まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:採択

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/03(火) 14:32:08.00 ID:CAP_USER
    4次産業革命時代の先端素材として注目されているグラフェンと銀ナノ物質に対する国際標準2種を韓国が先占した。

    産業通商資源部国家技術標準院は韓国が国際標準化機構(ISO)に提案した『グラフェン2次元物質の特性及び特性別測定方法』と『銀ナノ粒子の特性及び測定方法』が国際標準に制定されたと3日明らかにした。

    2つの国際標準は国家技術標準院が支援する学術研究用役事業と国家標準技術力向上事業を通じて国際標準案として開発されて、約5年間の議論と検証の過程を経て国際標準に確定した。

    ゲラフェン2次元物質の特性と測定方法はグラフェン物質の物理・化学・電気・光学的な主要特性を定義して、この特性を測定することができる試験方法を規定する標準だ。

    グラフェンは炭素を0.2nm(10億分の1m)の厚さの蜂の巣形の断層平面構造に結合したナノ物質で、導電性が銅より約100倍優れており熱伝導性はダイヤモンドの2倍以上のため超高速半導体、ディスプレイ、太陽電池、二次電池などに使用される。

    銀ナノ粒子と関連しては、まず銀ナノ物質が抗菌力を持つために必要な粒子の大きさを規定して、その後繊維、建築資材、フィルターなどの製品に適用された際、この製品の銀ナノ粒子の分布と含有量などを測定・確認することができるように標準を提示したのだ。

    銀ナノは銀をナノメートル(nm)の大きさに微細化した粒子だ。微生物の成長を抑制して帯電を防止する特性を持っており、抗菌脱臭機能を揃えた家電・繊維製品、脱臭剤、空気清浄フィルター、ペイントなどに使われる。

    これまで無かった試験方法を規定して銀ナノ物質を安全に活用することができるだけでなく、銀ナノ製品に対する消費者の信頼を高めることができるようになった。

    今回の成果は米国、英国、日本など素材分野の先進国と競争して勝ったことなので更に意味が大きい。

    特に銀ナノ粒子の特性及び測定方法の国際標準は日本が数年前から標準案を準備してきて技術を先導しており、標準案の提案初期から日本と競争してきた。

    産業部は「今回の国際標準は素材関連分野の他の標準開発に必要な指針書となる核心標準で、今後の国際標準開発競争で韓国が主導権を確保することができるものと期待される」と説明した。

    また「ナノ素材に対する測定方法を韓国の技術中心で標準化しただけに国内企業がこの分野の試験・評価装備市場を先占するのにも有利に作用するだろう」と話した。

    日抜いて銀ナノ国際標準'逆転勝'…グラフェンも韓標準案採択
    2019-09-03 11:00
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20190903047400003

    引用元: ・【ISO】銀ナノ粒子の国際標準で日本に『逆転勝利』…グラフェンも韓国の標準案を採択[09/03]

    【なんの意味あんの、これ【ISO】銀ナノ粒子の国際標準で日本に『逆転勝利』…グラフェンも韓国の標準案を採択[09/03] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/02(金) 23:18:23.58 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国国会は2日に本会議を開き、北東アジア域内の安全を脅かす行為の中断を促す決議案を採択した。

    決議案には先月23日に起きた中国とロシアの軍用機による韓国防空識別圏(KADIZ)進入とロシア軍用機の独島付近の韓国領空侵犯、日本の独島領有権主張を糾弾する内容が盛り込まれている。

     決議案はロシア軍用機の領空侵犯を「主権侵害及び北東アジアの安定を脅かす行為」と規定した。

     また、中国とロシアの軍用機によるKADIZ進入を糾弾し、中ロがKADIZを尊重し、今後は進入しないよう促した。

     決議案には独島が歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土であることを再確認するとともに、日本に対し「独島に対する不当な領有権主張を即刻中断し撤回することを求める」という内容も含まれた。ロシア軍用機による韓国領空侵犯を受け、日本政府は独島を自国の領土だと主張し自衛隊機を緊急発進させていた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190802005900882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.08.02 22:31

    引用元: ・【韓国国会】中ロ日糾弾決議案採択 防空識別圏進入・領空侵犯で[8/2]

    【全方位敵対外交w 【韓国国会】中ロ日糾弾決議案採択 防空識別圏進入・領空侵犯で[8/2] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/25(月) 16:02:36.73 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】中東バーレーンで24日(現地時間)に開幕した国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」(2015年登録・23施設)の保全状況の審査が行われ、同委で採択される決定文に、当時同施設の端島炭坑(軍艦島、長崎市)などで朝鮮半島出身者を強制労働させていた事実が明記される見通しとなった。韓国政府当局者が25日、伝えた。

     決定文は27日ごろ採択される見通しで、強制労働させていた事実については前文と本文脚注に、15年に開かれた同委での日本政府当局者の発言を引用する形で記されるという。 

     韓国政府当局者は「15年の世界遺産委員会の決定文に明記された日本政府代表の発言をなぞった内容が含まれ、その発言が正確にどのようなものであったか脚注で確認している」と説明した。 

     15年7月に同施設が世界文化遺産に登録される際、日本は、施設の一部で1940年代に韓国人やその他の国の国民が本人の意思に反して動員され過酷な条件下で働くことを強いられたと認めており、その発言は当時の決定文の脚注に記された。

     政府当局者はまた「2015年の決議文を忠実に履行することを日本に要求し、当事者間対話を促すという内容が決定文に含まれるだろう」と伝えた。 

     日本は強制労働があった事実を認めた上で、被害者を記憶するための情報センター設置などの措置を取ると約束した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/25/0400000000AJP20180625002800882.HTML

    引用元: ・【国際】軍艦島での強制労働 世界遺産委の決定文に記載へ=27日採択か[06/25]

    【【国際】軍艦島での強制労働 世界遺産委の決定文に記載へ=27日採択か[06/25] 】の続きを読む

    このページのトップヘ