まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:撤退

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/28(日) 23:36:08.58 ID:CAP_USER
    最近香港で韓国株の売買を仲介するブローカーは、いつ解雇通告を受けるか分からず戦々恐々としている。米系金融会社A社は韓国市場担当のブローカーを一時は7人雇用していたが、徐々に削減し、最近は2人まで減員した。資産運用業界関係者は「数年前は世界的な投資ファンドが韓国市場で8?12銘柄を選んで投資していたが、現在は5銘柄にも満たないことも多い。韓国企業の業績見通しが暗いため、韓国株式市場に対する期待感も低く、関心度も後退した」と話した。

    人員削減の危機に直面したブローカーは新たな働き口を探そうとするが、歓迎されていない。ヘッドハンティング会社の代表は「韓国の金融機関もベトナムなど高成長市場に進出しようとしており、韓国株の専門家に対する需要はほとんどない」と語った。

    韓国の資本市場の魅力が日に日に低下している。ゴールドマン・サックス、JPモルガンなど外資系の資産運用会社は韓国から撤退したのに続き、海外支店の韓国市場担当者まで減らしている。国民年金のイ・チャンウ元基金運用本部長は「過去には外資系金融期間が韓国経済に投資すれば獲物があると考えて参入してきたが、現在は韓国でもうけるチャンスが減ったと判断し引き揚げている。韓国の資本市場の将来が懸念される」と話した。

    ■「韓国市場はカネにならない」

    金融投資協会によると、韓国で営業している外資系資産運用会社は最近5年間で事業を縮小している。従業員を大幅に削減し、ファンドの受託額は大半で半減した。世界的大手として知られるゴールドマン・サックス資産運用が2013年、JPモルガン資産運用が18年に韓国市場から撤退したのが代表的で、フィデリティ、マッコーリーなど主な外資系資産運用会社の従業員は過去5年間で289人から148人に減少した。外資系資産運用会社5社のファンド受託額も12年の14兆ウォン台から現在は4兆ウォン台へと65%も減少した。

    外資系資産運用会社の代表は「韓国に進出した当時は韓国市場の急成長を期待していたが、10年前も現在も似たようなものだ。韓国に残っている資産運用会社もファンドを新たに設定するのではなく、既存のファンドの管理にしか関心がない」と述べた。外資系金融機関の販売収益の大半を占める公募ファンドの市場が縮小したほか、外資系の比較優位がなくなったことも韓国市場からの撤退理由として挙げられる。過去には外資系の資産運用会社が海外の人気ファンドを単独で導入して販売し、人気を集めた。しかし、現在は韓国の金融機関も同様に海外ファンドを販売している。系列に市中銀行を持つ国内金融グループと比べ、販売網も不足している。

    外資系資産運用会社の関係者は「収益が増えない中、ファンド販売のために『投資案内書』の作成など非中核業務に人員と費用を投入しなければならないため、韓国事業を放棄していると言える」と説明した。

    ■金融市場発展の障害を取り除け

    外資系金融機関の撤退は韓国の金融市場の発展機会が消滅することも意味する。資本市場研究院の朴英錫(パク・ヨンソク)院長は「北東アジアの金融ハブになるという目標にも反する」と述べた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時から北東アジアの金融ハブを目指してきたが、金融の中心地としての競争力はむしろ低下している。英コンサルティング業者Z/YENが3月に発表した世界金融中心地ランキングによると、ソウルは世界112都市で36位にとどまり、2015年9月(6位)から30ランクも後退した。

    香港、シンガポールは金融商品への投資で生じた利益や配当に全く課税しないが、韓国では海外ファンドを購入して利益が出た場合、配当所得税(15.4%)に加え、総合課税、健康保険料負担まで生じ、海外ファンドを中心に販売する外資系金融機関には不利だと指摘されている。

    ブルックフィールド・アセット・マネジメントの公募ファンド部門代表を務めるキム・ヨンス氏は「韓国に進出した外資系資産運用会社は株式、債券など伝統的資産を運用し、公募ファンド主体の事業を展開してきたが、韓国市場の投資トレンドが私募ファンドや実物資産中心のオルタナティブ投資に変わり、苦戦するようになった」と語った。

    no title

    no title

    https://news.livedoor.com/article/detail/16842015/

    引用元: ・【朝鮮日報】「韓国市場はカネにならない」 撤退する外資系資産運用会社[07/28]

    【なんで韓国にいる必要がある?【朝鮮日報】「韓国市場はカネにならない」 撤退する外資系資産運用会社[07/28] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/16(火) 22:02:47.80 ID:CAP_USER
    【ソウル時事】半導体関連メーカーのフェローテックホールディングス(本社東京)は16日、韓国子会社での半導体製造装置部材の開発・製造・販売事業から撤退すると発表した。韓国の司法判断に対する懸念が背景にあり、進出企業の事業継続に影響を与えた形だ。

     子会社をめぐっては、元従業員3人が2月、営業機密侵害などの罪で韓国検察当局に起訴された。フェローテックは「昨今の韓国における日系企業に対する司法判断などに鑑みると、司法の独立性が完全に担保されない懸念があり、潜在的なリスクを現段階で最小化することが最も適切と判断した」と説明した。
     韓国最高裁は昨年10月以降、元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を下し、日韓関係が悪化している。フェローテックは事業撤退により4億~6億円の損失を見込んでいる。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041601104&g=int
    時事ドットコム 2019年04月16日20時03分

    引用元: ・【韓国子会社の事業撤退】=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック[4/16]

    【そりゃ司法より感情が優先される国ですから【韓国子会社の事業撤退】=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック[4/16] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/15(金) 21:18:47.34 ID:CAP_USER
    中国天津市にある、韓国ロッテグループのロッテ百貨店天津文化センター店は13日、3月31日をもって閉店するとのお知らせを店内に貼り出した。これで中国にあるロッテ百貨店は、遼寧省瀋陽店、四川省成都環球センター店と山東省威海店の3店舗のみになる。韓国メディア・聯合ニュースは12日、ロッテ百貨店が中国市場からの全面撤退を検討していると報道した。

    ロッテ百貨店は2008年中国に進出した。北京市や天津市、山東省で店舗を構えた。親会社のロッテグループのスーパーマーケット事業、ロッテマートは2007年に中国に進出してから、中国各地で112店舗を設立した。

    2017年、ロッテグループは韓国政府に対して、米軍の新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)の配備用地を提供した。これ以降、中国当局は国内でロッテ百貨店とロッテマートへのボイコット運動を主導し、報復措置を講じた。これによって、ロッテ百貨店とロッテマートの中国市場での減益が拡大し、店舗の売却を余儀なくされた。

    聯合ニュースによると、ロッテ百貨店の瀋陽店と成都環球センター店も閉店の可能性が大きい。また、ロッテグループ傘下のロッテ製菓とロッテ七星飲料は、中国国内に設立した計6つの生産工場について、うちの4つの工場を売却することを検討しているという。

    ロッテマートは昨年、中国からの全面撤退を決定した。

    また、韓国自動車メーカー、現代自動車は6日、年間30万台の生産能力を有する中国北京市の第一工場の閉鎖と稼働中断を発表した。現代自動車は、北京市に第一工場、第二工場と第三工場を構えるほか、滄州と重慶市にも生産工場を設立した。各地の工場の総生産能力は年間165万台。

    現代自動車も2017年、THAAD配備をめぐって中国当局の制裁を受けた。朝鮮日報7日付によれば、2016年、現代自動車の中国での販売台数は114万台に達した。2017年の販売台数は約78万台まで減少した。2018年も79万台にとどまった。現代自動車は、販売低迷により、人員削減と生産能力の調整を迫られている。

    (翻訳編集・張哲)

    https://www.epochtimes.jp/2019/03/41177.html
    大紀元 2019年03月15日 17時00分

    no title

    韓国ソウル市のロッテ百貨店明洞本店(全景林/大紀元)

    引用元: ・【韓国企業からのお知らせ】中国撤退が加速化 ロッテ百貨店、現代自動車など[3/15]

    【沈む船からネズミが海に【韓国企業からのお知らせ】中国撤退が加速化 ロッテ百貨店、現代自動車など[3/15] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/20(火) 12:11:50.21 ID:CAP_USER
    韓国金融委員会は18、英ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、米ゴールドマン・サックスの韓国支店の閉鎖を認可した。

    韓国政府はソウルや釜山を国際的な金融ハブに育成しようとしているが、外資系銀行は韓国から相次いで撤退している格好だ。

    RBSは2013年、BBVAは11年、ゴールドマン・サックスは06年にそれぞれ韓国に支店を設置した。韓国で営業する外資系銀行の支店は43行、50支店だったが、40行、47支店に減少したことになる。

    外資系銀行の相次ぐ韓国撤退について、専門家は低金利の長期化による収益性悪化、世界的な金融危機以降の世界的な規制強化など韓国内外での不確定要素が重なった結果だと説明する。

    ■荷物まとめる外国金融機関

    外資系金融機関の韓国撤退は08年の金融危機以降続いてきた。スペインの銀行最大手、サンタンデール銀行は昨年10月、ソウル事務所の閉鎖を決定。それに先立ち、HSBCは13年、リテール事業から撤退し、韓国国内の10支店を閉鎖した。

    資産運用会社の撤退も相次ぎ、ゴールドマン・サックス資産運用が12年、韓国法人を閉鎖したのに続き、フィデリティは今年初め、ファンドマネジャーを韓国から香港、シンガポールなどへと配置転換した。

    スイス系のUBS、英系のバークレイズも昨年、韓国撤退を発表した。

    外資系投資銀行のソウル支店幹部は「外資系銀行が韓国から撤退する理由は簡単だ。韓国市場がもうこれ以上もうからないからだ」と述べた。

    同幹部は「これまで韓国で外資系銀行の基本的な収益モデルは、自国からドル資金を持ち込み、比較的金利が高い韓国市場に投資し、利ざやを得る方式だった。

    しかし、金融危機以降、12年から13年にかけ、韓国金融市場でも低金利環境が定着し、そうした収益モデルが通じなくなった」と説明した。

    10年物国債で見ると、金融危機直前の08年初めには米国と韓国の金利はそれぞれ3.7%、5.9%と2ポイント以上の差があった。しかし、現在はいずれも約2.2%でほとんど差がない。

    仮に米連邦準備理事会(FRB)が予告通りに政策金利を引き上げ、韓国が金利を据え置けば、韓国の金利が米国を下回る逆転現象が起きる可能性もある。つまり韓国市場で収益を上げることがさらに難しくなる。

    ■自国規制も足かせに

    金融危機以降、欧州を中心に規制が強化され、韓国にある外資系銀行の収益源となってきたデリバティブ商品の取引が難しくなった点も一因だ。

    デリバティブ取引の透明性向上などを盛り込んだ「ドッドフランク法」、リスクが高い投資を行う場合に準備金を上積みすることを求める国際決済銀行(BIS)の「バーゼル3」規制などが相次いで導入され、外資系金融機関の強みだったデリバティブ取引のコストが大幅に上昇した。

    規制が強化されれば、投資は慎重にならざるを得ず、収益も減少する。

    韓国の金利低下に自国の規制強化が重なり、収益を上げることが難しくなるにつれ、実際に外資系金融機関の収益は過去数年減少した。

    金融監督院によると、外資系銀行の収益は14年の1兆915億ウォンから昨年は6893億ウォンへと減少した。18日に閉鎖認可が下りた3行は韓国で昨年、いずれも赤字を出した。

    金融当局は最近撤退した銀行が世界的な規制環境の変化に敏感な欧州系に集中しており、中国、インド、インドネシアなどのアジア系銀行はむしろ韓国に活発に進出しているとし、さほど懸念する状況ではないと話す。

    しかし、韓国が政府の期待通りに世界的な金融ハブへと飛躍するためには、彼らを引き留めておく魅力をもっと開発すべきだとの意見も聞かれる。

    ハナ金融経営研究所のチョン・ヒス研究委員は「韓国の外資系銀行の支店は(金融機関の)総資産に占める割合が12%程度で、アジアの他の金融都市よりも低い」とし、「韓国金融がグローバル化するためには、韓国の銀行による海外進出も重要だが、為替関連の規制を緩和するなど世界的な銀行の韓国進出をスムーズにする環境を整える必要がある」と指摘した。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/20/2017062000606.html

    引用元: ・【経済】ゴールドマン・サックスなど米英西の外資系銀行3行、韓国から撤退 銀行幹部「韓国市場がもうからないから」[6/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【今が最後の逃げ時】韓国支店の閉鎖で、外資系銀行が韓国から相次いで撤退】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/03/15(水) 08:12:33.01 ID:CAP_USER
    (動画)
    ソース元、もしくは以下より
    https://www.facebook.com/105759983026/videos/10154384241518027/
    _________________________________

    「ロッテは中国から出ていけ!韓国商品を拒否しよう!」

    中国のある小学校で子どもたちがスローガンを叫び、韓国企業と商品の撤退を主張する様子が
    捉えられた。

    去る13日(現地時間)、中国メディアのシャンハイスト(Shanghaiist)は、「中国一帯で韓国ブランド
    の不売運動が拡散している」とし、「不売運動が小学校まで拡散している」と伝えた。

    同時に公開された映像では小学生が学校の前に集まり、「韓国を中国から追い出そう」という
    スローガンを叫ぶ様子が盛り込まれている。

    先生が、「ロッテは中国から出ていけ」、「韓国商品を拒否しよう」と音頭を取ると、子どもたちは
    口を揃えて繰り返した。

    (写真)
    no title

    ▲ 韓国ブランド不売のスローガンを叫ぶ小学生。

    また中国のある幼稚園では、韓国の製品を教えて不売運動をする様子が捕捉された。

    最近のTHAAD配備に反発して、『ロッテ』退出を宣言した中国の報復が日増しに激しくなっている。

    中国・浙江省(せっこうしょう)のあるスーパーマーケットでは、陳列台に置かれていた韓国
    ブランド商品を全て片付けると、不売のスローガンを叫んで韓国製品を躊躇なく叩き付ける従業員
    の姿も捕捉された。

    中国当局は我が国の『THAAD配備』に反発して、昨年末から韓国ブランドに対する税務の調査と
    検疫検査を強化するなど、連日圧迫レベルを高めている。

    特に韓国製品の不売運動や韓国観光の禁止など、報復的な動きが中国内の全方面で拡散して
    いて、現在我が(韓国)政府は今回の流れがどこまで進むのか注視している。

    (写真)
    no title

    ▲ 買ってはいけない韓国製品を教える中国の幼稚園。

    ソース:Insight(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=96860

    引用元: ・【中韓】「韓国製品を拒否しよう!」~“嫌韓”を洗脳する中国の小学校(動画)[03/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【文句言う立場に無いぞ】Insight(韓国語)「中国の小学校で、子どもたちが韓国企業と商品の撤退を主張」】の続きを読む

    このページのトップヘ