたって掲載され、「ロウソクの火が民主主義を照らした」とある。

     ロウソク集会とは、汚職などのスキャンダルが続いた保守の朴前大統領を弾劾(だんがい)訴追・罷免(ひめん)に追い込んだ16年のデモのことだ。翌年に政権交代を果たした文在寅(ムンジェイン)大統領が自身の進歩政権の「基盤」と言う「ロウソク革命」を、3月に発行された8社の教科書はすべて写真付きで取り上げる。「教科書の内容はその通りに覚えないといけないけど、現政権に都合良く作った感じがする」。歴史や時事問題が好きなソウルの高校1年の男子生徒は、そんな印象を受けたという。

     韓国の歴史教育は、今の大韓民国の成立の経緯などをふくめて、近現代史の学習を重視する。もともと高校の歴史教科書は近現代史の比重が高く、日本統治時代を中心とする近代史と、植民地支配から解放され南北に分断された後の現代史が半分を占めた。今回は7割とさらに増え、ここ数年の出来事の記載も目立つ。

     その一つが18年に板門店で開…

    この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    残り:1563文字/全文:2204文字

    ソウル=鈴木拓也

    ソース:朝日新聞<韓国の歴史教科書6年ぶり改訂 生徒が感じた政権の都合>
    https://www.asahi.com/articles/ASN973JL9N8TUHBI016.html

    引用元: ・【韓国】 歴史教科書6年ぶり改訂で「ロウソク革命」「南北首脳会談」登場~生徒が感じた政権の都合[09/08] [蚯蚓φ★]

    【しかもまだまだ病状は進行中【韓国】 歴史教科書6年ぶり改訂で「ロウソク革命」「南北首脳会談」登場~生徒が感じた政権の都合[09/08] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/26(日) 16:40:23.00 ID:CAP_USER
    裁判所が納得しがたい判決を出している。今週朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長のセクハラ事件をめぐる疑惑を明らかにするために警察が申請した家宅捜索令状が相次いで棄却された。朴前市長の通話内訳を確認しようとする最初の令状棄却は警察の失策もなくはない。すでに「公訴権なし」で終結した死因と関連した内容で令状を埋めたためだ。だが裁判所は朴前市長の携帯電話とソウル市庁事務室に対する捜索令状まで「必要性が足りない」として棄却した。被害者が告訴した事実が流出し、被害者の訴えを握りつぶしてセクハラを幇助した人々が堂々と市庁を掌握しているだけに証拠隠滅の懸念が大きい。それでも証拠確保に向けた家宅捜索が必要でないと考えるのは捜査をせず真実糾明も必要ないという判断と変わらない。

    強要未遂容疑が適用されたイ・ドンジェ元チャンネルA記者に対する拘束令状発給事由も納得しがたい。この事件は記者が金融詐欺容疑で服役中のイ・チョル元VIK代表に手紙を送ったり側近に会って与党関係者の不正情報提供を促したというのが骨子だ。この過程で記者が尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長の側近であるハン・ドンフン検事長と組んでイ元代表の家族まで暴くと脅迫した検察とメディアの癒着事件というのが捜査チームと与党陣営の見方だ。これに対しイ記者とハン検事長はイ元代表がMBCと組みカメラまで同行してこうした状況を誘導した「権力とメディアの癒着」と主張する。検察はイ記者とハン検事長の共謀の有無を令状に盛り込むこともできなかった。それでも令状担当判事は「報道機関と検察の信頼回復のため」との理由から拘束令状を出した。「検察幹部とつながって」という表現を通じて検察とメディアの癒着を既定事実と予断することもした。

    与党関係者を救うために無理を通したためこじつけ論理が判決文のあちこちに登場する。青瓦台(チ ンワデ、韓国大統領府)勤務当時に不正を犯して拘束された柳在洙(ユ・ジェス)元金融委員会局長に対し裁判所は1審で多くのわいろ授受事実を認めながらも執行猶予で釈放した。このために一部供与者に父親が育てたトウモロコシをプレゼントした事実を挙げ一方的に受け取るだけでなく互いにやりとりする「格別な関係」であることを強調した。

    大法院(最高裁)は城南市(ソンナムシ)の殷秀美(ウン・スミ)市長が違法政治資金を受け取った事実をすべて認めながらも罰金300万ウォンを宣告した控訴審判決を無罪趣旨で破棄した。「検察が控訴理由書に量刑不当事由を明確に書かなかった」ということが理由だった。これまで慣行的に認定していたことを、有力政治家の敏感な事件にだけ厳格に適用するというのだから心に決めて見逃そうとするためとの批判が出るほかない。選挙法上の虚偽事実流布罪で起訴された李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事の上告審判決でも大法院はテレビ討論活性化のため防御的な嘘は認めるべきという論理を動員して無罪と判断した。だが当時の状況が果たして相手候補の急な質問にあたふたと答えて出てきた「ミス」なのか疑わしい。むしろテレビ討論では心に決めて嘘をついてもかまわないという先例を残したという批判が激しいのが実情だ。

    一連の事件で例外なく親与党関係者に有利な結論を下すために無理な論理を動員する流れがみられる。このため現在進行中の金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道(キョンサンナムド)知事事件、チョ・グク前長官一家関連不正疑惑事件、蔚山(ウルサン)市長選挙介入疑惑事件などでも「大きな絵」を描くために巧妙な法技術を動員する「技巧司法」が出てこないか懸念される。

    司法介入で地に落ちた信頼を回復しなければならないという重い使命を担った金命洙(

    キム・ミョンス)大法院長は暇さえあれば「良い裁判」をしなければならないと強調した。良い裁判といは国民を中心に置き、国民の目の高さに合う裁判だと説明する。果たして最近出ている判決が良い裁判の結果なのか、こうした判決で失われた信頼を回復できるか、司法府構成員は冷徹に確かめてみなければならない。

    ソース
    韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.07.26 11:51
    https://japanese.joins.com/JArticle/268489

    引用元: ・【中央日報】相次ぐ強引な判決、政権の顔色を伺っているのではないか=韓国[07/26] [Ikh★]

    【法も糞もない人治国家だからなw 【中央日報】相次ぐ強引な判決、政権の顔色を伺っているのではないか=韓国[07/26] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/10(月) 09:06:12.86 ID:CAP_USER
    青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者が先週末の記者懇談会で「1965年の修交以降、すべての政権で韓日関係は順調でなかった」と強調した。そして「両国関係が『最悪』という主張にも同意しない」と述べた。

    日本で今月末に開催される「G20会議」を控えた状況で不適切であり、事実でもない発言だ。修交後にも対立と葛藤が絶えなかったが、こうした中でも持続的に友好関係を発展させてきた両国だ。

    「反日性向」が強かった廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権でも両国間の「シャトル外交」があった。当時、盧大統領は朝に日本を訪問して小泉首相と北朝鮮の核問題などを議論した後、夕方に帰国する実用外交を見せた。

    青瓦台は記者懇談会で「何を根拠に韓日関係を最悪と見るのか」と問いただしたというから、その判断力に疑問を抱くしかない。

    G20会議に招請されながらも首脳会談の日程さえも決められず、欠礼を覚悟して駐韓米国大使が関係改善を公開的に促す中、いかなる根拠がさらに必要なのか。最悪でなければその根拠をまず提示するのが、心配する国民に対する道理だ。

    青瓦台の安易な認識は、与党代表が「経済がうまくいっているという話を今まで聞いたことがない」と経済失政の責任を回避したことを連想させる。「歴代政権も悪かったのでやむを得ない」という態度なら、国政責任者としての最小限の義務を放棄するのと変わらない。

    現実を回避して得られるものはなく、真実の瞬間が近づいた時の衝撃波が強まるだけだ。北東アジアの蚊帳の外に転落しないためには傍観者的な外交から直ちに変える必要がある。


    2019年06月10日08時49分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/255/254255.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【中央日報/社説】 「韓日関係、歴代政権も同じだから悪化してよい」というのか [06/10]

    【反日政策の結果として大成功だろ? 【中央日報/社説】 「韓日関係、歴代政権も同じだから悪化してよい」というのか [06/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ