まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:排斥

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/01/23(月) 18:35:34.89 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ドイツベルリンの孔子彫刻像。ドイツ語で「己所不欲、勿施於人:あなたがしたくないことを他人にさせるな)」と書かれている./出処=ウィキペディアパブリックドメイン

    類似歴史学にはまる最も大きな理由は劣等感だ。帝国に対する劣等感は私たちの歴史にない帝国を作り出す。明らかな記録を否定できないから曖昧なものなどを持ってきて使う。世界4大文明に対する劣等感は大同江(テドンガン)文明のようなものを作り出したり最初からその4大文明以前の歴史を創り出すことによって解決しようとする。

    シュメールを古朝鮮の一分岐とし、ここからエジプトやメソポタミア、イスラエルが誕生したと主張するのもやはりこの様な劣等感の産物だ。この劣等感は一方では私たちのものというごり押しの牽引で、また、一方では悪魔のものという排斥で現れる。

    同一のものに対する牽引と排斥は同時にはありえないにもかかわらず、どうせ現実でないせいか、同時に登場する場合があって、中国と日本に対して見られる。日本の場合を見れば、帝国としての日本を徹底して排斥する。しかし、古代日本については牽引になる。古代日本は三国の人々が切り開いた国であり天皇は百済の後えいとなる。

    もちろんこのように古代日本を設定しても日本帝国の罪は全て日本だけにあり、そこに何の責任も負おうとしない。かえって日本帝国は古代にほどこした海のような恩恵も知らずに恩を仇で返すように韓半島を侵奪した邪悪な種子となる。邪悪だったり邪悪でなかったり、結局は同族になる計算なのに、それには気を遣わない。

    ところがこのように同族という論理は日帝強制占領期間に日帝が出した内鮮一体や同文同種の様な概念と繋がっている。日本と私たちが一つの民族なら結局は統一すべき対象になってしまう。初めから誤った論理で作った結果は奇怪にならざるをえない。

    中国も同じだ。古代中国は私たち民族の歴史に潤色される。古代中国が成し遂げた文化成果は全部東夷族がやり遂げたもので東夷族はすなわち韓民族だと主張する。中国古代のすべての国家を韓民族が作ったのならば、中国史と韓国史を区別することに何の意味があるのか?すでに類似歴史学は東北工程よりもっと深刻な東夷工程を実施しているのだ。

    この様な愛憎の存在の一つが孔子だ。孔子は儒教の創始者で朝鮮は儒教国家であった。類似歴史学から見る朝鮮は情けないことこの上ない国で、それは朝鮮が日本によって滅亡したからだ。どのように滅亡したかを類似歴史学では本当に重要と考えるので漢によって古朝鮮が滅亡したことは否定する。古朝鮮の様な偉大な国が漢によって滅亡したはずがないということだ。

    高句麗や百済の場合は新羅の'離反'のために滅亡した。従ってこの滅亡の責任は同族の背中に刃物をさした新羅にあると彼らは考える。しかし朝鮮は日本によって滅亡した。なぜ?それは朝鮮が儒教のために文弱な国になったためだ。儒教が入ってきて古朝鮮から降りてくる神妙な道を害して事大主義を植え、文弱な国を作った。中華の毒が韓民族を亡ぼしたのだ。この様な認識はかなり根深く、一時「孔子が死んでこそ国が生きる」という本がベストセラーになった。

    これだから孔子をきれいに見ることはできない。孔子は天下の悪党でなければならない。事実、孔子は中国でも道教によってさげすまれる時が多い。老子に会って恥をかく話もある。しかし、その程度では非常に不足だ。孔子の欠陥を捜し出すために血眼になった人々が捜し出したのが孔子は人を食べる人食い人種だったという話だ。
    (後略:孔子人食い説の説明。孔子と孟子は東夷族説。ここにも排斥と牽引の論理)

    [イ・ムニョン小説家]

    ソース:毎日経済(韓国語) 孔子は私たちの民族の一員?愛憎が交錯する孔子
    http://premium.mk.co.kr/view.php?cc=110002&field=&keyword=&page=0&no=17513

    引用元: ・【韓国】 孔子は我が民族の一員?愛憎が交錯する孔子~劣等感の産物・類似歴史学[01/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【馬鹿だから学べないんだよ 】 韓国人小説家「韓国人の劣等感は一方でごり押しの牽引で、一方では排斥で現れる」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 23:41:45.76 ID:???.net
    no title

    ▲日本神社の入り口に似た飲み屋の外観

    大田(テジョン)の真ん中に日本の神社の入口を真似た飲み屋ができて論議になっている。

    大田中区大興洞(テフンドン)チュンギョロに日本神社をモチーフとして建築された日本式飲み屋
    が今月初めオープンして営業中だ。この飲み屋の内部は韓国式庵を真似て格子紋の天井と小道
    具のインテリアからなるが外観は日本の神社の入口と似ている。

    この飲み屋の主人のA氏は「神社をモチーフに建てたのは確か」として「入口という意味と日本式
    飲み屋というイメージを生かすために神社の入口に配置される鳥居を真似た」と話した。引き続き
    「内部は韓国情緒に合わせたインテリアにした。日本の神社は我が国の寺と似たものと考えて形
    象化した」と説明した。

    しかし、これに対する歴史学者らの反応は冷ややかだ。神社は日帝強制占領期、我が民族抹殺
    政策の象徴だから、都心の真ん中に神社のイメージを形象化した飲み屋は有り得ない、という主
    張だ。

    ホ・ソング忠南(チュンナム)大歴史学科教授は「神社は日本固有の文化といっても、私たちが日
    本の植民地であった点を考慮すれば神社が持つ意味は特別なものがある。旭日旗が日本内部で
    持つ意味があったとしても、我が国では戦犯旗で辛い過去を思い出させる象徴で、神社もこれと
    違わない」と明らかにした。

    反面、日本文化専門家たちは日本の神社は日本の土俗信仰の象徴で、文化の一部だから歴史
    問題から接近するのは多少無理があるという指摘だ。ホ・ファンフェ、ハンバッ大日本語科教授は
    「神社が我が国で反感があるのは事実だが、靖国神社が問題なのであって日本の神社自体の意
    味は農作業の豊かさと健康などを祈る空間。神社をモチーフにした建物で商売をすること自体、ど
    うということはないと思う」と話した。

    一方、カンチォルグ、培材(ペジェ)大日本語学科教授は「 この問題は我が国の子供世代と大人
    世代が討論できる社会現象に見える。戦後世代のトラウマを克服し日本文化に開放的な姿勢に
    近付くのか、さもなければ神社が持つ我が国の歴史的な意味を再確認し排斥の対象としなけれ
    ばならないのか論争の余地がある」と話した。

    ソース:大田日報(韓国語) 大田ウォンドシム真ん中に‘日神社(紳士)飲み屋’論議
    http://www.daejonilbo.com/news/newsitem.asp?pk_no=1166924

    引用元: ・【韓国】 入り口が鳥居の「日本神社飲み屋」登場~民族抹殺政策の象徴として排斥するか日本文化として受け入れるか[04/21]

    【やはり価値観の共有など不可能【韓国】 入り口が鳥居の「日本神社飲み屋」登場~民族抹殺政策の象徴として排斥するか日本文化として受け入れるか[04/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ