まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:持ち株比率

    1: まぜるな!キケン!! 2022/03/14(月) 08:02:42.32 ID:CAP_USER
    外国人投資家による売りが相次ぎ、韓国株式市場では韓国総合株価指数(KOSPI)構成銘柄の外国人持ち株比率が過去6年で最低に低下した。

     韓国取引所によると、11日現在のKOSPI構成銘柄の時価総額は2091兆ウォン(約198兆円)で、そのうちは外国人保有株式は666兆ウォンで、全体の31.8%だった。2016年2月11日(31.77%)以降で最低を記録した。

     新型コロナ流行初期の2020年3月には外国人持ち株比率が40%に迫っていた。当時は経済へのショック懸念から個人投資家が株式を投げ売りし、外国人持株比率が高まった。当時KOSPIは1400まで下落した。

     しかし、その後個人投資家が市場に戻り、外国人持ち株比率は徐々に低下した。今年1月末のLGエナジーソリューション上場を前後して、外国人による投資が一時的に増えたが、最近は米利上げへの懸念やウクライナ侵攻、原油など原材料価格の高騰などさまざまな悪材料が重なり、外国人が韓国株を売り浴びせる「セルコリア」の動きが強まっている。ウクライナ侵攻が起きた2月24日以降3月11日まで10営業日に外国人は4兆2509億ウォンを売り越した。

    セルコリアの流れが続き、外国人持ち株比率が50%を超えるサムスン電子の株価も下落している。サムスン電子は証券会社が発表する目標株価と実勢株価の差が過去2年で最も拡大した。サムスン電子の株価は今月8日に6万9500ウォンで引けたのに続き、11日も7万ウォンにようやく乗せて取引を終えた。金融情報業者FNガイドが集計した国内証券各社によるサムスン電子の目標株価(適正株価)は平均が9万9208ウォンで10万ウォン近い。目標株価と実勢株価の差を現在の株価で割って求める「乖離率」は8日時点で42.75%を記録。20年4月2日(42.86%)以来の高水準となった。大信証券のアナリスト、イ・ギョンミン氏は「17日に米連邦準備理事会(FRB)が利上げを発表し、KOSPIが2500台まで下落するのが底になると予想される」と述べた。

    金垠廷(キム・ウンジョン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/03/14/2022031480002.html

    引用元: ・【朝鮮日報】「セルコリア」相次ぐ…韓国株、外国人持ち株比率が過去6年で最低に [3/14] [昆虫図鑑★]

    【脳内麻薬出過ぎジャマイカ 【朝鮮日報】「セルコリア」相次ぐ…韓国株、外国人持ち株比率が過去6年で最低に [3/14] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 20:07:28.56 ID:???.net
    (イメージ画像)
    no title


    韓国・聯合ニュースは29日、サムスン電子株の外国人持ち株比率が1年2か月ぶりに50%台に低下、外国人の“サムスン売り”が
    続いていると報じた。

    韓国取引所によると、25日時点のサムスン電子の外国人持ち株比率は50.76%となり、昨年7月18日(50.97%)以来、
    1年2か月ぶりに50%台に低下した。同社の外国人持ち株比率は、昨年11月までは52%を超えていたが、今年に入ってからは
    着実に低下している。

    今年、外国人が最も多く売った銘柄はサムスン電子で、売り越し額は1兆8356億ウォンに達する。現在、サムスン電子の株価は
    110万ウォン近くで、株価純資産倍率(PBR)は1倍程度。これ以上の下落はないとする分析があるが、外国人は需要の鈍化や
    競争の激化、新たな成長モデルが見られないことなどから、大規模な売りを続けている。

    韓国証券業界のアナリストは「スマートフォンの成長がすでに頭打ちとなる中で、IT分野の景気全体が憂慮されている。中国の
    景気鈍化などによって家電需要も委縮している」と指摘している。

    また、別のアナリストは「市場ではサムスン電子の株主還元政策の変化を求める声が出て久しいが、サムスン電子は明らかな変化の
    動きを見せていない。アップルやインテルなどの最近5年間の配当金額と自社株買いを合わせた総合株主還元率が平均45%である
    点などを考慮すると、サムスン電子の株価が低い理由がわかる」と指摘している。

    この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「サムスン物産と第一毛織の合併を見たら、サムスンは信じられなくなる。合併過程で株の損失が大きかったにも関わらず、無理に合併した」

    「サムスンが倒産すれば、中小企業が生き返る」

    「iPhoneにはかなわない」

    「アップルを見習って、車産業に乗り出すのか?」

    「もうサムスンに甘い汁は残ってない」

    「サムスンの株を買うべき。今買えば得をする」

    「サムスンを韓国企業だと信じている人は、この事実を見よう」

    「外国人投資家の行き先は中国のシャオミ。国民をなめているサムスンは亡びて当然」

    「それでも韓国を救ったのはサムスン」

    「サムスンペイも近いうち、個人情報輸出などで大事故を起こすかもしれない」

    「外国人の持ち分が少なくなるのはいいこと。配当金が外国に輸出されることは防ぐべき」

    「サムスン会長は絶対的権力型だった。息子はぜんぜん違うタイプ。会長に慣れていた従業員が、息子に反発したら、
    中国に人材を奪われることになる」

    「サムスンが少しでも揺らいだら、中国や日本、米国などみんなサムスンを買おうと必死になると思う。もう少し守ってあげるべき」

    (編集 MJ)

    フォーカスアジア 2015年09月30日
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/429689/

    【もう先が見えたってことじゃないか【話題】外国人株主の“サムスン売り”続く、持ち株比率が50%台に低下・・韓国ネット「もうサムスンに甘い汁は残ってない」[9/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ