まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:政権

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/07(水) 13:16:24.71 ID:6Qi29hh7
    まもなく2022年も歳末を迎える。政治の時計からすると、2017年の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾と文在寅(ムン・ジェイン)政権発足で始まった5年の周期が終了し、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権時代が始まった年だった。新政府と大統領がどのような姿を見せてきたのか、そこから現われる尹錫悦政権の性格は何なのか、どのような歴史が進行中なのかを冷徹に考えなければならない時点だ。

     これまで尹錫悦政権を特徴づける言葉として頻繁に登場したのが「無能」と「無為」だった。無能とは何もできないことを、無為とは何もしないことを意味する。このような見方で現政権を理解するのは錯覚であるだけでなく、危険だ。韓国社会の懸案を理解して解決する能力と意志がないという意味なら正しい。しかし、尹政権は他の何かをしており、その点で無能ではない。これを見落としてはならない。

     尹錫悦政権がこれまで見せた姿から目立つものが3つある。検察国家・警察国家の樹立と極右指向の強化、反労働企業中心体制の強固化への意志がそれだ。政府、マスコミ、財閥の同盟体は、政治権力、イデオロギー、階級関係にそれぞれ関わる三角形を完成させていく過程にある。

     第一に、検察国家・警察国家への変化が進んでいる。「検察共和国」という言葉があるが、これは間違っている。共和国の本質は恣意的支配の不在とすべての市民の自由だ。ところが、今の韓国政治の現実は、権力者の恣意的な法執行、政府寄りの市民だけの自由ではないか。大統領室と政府の要職に検察出身が布陣している中、尹政権は梨泰院(イテウォン)惨事から労働者ストライキまですべての事案を犯罪捜査と処罰の観点で扱っており、警察組織もこれに従属あるいは加勢している。これは共和国ではない。

     第二に、政権勢力に過激右派色が強まっている。多くの大統領直属または首相直属委員会の要職が、極右政治家とユーチューバー、好戦的なニューライト系の人物で埋められている。さらに、過去には比較的まともな保守政治家に分類されていた与党政治家までもこのような傾向が強まっている。野党政治家や政府政策に批判的な市民を「従北(北朝鮮追従)」、「主体思想派」、「共産主義者」と切り捨て、敵対視する光景はもはや珍しくない。これはまともな保守政権ではなく、多くの保守有権者を代弁するものでもない。

     第三に、政府が労働者と庶民の生存の要求を暖かく受け入れる代わりに、徹底的に企業と金持ちの側に立って攻撃している。今夏、大宇造船下請け労働者のユ・チェアン氏が横×縦×高さ1メートルの鉄格子内で低賃金と会社の弾圧に抗議するデモを行った時、尹政権は労働者だけを不法と断定し、警察特攻隊の投入を予告して脅した。最近の貨物連帯のストライキに対しても、政府はまるで利敵団体のように敵対視する態度を貫いている。このような場面は、はるかに攻勢的な労働改悪の予告編に過ぎない。

     このような反労働、極右、検察国家の3つの顔は一体となっている。最近、尹錫悦大統領は労働者の集団運送拒否が「核を振りかざす北朝鮮の脅しと同じ」だとし、「政府がすべきなのは犯罪から国民を守ること」だと発言したが、細かい争点で是非を問うレベルをはるかに越え、ここで衝撃的なのは労働者の生存権問題に耳を傾け、賢明に解決すべき最も大きな責任を負う政治指導者が、自国民を「敵国」に比喩したり犯罪者扱いする態度だ。

     労働、福祉、ジェンダー、気候、外交、文化などすべての面で巨大なバックラッシュ(反動)が進んでいる。これまでは保守政界の外部から入ってきた政権勢力が権力基盤を整え統治術を身につけるのに時間が必要であり、大統領の支持率が低かったため、その体制の性格が兆候的にしか見えなかった。しかし、これからは違うだろう。反労働右翼検察国家として強固になるのか、それともより包容的な保守政府に変わるのか、選択の分かれ道に近づいている。

     このように厳しい時代の状況で、国会第1党である共に民主党の姿は失望させられる。大統領に対する否定的な世論に便乗しようとする政治、ビジョンもリーダーシップもなく、準備されていない暴露を連発する政治では、国民の信頼を得られない。政府与党の過ちに対する市民の批判と抵抗が、無能な野党政治家の生命を延長する栄養剤になると思い込んでいるならば、国民は行動を躊躇し希望を失うことになるだろう。2023年は変わらなければならない。政治改革と代案のための討論を本格的に始めなければならない。

    12/7(水) 12:09 ハンギョレ新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac9e79887e4d32e2abe9b251c3cda7da7e9cc1b4

    引用元: ・【ハンギョレ】尹錫悦政権は何もしない政権という錯覚 他の何かをしている [12/7] [ばーど★]

    【能無しの働き者より役に立ってるぞww 【ハンギョレ】尹錫悦政権は何もしない政権という錯覚 他の何かをしている [12/7] [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/29(金) 10:25:44.10 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 政治評論家=パク・サンビョン
    _______________________________________________________

    ユン・ソクヨル(尹錫悦)政権の外交政策の核心は、韓米日3か国間の協力を強化することにある。もちろん古い方式ではあるが、ユン大統領は特に米国との強力な同盟関係の構築に死活をかけている。去る5月に米国のバイデン大統領が訪韓した際、『グローバル包括的戦略同盟』として両国関係を引き上げたのが代表的な事例だ。躊躇せず、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席したのも同じ脈絡だ。その延長として日本に対しても絶えず手を差し伸べ、融和的なジェスチャーを送っている。パク・ジン(朴振)外交部長官が去る18日、東京で日本の林芳正外務大臣に会った。韓日首脳会談のための扉を開くためのものと見られる。

    だがしかし、韓日関係は米国が影から後押ししているからといって、今のところ何らかの結論を出すのは容易ではない。日帝の侵略の歴史が根底にあるからだ。世界的なレベルでの、20世紀の侵略主義の歴史はほぼ終わった。ただし日本だけが例外だ。今日、この瞬間にも旭日旗を前面に掲げ、『戦争が可能な国家』を夢見る日本だ。極右・安倍元総理の死に、日本国民も頭を下げる国だ。安倍の死から2日後に行われた日本の参議院選挙では、政権与党の自民党が圧勝した。一方、侵略を受けた隣国の血の涙には、唯一無反応の国が日本だ。さらに強弁と詭弁で歴史まで歪曲し、侵略主義的蛮行を正当化させる、世界で唯一の国がまさに日本だ。

    ムン・ヂェイン(文在寅)政権は、隣人である日本との未来志向的な協力関係をなぜ望まなかったのか。グローバルな地位や経済水準では、日本は依然として韓国を圧倒している。韓国の政治家なら、誰もが日本の意中を看過できないいう話だ。特に北の核問題を解決し、東アジアの平和のためにも日本の協力は切実だ。それでもムン・ヂェイン大統領は、日本に対して断固たる立場を見せた。単なる歴史歪曲や国民的プライドだけの問題ではなかった。過去の帝国主義時代の侵略主義的態度を堅持する日本とは、これ以上の協力関係が無意味であると判断したからだ。日韓の対立は、そのように長い間続いてきた。

    政権交代が行われてユン・ソクヨル政権が発足すると、韓日関係も新たな局面に入ったように見える。日本は何の変化もないのに、ユン大統領がかなり積極的だ。一つ間違えば屈辱と裏切りを被る恐れがあるにもかかわらず、韓日関係の復元に対する意志を強く表出させた。期待よりも懸念する声が多かった背景だろう。まさにこのような状況で、パク・ヂン外交部長官が去る18日に東京まで出向き、林外務大臣に会ったのだ。一つ間違えば、急いで両国の懸案に対して韓国政府の立場を後退させるのではないか、日本まで行って韓国国民の自尊心を傷つけるのではないかと懸念する声も少なくなかった。

    予想通りだ。外交部が明らかにした韓日外交部長官会談の結果は衝撃的だ。強制徴用(被害者賠償)問題の早期解決が必要だという認識を共にしたとし、「強制徴用判決と関連して、日本企業の(韓国)国内資産の現金化が行われる前に、望ましい解決策を出せるように努める」と述べたという。パク長官も、「強制徴用をはじめ、懸案問題の望ましい解決策が用意されれば、自然に韓日首脳会談も開かれると期待している」と明らかにした。一言で言えば大韓民国司法部の判断にもかかわらず、韓日首脳会談を実現させるため、韓国政府が先陣を切って日本が受け入れられる解決策を設けるという意味に聞こえる。

    だがしかし、これは違う。加害者と被害者の立場が逆転しただけでなく、韓日首脳会談に取るすがるような言動も実に恥ずかしい。これに先立ち、大法院(最高裁)は2018年10月と11月、新日本製鉄と三菱重工業に対して強制動員被害者に賠償セヨという内容の確定判決を下した。にもかかわらず、これらの被告企業は未だに賠償責任を履行していない。対話すら拒否している。日本政府はむしろ、韓国司法部の決定を非難している。とんでもないことだ。近いうちに大法院の決定により、強制的な資産売却のための法的手続きが実施される予定だ。こういう状況なら、急いでいるのは日本政府と被告企業だ。にもかかわらず、パク・ヂン長官が日本まで出向き、韓国政府が解決策を模索するなどの低姿勢外交を繰り広げたのである。

    ソース:天地日報(韓国語)
    https://www.newscj.com/article/20220728580544

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】ユン・ソクヨル政権の対日外交は危ない[07/29] [ハニィみるく(17歳)★]

    【がんばって反日してね 【韓国】ユン・ソクヨル政権の対日外交は危ない[07/29] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/04(土) 20:56:19.31 ID:CAP_USER
    文在寅政権当時の警察首脳、事実上全員交代

     韓国警察庁は2日、李永相(イ・ヨンサン)慶尚北道警察庁長を治安正監昇進者に内定したと発表した。治安正監は警察階級で治安総監に次ぐ地位。5月24日に韓国政府が治安正監昇進内定者5人を決めてから9日後に追加昇進者を発表した格好だ。警察周辺からは「新政権が現在の警察首脳部を信頼していないことを如実に示したものだ」との声が聞かれた。今回の人事で事実上、警察首脳部全員が交代したからだ。

     警察トップの金昌竜(キム・チャンリョン)警察庁長は7月で任期が終わり、警察を離れる。警察組織法上、後任庁長は治安総監(警察庁長)の次の階級である治安正監から1人を選ぶことになっている。警察首脳部とは警察庁次長、ソウル地方警察庁長、京畿南部地方警察庁長、釜山地方警察庁長、仁川地方警察庁長、警察大学長、国家捜査本部長の7つの重要ポストから成る。しかし、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が5月末以降、治安正監昇進者6人を決め、これまでの治安正監6人は警察を去る可能性が高い。7人のうち、南球俊(ナム・グジュン)国家捜査本部長は法律で来年初めまで別途の任期が保障されており、新政権が最大限の人事権を行使し、警察首脳部を交代した格好だ。

     これまでは現職の治安正監の1人が庁長になり、昇進者が空席を埋めるとの観測も多かった。しかし、今回の人事で状況が変わった。警察関係者は「9日後に政府が追加昇進者を発表してまで庁長候補群を管理しようとする意向を明確にした。大きな不確定要素が生じない限り、昇進した6人から警察庁長が出る可能性が高い」と伝えた。 昇進内定だけが決まった状況であり、6人がどのポストをを担当するかは来週決まる見通しだ。ただ、警察庁次長には尹熙根(ユン・ヒグン)警察庁警備局長が、ソウル地方警察庁長には金光浩(キム・グァンホ)蔚山地方警察庁長、釜山地方警察庁長には禹チョル文(ウ・チョルムン)警察庁捜査企画調整官の名前が挙がっているという。

     警察周辺からは新政権による今回の人事が警察首脳部を掌握する意図が強いとの声が漏れる。文在寅政権でも新任の警察庁長任命直前に「次期警察庁長候補」である治安正監の大規模異動は例がない。しかし、今回は順序が逆だ。警察幹部は「既存候補に意中の人物がいないため、まず候補群を変えた。先月末の5人の人事発表段階では。残る人物が庁長になるという説が有力だったが、今回の人事で現在の警察への『不信』という政府のメッセージが確実になった」と話した。一部からは「警察を無視する人事だ」という不満も出ているという。

    イ・ヘイン記者

    ソース 朝鮮日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a9cfba0613d80392f7758acf70164248a42923a

    引用元: ・【韓国】 文在寅政権当時の警察首脳、事実上全員交代[06/04] [LingLing★]

    【5年毎の韓国恒例イベント 【韓国】 文在寅政権当時の警察首脳、事実上全員交代[06/04] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/10(火) 18:39:44.92 ID:CAP_USER
    2022/5/9 21:49
    時吉 達也

    【ソウル=時吉達也】9日に任期満了を迎えた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の退出に伴い、大統領の官邸や執務室などが置かれてきたソウル中心部の「青瓦台」は、
    李承晩(イ・スンマン)初代政権(1948~60年)から続いてきた70年超の大統領府としての歴史に幕を閉じた。多くの政争の舞台となった歴史の「現場」は10日午前の新大統領就任式の終了後、国民に開放され、敷地内の散策が可能になる。

    青瓦台は日本統治時代に朝鮮総督府の官邸が建てられた場所で、韓国政府樹立後に大統領府として使用されてきた。名称は官邸の青い瓦屋根に由来。敷地面積は25万平方メートルで、米大統領官邸のホワイトハウス(7万2千平方メートル)の3倍を超える。

    1968年には朴正熙(パク・チ ンヒ)大統領暗殺を図る北朝鮮の特殊部隊約30人が、官邸まで約200メートル付近に潜入。
    銃撃戦が起こり、中学生らの死者が出た。朴氏は79年、敷地外れの宴会場で暗殺されるなど、青瓦台は韓国現代政治の重大事件の舞台となってきた。

    https://www.sankei.com/article/20220509-RRWQ7QPOFZMMZHRD5CWVIHTEQA/

    引用元: ・【韓国大統領府】「青瓦台」 初代政権以来の歴史に幕 [朝一から閉店までφ★]

    【なんか狭いところが好きみたいよ。 【韓国大統領府】「青瓦台」 初代政権以来の歴史に幕 [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/15(日) 08:51:58.22 ID:CAP_USER
    (略)

    しかし!!この国で問題なのはいつも国民である。

     保守、右派、親日を自称する韓国人をたくさん知っているが、ほとんどはやはり韓国人だなと思わされることが多い。

    文在寅政権がいい仕事をしたと感じるワケ(皮肉)

    「<ファクト>この先5年間、この国に起きるすべての悪い事はすべて過去の政府のせいだ」

     こんなネットの書き込みを見た。

     確かにもっともな意見である。筆者も、文政府が5年間で10年分くらいの仕事をしたと思っている。大韓民国は、この5年で10年分共産化が進んだということである。

     もし今回の選挙で、文在寅の後を引き継ぐ李在明候補が大統領になったとしたら、この国は滅びると、うちの息子でさえも本気で思っていた。それを5年で引き戻すには、どれほどの労力が必要だろうか。

    他にも、「新しい大統領は韓日友好のために努力してください。お願いします」という書き込みもたくさん見た。

     非常に違和感を持った。いや、違和感というよりも憤りに近い感情である。誰もかれもが他人任せ。誰かが上手にやってくれれば良い。自分は早く日本に遊びに行きたいだけなのだろう。

     就任式に出席した林芳正外相は「日韓関係の改善は待ったなし」と伝えたそうだ。そして韓国側の次期外相候補と「認識一致」したそうだ。

     ちょっと待ってくれ。一致したのは「待ったなし」というほど緊迫した現状認識のようだが、そうなった原因はどこにあるのか、その外務大臣と候補は議論したのだろうか……。これ以上はやめておこう。

     筆者が解説するならば、その「待ったなし」の主語は「韓国人国民一人一人の意識改革」であるべきだろう。反日左翼の民衆が騒ぐのはまだ目をつぶるが、自由だ、民主主義だ、我こそは愛国者だと言っている保守層の考えがこの程度の国家とは対等には、付き合えない。

     論理的に説明すれば中学生でも理解できる話だと思うのだが、韓国人には無理な話なのだろうか。

    日韓友好に必要な本当のこと
     日本政府も状況が「待ったなし」だからといって、そして韓国経済が危ないからと言って、間違っても日韓スワップ再開などという愚かなことはしないでほしい。

     日韓スワップ協定は2015年に韓国側の意向により、終了している。その終了の仕方も「日本側が頼まないのならば、韓国は必要ない」という話だった。韓国政府の虚勢だったのだろうが、もしかしたら本気でそう考えていたのかは、筆者の知るところではない。

     日本側の立場としては、2020年に当時の麻生太郎財務大臣の発言を引用しておく。

    「(2020年から)6~7年前に(スワップを終了して)本当にいいのかと聞いたら、韓国は『借りてくださいと(日本が)言うなら、借りることもやぶさかではない』と答えた。頭を下げて『借りてほしい』などという話は聞いたことがない」

    こういうことなのだ。

     筆者に言わせるならば、日本側には何が「待ったなし」なのか、説明してほしいし、韓国側には今までの発言に対しての責任を果たしてほしい。日韓関係が悪いのは関係の問題なのではなく、お互いの国内問題なのである。

     本当の意味での日韓友好には、保守派の右派も左派も反日派も必要ない。韓国に必要なのは責任感のあるリアリストだけである。

    (立花 志音:在韓ライター)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/70124

    引用元: ・【韓国】文在寅政権で加速した韓国の共産化、新大統領の双肩にかかる重すぎる後始末 [5/15] [昆虫図鑑★]

    【ロウソク革命を忘れたのか 【韓国】文在寅政権で加速した韓国の共産化、新大統領の双肩にかかる重すぎる後始末 [5/15] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ