まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:授業

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/20(水) 14:08:00.13 ID:CAP_USER
    【AFP=時事】中国青海(Qinghai)省の当局は18日、地元寺院で非正規に行われていたチベット語の授業への生徒の出席を禁止したことについて、こうした授業は「違法」だとして禁止を擁護した。中国の信教や文化の自由をめぐっては抑圧が強まっている。

     チベット自治区(Tibet Autonomous Region)と接する青海省はチベット人の住民が多く、そのほとんどは仏教を信仰している。チベット語の授業は省西部の県で学校の冬休み中に僧侶らが行っていた。チベット語は学校の正式なカリキュラムから排除されていることから、それを子どもが学べる機会として親たちの間で人気を集めていた。

     だが県当局は昨年12月、即時中止を命じた。チベット人の生徒に対しては、昨年の夏にも、休み中に宗教活動に参加することが禁止されていた。

     青海省政府は18日、AFPの取材に対し、こうしたチベット語授業は「違法」であり、授業が行われていた寺院についても、生徒を教えるには「設備が不十分」で「安全上問題がある」と指摘。禁止に従わない寺院と僧侶は「法律に従って処罰される」とした。

     中国共産党は、イスラム教徒が住民の大半を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム教への締め付けを強めて以降、少数民族が多く住むほかの地方でも同様の禁止措置を取っている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000024-jij_afp-int
    2/19(火) 13:52配信 AFP提供

    引用元: ・【チベット語授業は違法】中国青海省、寺院でのチベット語学習も禁止 「違反者は処罰」[2/19]

    【民族浄化か【チベット語授業は違法】中国青海省、寺院でのチベット語学習も禁止 「違反者は処罰」[2/19] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/29(金) 11:12:32.78 ID:CAP_USER
     ソウル市九老区のある小学校では、3年生の児童を対象に先月12時間の水泳授業が行われた。ただしこの小学校にはプールがないため、学校は車で10分の距離にある公共プールを借りた。
    学校のすぐ近くにもプールは2カ所あるが、小学生の団体利用は利益にならないため断られたという。

     この小学校の教頭によると、今年は2月の時点からプールを予約しておいたので使用できたが、昨年は他の小学校に先を越され、プールが使えたのは11月末だったそうだ。

     しかもこの公共プールは暖房が効かない古い施設のため、まだ9歳の幼い子供たちは寒さで体が震え水に入ることもできず、プールサイドで準備体操をしただけで戻ってきた。
    教頭によると、この地域の20以上の小学校では水泳の授業を行うため、2カ所の公共プールを順番に使っているという。

     教育部(省に相当)は昨年、小学生を対象に水の事故防止に向けた水泳授業を義務づけたが、どこの小学校もプールの確保が難しいため、現場では不満の声が相次いでいる。
    校内にプールがある小学校は全国で100校に1校の割合しかないことから、ほとんどの小学校では周辺の公共プールなどを借りるしかないが、これも実際は非常に難しい。水泳授業の効果を上げるには、まず何よりもプールの確保が大きな課題となっているのだ。

    ■小学生の10人に6人は水泳授業を受ける機会もなし

     教育部は昨年11月、小学校における水泳の時間を段階的に増やし、2018年度には全ての小学3-6年生の児童(約178万人)に水の事故防止のための水泳授業を行う方針を明らかにした。
    今年はその手始めとして全国の全ての3-4年生児童に授業を受けさせる計画だったが、対象となる児童85万8000人のうち実際に授業を受けられたのは35万人で、率にすると40%にしかならなかった。
    農村や山間部、海沿いの小学校はもちろん、都市でも適当なプールが足りず、10人中6人は水泳の授業が受けられないのが実情のようだ。

     実際問題としてプールの数は児童数に比べるとあまりにも少ない。校内に自前のプールを持つ小学校は2015年の時点で全国に76校しかなく、率にすると全国に5913校ある小学校のわずか1.3%だ。
    しかもこの76校のうち39校はソウル市内の小学校で、地方ではプール不足がさらに深刻だ。ちなみに教育部によると、慶尚北道にはプールのある小学校が1校もないという。
    そのため校内にプールがない小学校について教育部は、自治体などが運営する公共プール、あるいはデパートやスポーツセンターなどのプールを利用するよう指示している。

     ソウル市冠岳区のある小学校の場合、教頭の説明によると、バスを借りて児童たちをプールに連れていき、1時間授業をしてから戻ってくるまで2-3時間はかかるという。
    しかもプールは希望する日時に思い通り借りられないことから、時には1カ月に1回しか授業ができないこともある。教頭は「水泳は短期間で集中的に指導しないと効果が上がらない」と現状を嘆く。

     またソウル市松坡区のある小学校の教諭によると、毎年2月になれば8月の予約を取るため周辺のプールに電話をかけまくるが、希望する日時に予約を取れることはほとんどないという。
    この小学校は結局1日もプールの予約ができなかったため、4年生は水泳の授業が1回もできなかった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/29/2016072901064.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/29/2016072901064_2.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】小学校にはプールがないのに韓国で義務化された水泳教育 プールがある小学校はわずか1%[7/29]©2ch.net

    【韓国で「暖房がないプールで11月に水泳授業」プールがないのに水泳義務化】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 20:33:56.43 ID:???.net
     同徳女子大学が新入生を対象に、創立者の趙東植(チョ・ドンシク)=1887-1969=による親日
    (日本の植民地支配に賛同・協力する)行為を美化する授業を行い、学生たちが反発している。

     同大の総学生会は、先月31日に行われた「同徳人間性教育」科目の特別講義の内容が「趙東植は
    教育という大義名分のため、仕方なく日本の支配に協力した」というものだったとして、大学側に抗議した、
    と10日発表した。

     総学生会によると、特別講義の講師を務めた同大OBは問題の講義で「(趙東植が)親日派という評価は
    絶対に事実とは異なるものなので、恥ずかしく思う必要はない」と語ったという。

     趙東植は「親日人名事典」に搭載されている代表的な親日派の人物だ。植民地時代、日本の
    軍国主義のために徴兵制度が実施されたことを「朝鮮の慶事」と定義するなど、日本の支配に積極的に協力した。

     大学側は授業で、学生たちの感想文の提出を強要し「誠意のある感想を書かなかった場合、出席が認められない」と
    公示していたことも分かった。

     これに対し学生たちは、直ちに学内に壁新聞を掲示し「とても不快で恥ずかしいことだ。過去の恥ずかしい
    歴史を認め、挽回しようとする努力をすべきではないのか」として、人間性教育の中止を求めた。

    NEWSIS/朝鮮日報日本語版 2015/09/11 08:53
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/11/2015091100648.html

    引用元: ・【韓国】大学創立者の親日行為を美化する授業、学生ら反発=同徳女子大[9/11]

    【ソウル大はいつになったら燃えるの【韓国】大学創立者の親日行為を美化する授業、学生ら反発=同徳女子大[9/11]】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 13:50:39.21 ID:???.net
     2015年2月10日、韓国のネットユーザーの間で、「最も美しい女性体育教師」の写真が話題を集めている。天使のような容貌に抜群の
    スタイルで、校内でも注目を集め、授業はいつも学生で一杯。なかには授業後も帰らない学生までいるという。彼女の写真が公開されると
    韓国国内で瞬く間に人気を集め、「美しすぎる」と大きな反響を呼んだ。人民網が伝えた。

     これに対応して、中国のネットユーザーも「最も美しい体育教師」の写真を公表している。北京師範大学海滄付属学校中等部3年1組の
    女性体育教師、林(リン)さんは、学生たちの間で「女神」と讃えられている。美女教師の写真がネット上で話題を呼び、ネットユーザーからは
    「この学校の学生になって、体育の授業を受けたい」といったコメントが寄せている。

    ソース(Record China) http://www.recordchina.co.jp/a102315.html
    お写真
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【中韓】「最も美しい体育教師」はどっち?中国と韓国のネットユーザーが白熱…「この学校の学生になって体育の授業を受けたい」[02/12]

    【整形女に価値は無いので、無条件で中国の勝ち。 【中韓】「最も美しい体育教師」はどっち?中国と韓国のネットユーザーが白熱…「この学校の学生になって体育の授業を受けたい」[02/12]】の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/11/30(日)13:35:15 ID:hZT
    授業で中絶写真を…過激な「中国の性教育」に賛否両論
    日刊SPA!:ニュース一覧
    2014年11月30日(日)9時03分配信

    no title

    性教育を学ぶ中国の児童たち(本文とは関係ありません)

     習近平政権が格差是正の一環として教育改革を掲げるなか、中央政府による教育費支出が増大している。中国政府の発表によると、昨年の教育への公共支出は約45兆円。前年比で約10%増となり、GDPの4.3%に相当する規模だ。

     そんななか、初等教育で改革が進められているのが、性教育。日本の学習指導要領に相当する、中国教育部の最新『小中学健康教育指導綱要』では、小学2年次までに「我々はどこから来たか」を、6年次までに「思春期における発育上の男女の違い」について理解させるよう求めている。

     当局が性教育改革を急ぐ背景について、中国在住のフリーライター・吉井透氏はこう話す。

    「上海市では今や市内の中学生の10~15%が『性体験アリ』だといいます。これに合わせ未成年の人工中絶や性病罹患率も増加している。
    中国では性教育は『生命安全教育』や『生理衛生教育』といった呼称で呼ばれていますが、その名の通り、健康管理の一環として教えられているんです」

     教育現場では混乱も生じている。『新京報』(11月5日付)によると、北京市の小学校の2年生クラスで、人工中絶に関する新聞記事が教材として使用されたことが問題になったという。
    中絶器具に挟まれた状態の胎児を含む生々しい写真の数々のほか、愛人に関する記述もあり、児童らが心に深刻な傷を負ったとして保護者が抗議しているというのだ。

     深セン市の公立小学校に娘を通わせる、自営業の村上健太郎さん(仮名・39歳)も、性教育に対する保護者の反発について語る。

    「3年生に配られた性教育の教材に裸の男女の絵が描かれていたのですが、複数の保護者から『これはポルノではないか』という批判が続出した。私も確認したんですが、どう見てもネットで拾ってきたエロ画像だった(笑)。
    結局、学校側は急遽、男女の裸体にマジックで衣服を描き足すという対策をとったそうです。性教育を推進するわりに、現場ではまだこんな感覚なのです」

     また、性教育を担当する職員からは、日本を責める声も上がっている。大連市在住の会社員・町田浩太さん(仮名・28歳)は話す。

    「中学教師をやっている女友達は、日本のAVからの偏った知識が、性教育の妨げになっていると文句を言われました。
    性教育の時間に『男が女の顔に精液をかけるのは何のためですか?』という質問が男子生徒から投げかけられ、答えに窮したことがあるんだそう。
    こっちでは小学校高学年から、ネットで日本のAVをみんな見てますから、無理もないですが……」
    (以下略)

    詳細のソース
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1343218

    引用元: ・【中国】授業で中絶写真、『男が女の顔に精液をかけるのは何のためですか?』と質問、 過激な「中国の性教育」に賛否両論[2014/11/30]

    【さすが特亜だわ。 【中国】過激な「中国の性教育」 授業で写真、どう見てもネットで拾ってきたエロ画像だった(笑)[2014/11/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ