まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:擁護

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/05(日) 22:33:30.13 ID:CAP_USER
     先日、386運動圏(1990年代に30代で1980年代の民主化運動にかかわった1960年代生まれの人々)で与党系の中心的人物に会った。与党・共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)議員=市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」元代表=の話が出ると、突然逆上した。「なぜ罪のない人を蔑視して苦しめるのか」と言う。「30年間、慰安婦被害者一筋だった尹美香議員は決して悪いことをする人ではない」というのだ。

     慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが怒りを爆発させ、さまざまな問題が明らかになったのにもかかわらず、かたくなだった。 「我々のようにこちら側の道を歩んできた人々は私腹を肥やすなんてまねは絶対にしない」と言った。運動圏(市民運動や学生運動にかかわった人々)は生まれながらにして悪いことができない人々だという話だった。彼は「お前らが何を知っているというんだ。マスコミが間違っている」と怒りの矛先をこちらに向けた。

     昨年のチョ国(チョ・グク)前法務部長官問題の時も同様だった。与党関係者の中心的人物は「チョ国はそんな人間ではない」「もともと善良な人間」と擁護した。私募ファンド投資や子の入試不正の証拠があちこちから出てきても同じだった。「我々の仲間がそのような悪人だと罵倒(ばとう)されるのは我慢できない」と言った。

     政治資金不正授受で実刑判決を受け、2017年に出所した韓明淑(ハン・ミョンスク)元首相をめぐる問題でも変わらない。与党指導部は「検察の供述強要疑惑」を掲げ、監察調査を押し通した。大法院で判決が確定した事案なのに「韓明淑元首相は悔しい思いをしている」と話す。自分たちのゴッドマザー的な存在である人物が収賄の前科者として後世に残ることを容認しないという姿勢だ。

     「選民意識」の決定版は青瓦台だった。2018年末に青瓦台特別監査班査察疑惑が浮上すると、金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台報道官=当時=は「文在寅(ムン・ジェイン)政権の遺伝子(DNA)にはそもそも民間人査察が存在しない」と言った。文在寅政権の人々はひときわ純潔なDNAを持っていると言っているように聞こえた。昨年末の蔚山市長選「下命捜査」疑惑も同様だ。宋炳琪(ソン・ビョンギ)元蔚山副市長が情報提供者であることが明らかになったが、尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は「青瓦台による『下命捜査』はなかった。文在寅青瓦台はうそを事実のように言わない」と述べた。
    (中略)

     韓明淑元首相の金は見返り的な性格がなく、チョ国元長官の子の入試不正は目をつぶってもいいレベルで、尹美香議員の寄付金流用疑惑は慣行だと見なす。いくら罪や過ちを犯しても「間違ったことをした」と認める人がいない。もともと「善良な人」だという腕章をつけていれば無条件で免罪符をもらえる世の中になったようだ。与党関係者内部からも「親文(在寅系)は特権階級なのか」という声が上がっている。

     今年4月の総選挙で176議席という絶対議席数を獲得した与党は、数字の力で「正義」さえ変えようという勢いだ。自分たちがやれば正義であり、法であり、真実だと考えているようだ。しかし、優越感と独善に浸ってごう慢になった権力は長続きしない。世の中には選民も、特別なDNAもない。罪は人を選ばない。現在の執権勢力がかつて立ち向かい、闘った過去の政権がどのようになったのか振り返ってみてほしいものだ。

    政治部=ペ・ソンギュ部長
    no title


    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【朝鮮日報コラム】「選民DNA」を持つがゆえに悪事を働けない>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/03/2020070380115.html

    関連スレ:【韓国】 大韓民国は文主共和国、全ての権力は文から生ずる~文政権の味方につけば独立軍、反対につけば日帝だ[07/05] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1593955171/

    引用元: ・【韓国】 「選民DNA」を持つがゆえに悪事を働けない~尹美香・チョ国らを無条件で擁護[07/05] [蚯蚓φ★]

    【アホな理屈の選民意識で争ってる癖に【韓国】 「選民DNA」を持つがゆえに悪事を働けない~尹美香・チョ国らを無条件で擁護[07/05] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/06(月) 11:10:25.79 ID:CAP_USER
    北朝鮮が弾道ミサイルを発射する前日の今月3日、韓国外交部(省に相当、以下同じ)の康京和(カン・ギョンファ)長官、国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は、北朝鮮を擁護するような発言をしたり、南北軍事合意(昨年9月19日)履行の重要性を強調したりしていた。

    韓国政府の内外では「北朝鮮がわずか1日後にミサイルによる挑発を敢行し、結果的に両長官を笑い者にした」との声が聞かれた。一部では「韓国の情報当局は、北朝鮮による今回のミサイル発射の2-3日前から疑わしい兆候を捉え、鋭意注視していた」という話も出た。

    しかし、専門家らは「そうした情報を入手していながら長官が(北朝鮮を擁護するような)発言をしていたのなら深刻な問題だ」「もし情報が伝わっていなかったとすれば、さらに大きな問題だ」と指摘した。

    康京和・外交部長官は3日、外信との記者会見で「北朝鮮には非核化の意志がない」との指摘に「そうではない」として「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はハノイを訪問した際、確固たる措置を準備していたが、米国にとっては十分ではなかった」と述べた。

    ハノイでの米朝会談決裂後、国際社会は金正恩委員長の非核化の意志に疑問を抱いているが、康長官は反対に、金正恩氏を擁護する様子を見せた。

    康長官は2日に行われた韓国メディアとの記者会見では、米朝の交渉が膠着(こうちゃく)状態にあることや北朝鮮が強硬な対応を見せていることについて「そうなればなるほど、われわれが役割を発揮する範囲はむしろ幅広くなる」と述べた。

    一方、鄭景斗・国防部長官は3日、韓国大統領府(青瓦台)での業務報告で、戦時作戦統制権の韓国移管と昨年9月の南北軍事合意の履行に関する内容を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に報告した。

    この席で、鄭長官をはじめ韓国軍の首脳部は「条件に基づいた戦時作戦統制権の移管を積極的に推進していきたい」と述べ、国防改革案「国防改革2.0」の推進と、南北軍事合意の履行状況などを報告した。

    特に、南北軍事合意について韓国軍首脳部は「誠実に履行し、韓半島(朝鮮半島)での軍事的緊張の緩和を通じた南北間の信頼構築の土台を築く」と述べていた。


    2019/05/05 22:50
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/05/2019050580039.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 「韓国外相・国防相、北の奇襲発射で笑い者に」 前日まで北を擁護 [05/06]

    【全ての先進国からキチガイ変人扱い【朝鮮日報】 「韓国外相・国防相、北の奇襲発射で笑い者に」 前日まで北を擁護 [05/06] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/30(水) 11:44:12.78 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/838/241838.html

    大邱(テグ)地域の市民団体が韓日慰安婦合意を擁護したという理由を挙げて姜恩姫(カン・ウンヒ)大邱市教育長候補の辞退を求めた。

    勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)と共にする市民の会をはじめ、大邱地域40個余りの市民団体は28日、大邱市中区(チュング)ヒウム日本軍慰安婦歴史館で記者会見を開き、「姜前女性家族部長官が大邱教育長候補の登録をしたという事実に怒りと侮辱感を禁じ得ない」とし「韓日慰安婦合意を擁護した姜候補には教育長としての資格はない」として候補辞退を要求した。

    続いて「日本軍慰安婦生存者の名誉と尊厳を傷つける人が教育長になった時の学生の人権と教育福祉現場は想像するだけでもおぞましい」とし「このような人物は新たな時代の教育について語ったり、責任を負ったりするべき適任者ではないばかりか、民主主義と教育を壊した主役として断罪して審判を受けなければならない」と主張した。

    姜候補は2016年1月から昨年7月まで女性家族部長官を務めた。姜候補は2016年9月8日に京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)にある社会福祉施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦被害女性に「日本政府は過ちを反省し、謝罪し、許しを乞うた。財団にお金を送ってきたので、皆さんに分け与える予定だ。安心してほしい」と述べて批判を受けていた。

    引用元: ・【韓国】韓日慰安婦合意を擁護した教育長候補に「辞退し審判受けるべき」[05/30]

    【【韓国】韓日慰安婦合意を擁護した教育長候補に「辞退し審判受けるべき」[05/30] 】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 11:32:49.98 ID:???.net
    与党セヌリ党の宋泳勤(ソン・ヨングン)議員は29日、国会兵営文化革新特別委員会に出席した際、つい先日告発された陸軍旅団長
    による女性下士官への性的暴行事件について「旅団長は昨年1年間、ほとんど外泊できなかったと証言した」とした上で「40代半ばの
    彼にとっては、性的な問題が発生せざるを得ない状況にあったと考えねばならない」と主張した。宋議員はさらに「韓国軍では有能と
    される人間ほど(性犯罪などの)問題を起こしやすい」「仕事ができると言われたいために外泊をしないケースもあり、これでは本人も
    部隊全体も疲労する」などとも指摘した。その一方で宋議員は被害者となった女性兵士を「下士のアガシ(お嬢さん、お姉さんの意)」
    という言葉で表現した。

    昨年は陸軍師団長が部下の女性兵士にセクハラを行ったとして、韓国軍創設以来初めて懲役6カ月の実刑が宣告された。ここ5年間
    に韓国軍で発生した女性兵士への性犯罪件数は83件に達する。明るみに出ていないものまで合わせると、実際はこれよりもはるかに
    多い性犯罪が発生しているはずだ。女性兵士に対する性的暴行やセクハラは、男性の上官が個人の性的欲求を満たすため自らの
    地位や立場を悪用している点で、他の犯罪よりも悪質だ。宋議員は国軍機務司令官(機務司令部は韓国軍の情報部隊)まで務めた
    予備役の陸軍中将でもあるため、この問題については誰よりも詳しく現場での実態を把握しているはずだ。

    問題の旅団長は47歳で、娘ほど年齢の離れた21歳の女性下士官に対し繰り返し性的暴行を行ってきた疑いが持たれている。ところが
    宋議員はこの旅団長の犯罪行為について「外泊もせず自らの職務を忠実に行っていたため、欲求を解消できず発生した」との見方を示し、
    旅団長の立場を理解するよう求めた。その際宋議員は被害者を気遣う言葉は一切口にせず、また旅団長を叱責(しっせき)する発言も
    しなかった。宋議員が被害者本人とその家族の立場や心境を少しでも考えたことがあるのか、あるいはもし被害者が自らの娘だったら
    同じことが言えるのか、ぜひとも尋ねてみたいものだ。

    ソース:朝鮮日報 2015/01/30 10:47
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/30/2015013001236.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】女性兵士への性的暴行犯を擁護する国会議員[01/30]

    【「軍には慰安婦が必要だ」ということですね【朝鮮日報/社説】女性兵士への性的暴行犯を擁護する国会議員[01/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ