まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:提案

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/11(木) 17:34:25.85 ID:CAP_USER
    韓国政府は、元徴用工問題で日本に新たな提案を示した。韓国紙、文化日報が匿名の与党当局者を引用して報じた。それによると、新提案には元徴用工への支払いで韓国がより多くを負担することが盛り込まれている。

    新提案は、韓国の裁判所で昨年に賠償金支払い命令を勝ち取った原告に対しては、日韓両国の企業が折半して資金を出す「1+1」基金から支払い、他の元徴用工に対しては韓国政府が支払う内容。

    同案は先に1 + 1の提案を拒否した日本政府からの提言を反映している。日本政府は新提案に対する立場をまだ表明していない。


    2019年7月11日 13:48
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-11/PUGN7X6K50XS01?srnd=cojp-v2

    ★1の立った時間 2019/07/11(木) 15:32:37.16

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1562826757/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1562829787/

    引用元: ・【韓国】 元徴用工問題で日本に新たな提案★3  [07/11]

    【永遠にたかるという宣言【韓国】 元徴用工問題で日本に新たな提案★3  [07/11] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 06:42:03.04 ID:CAP_USER
    北朝鮮の挑発の気流が停滞すると、ソウル発の対話・交渉論が浮上する。対北朝鮮特使派遣説が出てきて、当局者会談の再開や人道支援の主張も続く。北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)北米局長のロシア訪問日程に合わせた南北接触構想も提起された。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領もこの数日間、平和と対話のメッセージに重点を置く雰囲気だ。トランプ政権が対北朝鮮圧力に弾みをつけ、欧州連合(EU)が強力な対北朝鮮独自制裁を出すなど、国際社会の動きとはかなり異なる。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の今後の動きを予想し、対応策を考えてみる。

    任期が1カ月も残っていなかった2003年1月末、金大中(キム・デジュン)大統領は対北朝鮮特使を派遣した。

    金大中大統領の対北朝鮮策士である林東源(イム・ドンウォン)元国家情報院長と、発足を控えた盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の対北朝鮮政策を主導していた李鍾ソク(イ・ジョンソク)政権引き継ぎ委員(2006年に統一部長官就任)が空軍機に乗って平壌(ピョンヤン)へ向かった。

    「北に金大中・盧武鉉政権の引き継ぎを事前に申告しに行くのか」という批判があったが、強行された。特使団は金大中大統領の親書を持って行った。高濃縮ウラン(HEU)核開発疑惑、南北問題、新政権との関係の3つの内容が書かれていた。

    しかし金正日(キム・ジョンイル)総書記は地方訪問を口実に会わなかった。面談を楽観していた青瓦台(チョンワデ、大統領府)と政府は「金総書記は絶対的な地位ではあるが、彼に会えなかったからといってすべてが台なしになったように見ることではない」と苦しい釈明をしなければならなかった。

    長期にわたり南北当局者会談に関与してきたベテラン要員の間では「受けてこそ特使」という言葉がある。最高当局者間の疎通という重大な意味が付与されるが、期待に達しなかったり特使の面談が不発に終われば失敗ということだ。

    それでも特使カードがたびたび出てくるのは快刀乱麻式の解決を期待する心理のためだ。趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は8月末、当局者会談を提案したが、北朝鮮の呼応がないと、「条件が満たされれば特使の交換を積極的に推進するという立場」と述べた。

    ある関係者は「ふさがった南北関係をトップダウン方式で解決するきっかけになる可能性があるという点で、あたかも麻薬のような誘惑に駆られる」と指摘した。しかし今はそういう時期でないというのがこの関係者の助言だ。

    今の南北関係断絶や葛藤は特定の懸案をめぐる立場の違いではなく、金正恩委員長の核・ミサイル挑発のためであり、朝米間で解決すべき性格が強いということだ。特使派遣の提案を北朝鮮が受け入れる状況でもないのに体面を汚すだけだという指摘もある。

    政府は当局対話の再開にも注力している。統一部は13日、国会外交統一委の業務現況報告で「南北関係を復元し、持続可能に発展させるために努力する」という立場を明らかにした。5月の政権発足後に大量に承認した131件の対北朝鮮接触も支援するという方針だ。

    国民の批判世論の中で強行した800万ドル(約9億円)の対北朝鮮支援決定も執行の時期を見計らっている。

    政府がこのように南北関係の復元に注力するのは内部の事情がある。対北朝鮮問題は過去9年間の保守政権執権時期との差を見せることができる最適なアイテムだ。進歩陣営は金大中・盧武鉉執権当時に南北首脳会談を2回開催するなど絶対優位に立つ。ところが政府発足と同時に北朝鮮の核・ミサイル挑発という厳酷な現実に直面した。

    金正恩委員長の極端挑発路線に国民は怒り、国際社会も冷淡だった。やむを得ず文大統領も北朝鮮を「敵」とし、核実験当時には「極めて遺憾であり、怒りを抱かざるをえない」という立場も表した。一部の進歩派からは「文大統領が安倍晋三首相のようになりつつある」(丁世鉉元統一部長官)という批判まで受けた。

    保守勢力と批判的な進歩勢力の間に挟まれた状況だ。このまま核・ミサイルの津波に巻き込まれれば、李明博(イ・ミョンバク)政権当時のBSE(牛海綿状脳症)事態、朴槿恵(パク・クネ)政権当時のセウォル号事態のようになり兼ねない。

    http://japanese.joins.com/article/531/234531.html

    (続く)

    引用元: ・【中央日報】韓国、対話よりも対南平和攻勢に備える時だ 韓国社会は論争と分裂に巻き込まれる可能性がある[10/19]

    【【さっさと北に併合してもらえ】「北朝鮮が軍縮会談を提案してくると、韓国社会は論争と分裂に巻き込まれる」中央日報】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 06:19:59.03 ID:CAP_USER
    ムン大統領「韓日の電力網つなごう」、安倍に「スーパーグリッド」提案

    年内に首脳会談で経済協力を議論
    21日ごろ韓米日会談を検討
    トランプ11月に韓中日歴訪

    ムン・ジェイン大統領が安倍晋三首相に韓日の電力網の統合を提案したことが確認された。

    北東アジア経済協力の地平を広げるために、今後、中国との電力網接続案も検討されていることが分かった。ムン大統領は年内に安倍首相との二国間首脳会談が実現すれば、このような経済協力プランを議論する見通しだ。

    北朝鮮の挑発で韓半島の緊張が高まる中、ドナルド・トランプ米国大統領は11月初め、韓国と中国、日本など北東アジアの3国を順次訪問する日程調整をしている。これに先立ち、国連総会期間である21日ごろ、ニューヨークで韓米日3カ国首脳会談の開催も検討されている。

    13日、大統領府関係者は「ムン大統領が7日、ロシアのウラジオストクで開かれた韓日首脳会談で、安倍首相にいくつかの国の電力網を連携する「スーパーグリッド」事業を提案した」と述べた。安倍首相は、これに検討の意思を明らかにしたという。

    青瓦台の別の関係者は、「韓国は内陸と済州島間に海底ケーブルを敷いて電力網を接続した経験があり、関連技術も備えた」、「日本とも海底ケーブルで電力網を接続すればよい」と説明した。歴史問題で韓日関係がギクシャクした状況で、両国間の経済協力に突破口を見出すという意味だ。

    安倍首相は、ムン大統領に年内の訪日を要請した。年内に東京で韓日首脳会談が実現すれば、スーパーグリッドが主要議題として議論されるものと思われる。ムン大統領はすでに、ロシアとモンゴルの首脳会談でも、電力網の接続を提案して反響を得た。

    ムン大統領の構想が実現すれば、韓国はロシア、モンゴルの安価な電気を導入して、中国・日本などに供給する「極東エネルギーのハブ(中心地)」の役割を果たすことになる。

    こうなれば、韓国としては少なくとも3つの効果を期待することができる。つまり、電力生産コストの削減と供給の安定化、関連産業の成長と景気浮揚の機会の確保、関連投資国間の友好増進である。政府のある関係者は「韓中日は、電力の供給が不足しているのに対し、ロシアとモンゴルは、天然ガス(LNG)・石油・風力などが豊富で、電力を安価に供給することができる」、「5カ国が電力網を連携すると、エネルギー需給の安定を図ることができる」と述べた。

    当該分野の技術力を持つサムスン・LG・SKグループとソフトバンク・日本電気など韓日両国の主要企業の協力も期待される。

    電力供給地となるシベリア・モンゴルに韓国・日本の資本が直接投資してガス・石油などのエネルギー源を調べて発電所を建設、スーパーグリッドに送電することも可能と予想される。

    海外では、すでに北欧スーパーグリッド(総事業費4,991億ドル)、南欧・北アフリカ・中東スーパーグリッド(7,727億ドル)、南部アフリカ・スーパーグリッド(総3,475億ドル)などが推進されている。

    ソース:ソウル経済 2017-09-13 17:46:25(韓国語)
    http://www.sedaily.com/NewsView/1OL0FPWJ8G/
    前トレ
    【日韓】ムン大統領、安倍首相に韓日電力網の統合を提案。韓国は安価な電気を導入して供給する「極東エネルギーのハブ」に[09/14]★5
    https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1505399142/

    【【先に北と韓朝電力網の統合すれば?】ムン大統領、安倍首相に韓日電力網の統合を提案。韓国は安価な電気を導入して供給する「極東エネルギーのハブ」に】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/12(水) 21:02:24.26 ID:CAP_USER
    韓国仁荷(インハ)大がアジア大学のうちでアメリカ航空宇宙局(NASA)から共同研究という異例の「ラブコール」を受けた。仁荷大は11日、NASAが推進中の深宇宙探査計画「ヘリオスプロジェクト」に参加すると明らかにした。太陽風などを利用して深宇宙(地球重力や磁場の影響が及ばない宇宙)を探査する探査体の核心部品の開発技術力を認められたためだと大学側は説明した。

    仁荷大とNASAは今月3日、共同研究のための技術協約(SAA、Space Act Agreement)に合意した。

    続いて共同研究のためにNASAラングレー研究所の研究陣が17日に同校を訪問する予定だ。ラングレー研究所はNASAが運営している3カ所の研究所の一つで、先端素材や宇宙船システムなど宇宙科学分野の研究を行っている。

    今回のヘリオスプロジェクトは2030年以降の深宇宙探査に向けた探査体の開発が核心だ。探査体は惑星を周回しながら惑星を観察する役割を担う。

    仁荷大は現在、薄さが髪の毛の10分の1水準に満たない薄膜を作ることができる最先端素材技術力を保有している。また、2年前からは薄膜を広げた時に支える超軽量素材の開発にも乗り出した状態だ。

    NASAはこの技術を通じて探査体に全長220メートルの翼をつけようとしている。通常、探査体の翼が2~6枚である点を考慮すると、両側に展開する場合、長さだけで440メートルにもなる。440メートルの翼が太陽風などの各種宇宙環境に耐えるには、翼が割れたり折れたりしてはいけないため、仁荷大の核心技術が必要だという。

    NASAは仁荷大の核心技術を基に宇宙探査体の翼と支持台を展開したり格納したりできる探査体本体と制御システムの開発を共に行う。探査体の重さも18.3キロの超軽量で製作する作業も共に進めていく。このように製作された探査体の初めての試験飛行は2025年だ。

    今回のプロジェクトに参加するキム・ジュヒョン仁荷大機械工学科教授は「NASAとの今回の合意は仁荷大が持つ技術力が認められたという意味」とし「NASAとの今回の協力を通じて韓国型発射体や次世代小型衛星発射などの韓国航空宇宙研究分野に多いに役立つものと期待される」と述べた。

    中央日報/中央日報日本語版 2017年04月12日09時16分
    http://japanese.joins.com/article/958/227958.html

    引用元: ・【深宇宙探査】米国NASA、韓国仁荷大に宇宙探査体の共同研究を提案[4/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【何をパクったか】NASAが韓国仁荷大に宇宙探査体の共同研究を提案】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/28(金) 09:02:57.32 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国政府が日本と軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結への議論再開を決めたほかに、
    最近中国に軍事情報保護協定の締結を提案したことが28日、韓国政府筋の話で分かった。

    中国の反応はまだないが、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム
    「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備決定への不満などから難色を示すことが予想される。

    この政府筋は「中国とは2000年代に入り情報交流の会議などを続けてきながら軍事情報保護協定を締結する必要性を強調している」と明らかにした。

    協定締結の提案は2012年に続きこれが2回目だというが、「中国側はわれわれの提案にはっきりとした反応を見せていない」と伝えた。

    政府は12年に開催された韓中国防戦略対話で初めて提案し、その後何度か開かれた外交・国防分野の当局間協議でも協定締結が必要だと呼びかけてきたようだ。

    別の政府筋は「ロシアに続き日本、中国とも軍事情報保護協定を締結すれば、クロスチェックにより北関連情報の正確さと完結を期す上で大きく役立つ」と説明する。
    特に中国は北朝鮮の高官クラスとの交流が活発な上に地理的にも近く、より正確な情報を得ることにつながるという。

    韓国は周辺国の中ではロシアと01年に軍事情報保護協定を結んでいる。

    今月27日には、12年に締結直前で延期されていた日本とのGSOMIAの締結に向け議論を再開すると発表した。


    2016/10/28 08:46
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2016/10/28/0900000000AJP20161028000200882.HTML

    関連すれ
    【韓国】日韓の軍事情報協定、なぜ4年ぶりに協議を再開?=韓国ネット「領土問題が解決していないのに」「また日本に甘く見られる…」 [無断転載禁止]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1477571250/

    引用元: ・【韓国政府】中国に軍事情報協定締結を提案[10/28]©2ch.net

    【【いくらなんでもバカすぎる 】韓国政府、中国に軍事情報協定締結を提案】の続きを読む

    このページのトップヘ