まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:掌握

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/19(土) 13:56:16.30 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b878179-s25-c20-d0191.html



    2021年6月18日、韓国メディア・韓国経済は「“越えられない壁”だった日本を越えた、自動車の日韓戦で韓国が完勝」と題する記事を掲載した。

    記事によると、現代自動車と傘下の起亜自動車は先月のインド市場シェアで、前月(23%)から12ポイント急増の35%を記録し1位となった。月単位で1位となるのは、現代自動車が1998年に現地工場を設立して以来初めて。約40年にわたりトップの座を守っていたマルチ・スズキの同期間のシェアは47%から32%に減少したという。

    記事は「2社の順位が入れ替わったのは、現代自動車・起亜のSUV『クレタ』や『ソネット』などが人気を博し、マルチ・スズキの製品を圧倒した結果だ」と伝えている。また、「インド内の新型コロナウイルス拡散によりマルチ・スズキの生産施設が休止したことも影響を与えた」と分析している。

    以前はトヨタが占領していたベトナム市場でも、2019年からは現代自動車・起亜がシェア1位となっている。今年1~4月には3万7354台を売り上げてトヨタ(1万8973台)を大きく上回り、その差は拡大しつつあるという。記事は「軽自動車の代わりに小型車の販売が拡大しているベトナムでは、現代自動車のアクセントが『トヨタのヴィオスと同じ価格帯でありながら基本オプションが多様』との理由で人気を得ている」と説明している。

    さらに、ロシアでも今年1~5月にクレタの売り上げ好調により16万1409台を販売し、トヨタを4倍以上上回った。ブラジルでも同期間に8万419台を販売し、トヨタ(6万2094台)を上回った。昨年人気を博したハッチバックモデルHB20の新型を発売し、シェア拡大を図ったという。米国でも先月に17万4043台を販売し、4位のホンダ(17万6815台)と接戦を繰り広げているという。

    また、アフリカのコンゴでは先月、現代自動車のパリセイドがライバルモデルであるトヨタのランドクルーザーを抑えて500台の供給契約を結んだ。業界関係者は「中国での販売不振をインドやベトナムで挽回できるだろう」と話しているという。

    これを見た韓国のネットユーザーからは「頑張っているね。米国市場も掌握しよう!」「世界における現代自動車・起亜の販売量と知名度は今後どんどん上がっていくはず」「日本に残された最後のプライドであるトヨタも、他の産業と同じように日本内需用になるだろう。頑張っている韓国企業が誇らしい」など期待の声が寄せられている。

    一方で「世界全体で見たら全く勝負にならないのに」「恥ずかしい。世界1位はトヨタだし、収益の規模を見たらやっぱり越えられない壁だ」「先進国で1位をとってほしい。米国市場ではいまだに日本車が人気」「品質は日本車と比べものにならない」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    引用元: ・【韓国メディア】自動車の日韓戦で韓国が完勝、インド市場でも初のシェア1位=韓国ネット「誇らしい」「米国市場も掌握しよう!」[06/19] [ろこもこ★]

    【これ2社合計だしな 【韓国メディア】自動車の日韓戦で韓国が完勝、インド市場でも初のシェア1位=韓国ネット「誇らしい」「米国市場も掌握しよう!」[06/19] [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/26(水) 01:58:08.12 ID:CAP_USER
    no title


    盧武鉉政権時、青瓦台で共に働いた金宗浩、李盛潤、金昌竜、金大智の各氏…検察・警察・国税庁・裁判所など掌握

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は執権3年目に入って、主な司正機関に盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の民情首席秘書室出身者らを多数起用していることが24日、分かった。盧武鉉政権で文在寅氏の部下だった人々が、現政権の青瓦台民情首席秘書室だけでなく、裁判所・検察・警察・国税庁の要職に就いているのだ。野党は「これでは権力型不正に対してきちんとした監視ができない」と言っている。

     野党・未来統合党のチョ・ヘジン議員室が司正機関の人事を分析したところ、最近になって十数人が主要職務に任命されたという。盧武鉉政権時代、「文在寅民情首席秘書官」の部下だった李盛潤(イ・ソンユン)ソウル中央地検長が代表的な例だ。李盛潤氏は当時、民情首席秘書官の直属の部下である特別監察班長を務めていた。大検察庁次長から高検長に先日昇進した趙南寛(チョ・ナムグァン)氏も盧武鉉政権民情首席秘書官室で特別監査班長を務めていた経歴がある。

     現在の警察本部長も盧武鉉政権の元行政官だ。金昌竜(キム・チャンリョン)警察庁長は青瓦台市民社会首席秘書官傘下の治安秘書官室で行政官を務めた。金昌竜氏は現政権発足後、わずか2年で慶尚南道地方警察庁長、釜山地方警察庁長を経て、警察組織のトップになった。このようなスピード昇進の背景をめぐり、警察組織内部では「文大統領は就任直後、金昌竜氏のことを覚えていて、『今どこにいるのか』と言って取りなした」という逸話が広く知られているほどだ。盧武鉉政権時の民情首席秘書官室行政官出身者では、最近国税庁長に就任した金大智(キム・デジ)氏もいる。

    文在寅チルドレン」が司正機関の中核部をすべて掌握

    盧武鉉政権時、青瓦台で共に働いた金宗浩、李盛潤、金昌竜、金大智の各氏…検察・警察・国税庁・裁判所など掌握

      

     このような人事路線は、青瓦台民情首席秘書官起用にも現れている。監査院事務総長出身の金宗浩(キム・ジョンホ)民情首席秘書官は、盧武鉉政権時に青瓦台国政状況室行政官だった。同様に、監査院事務総長を務めた金照源(キム・ジョウォン)前民情首席秘書官も盧武鉉政権時の公職紀綱秘書官で、当時民情首席秘書官だった文大統領と一緒に働いた縁がある。監査院出身者が相次いで民情首席秘書官を務めていることについて、青瓦台とその周辺では、「権力機関関連業務を総指揮しなければならない役割に限界があるのではないか」と指摘する声が上がっている。だが、これらの人々は文大統領の厚い信任を得て任命された。司法府でも盧武鉉政権時の民情首席秘書官室出身者が重用されている。李錫兌(イ・ソクテ)憲法裁判官や金善洙(キム・ソンス)大法官らも「盧武鉉民情室ライン」に挙げられる人物だ。

     こうした人事の背景について、政界では「権力型不正で政権が揺れる事態を念頭に置いた布石ではないか」という解釈も出ている。任期末から退任後まで高位公職者犯罪捜査処(公捜処)をはじめとする監査機関を文在寅政権の「盾の役割」として活用できるということだ。こうした中、大統領の親族・姻族を監視する特別監察官は4年間にわたり空席のままとなっている。チョ・ヘジン議員は「かつての部下たちに立身出世の機会を与え、その見返りとして忠誠を確保する人事方式だ。実力や道徳性に欠けたこうした『義理人事』ではきちんとした権力監視は難しい」と語った。

    キム・ヒョンウォン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/25/2020082580072.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/08/25 13:14

    引用元: ・【韓国】「文在寅チルドレン」が司正機関の中核部をすべて掌握 検察・警察・国税庁・裁判所など掌握[8/25] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【三権分立ごっこはどうした?【韓国】「文在寅チルドレン」が司正機関の中核部をすべて掌握 検察・警察・国税庁・裁判所など掌握[8/25] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/11(火) 11:28:38.96 ID:CAP_USER
    世界の主要メディアは、『パラサイト』4冠のニュースに賛辞を浴びせた。

    ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は「韓国のヒット作『パラサイト』が、非英語圏の映画としては初めてアカデミー作品賞を取り、
    オスカー92年の歴史が粉々になった」と報じた。NYT紙の映画評論家らは、授賞式を報じつつ「これはクレイジーだ。
    もちろん、よい意味で」と感想を述べた。

    英国BBCは「『パラサイト』が世界をつかんだ」と伝えた。

    ル・モンド紙は「韓国文化はKポップ、Kビューティー、Kフードと共に映画でも韓半島の境界を越えた」と記した。

    有名人も加勢した。グーグルの親会社「アルファベット」のサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、ツイッターにハングルで「おめでとう」と書き込んだ後、
    「ポン・ジュノ監督と『パラサイト』出演陣の歴史的かつ当然の勝利に対して」とコメントした。

    女優のサンドラ・オーは、ツイッターに「韓国人だからとても、とても誇らしい」と書き込んだ。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/11/2020021180066_2.html

    引用元: ・【韓国映画】 「世界を掌握した」

    【調子に乗るスピードだけは爆速だな 【韓国映画】 「世界を掌握した」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/05(水) 23:34:48.37 ID:CAP_USER
    no title

    2018年度下半期大邱市民大学人生百年アカデミー五回目の講師を務めたユン・ドクホン元教育副総理が4日午後、大邱市庁別館で「人生二毛作、何を何故するべきか」を主題に講義している。パク・ヨンジェ記者

    尹鄹弘(ユン・ドクホン)元社会副総理は日本が過去の歴史蛮行を謝らない理由について講義した。

    ユン元副総理は4日、大邱市(テグシ)市庁別館で開かれた2018年下半期「大邱市民大学、人生百年アカデミー」の講師に出た。この日の講演は「人生二毛作、何を何故するべきか」を主題に500人余りの市民が参加した中で開かれた。

    大邱大教授と総長を経験したユン元副総理は参加政府(盧武鉉政権)時、教育部長官兼副総理を歴任した。ユン元副総理は定年退任後、他の人々はうつ病になるところ、自分は気分が良かったと軽く講演を始めた。
    (中略:人生二毛作について)

    ユン元副総理が注目したのは日本の過去の問題だ。日本軍性奴隷に引きずられて行ったイ・ヨンス、ハルモニが幼かった頃、捕えられた話を聞いて涙が出たと強調した。しかし、イ・ヨンス、ハルモニだけでなく、多くのハルモニが苦難に会ったのに、政府は彼女たちの涙をふいてあげなかったと批判的見解を表わした。

    それならなぜ日本は反省しないのかについて自身の考えを解いていった。慰安婦問題をはじめとして日本が多くの蛮行を犯したことはすでに十分に客観的立証が可能だ。それでも日本は過去の問題について謝罪はもちろん、認定さえしなくなっている。

    ユン元副総理は我が国と日本が古代から非常に近かった点を上げて初めから両国間が遠かったわけではないと伝えた。古代史で韓半島、百済人が日本に渡って指導層を形成した証拠は多く、近くならざるをえないということだ。日本の最も古い歴史書物に選ばれる書記ですら百済と新羅間の戦争の話が無数に出てくるなど密接な関係があった。

    この様な事情だけに日本人を残忍にさせた日本の保守右派イデオロギー、政策、学閥と人脈を勉強しなければ再びやられるかもしれないと警告した。

    代表的な要人として吉田松陰を挙げた。彼は西洋の学問と技術を習うべきと主張し、アジア侵略構想をたてて欧米列強により失ったものなどを挽回すべきと主張した。朝鮮と満州を手に入れ、帝国主義に進んでこそ日本が維持できるということだ。吉田松陰のイデオロギーが今の日本政権まで続いており、現日本政権は侵略路線が当然の時代的所産と考えている。

    ユン元副総理はさらに進んで日本が太平洋を掌握するための手段として、これを活用していると分析した。ユン・ドクホン副総理は「もし日本が過去の蛮行を謝れば自分たちの基盤自体が崩れると見ている」として「太平洋に進もうとする究極的な目標を成し遂げるために、過去の歴史を認めないでいる」と明らかにした。

    キム・ヒョンモク記者

    ソース:慶北日報(韓国語) 「日、太平洋に進むために過去の歴史認めないでいて」
    http://www.kyongbuk.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=1046563

    引用元: ・【韓国】 「日本は太平洋を掌握するために過去の歴史蛮行を認めない」~韓国元副総理、大邱市民大学で講義[12/04]

    【こいつらは何を言ってるんだ【韓国】 「日本は太平洋を掌握するために過去の歴史蛮行を認めない」~韓国元副総理、大邱市民大学で講義[12/04] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 11:15:52.18 ID:CAP_USER.net
    潘基文VSマーガレット・チャンVS天野之弥、韓中日で国際組織掌握「三国志」

     潘基文(パン・ギムン)氏の韓国が強いのか、それともマーガレット・チャン氏らの中国や、天野之弥氏らの日本の方が強いのか。

     国連が第9代事務総長を選出する公開手続きに着手した中、中国の北京青年報は17日、韓中日3カ国の主要国際機関への進出状況を分析した「国際組織掌握、中日韓3カ国の中で誰が強いのか」という記事を掲載し、注目されている。

     同紙によると、潘基文国連事務総長やジム・ヨン・キム(韓国名:キム・ヨン)世界銀行総裁など韓国人530人が50以上の国際機関に進出しており、その中で中間管理職や高官は約30人だという。国連事務局には韓国人120人が勤務している。

     中国国際問題研究院の陳須隆・国際戦略研究所長は「国連安保理常任理事国の人物は事務総長を務めることができない状況にある。そうした中、韓国のような『中等強国』は(潘基文氏やジム・ヨン・キム氏らのような)国際組織の高位職を務め、さらに有利な立場にある」と述べた。

     日本人の国際機関への進出は、2000年から13年にかけて増加を続けており、特に中間層以上の職員が764人に達するという研究資料もある。

     国連、世界銀行、世界保健機関(WHO)、国際原子力機関(IAEA)、国際通貨基金(IMF)、世界貿易機関(WTO)という6つの主な国際機関のうち、5機関で日本人が事務次長(副総裁)を務めている。IAEA事務局長も日本人の天野之弥氏だ。

     だが、最近は中国人の国際組織への進出も非常に活発になっている。

     中国はマーガレット・チャン(中国名:陳馮富珍)WHO事務局長を輩出した。呉紅波・国連副事務総長、朱民IMF副専務理事、楊少林・世界銀行常務副総裁など、6大国際機関内の「ナンバー2」の役職にはすべての中国人が布陣している。12年現在、国際組織内の中国人は1100人で、そのうち事務次長級以上は12人だ。

     しかし、中国国家外国専家局・政策法規司の高翔司長は「重要国際機関内の中国人人材は比較的少ない方で、役職も比較的低い。これは大国の地位や総合的な国力にそぐわない」と話す。

     北京青年報も「国連事務局内の中国人職員数は119-161人でなければならないが、現在の割当人数は71人だ。(中国は国連で)代表性を十分に発揮できずにいる38加盟国の一つ」と主張している。

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/19/2016041901118.html

    引用元: ・【国際】韓中日 国際組織掌握「三国志」

    【魏と呉と山賊ぐらいの差があるぞ 【国際】韓中日 国際組織掌握「三国志」】の続きを読む

    このページのトップヘ