まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:指定

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/12(土) 11:04:51.58 ID:CAP_USER
    ┃文化財庁、7月7日まで意見収集

    (写真)
    no title

    ▲ 餅つきの杵(トクメ)で餅(トク)をつく様子。
    _______________________________________________________

    餅(トク)を作り、分け合って食べる我々の伝統慣習が無形文化財になる。

    文化財庁は8日、『餅作り(トク・マンドゥルギ)』を新規の国家無形文化財に指定すると予告した。 文化財庁は7月7日までに各界の意見を収集して、無形文化財委員会の審議を経て国家無形文化財指定の可否を決める予定である。ただし、餅作りは韓半島(朝鮮半島)全域で全国民が伝承・享受する文化であるため、特定の保有者や保有団体を認めなかった。

    餅は穀物の粉を蒸籠(蒸し器)に入れて蒸したり、水で煮たり、油で焼いたり、手でこねて蒸かす食べ物である。ウリナラ(我が国)には一生儀礼<ペクイル(100日)トル(誕生日)・ホンレ(婚礼)・サンレ(相礼)・チャンレ(葬礼)・チェレ(祭礼)>と主な節気や名節<ソル(旧正月)・チ ンウォルデボルム(小正月)・タンオ(端午)・チュソク(秋夕)>の度に餅を作り、社会構成員と分け合って食べる伝統がある。100日の祝いに供えるぺクソルギ(白い餅)、フェカプサン(還暦祝いの膳)・祭礼に供えるコイムトク(餅の何か)、秋夕に供えて食べるソンピョン(松餅)などが代表的である。また餅は村の信仰儀礼や様々な儀礼でも供えて食べられてきた。今でも開業や引っ越しなどの特別な日に、隣人らと餅を分けて食べる文化が維持・伝承されている。このように餅はチ ン(情)を取り交わす文化の象徴で、共同体の構成員間の和合を媒介する役割をしてきた。

    餅を作って食べる文化は古代から始まっていて、朝鮮時代に普及した。青銅器・鉄器時代の遺跡から蒸籠が発見され、 『三国史記』では餅を意味する文字の『ピョン(餅)』が確認された。朝鮮時代には農業技術と料理加工法が発展し、餅の材料や作り方が多様化した。『インシクディミバン(飲食知味方)』 などの古文献では、200種以上の餅の種類を確認することができる。

    地域の特性を反映した餅もある。カムヂャ(ジャガイモ)やオクスス(トウモロコシ)の生産が多い江原道(カンウソンド)ではカムヂャシルトク(ジャガイモの蒸し餅)・チャルオクススシルトク(餅トウモロコシ蒸し餅)があり、おこめが貴重で雑穀が多く採れる済州島(チェジュド)では、パト(小豆)・メミル(そば)・チョルロ(粟)を使った・・・(名称略)の餅がある。

    (関連写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ソース:農民新聞(韓国語)
    https://www.nongmin.com/nature/NAT/ETC/339599/view

    引用元: ・【韓国】『餅(トク)作り』、国家無形文化財の指定を予告[06/12] [ハニィみるく(17歳)★]

    【今度は餅つきの起源を主張【韓国】『餅(トク)作り』、国家無形文化財の指定を予告[06/12] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/10(火) 15:29:17.14 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から韓国株式市場が大荒れとなっていることから、
    韓国政府が10日、空売り規制の強化の方針を打ち出しました。

    洪楠基(ホン・ナムギ) 副総理兼企画財政部長官は10日、韓国株式市場で株価の急落が続いていることを受けて、
    関係閣僚会議を開き、向こう3か月間、株式の空売り規制を強化することを決めました。

    規制は、特定の銘柄に空売りが集中する場合、「加熱銘柄」に指定し、次の営業日に取引を禁じるものです。
    「加熱銘柄」の指定条件を緩和することで、指定対象を増やすほか、取引禁止期間も延ばします。

    政府は必要に応じて市場安定化に向けた追加措置を講じ、投機的な動きを抑制する方針です。

    一方、韓国株式市場の総合株価指数は10日も、前日より11.92ポイント下がった1942.85で取引を開始し、
    一時1930台にまで下がるなど、大幅な下落が続いています。
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=75138

    引用元: ・【韓国】 株式市場が大荒れ・・・特定の銘柄に空売りが集中する場合、「加熱銘柄」に指定し、次の営業日に取引を禁じる

    【株価が低迷するだけなんだよな 【韓国】 株式市場が大荒れ・・・特定の銘柄に空売りが集中する場合、「加熱銘柄」に指定し、次の営業日に取引を禁じる】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/20(水) 12:08:40.16 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/HQAR0ia.jpg

    教育庁「親日人名辞典に掲載された人物が作詞・作曲した校歌は変更すべき」

     今年1月に光州広域市で始まった「親日校歌清算」作業が全国に広がっている。全国17の市・道教育庁のうち、10の教育庁が校歌の作詞家・作曲家の経歴を全数調査したり、積極的に変更したりするよう勧めている。その代表的な例が光州第一高校だ。同校の校歌を作った李興烈(イ・フンリョル)=1909-80年=は童謡『島の家の赤ちゃん』や軍歌『真の男』を手がけた20世紀の韓国を代表する作曲家だ。しかし、日本による植民地支配の末期に軍国歌謡を演奏・伴奏・指揮したという理由で、左派系市民団体や民族問題研究所が発行した「親日人名辞典」に掲載された。

     このほど同校総同窓会の会長に選ばれた金相坤(キム・サンゴン)元教育部(省に相当)長官は「親日残滓(ざんし)は清算しなければならない」と校歌変更に賛成した。同校のキム・ジュシン教頭は「(光州事件を象徴する曲として歌われることの多い)『君のための行進曲』を作曲した卒業生のキム・ジョンリュル氏に新しい校歌を任せる案などを検討中」と言った。光州第一高校は近く同窓会・生徒・保護者などからなる校歌変更のためのタスクフォース(TF=作業部会)を発足させることにした。

    ■なぜ始まった? 「親日校歌」変更

     親日校歌の変更作業は、光州教育大学産学協力団が今年1月に光州広域市の依頼で「光州親日残滓報告書」を発表したのをきっかけに始まった。「光州市内の中高13校と大学4校が玄済明(ヒョン・ジェミョン)・金東振(キム・ドンジン)・金聖泰(キム・ソンテ)・李興烈という親日人名辞典に収録されている作詞家・作曲家4人が手がけた校歌を使用している」という内容だった。その後、十数校の中高が校歌変更作業を進めていることが分かった。該当する学校のうち6校は今月4日の入学式で校歌を省略した。

     そして先月、忠清北道教育庁が「歴史を正す推進団」を発足させ、同道内の小中高469校を全数調査した結果、「26校が親日校歌を使用している」と発表した。忠清北道教育庁は該当する学校に校歌変更を勧告する予定だ。

     

     他地域の教育庁も校歌変更の圧力を感じているところが多い。全国教職員労働組合(全教組)が全国各地で校歌変更を主張しているからだ。全教組ソウル支部は先月26日、ソウル支部の小中高校113校を名指しして「親日の人物が作詞または作曲した校歌は変更しなければならない」と主張した。全教組京畿支部もこの二日後、「(複数の学校で)親日の人物が作詞・作曲した校歌を発見した」と声明を出し、「教育庁は学校内の反民族・親日残滓清算に乗り出せ」と要求した。これに対して京畿教育庁側は「校歌変更を我々が強制してはならない」という考えだ。釜山教育庁側も「校歌は生徒だけでなく卒業生にとっても重要なので、慎重を期すべきだ」と述べた。全教組本部は先月、兪銀恵(ユ・ウンヘ)教育部長官に会い、「『教育界親日残滓清算運動』を共同でしよう」と提案した。蔚山教育庁・忠清北道教育庁・釜山教育庁は教育庁予算で「親日人名辞典」(3冊セットで30万ウォン=約3万円)を購入し、各校に配る予定だ。

    ■基準は「親日人名辞典」

     問題は「親日人名辞典」に名前があるかないかだけで「この人物は親日、あの人物は反日」と100年前の歴史を簡単に判断できないことだ。この本には誰が見ても納得できるだけの反民族行為者も含まれているが、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領や張勉(チャン・ミョン)元首相のように、人生のある一部分だけを見て「親日」と烙印(らくいん)を押すのは難しい人物のほうが多い。乙巳条約(1905年の第二次韓日協約)時に「是日也放声大哭」(声を放って大いに慟哭〈どうこく〉するのはこの日をおいてない)という有名な社説を書いた張志淵(チャン・ジヨン)も、この本では親日とされている。

    ■卒業生ら「なぜ突然変更?」

     光州第一高校の卒業生らは校歌変更に反対する連判状を回している。同校の元総同窓会会長で、3期にわたり国会議員を務めたイ・ヨンイル氏は「我が校の卒業生4万人は李興烈先生が作った校歌を誇りを持って歌ってきた。全教組や一部の歴史学者たちが作曲家たちを親日だと主張し、校歌までなくそうとするなど、あってはならないことだ」と語った。

    キム・ヨンジュ記者 , ユ・ソヨン記者 , ソン・ホヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/20/2019032080071.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/20 11:02

    引用元: ・【全教組指定】「親日校歌」、10教育庁で変更作業へ 教育庁「親日人名辞典に掲載された人物が作詞・作曲した校歌は変更すべき」[3/20]

    【言論の自由がない反日ヘイト国家【全教組指定】「親日校歌」、10教育庁で変更作業へ 教育庁「親日人名辞典に掲載された人物が作詞・作曲した校歌は変更すべき」[3/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/18(月) 23:11:56.44 ID:CAP_USER
     サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が偽装系列会社を運営した疑惑で法廷最高刑である罰金1億ウォン(約1000万円)に略式起訴された。 

      ソウル中央地検の公正取り引き調査部(部長ク・サンヨプ)は公正委が告発したサムスングループ大株主の李健熙氏の「相互出資制限企業集団指定資料の虚偽提出」事件に対して李会長を略式起訴したと18日、明らかにした。 

      検察は捜査の過程でサムスンが2014年、相互出資制限企業集団に指定された当時、所属会社であるサム総合建築事務所とソヨンエンジニアリングなど2社を外した虚偽指定資料を提出した事実を確認した。 

      公正委調査結果、サムは1979年法人設立直後から2014年サムスン物産が買収する前までサムスン総合建設(現、サムスン物産)の所有だったが、借名株主であるサムの役員の所有に偽装した。ソヨンは1994~2014年、サムが持分の100%を保有していた会社だった。 

      李会長側は公正委調査の段階では疑いを否認したが、検察捜査で弁護人を通じて疑いを認めたという。

    https://japanese.joins.com/article/394/251394.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年03月18日 17時51分

    引用元: ・【中央日報】検察、サムスン会長の虚偽指定資料提出の疑いで法廷最高刑…罰金1億ウォンの略式起訴[3/18]

    【言う事聞かないとぶち込むぞ!って事w 【中央日報】検察、サムスン会長の虚偽指定資料提出の疑いで法廷最高刑…罰金1億ウォンの略式起訴[3/18] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/18(日) 09:42:01.55 ID:CAP_USER
    no title



    「ネズミの婿選び」という韓国の昔話がある。ネズミの夫婦が年老いてから得た娘をこの世で最も立派な存在に嫁がせようと考えた。お天道様に聞くと「私を隠してしまう雲がいい」と言い、雲は「私を飛ばしてしまう風の方がましだ」と言った。そして風は「私がどんなに強く吹いてもびくともしないものがある。それは恩津弥勒(みろく)だ」と答える。

    恩津弥勒は「論山灌燭寺石造弥腕菩薩(ぼさつ)立像」の別称だ。灌燭寺が位置する忠清南道論山市灌燭洞一帯がその昔、恩津面に属していたことから、こうした名前が付けられた。

    高さ18.12メートルと国内最大規模の石仏は、前から見上げると、花こう岩が与える雄大さとどんな嵐にも負けない威風堂々とした姿が感じられる。高麗時代初めの968年(光宗19年)、国家を挙げた支援の下、当代の彫刻職人だった僧侶慧明が手掛けた。

    別名「巨人仏像」とも呼ばれ、論山陸軍訓練所に入所する新兵の家族はもちろんのこと、数多くの信徒が訪れる恩津弥勒がようやく55年目にして宝物から国宝に昇格される。文化財庁は、宝物第218号の同仏像を2月13日に国宝として指定予告した。

    恩津弥勒が宝物に指定されたのは1963年のことだ。韓国人の愛を一身に受けてきた仏像は、今になってなぜ国宝として指定されることになったのか。

    文化財の指定と昇格は、原則的に遺物の持ち主が申請することで審査が成立する。恩津弥勒を所有していた灌燭寺が、国宝昇格の申請をしなかったことが最大の理由だ。しかし、この他にも事情はある。恩津弥勒はその奇妙な顔つきのため、長い間「低評価」されてきた。

    頭と手が大き過ぎるほか、体つきもずんぐりしているため、最近の感覚ではお世辞にもスマートな体型とは言えない。頭より長い円筒状の宝冠をかぶっている点も、一役買っている。広くて平らな顔に土俗的な目鼻立ちをしていることから、「不細工な仏像」と呼ぶ人もいる。

    実際に美術史では、三国時代と統一新羅時代の精巧で洗練された仏像に比べると「高麗時代に入って仏像の造形美と制作技術が後退したことを物語るケース」といった考察もある。

    ところで最近になって「再評価」する動きが高まりを見せ始めた。これまでは、統一新羅時代の石窟庵が仏像の美的基準とされてきたが、果たしてこれが全ての時代に通じるものなのか。

    精製と理想の美しさを追い求めたのが統一新羅の美的感覚だとすれば、これとは正反対の恩津弥勒は「型破りで大ざっぱ」という新しい時代の美的感覚を代弁しているのではないか。

    仏教美術専門家で文化財委員の竜仁大学のペ・ジェホ教授は「一つの岩で一つの仏像を作り上げた新羅時代とは違い、大きな三つの岩で巨大な仏像を積み上げた技法は非常に新しく、アバンギャルドな発想だった」とした上で「灌燭寺の仏像は、忠南扶余の大鳥寺石造弥勒菩薩立像など当代の多くの仏像に影響を及ぼした一つの規範となった」と説明する。

    また、ペ教授は「衣装の裾を細かく見ると、風でわずかになびくようなリアルな技法も見受けられる」と表現する。制作者の技術が低かったわけではなく、意図的に制作した可能性があるという話だ。文化財庁は「独創性と完全性に優れ、国宝に昇格する価値は十分」と発表した。


    2018/02/18 05:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501051.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501051_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 ついに国宝指定 不細工な「恩津弥勒」 制作者の技術が低かったわけではなく意図的に制作した可能性 [02/18]

    【【朝鮮日報】 ついに国宝指定 不細工な「恩津弥勒」 制作者の技術が低かったわけではなく意図的に制作した可能性 [02/18] 】の続きを読む

    このページのトップヘ